ラスプーチン伝記

ラスプーチンとアレクサンドララスプーチン

ラスプーチンとはどんな人?『ラスプーチン知られざる物語』を読む その4新生ラスプーチン

その1から読みたい方はこちらからどうぞ⇒ 4. 新生ラスプーチン 皇帝は1905年11月1日の日記に「ミリツァとスタナとお茶を飲んだ」と書いている。「トボリスク州から来た神の人、グレゴリーと知り合いになった。」ニコライと...
ラスプーチンと女性たちラスプーチン

ラスプーチンとはどんな人?『ラスプーチン知られざる物語』を読む その15ラスプーチンがロシア国家を征服

ラスプーチンの予言通り、この戦争はロシアにとって破滅的なものとなった。ロシア皇帝の軍隊が東プロイセンで敗れると、楽観的な見方や皇帝の周りに集まってくるという当初の傾向は、1ヵ月もしないうちに消えてしまった。官僚機構は遅々として進まず、非効…
ラスプーチンとロマノフラスプーチン

ラスプーチンとはどんな人?『ラスプーチン知られざる物語』を読む その6ロマノフの聖なる愚者

その1から読みたい方はこちらからどうぞ⇒ 6. ロマノフの聖なる愚者 ラスプーチンが教会の敵に勝利したことを喜ぶのはまだ早かった。彼がポクロブスコエに留まっている間にも サンクト・ペテルブルクでは 彼に対する別の作戦が立...
ラスプーチン知られざる物語ラスプーチン

ラスプーチンとはどんな人?『ラスプーチン知られざる物語』を読む その7大尉の謎の報告書

その1から読みたい方はこちらからどうぞ⇒ 大尉の謎の報告書 1911年、告解の火曜日の朝。 アレクサンドル・マンドリーカがツァールスコエ・セローのホームに降り立つと、一陣の冷気が彼を迎えてくれた。アレクサンド...
ロシア皇室とラスプーチンラスプーチン

ラスプーチンとはどんな人?『ラスプーチン知られざる物語』を読む その3ニコライとアレクサンドラ友を待つ

その1から読みたい方はこちらからどうぞ⇒ 3 ニコライとアレクサンドラ:友を待つ 1881年のある寒い日、ロシア最後の皇帝となる運命の少年は、自らの運命を垣間見ることになる。3月最初の日曜日、サンクトペテルブルク...
ラスプーチン伝記5ラスプーチン

ラスプーチンとはどんな人?『ラスプーチン知られざる物語』を読む その5教会の反撃

その1から読みたい方はこちらからどうぞ⇒ 5. 教会の反撃 ラスプーチンは1907年9月、征服された英雄としてポクロフスコエに戻った。嘲笑と疑念は過去のものであった。彼は、「私は帰ってきたのが喜...
ラスプーチン宮殿での殺人ラスプーチン

ラスプーチンとはどんな人?『ラスプーチン知られざる物語』を読む その20宮殿での殺人

その1から読みたい方はこちらからどうぞ⇒ 宮殿での殺人 12月16日(金)ペトログラードには一晩中雪が降り続き、夜明け前の空にはピンクの雲が点在していた。寒かった。アレクサンドラは、その朝に温度計がマイナス10度であった...
ラスプーチンを殺したユスポフラスプーチン

ラスプーチンとはどんな人?『ラスプーチン知られざる物語』を読む その19暗殺者

フェリックス・ユスポフ王子は殺人者としては考えにくい人物だった。世界一の財産を持つという噂の唯一の相続人であるユスポフは、変わった男であった。彼が冷徹で計算高い暗殺者であったとは想像しがたい。ラスプーチンを殺した理由は謎に包まれているが、…
ラスプーチンとアレクシスの病気ラスプーチン

ラスプーチンとはどんな人?『ラスプーチン知られざる物語』を読む その10神はあなたの祈りを聞いてくださった!

ラスプーチンがアレクシスに催眠術をかけるのを目撃したという人がいないのは興味深い。ニコライとアレクサンドラはある意味で鈍感だったが、きっと彼ら(または誰か)は男が自分の息子にそんなことをしていたなら、気づいただろうし、それをありがたく思っ…
ラスプーチンと鼻のない女ラスプーチン

ラスプーチンとはどんな人?『ラスプーチン知られざる物語』を読む その12鼻のない女

その1から読みたい方はこちらからどうぞ⇒ 鼻のない女 1914年の春、ニコライ2世は突然ラスプーチンに反旗を翻し、彼の帰郷を強要した。この劇的な展開の理由は、出来事そのものに説明がつくものの、完全には明ら...