ヤー=スィーン 📖 Ya-Seen【第36章】クルアーン~「咆哮の一声」がもたらす強烈な衝撃 – 地震…

クルアーン第36章ヤー・スィーン
【コーラン】アラビア語☪日本語☪英語☪解釈☪音声 【コーラン】アラビア語☪日本語☪英語☪解釈☪音声

ヤー・スィーン(Yaseenとも、アラビア語: يٰسٓ, yāsīn; ‘Yāʼ’と’Sīn’の文字)は、クルアーン第36章。83節からなる。初期の「メッカのスーラ」と見なされている。12節はメディナ時代のものだと主張する説もある。アラビア語のيس(yā sīn)という文字で始まる。このYa Sinという文字の意味は、明らかにされておらず、ムスリムの宗教学者の間で議論されている。

「ヤー・インサーン(おお、人間よ)」という意味とも解されている。特別な敬意をもって重要視される章であり、逆境にあるときや病気のとき、あるいは断食中や、また臨終の際などに朗読される。

この章では、クルアーンが神の源であることを立証することに焦点が当てられており、神の啓示をあざけり、頑迷な者の運命について警告している。現在と未来への警告として、過去の世代の非信仰者を苦しめた懲罰が語られている。さらに、神の創造物の例証として、自然からの徴候を通して神の主権を繰り返し説いている。

 

36. YA-SEEN (Ya-Seen) 36. YA-SEEN (Ya-Seen)
スポンサーリンク

يٰسٓ【アラビア語】

アラビア語クルアーン第36章

アラビア語 ヤー・スィーン Ya-Seen ☟

بِسْمِ اللَّهِ الرَّحْمَٰنِ الرَّحِيمِ

١ يس

٢ وَالْقُرْآنِ الْحَكِيمِ

٣ إِنَّكَ لَمِنَ الْمُرْسَلِينَ

٤ عَلَىٰ صِرَاطٍ مُسْتَقِيمٍ

٥ تَنْزِيلَ الْعَزِيزِ الرَّحِيمِ

٦ لِتُنْذِرَ قَوْمًا مَا أُنْذِرَ آبَاؤُهُمْ فَهُمْ غَافِلُونَ

٧ لَقَدْ حَقَّ الْقَوْلُ عَلَىٰ أَكْثَرِهِمْ فَهُمْ لَا يُؤْمِنُونَ

٨ إِنَّا جَعَلْنَا فِي أَعْنَاقِهِمْ أَغْلَالًا فَهِيَ إِلَى الْأَذْقَانِ فَهُمْ مُقْمَحُونَ

٩ وَجَعَلْنَا مِنْ بَيْنِ أَيْدِيهِمْ سَدًّا وَمِنْ خَلْفِهِمْ سَدًّا فَأَغْشَيْنَاهُمْ فَهُمْ لَا يُبْصِرُونَ

١٠ وَسَوَاءٌ عَلَيْهِمْ أَأَنْذَرْتَهُمْ أَمْ لَمْ تُنْذِرْهُمْ لَا يُؤْمِنُونَ

١١ إِنَّمَا تُنْذِرُ مَنِ اتَّبَعَ الذِّكْرَ وَخَشِيَ الرَّحْمَٰنَ بِالْغَيْبِ ۖ فَبَشِّرْهُ بِمَغْفِرَةٍ وَأَجْرٍ كَرِيمٍ

١٢ إِنَّا نَحْنُ نُحْيِي الْمَوْتَىٰ وَنَكْتُبُ مَا قَدَّمُوا وَآثَارَهُمْ ۚ وَكُلَّ شَيْءٍ أَحْصَيْنَاهُ فِي إِمَامٍ مُبِينٍ

١٣ وَاضْرِبْ لَهُمْ مَثَلًا أَصْحَابَ الْقَرْيَةِ إِذْ جَاءَهَا الْمُرْسَلُونَ

١٤ إِذْ أَرْسَلْنَا إِلَيْهِمُ اثْنَيْنِ فَكَذَّبُوهُمَا فَعَزَّزْنَا بِثَالِثٍ فَقَالُوا إِنَّا إِلَيْكُمْ مُرْسَلُونَ

١٥ قَالُوا مَا أَنْتُمْ إِلَّا بَشَرٌ مِثْلُنَا وَمَا أَنْزَلَ الرَّحْمَٰنُ مِنْ شَيْءٍ إِنْ أَنْتُمْ إِلَّا تَكْذِبُونَ

١٦ قَالُوا رَبُّنَا يَعْلَمُ إِنَّا إِلَيْكُمْ لَمُرْسَلُونَ

١٧ وَمَا عَلَيْنَا إِلَّا الْبَلَاغُ الْمُبِينُ

١٨ قَالُوا إِنَّا تَطَيَّرْنَا بِكُمْ ۖ لَئِنْ لَمْ تَنْتَهُوا لَنَرْجُمَنَّكُمْ وَلَيَمَسَّنَّكُمْ مِنَّا عَذَابٌ أَلِيمٌ

١٩ قَالُوا طَائِرُكُمْ مَعَكُمْ ۚ أَئِنْ ذُكِّرْتُمْ ۚ بَلْ أَنْتُمْ قَوْمٌ مُسْرِفُونَ

٢٠ وَجَاءَ مِنْ أَقْصَى الْمَدِينَةِ رَجُلٌ يَسْعَىٰ قَالَ يَا قَوْمِ اتَّبِعُوا الْمُرْسَلِينَ

٢١ اتَّبِعُوا مَنْ لَا يَسْأَلُكُمْ أَجْرًا وَهُمْ مُهْتَدُونَ

٢٢ وَمَا لِيَ لَا أَعْبُدُ الَّذِي فَطَرَنِي وَإِلَيْهِ تُرْجَعُونَ

٢٣ أَأَتَّخِذُ مِنْ دُونِهِ آلِهَةً إِنْ يُرِدْنِ الرَّحْمَٰنُ بِضُرٍّ لَا تُغْنِ عَنِّي شَفَاعَتُهُمْ شَيْئًا وَلَا يُنْقِذُونِ

٢٤ إِنِّي إِذًا لَفِي ضَلَالٍ مُبِينٍ

٢٥ إِنِّي آمَنْتُ بِرَبِّكُمْ فَاسْمَعُونِ

٢٦ قِيلَ ادْخُلِ الْجَنَّةَ ۖ قَالَ يَا لَيْتَ قَوْمِي يَعْلَمُونَ

٢٧ بِمَا غَفَرَ لِي رَبِّي وَجَعَلَنِي مِنَ الْمُكْرَمِينَ

٢٨ وَمَا أَنْزَلْنَا عَلَىٰ قَوْمِهِ مِنْ بَعْدِهِ مِنْ جُنْدٍ مِنَ السَّمَاءِ وَمَا كُنَّا مُنْزِلِينَ

٢٩ إِنْ كَانَتْ إِلَّا صَيْحَةً وَاحِدَةً فَإِذَا هُمْ خَامِدُونَ

٣٠ يَا حَسْرَةً عَلَى الْعِبَادِ ۚ مَا يَأْتِيهِمْ مِنْ رَسُولٍ إِلَّا كَانُوا بِهِ يَسْتَهْزِئُونَ

٣١ أَلَمْ يَرَوْا كَمْ أَهْلَكْنَا قَبْلَهُمْ مِنَ الْقُرُونِ أَنَّهُمْ إِلَيْهِمْ لَا يَرْجِعُونَ

٣٢ وَإِنْ كُلٌّ لَمَّا جَمِيعٌ لَدَيْنَا مُحْضَرُونَ

٣٣ وَآيَةٌ لَهُمُ الْأَرْضُ الْمَيْتَةُ أَحْيَيْنَاهَا وَأَخْرَجْنَا مِنْهَا حَبًّا فَمِنْهُ يَأْكُلُونَ

٣٤ وَجَعَلْنَا فِيهَا جَنَّاتٍ مِنْ نَخِيلٍ وَأَعْنَابٍ وَفَجَّرْنَا فِيهَا مِنَ الْعُيُونِ

٣٥ لِيَأْكُلُوا مِنْ ثَمَرِهِ وَمَا عَمِلَتْهُ أَيْدِيهِمْ ۖ أَفَلَا يَشْكُرُونَ

٣٦ سُبْحَانَ الَّذِي خَلَقَ الْأَزْوَاجَ كُلَّهَا مِمَّا تُنْبِتُ الْأَرْضُ وَمِنْ أَنْفُسِهِمْ وَمِمَّا لَا يَعْلَمُونَ

٣٧ وَآيَةٌ لَهُمُ اللَّيْلُ نَسْلَخُ مِنْهُ النَّهَارَ فَإِذَا هُمْ مُظْلِمُونَ

٣٨ وَالشَّمْسُ تَجْرِي لِمُسْتَقَرٍّ لَهَا ۚ ذَٰلِكَ تَقْدِيرُ الْعَزِيزِ الْعَلِيمِ

٣٩ وَالْقَمَرَ قَدَّرْنَاهُ مَنَازِلَ حَتَّىٰ عَادَ كَالْعُرْجُونِ الْقَدِيمِ

٤٠ ا الشَّمْسُ يَنْبَغِي لَهَا أَنْ تُدْرِكَ الْقَمَرَ وَلَا اللَّيْلُ سَابِقُ النَّهَارِ ۚ وَكُلٌّ فِي فَلَكٍ يَسْبَحُونَ

٤١ وَآيَةٌ لَهُمْ أَنَّا حَمَلْنَا ذُرِّيَّتَهُمْ فِي الْفُلْكِ الْمَشْحُونِ

٤٢ وَخَلَقْنَا لَهُمْ مِنْ مِثْلِهِ مَا يَرْكَبُونَ

٤٣ وَإِنْ نَشَأْ نُغْرِقْهُمْ فَلَا صَرِيخَ لَهُمْ وَلَا هُمْ يُنْقَذُونَ

٤٤ إِلَّا رَحْمَةً مِنَّا وَمَتَاعًا إِلَىٰ حِينٍ

٤٥ وَإِذَا قِيلَ لَهُمُ اتَّقُوا مَا بَيْنَ أَيْدِيكُمْ وَمَا خَلْفَكُمْ لَعَلَّكُمْ تُرْحَمُونَ

٤٦ وَمَا تَأْتِيهِمْ مِنْ آيَةٍ مِنْ آيَاتِ رَبِّهِمْ إِلَّا كَانُوا عَنْهَا مُعْرِضِينَ

٤٧ وَإِذَا قِيلَ لَهُمْ أَنْفِقُوا مِمَّا رَزَقَكُمُ اللَّهُ قَالَ الَّذِينَ كَفَرُوا لِلَّذِينَ آمَنُوا أَنُطْعِمُ مَنْ لَوْ يَشَاءُ اللَّهُ أَطْعَمَهُ إِنْ أَنْتُمْ إِلَّا فِي ضَلَالٍ مُبِينٍ

٤٨ وَيَقُولُونَ مَتَىٰ هَٰذَا الْوَعْدُ إِنْ كُنْتُمْ صَادِقِينَ

٤٩ مَا يَنْظُرُونَ إِلَّا صَيْحَةً وَاحِدَةً تَأْخُذُهُمْ وَهُمْ يَخِصِّمُونَ

٥٠ فَلَا يَسْتَطِيعُونَ تَوْصِيَةً وَلَا إِلَىٰ أَهْلِهِمْ يَرْجِعُونَ

٥١ وَنُفِخَ فِي الصُّورِ فَإِذَا هُمْ مِنَ الْأَجْدَاثِ إِلَىٰ رَبِّهِمْ يَنْسِلُونَ

٥٢ قَالُوا يَا وَيْلَنَا مَنْ بَعَثَنَا مِنْ مَرْقَدِنَا ۜ ۗ هَٰذَا مَا وَعَدَ الرَّحْمَٰنُ وَصَدَقَ الْمُرْسَلُونَ

٥٣ إِنْ كَانَتْ إِلَّا صَيْحَةً وَاحِدَةً فَإِذَا هُمْ جَمِيعٌ لَدَيْنَا مُحْضَرُونَ

٥٤ فَالْيَوْمَ لَا تُظْلَمُ نَفْسٌ شَيْئًا وَلَا تُجْزَوْنَ إِلَّا مَا كُنْتُمْ تَعْمَلُونَ

٥٥ إِنَّ أَصْحَابَ الْجَنَّةِ الْيَوْمَ فِي شُغُلٍ فَاكِهُونَ

٥٦ هُمْ وَأَزْوَاجُهُمْ فِي ظِلَالٍ عَلَى الْأَرَائِكِ مُتَّكِئُونَ

٥٧ لَهُمْ فِيهَا فَاكِهَةٌ وَلَهُمْ مَا يَدَّعُونَ

٥٨ سَلَامٌ قَوْلًا مِنْ رَبٍّ رَحِيمٍ

٥٩ وَامْتَازُوا الْيَوْمَ أَيُّهَا الْمُجْرِمُونَ

٦٠ أَلَمْ أَعْهَدْ إِلَيْكُمْ يَا بَنِي آدَمَ أَنْ لَا تَعْبُدُوا الشَّيْطَانَ ۖ إِنَّهُ لَكُمْ عَدُوٌّ مُبِينٌ

٦١ وَأَنِ اعْبُدُونِي ۚ هَٰذَا صِرَاطٌ مُسْتَقِيمٌ

٦٢ وَلَقَدْ أَضَلَّ مِنْكُمْ جِبِلًّا كَثِيرًا ۖ أَفَلَمْ تَكُونُوا تَعْقِلُونَ

٦٣ هَٰذِهِ جَهَنَّمُ الَّتِي كُنْتُمْ تُوعَدُونَ

٦٤ اصْلَوْهَا الْيَوْمَ بِمَا كُنْتُمْ تَكْفُرُونَ

٦٥ الْيَوْمَ نَخْتِمُ عَلَىٰ أَفْوَاهِهِمْ وَتُكَلِّمُنَا أَيْدِيهِمْ وَتَشْهَدُ أَرْجُلُهُمْ بِمَا كَانُوا يَكْسِبُونَ

٦٦ وَلَوْ نَشَاءُ لَطَمَسْنَا عَلَىٰ أَعْيُنِهِمْ فَاسْتَبَقُوا الصِّرَاطَ فَأَنَّىٰ يُبْصِرُونَ

٦٧ وَلَوْ نَشَاءُ لَمَسَخْنَاهُمْ عَلَىٰ مَكَانَتِهِمْ فَمَا اسْتَطَاعُوا مُضِيًّا وَلَا يَرْجِعُونَ

٦٨ وَمَنْ نُعَمِّرْهُ نُنَكِّسْهُ فِي الْخَلْقِ ۖ أَفَلَا يَعْقِلُونَ

٦٩ وَمَا عَلَّمْنَاهُ الشِّعْرَ وَمَا يَنْبَغِي لَهُ ۚ إِنْ هُوَ إِلَّا ذِكْرٌ وَقُرْآنٌ مُبِينٌ

٧٠ لِيُنْذِرَ مَنْ كَانَ حَيًّا وَيَحِقَّ الْقَوْلُ عَلَى الْكَافِرِينَ

٧١ أَوَلَمْ يَرَوْا أَنَّا خَلَقْنَا لَهُمْ مِمَّا عَمِلَتْ أَيْدِينَا أَنْعَامًا فَهُمْ لَهَا مَالِكُونَ

٧٢ وَذَلَّلْنَاهَا لَهُمْ فَمِنْهَا رَكُوبُهُمْ وَمِنْهَا يَأْكُلُونَ

٧٣ وَلَهُمْ فِيهَا مَنَافِعُ وَمَشَارِبُ ۖ أَفَلَا يَشْكُرُونَ

٧٤ وَاتَّخَذُوا مِنْ دُونِ اللَّهِ آلِهَةً لَعَلَّهُمْ يُنْصَرُونَ

٧٥ لَا يَسْتَطِيعُونَ نَصْرَهُمْ وَهُمْ لَهُمْ جُنْدٌ مُحْضَرُونَ

٧٦ فَلَا يَحْزُنْكَ قَوْلُهُمْ ۘ إِنَّا نَعْلَمُ مَا يُسِرُّونَ وَمَا يُعْلِنُونَ

٧٧ أَوَلَمْ يَرَ الْإِنْسَانُ أَنَّا خَلَقْنَاهُ مِنْ نُطْفَةٍ فَإِذَا هُوَ خَصِيمٌ مُبِينٌ

٧٨ وَضَرَبَ لَنَا مَثَلًا وَنَسِيَ خَلْقَهُ ۖ قَالَ مَنْ يُحْيِي الْعِظَامَ وَهِيَ رَمِيمٌ

٧٩ قُلْ يُحْيِيهَا الَّذِي أَنْشَأَهَا أَوَّلَ مَرَّةٍ ۖ وَهُوَ بِكُلِّ خَلْقٍ عَلِيمٌ

٨٠ الَّذِي جَعَلَ لَكُمْ مِنَ الشَّجَرِ الْأَخْضَرِ نَارًا فَإِذَا أَنْتُمْ مِنْهُ تُوقِدُونَ

٨١ أَوَلَيْسَ الَّذِي خَلَقَ السَّمَاوَاتِ وَالْأَرْضَ بِقَادِرٍ عَلَىٰ أَنْ يَخْلُقَ مِثْلَهُمْ ۚ بَلَىٰ وَهُوَ الْخَلَّاقُ الْعَلِيمُ

٨٢ إِنَّمَا أَمْرُهُ إِذَا أَرَادَ شَيْئًا أَنْ يَقُولَ لَهُ كُنْ فَيَكُونُ

٨٣ فَسُبْحَانَ الَّذِي بِيَدِهِ مَلَكُوتُ كُلِّ شَيْءٍ وَإِلَيْهِ تُرْجَعُونَ

 

ヤー・スィーン Ya-Seen 朗読音声

 

スポンサーリンク

ヤー・スィーン Ya-Seen 【日本語訳】

日本語訳クルアーン第36章ヤー・スィーン
 

慈悲あまねく、慈悲深いアッラーの御名において。
1 ヤー、スィーン。

2 賢明なクルアーンにかけて

3 本当に、あなたは使徒たちのひとりであり、

4 まっすぐな道の上にある。

5 (これは) 威力ある御方、慈悲深い御方からの啓示であり、

6 その祖先が (しばらくの間) 警告されておらず、そのため無頓着なままの民に、あなたが警告するためのもの

7 彼らの多くに対し、すでに御言葉は真理となっている。それでも彼らは、信じない。

8 われらは彼らの首に、あごにまでかかる枷をかけた。そのため、彼らの頭は上がったまま

9 われらは彼らの前にも障壁を、また彼らの後ろにも障壁を設け、それから彼らに覆いをかけた。そのため彼らは、見ることもできない。

10 あなたが彼らに警告しようと、あるいは彼らに警告しなかろうと、彼らにとっては同じこと。彼らは、信じないだろう。

11 あなたが警告できるのは、戒めに従い、目には見えない慈愛あまねく御方を畏怖する者だけ。それゆえそうした者には、赦しと、貴い報酬の良い報せを伝えなさい。

12 本当に、死せるものを生き返らせるのはわれらである。われらは、彼が (先に) 送り出したものと、(後に残した) 足跡を書き記す。われらはあらゆるものごとを、明白な記録の中に数えあげている

13 彼らに例えを示しなさい。かの町の仲間に、使徒たちが到来したときのこと。

14 われらが彼らに二人 (の使徒) を遣わしたとき、彼らはそのいずれをも嘘であるとした。それでわれらは、三人めの者をもって彼らを強めた。彼らは言った。「本当に私たちは、あなたがたへの使徒である」。

15 彼らは言った。「あなたがたは、私たちと同様のただの人に過ぎない。慈愛あまねく御方は何も下していない。あなたがたが、ただ嘘をついているだけだ」。

16 彼らは言った。「私たちがあなたがたへの使徒であることは、私たちの主が知っている。

17 そして私たちに課されているのは、ただ (主の教えを) 明白にのべ伝えることだけ」。

18 彼ら (町の仲間) は言った。「私たちは、あなたがたを凶兆とみなす。もしあなたがたがやめないなら、必ずあなたがたを石打にしよう。必ずあなたがたを痛烈な懲罰に遭わせよう」。

19 彼らは言った。「あなたがたの凶兆は、あなたがたと共にあるもの。あなたがたが、(真理を) 想い起こさせられたことがか。いいや、あなたがたは度の過ぎた民だ」。

20 すると市街とは離れたところから、ひとりの男が走ってきた。彼は言った。「私の民よ。使徒たちに従いなさい。

21 あなたがたに何の報酬も求めない彼らに従いなさい。彼らは導かれた者だ。

22 私を創始し、またあなたがたが帰されるだろう御方に、どうして仕えずにいられるだろうか。

23 この御方をさし置いて、他の何ものかをとるべきだろうか。もし慈愛あまねく御方が私に禍害を望んだなら、それらのとりなしは何の役にも立たず、私を救うこともできない。

24 そうなれば、本当に私は明らかな誤りの中にいることになる。

25 本当に、私はあなたがたの主を信じる。私に耳を傾けなさい」。

26 彼は「楽園に入りなさい」と告げられた。彼は言った。「私の民に、知ることができさえしたなら、

27 主がどのように私を赦し、また (どのように) 私を、貴ばれる者のひとりとしたかを」。

28 われらは彼の後、その民に天からの軍勢を下しはしなかった。下すまでもなかった。

29 ただ咆哮の一声のみ。すると、見なさい。彼らは (寡黙な灰のように) 絶えた。

30 しもべたちにあるのは後悔だけ。使徒が彼らのところへ来ると、彼らは必ず嘲笑した

31 彼らは見なかったのか、彼ら以前に、われらがどれほどの世代を滅ぼしたことか。彼らが、彼らのところへ (元通りに) 帰ってくることはない。

32 本当にすべてのものが、ことごとくわれらの前に連れてこられるだろう。

33 枯れた大地は、彼らへの御しるしのひとつ。われらはそれを生き返らせる。そこから穀物を生じ出させる。そして彼らは、それを食べる。

34 またわれらはその中に、なつめやしやぶどうの園を置き、泉を湧き出させた。

35 彼らがその果実を食べられるようにと、それは彼らの手で作り出したものではない。それでも彼らは、感謝しないのか。

36 大地に育つものも、彼ら自身も、また (未だ) 彼らの知らないものも、すべてを対として創造した御方に讃美あれ。

37 夜は彼らへの御しるしのひとつ。われらがそれから昼をはぎ取ると、見なさい。彼らは暗闇にいる

38 また太陽は、それのための居場所へ向かって (軌道を) 走る。これが威力ならびなく賢明な御方の計らい。

39 また月には、われらは、それが凋んだなつめやしの枯れ枝 (のよう) になって戻るまで、諸々の位相を定めた。

40 太陽が月を追い越すことはあってはならず、また夜が昼を追い抜くこともない。それらは、それぞれの軌道に浮かぶ。

41 われらが彼らの子孫を、満載の船で運んだことも彼らへの御しるしのひとつ。

42 またわれらは彼らのために、それ (船) と同様の乗るものを創造した。

43 もしわれらがそうと望めば、彼らを溺れさせていただろう。そうなれば、彼らの叫びが聞き届けられることも、彼らが救われることもなかっただろう。

44 ただわれらからの慈悲と、しばしの間の楽しみがあるだけ。

45 彼らが「あなたがたの前にあるもの、あなたがたの後ろにあるものを畏れなさい。そうすれば、あなたがたは慈悲にあずかるだろう」と告げられるとき、

46 主からの御しるしが届けられるたびに、彼らはいつも背き去る。

47 また「アッラーがあなたがたの糧としたものの中から費やしなさい」と告げられるとき、(真理を) 拒む者たちは信じる者たちに言う。「御心にかなえばアッラーが養うだろう者を、どうして私たちが養わなくてはならないのか。あなたがたは、明らかな迷いの中にいるに他ならない」。

48 彼らは言う。「もしあなたがたが真実を語っているのなら、その約束はいつ果たされるのか」。

49 彼らに待てるのは、ただ論争しているあいだに咆哮の一声が彼らを捕えることだけ。

50 そうなれば彼らは、遺言することも、家族のところに帰ることもできないだろう。

51 喇叭が吹き鳴らされると、見なさい。彼らは、墓から彼らの主へ駆けてゆく。

52 彼らは言うだろう。「なんということだ。誰が私たちを寝所から起き上がらせたのか。慈愛あまねく御方の約束とはこれか。使徒たちは真実を語っていたのか」。

53 それは、ただ咆哮の一声。すると、見なさい。彼らはことごとくわれらの許へ連れてこられる。

54 この日、どの者も、何ひとつ不当に扱われることはない。あなたがたは、ただあなたがたの行ってきたことに応じて報いられるだろう。

55 本当に楽園の仲間は、その日、歓喜で忙しく、

56 彼らとその伴侶たちは、日陰の長椅子にくつろぐ。

57 そこには彼らのための果実があり、彼らの求めるものが (何でも) ある、

58 「平安あれ」との、慈悲深い主からの御言葉も。

59 しかし罪を犯す者よ、この日、あなたがたは脇へ下がっていなさい。

60 アーダムの子らよ。われはあなたがたと契約を結ばなかったか、悪魔に仕えてはならない、と。本当に彼はあなたがたにとり公然の敵である、と。

61 またあなたがたはわれに仕えるように、と。これがまっすぐな道である、と。

62 彼はすでに、あなたがたの多くの群衆を迷わせてきた。それでもあなたがたは、考えずにいたのか。

63 これが地獄、(悪魔に従った) あなたがたに約束されていたもの。

64 この日、そこで焼かれよ。あなたがたが、かつて (真理を) 拒んでいたことゆえに。

65 この日、われらは彼らの口を封じる。彼らの手がわれらにものを言い。彼らの足が、自分たちの得てきたことを証言する。

66 われらがそうと望めば、われらは彼らの目 (から視力) を消し去ることもできる。彼らは道を争って急ぐだろう。しかし彼らに、何が見えるものか。

67 われらがそうと望めば、彼らをその場で変容させることもできる。そうなれば、彼らは進むことも戻ることもできない。

68 われらが長生きさせる者には、われらはその創造を逆戻りさせることもできる。それでも彼らは、考えないのか。

69 われらが彼 (ムハンマド)(啓示し、)教えたのは詩ではない。それは彼にはそぐわない。これはひとつの戒め、明白なクルアーンに他ならず、

70 生ける者には警告し、(真理を) 拒む者に対しては御言葉を真理とするもの。

71 彼らは見ないのか、われらが、われらの手で彼らのために家畜を創造し、それを彼らに所有させているのを。

72 われらは、それを彼らに飼いならさせた。それで彼らは、それに乗り、またそれを食べる。

73 それには彼らのための益や、また (様々な) 飲みものもある。それでも彼らは、感謝しないのか。

74 彼らはアッラーをさし置いて、おそらく助けてもらえるだろうと (他の) 神々を選び取った。

75 それらには、彼らを助けることはできない。むしろ彼ら (偶像を奉ずる者) の方こそ、それらのための軍勢を連れてくるほどに。

76 それゆえあなた (ムハンマド) は、彼らの言うことに悲しんではならない。われらは、彼らの秘めるものもさらけ出すものも知っている。

77 人間は見ないのか、われらに、精のひとしずくから創造されたことを。それなのに、見なさい。人間はあからさまに反抗する。

78 われらに対して例えを示し、自分の創造については忘れて言う。「誰が朽ち果てた骨を生き返らせるだろうか」。

79 言いなさい。「最初に生じさせた御方が生き返らせる。創造物すべてをよく知る御方。

80 あなたがたのために、緑の木々から火をあらしめる御方。見なさい、あなたがたはそれをもって火を点す」。

81 諸天と大地を創造した御方が、それと同様のものを創造できないというのか。いいや、これぞ創造者たる御方。すべてを知る御方。

82 かの御方が何ごとかを意図するとき、それにただ「在れ」と命じるだけでそれは在る。

83 それゆえ讃美あれ、ありとあらゆるものごとをその御手で統べる御方に。あなたがたは、この御方にこそ帰される。

 

ヤー・スィーン Ya-Seen の解説と解釈

日本語訳クルアーン第36章ヤー・スィーンの解説と解釈
 

☪︎ 賢明なクルアーンにかけて

クルアーンは人類を正しい道、すなわち善の道へと導くものである。その内容はどれも理性や自然と矛盾することはない。クルアーンが最初に啓示されてから1500年経った今でも、その中に如何なる理不尽なものも不自然なものも見出されていない。クルアーンのこのような特徴こそが、神の書であることの最大の証拠である。

☪︎ あなたが警告するためのもの

すべての預言者は、おもに同時代の人々に語りかけるために導かれる。したがって、預言者ムハンマドの最初の対象者は、自分の部族だった。預言者としての活動はムハンマドによって終わったが、ムハンマドの預言者としての活動は終末の日まで続くのである。

☪︎ 彼らの頭は上がったまま

日本語訳クルアーン第36章8節の解説と解釈

人が過ちを犯すと、必然として神の法がそれを律し、続いて裁きが下される。このように、クルアーン的な言葉を借りるなら、ものごとはすべて神に帰される。「彼らの頭は上がったまま」は、頑なに真理を認めようとしない、という意味にも解釈される。

首が鎖でぐるぐる巻きにされていれば、首は上がったままで下は何も見えない。これは、自己顕示欲に溺れ、自分自身の外側には何一つ現実を見ることができない高慢な人々の姿である。そのような人々は決して真理を認めない。

人が導きを得るためには、真理を認める気持ちがあることが非常に重要であり、神の前に身を晒すことを常に意識し、畏れなければならない。真理が現れるとすぐに真理に向かうような人は、結果として神から最大の報いを受ける。

☪︎ 明白な記録の中に数えあげている

日本語訳クルアーン第36章12節の解説と解釈

現代の研究では、人が発する言葉はすべて、振動や波動の形で大気の中に残ることが立証されている。同様に、人が行った行為のイメージは、光の波の形で保存される。言い換えれば、この世界のすべての人は、常にビデオ録画されているとも言える。本人の意思とはまったく関係なく、知らないところで、その発言や行動が完全に記録され、保存されており、後でいつでも再生できることを肝に銘じておくべきである。

善行であれ悪行であれ、人間の行為は、人間よりも先に神の法廷に送り届けられる。それらについて、申し開きを求められることは言うまでもない。加えて、現世における生が終わりを迎えたとしても、後に残してきた行為がもたらす影響やその成りゆきについての責任も問われることになる。

☪︎ かの町の仲間

日本語訳クルアーン第36章13節の解説と解釈

「かの町の仲間」とは? ここで語られているのは、現代のトルコ南東部に位置する都市アンティオキアである。マスィーフ・イーサー(イエス・キリスト)の弟子がこの地で説教を行ったところ、たちまちその教えが栄えるようになった。彼らが初めてキリスト者と呼ばれるようになったのも、アンティオキアの地においてである。その後アンティオキアは、キリスト教会の最も重要な宗教管区となった。ここで(例え話として)語られている物語では、この町は神のメッセージを拒んだために滅ぼされたことになっている。物語の重要性とは、物語として語ることによっていかに教訓を導き出せるかにかかっている。

また、この節で言及されている町とは、おそらくエジプトの集落のことだという説もある。そこに二人の預言者、モーセとアロンが民を戒めるために遣わされた。しかし、民は二人を拒絶した。そのとき、共同体の中から三人目の預言者が現れ、預言者たちを支えたが、そのことが仲間たちを怒らせたので、仲間たちは、もし彼がやめないなら、石を投げつけてやると脅した。

☪︎ あなたがたを凶兆とみなす

日本語訳クルアーン第36章18節の解説と解釈

ここで「凶兆」と訳出した「ターイル」とは「鳥」の意。古代ローマの占いにも似て、アラブにも様々な前兆を鳥に読み取ろうとする迷信が存在した。例えば英語で「吉兆」を意味する auspicious という語は、ラテン語で「鳥」を意味する avis から派生している。アラビア語の「ターイル」からは、「吉兆」を意味するタタイヤラ、あるいはイッタイヤラといった語が派生した。神の預言者たちは悪事を公然と非難した。そのため悪事をはたらく者たちは、彼らこそ自分たちに悪運をもたらす者だと受け取ったのである。

いつの時代も、人間にとって最も苦しいのは、自分の意にそぐわない助言である。人はそれを耳にするやいなや、カッとなる。その結果、冷静に考えることができず、理性に照らして判断することができない。頑固さと憎悪に振り回され、無関係なことを言い続ける。

☪︎ ただ咆哮の一声のみ

神の裁きや懲罰は、必ずしもドラマティックな演出を伴うものではない。ここでは「咆哮の一声」がもたらす強烈な衝撃 – 地震や、激しく吹き荒れる暴風などがもたらす轟音ひとつ – で十分だった。

全能の神が、ある共同体を破壊する決断を下したとき、神は自然の力をその共同体に対して向けるだけで十分である: そのために天の力を利用する必要はない。

☪︎ 使徒が彼らのところへ来ると、彼らは必ず嘲笑した

人は常に、自分たちにとって地位が低いと思われる者をあざけり、嘲笑する。預言者たちもそうだった。預言者たちの人格は人々に過小評価され、神の真理を代表するにはあまりにも地位が低すぎると考えられていた。

☪︎ そこから穀物を生じ出させる

冬には、大地はどこを見ても死に覆われている。しかし神は、春にはそれを復活させる。

大地への肥沃な土壌の蓄積、水、太陽、空気の供給、種子が発芽し成長する可能性。これら、そしてその他の既知・未知の無数の要因が組み合わさって、人間を養う穀物、果物、野菜が生み出される。この自然のシステム全体は、人間の手によるものではない。その存在と維持は、明らかに創造主の恵みを物語っている。これらの事実を熟考すれば、神への感謝の念で人は圧倒されるだろう。

☪︎ 昼をはぎ取ると、見なさい。彼らは暗闇にいる

日本語訳クルアーン第36章37節の解説と解釈

夜から、「昼をはぎ取る」とは実に印象的な表現であり、また非常に適切でもある。昼、あるいは光とは肯定的なものである。そして夜、あるいは暗闇とはただ否定的である以上の何ものでもない。否定的な負の側面は何ごとにもついてまわり、これをはぎ取ることはできない。しかし、もしも真理を、すなわち肯定的な正の側面をはぎ取ってしまったなら、空白を埋めるものは何もない。うつろな負の側面の他には、何ひとつ残らなくなってしまう。この節含め、その前後が扱うのは神のしるしであり象徴である。人間を取り巻く物質的な世界にみられる事柄に、自分自身を当てはめて真剣に向き合うことにより、人間は最も深い霊的な真理を学ぶことができる。

地球、月、太陽はそれぞれ決まった軌道を持ち、その軌道上を極めて正確に動いている。このシステムは何百万年も前から存在しており、いまだに何らの狂いもない。

この現象は、純粋に神の底知れぬ無限の力を示すものである。もし人間がこれらの現象から教訓を学ぶなら、唯一神の威厳がその心を支配するようになり、それ以外のあらゆる印象が自動的に消し去られるだろう。

☪︎ 凋んだなつめやしの枯れ枝になって戻る

すなわち、「細い三日月が満月になり、再び細い三日月になる」、月の満ち欠けをあらわす比喩表現。

☪︎ 彼らの子孫を、満載の船で運んだ

「満載の船」とは、ヌーフ(ノア)の箱舟のこと。

神はこの世に膨大な可能性を創造し、人間が陸、海、空を旅することができるようにした。もし人間が意識的に神の恩恵に感謝するならば、神の前にひれ伏し、決して傲慢な態度をとることはないだろう。

☪︎ あなたがたの前にあるもの、あなたがたの後ろにあるもの

日本語訳クルアーン第36章45節の解説と解釈

人間は自分の過去がもたらす結果について熟考、用心し、また自分の未来を考慮して悪からその身を守るべきであろう。現在とは、過去と未来の間に浮かびあがるほんの一瞬に過ぎず、それについて考えたり語ったりしている間にも、たちまち過去となってゆく。

人の背後にはその人の行動があり、その人の前には審判の日がある。言い換えれば、人生とは行動の世界から成果の世界へ向かう旅なのだ。これは非常に重要な事態である。もし人が実際に自分の立場に気づいたら、震え始めるだろう。しかし、人はそのことを考えない。誤った解釈によって、死ぬまで自分の行動を正当化しようとする。

☪︎ 誰が私たちを寝所から起き上がらせたのか

日本語訳クルアーン第36章52節の解説と解釈

復活のとき、死者は前後不覚の状態で起き上がり、初めて目にする光景に混乱するだろう。それから彼らは徐々に、記憶と自分の人格を取り戻してゆく。来世の存在については、神の恩寵と慈悲によって現世で過ごしていた間に、すでに教わっていたことを思い出す。かつてあれほど奇妙に聞こえ、まったく興味を持たずにいた神の使徒たちの言葉は真実であった。

来世を信じない者たちは、そのことに関心を持たず、遠いことのように軽視し続ける。その中でも、愚かな性格の者は、来世の概念を嘲笑することさえある。このような人々は、審判の日が来るまで無謀なままであろう。審判の日は突然かれらを襲い、その時、自らを救うことができなくなる。

ハディースには、天使イスラーフィルが神の御座(アルシュ)の方を向いて、ラッパを口にくわえて神の命令を待っており、即座に命令を実行する準備ができていると記録されている。ラッパの音は、試験の終わりを告げる鐘の音のようである。その直後、世界のシステムは変わる。成果の現れる段階が始まり、行動の段階(現世)は置き去りにされる。

☪︎ アーダムの子らよ

日本語訳クルアーン第36章60節の解説と解釈

これは不正をなす者に対する、穏やかな叱責である。そこには怒りよりも、悲しみがこめられている。彼らは「アーダムの子ら」と呼びかけられているが、それは次の二点を強調するためである。(1)人類の父祖アーダムは、楽園から失墜したのちに悔い改め、赦しを得た。これにより彼は、後世の人類すべてのために、崇高な運命と報奨の可能性という扉を開いた。彼らのしていることは、その父祖アーダムの名誉を汚すことである。(2)最も慈悲深い御方である神は、人類の公然の敵である悪魔が築き上げた罠に注意するよう、アーダムの時代から何世代にも渡り、繰り返し警告し続けていたはずである。

現世では、善人と悪人は同じ世界に住んでいる。サタンに従う者はサタンとともにあり、慈悲深い神のしもべは神とともにある。サタンそのものを崇拝する者はいないが、神以外の者を崇拝する者は、実際には遠回しにサタンを崇拝していることになる。

☪︎ 生ける者には警告

「生ける者」。生きている、という言葉は、アラビア語であろうと非アラビア語であろうと、一般に、「身体的な生命活動を維持している」ことのみならず、生命活動に関わるあらゆる能動的な性質を指している。宗教的には、霊的な領域のリアリティに対する鋭敏な感受性を持ち合わせていない者は、死者とほとんど変わらない、ということになる。神のもたらすメッセージは、霊的な意味で「生ける者」である人の心にこそ、より深く染み渡る。

☪︎ われらの手で彼らのために家畜を創造

日本語訳クルアーン第36章71節の解説と解釈

「手」と訳出してあるが、むろんこれは人間や被造物に備わる「手」とは異なる。「手」には「自分自身」という意味もあり、ここではすなわち「神が自ら創造した」という意味に解するのが正しいだろう。

家畜の「マナーフィウ(益)」は、食用・飲用以外にも例えば皮革としての皮や、冬着に用いられる毛皮、掛け布や敷物に用いられる羊やらくだの毛、香水の原料となるじゃ香などがある。

牛やその他の家畜は、この物質界が創造主によって、人間が必要に応じて利用できるように創造されたことを示す生きた例である。この物質世界の従順性の上に、人類の文明構造全体が成り立っている。もし馬や牛が熊や狼のように荒々しかったり、鉄や石油が火山の溶岩のように制御できなかったりしたら、人類文明の進化は不可能になる。

したがって、人間はその慈悲深い創造主に大いに感謝すべきである。しかし、人は神以外の存在を崇拝し、それをやめるよう忠告されても耳を貸さない。間違いなく、これは神の支配に対する最も悪い種類の背信であり、誰もその末路を逃れることはできない。

☪︎ 精のひとしずくから創造された

日本語訳クルアーン第36章77節の解説と解釈

人間は自分自身を創造したのではない。だからこそ、人間には謙虚さや慎み深さが求められる。しかし、人間は謙虚である代わりに、自分の謙虚な立場にそぐわないことばかりを話している。

人間と宇宙が初めて創造されたこと自体が、二度目の創造も可能であることの十分な証拠となる。しかし、このことを無視して、人間は死んだ人間がどのようにして生き返ることができるのかについて論じている。死者が生者に変わることは、間違いなく審判の日に起こることである。木の例で考えてみよう。その木は見かけは青々として新鮮だが、切り刻まれて棒として燃やされると、火のようなまったく別の形になる。

あるものが別のものに変容することは、確立された事実である。神は今日、さまざまなものに関してこれを可能にしている。しかし、人間に関しては、審判の日にそれを可能にされる。それは、人間たちの不服従を罰するためである。

神の偉大さと慈悲を前に、人間の不従順さと愚行は驚嘆に値する。広大な海の一滴にも満たないものから創られた、とるに足らない被造物であることを思えば、驚きはますます深まるばかりである。その上、人間は自分を創った創造主に逆らい、対抗する手段として次々に偶像を作り上げては争おうとする無謀さをも持ち合わせている。

☪︎ それと同様のものを創造できないというのか

人間と諸天や大地を比べて、あらゆる被造物の中で、どの創造が最も難しいといえるだろうか。神は諸天と大地、その他あらゆる被造物を創造し、その上でなお、これと同様のものを無限に創造することができるのである。そのような神にとり、来世において人間を復活させることなど、何の造作もないことである。

 
 

『イスラム芸術の幾何学』本をチェック⇒


 
 

YA-SEEN (Ya-Seen)【英語訳】

英語訳クルアーン第36章ヤー・スィーン
 

英語 ヤー・スィーン Ya-Seen ☟
In the name of God the Gracious, the Merciful.
1 Ya, Seen.

2 By the Wise Quran.

3 You are one of the messengers.

4 On a straight path.

5 The revelation of the Almighty, the Merciful.

6 To warn a people whose ancestors were not warned, and so they are unaware.

7 The Word was realized against most of them, for they do not believe.

8 We placed shackles around their necks, up to their chins, so they are stiff-necked.

9 And We placed a barrier in front of them, and a barrier behind them, and We have enshrouded them, so they cannot see.

10 It is the same for them, whether you warn them, or do not warn them – they will not believe.

11 You warn only him who follows the Message, and fears the Most Gracious inwardly. So give him good news of forgiveness, and a generous reward.

12 It is We who revive the dead; and We write down what they have forwarded, and their traces. We have tallied all things in a Clear Record.

13 And cite for them the parable of the landlords of the town?when the messengers came to it.

14 We sent them two messengers, but they denied them both, so We reinforced them with a third. They said, “We are messengers to you.”

15 They said, “You are nothing but humans like us, and the Gracious did not send down anything; you are only lying.”

16 They said, “Our Lord knows that we are messengers to you.

17 And our only duty is clear communication.”

18 They said, “We see an evil omen in you; if you do not give up, we will stone you, and a painful punishment from us will befall you.”

19 They said, “Your evil omen is upon you. Is it because you were reminded? But you are an extravagant people.”

20 Then a man came running from the remotest part of the city. He said, “O my people, follow the messengers.

21 Follow those who ask you of no wage, and are themselves guided.

22 “And why should I not worship Him Who created me, and to Whom you will be returned?

23 Shall I take other gods instead of Him? If the Merciful desires harm for me, their intercession will not avail me at all, nor will they save me.

24 In that case, I would be completely lost.

25 I have believed in your Lord, so listen to me.”

26 It was said, “Enter Paradise.” He said, “If only my people knew.

27 How my Lord has forgiven me, and made me one of the honored.”

28 After him, We sent down no hosts from heaven to his people; nor would We ever send any down.

29 It was just one Cry, and they were stilled.

30 Alas for the servants. No messenger ever came to them, but they ridiculed him.

31 Have they not considered how many generations We destroyed before them; and that unto them they will not return?

32 All of them, every single one of them, will be arraigned before Us.

33 And there is a sign for them in the dead land: We give it life, and produce from it grains from which they eat.

34 And We place in it gardens of palmtrees and vines, and cause springs to gush out of it.

35 That they may eat from its fruits, although their hands did not make it. Will they not be appreciative?

36 Glory be to Him who created all the pairs; of what the earth produces, and of their own selves, and of what they do not know.

37 Another sign for them is the night: We strip the day out of it – and they are in darkness.

38 And the sun runs towards its destination. Such is the design of the Almighty, the All-Knowing.

39 And the moon: We have disposed it in phases, until it returns like the old twig.

40 The sun is not to overtake the moon, nor is the night to outpace the day. Each floats in an orbit.

41 Another sign for them is that We carried their offspring in the laden Ark.

42 And We created for them the like of it, in which they ride.

43 If We will, We can drown them – with no screaming to be heard from them, nor will they be saved.

44 Except by a mercy from Us, and enjoyment for a while.

45 Yet when it is said to them, “Beware of what lies before you, and what lies behind you, that you may receive mercy.”

46 Yet never came to them a sign of their Lord’s signs, but they turned away from it.

47 And when it is said to them, “Spend of what God has provided for you,” those who disbelieve say to those who believe, “Shall we feed someone whom God could feed, if He so willed? You must be deeply misguided.”

48 And they say, “When will this promise be, if you are truthful?”

49 All they can expect is a single blast, which will seize them while they feud.

50 They will not be able to make a will, nor will they return to their families.

51 The Trumpet will be blown, then behold, they will rush from the tombs to their Lord.

52 They will say, “Woe to us. Who resurrected us from our resting-place?” This is what the Most Gracious had promised, and the messengers have spoken the truth.”

53 It will be but a single scream, and behold, they will all be brought before Us.

54 On that Day, no soul will be wronged in the least, and you will be recompensed only for what you used to do.

55 The inhabitants of Paradise, on that Day, will be happily busy.

56 They and their spouses, in shades, reclining on couches.

57 They will have therein fruits. They will have whatever they call for.

58 Peace – a saying from a Most Merciful Lord.

59 But step aside today, you criminals.

60 Did I not covenant with you, O Children of Adam, that you sall not serve the devil? That he is your sworn enemy?

61 And that you shall serve Me? This is a straight path.

62 He has misled a great multitude of you. Did you not understand?

63 This is Hellfire, which you were promised.

64 Roast in it today, because you persistently disbelieved.

65 On this Day, We will seal their mouths, and their hands will speak to Us, and their feet will testify to everything they had done.

66 If We will, We can blind their eyes as they rush towards the path – but how will they see?

67 And if We will, We can cripple them in their place; so they can neither move forward, nor go back.

68 Whomever We grant old age, We reverse his development. Do they not understand?

69 We did not teach him poetry, nor is it proper for him. It is only a reminder, and a Clear Quran.

70 That he may warn whoever is alive, and prove the Word against the faithless.

71 Have they not seen that We created for them, of Our Handiwork, livestock that they own?

72 And We subdued them for them. Some they ride, and some they eat.

73 And they have in them other benefits, and drinks. Will they not give thanks?

74 Yet they have taken to themselves gods other than God, that perhaps they may be helped.

75 They cannot help them, although they are arrayed as troops for them.

76 So let their words not sadden you. We know what they conceal, and what they reveal.

77 Does the human being not consider that We created him from a seed? Yet he becomes a fierce adversary.

78 And he produces arguments against Us, and he forgets his own creation. He says, “Who will revive the bones when they have decayed?

79 Say, “He who initiated them in the first instance will revive them. He has knowledge of every creation.”

80 He who produced fuel for you from the green trees, with which you kindle a fire.

81 Is not He who created the heavens and the earth able to create the like of them? Certainly. He is the Supreme All-Knowing Creator.

82 His command, when He wills a thing, is to say to it, “Be,” and it comes to be.

83 So glory be to Him in whose hand is the dominion of everything, and to Him you will be returned.

 

関連記事創造者 (創始者) 📖 ファーティル【第35章】クルアーン~継承者「ハリーファ」地上における神の代理
関連記事整列者 (整列する者) 📖 アッ=サーッファート【第37章】クルアーン~地獄にはザックームの木がある

 

参考図書: