ラスプーチン伝記

ラスプーチンと女王ラスプーチン

ラスプーチンとはどんな人?『ラスプーチン知られざる物語』を読む その13モスクワに潜む災厄

ラスプーチンは、決して富を得ることに主眼を置いてはいなかったが、常に自分の経済的立場を向上させることに関心を抱いていた。戦争の前夜、彼はイギリスの軍需商を支援することを考えた。また、映画館に投資して、映画に音響を導入することも考えた。アレ…
ラスプーチン知られざる物語ラスプーチン

ラスプーチンとはどんな人?『ラスプーチン知られざる物語』を読む その7大尉の謎の報告書

その1から読みたい方はこちらからどうぞ⇒ 大尉の謎の報告書 1911年、告解の火曜日の朝。 アレクサンドル・マンドリーカがツァールスコエ・セローのホームに降り立つと、一陣の冷気が彼を迎えてくれた。アレクサンドル・マンドリーカは、車に乗ってア...
ラスプーチンと鼻のない女ラスプーチン

ラスプーチンとはどんな人?『ラスプーチン知られざる物語』を読む その12鼻のない女

その1から読みたい方はこちらからどうぞ⇒ 鼻のない女 1914年の春、ニコライ2世は突然ラスプーチンに反旗を翻し、彼の帰郷を強要した。この劇的な展開の理由は、出来事そのものに説明がつくものの、完全には明らかにされていない。 ニコライ2世は、...
ラスプーチンとアレクサンドララスプーチン

ラスプーチンとはどんな人?『ラスプーチン知られざる物語』を読む その4新生ラスプーチン

その1から読みたい方はこちらからどうぞ⇒ 4. 新生ラスプーチン 皇帝は1905年11月1日の日記に「ミリツァとスタナとお茶を飲んだ」と書いている。「トボリスク州から来た神の人、グレゴリーと知り合いになった。」ニコライとアレクサンドラは、ラ...
ラスプーチンと皇太子ラスプーチン

ラスプーチンとはどんな人?『ラスプーチン知られざる物語』を読む その14ツァーリが指揮を執り制御を失う

ラスプーチンは、戦前、常にドイツの力を賞賛し、危機に際して皇帝に手を引くよう呼びかけていた人物であるため、疑惑の目が向けられた。ラスプーチンはロシアの敗北のために働いているのだ、と何百万人もが確信していた。 ラスプーチンは皇帝に雇われてい…
ラスプーチンを殺したユスポフラスプーチン

ラスプーチンとはどんな人?『ラスプーチン知られざる物語』を読む その19暗殺者

フェリックス・ユスポフ王子は殺人者としては考えにくい人物だった。世界一の財産を持つという噂の唯一の相続人であるユスポフは、変わった男であった。彼が冷徹で計算高い暗殺者であったとは想像しがたい。ラスプーチンを殺した理由は謎に包まれているが、…
ラスプーチンとアレクシスの病気ラスプーチン

ラスプーチンとはどんな人?『ラスプーチン知られざる物語』を読む その10神はあなたの祈りを聞いてくださった!

ラスプーチンがアレクシスに催眠術をかけるのを目撃したという人がいないのは興味深い。ニコライとアレクサンドラはある意味で鈍感だったが、きっと彼ら(または誰か)は男が自分の息子にそんなことをしていたなら、気づいただろうし、それをありがたく思っ…
ラスプーチン伝記5ラスプーチン

ラスプーチンとはどんな人?『ラスプーチン知られざる物語』を読む その5教会の反撃

その1から読みたい方はこちらからどうぞ⇒ 5. 教会の反撃 ラスプーチンは1907年9月、征服された英雄としてポクロフスコエに戻った。嘲笑と疑念は過去のものであった。彼は、「私は帰ってきたのが喜ばしい!」とし、金や家来、皇室との友好関係を自...
ラスプーチンの治世ラスプーチン

ラスプーチンとはどんな人?『ラスプーチン知られざる物語』を読む その17わが友の人選に対する考え方は時に奇妙なもの

戦場での惨敗、国内での食糧・燃料不足、無能な政府、混乱する教会など、ロシア人の怒りに満ちた年であった。フボストフのスキャンダルは、ラスプーチンとアレクサンドラが国家にどれほどの重荷を負わせるかを示していた。「ラスプーチンの治世」は、年を追…
ラスプーチンのアルコール依存症ラスプーチン

ラスプーチンとはどんな人?『ラスプーチン知られざる物語』を読む その18たそがれ時にやってくる影

ラスプーチンは第一次世界大戦中、アルコール依存症で酒を飲み続けていた。キオニヤ・グセバの攻撃の後、彼が恒常的な痛みを抱えていたためである。その2年前から苦しんでいた精神的危機からも来ていた。ラスプーチンはその葛藤を解決することができず、そ…