Home

スポンサーリンク

大橋あみなのブログサイト

騙し合い (だまし合い) 📖 アッ=タガーブン【第64章】クルアーン~苦難によって人は導きを授かる
クルアーンで明らかにされている現実は、宇宙全体によって証せられている。その沈黙の言葉の中で、讃美の限りを尽くしてこのことを立証しているのである。これらの啓示にもかかわらず、信者にならない者は、神の前に集められ、宇宙の主から自分についての決…
離婚 📖 アッ=タラーク【第65章】クルアーン~絶大な力を深く内面的に悟らせる
離婚の手続きには一定の条件が課せられている。このような制限の意図は、最後の瞬間まで当事者に和解の機会を与え、離婚によって家庭や社会に、混乱を生じさせてはならないということである。離婚の過程において、神を敬う精神が全体に浸透していれば、離婚…
禁止 📖 アッ=タハリーム(タフリーム)【第66章】クルアーン~悔い改めは恥ずべき感覚から生まれる
現世における人間は、常に試練にさらされているため、過ちを犯しやすい。その償いのために、悔い改め、神に向き合わなければならない。本質的に、悔い改めは恥ずべき感覚から生まれる。自分の過ちに気づけば、恥ずかしいと思うようになり、その羞恥心が今後…
大権 (威力) 📖 アル=ムルク【第67章】クルアーン~自分の殻を破って真理を見極めよう
現世を考察すると、ある矛盾が浮かび上がってくる。全宇宙は(人間を除いて)極めて完璧に、最もよく組織化された形で動いている。どこにも欠陥はない。ところが、人間の生活には多くの欠陥がある。これは人間の創造の本質が異なるからだ。この世に生きる人…
筆 📖 アル・カラム【第68章】クルアーン~すべて神の恵みによって与えられたもの
『筆と、それが記したものにかけて』とは、歴史的記録のこと。人間の回顧録が歴史という形で蓄積され、保存されているクルアーンは別格の書物であり、その伝達者は別格の人格である。クルアーンが神の書物であり、ムハンマドが神の預言者であると認められな…