ラスプーチンとはどんな人?『ラスプーチン知られざる物語』を読む その17わが友の人選に対する考え方は時に奇妙なもの

ラスプーチンの人選

その1から読みたい方はこちらからどうぞ⇒

 

“Our Friend’s Ideas about Men Are Sometimes Queer” “Our Friend’s Ideas about Men Are Sometimes Queer”
スポンサーリンク

『わが友の人選に対する考え方は、時に奇妙なもの』

1916年は、戦場での惨敗、国内での食糧・燃料不足、無能な政府、混乱する教会など、ロシア人の怒りに満ちた年であった。フボストフのスキャンダルは、ラスプーチンとアレクサンドラが国家にどれほどの重荷を負わせるかを示していた。「ラスプーチンの治世」は、年を追うごとに悪化していった。

ラスプーチンは、アレクシス・フボストフの後任を探すのは自分の仕事だと当然のように思っていた。「シェクロヴィトフはやりたがっているが、彼は悪党だ」と彼は考えていた。「クリザノフスキーは私を食事に誘ってくるし、ベレツキーも後任を望んでいる。私が殺されるとしたら、彼が黒幕だろう」結局、彼はボリス・スチュルメルに内相兼首相を務めるよう勧めた。皇帝はこれを承諾し、実行に移された。

このため、政府は不安定な状態に陥り、「閣僚の跳梁跋扈(ちょうりょうばっこ)」と呼ばれるようになった。理由もなく大臣が任命され、解雇され、帝国を苦しめ、ロシアの同盟国を混乱させた。時には閣僚が入れ替わることもあった。歴史家のフロリンスキーは、これを「驚くべき、贅沢な、そして哀れな光景」であり、「文明国の歴史において並外れたもの」であったと述べている。

1915年9月から1917年3月までの間、この18ヶ月の間に、ロシアでは4人の首相が変わり、5人の内務大臣と4人の農務大臣が交代した。他の6つの省では3人のトップが交代した。ラスプーチンの敵であるナウモフ農業大臣は、1916年7月に辞任した。同じ月に外務大臣も辞職した。サゾノフは、ポーランドが戦後に自治権を得ると約束することで、ポーランドの忠誠心を強化するようツァーリに促していた。アレクサンドラは、サゾノフが同盟国から高く評価されているにもかかわらず、彼を解雇するように要求した。ニコライはスチュルメルに外交を担当させた。そのためスチュルメルは、内務省を法務大臣でフボストフの実の叔父であるアレクサンドル・フボストフに譲ることになった。フボストフは司法省を、経験豊富な官僚であるマカロフに明け渡した。このような飛び越えは延々と続き、ますます複雑になっていった。世間はラスプーチンを非難したが、実は彼はこれらの大臣のほとんどを解雇したり任命したりすることに、ほとんど何の関係もなかったのである。

これらの人物は、ロシア人とその同盟国を困惑させる以外には、その出入りはほとんど意味をなさない。しかし、陸軍大臣アレクセイ・ポリワノフの失脚はまったく違っていた。彼は有能で精力的な大将で、パウル・フォン・ヒンデンブルクは、1915年に彼がロシア軍を救ったと考えていた。だが、ポリワノフは最高司令官を引き受けたニコライ2世に反対し、ラスプーチンの仇敵でもあった。1916年3月、皇后はついに彼を退陣に追い込み、後任には非実力者が就任した。フボストフは、内務大臣としてわずか2ヶ月しか在職しなかった。彼はラスプーチンと対立していたので、彼の任期が短くなることは明らかであったはずである。しかし、その後任は無能というより危険な人物だった。

アレクサンドル・プロトポポフは、1866年、キオニヤ・グセバや V. I. レーニンを生んだシンビルスクの有力貴族の家に生まれた。多面において才能豊かなプロトポポフは、数ヶ国語に堪能で、フランスの偉大な作曲家ジュール・マスネにピアノを学んだ。

プロトポポフは、帝国親衛隊に従事するも、家業の綿花工場と農業を経営するために辞職した。1905年に反乱を鎮圧した後、銀行の取締役や布工業連盟の会長などを歴任した。プロトポポフはリベラルな保守派で、オクトブリスト党の中心人物であった。第3回国会で議席を獲得し、第4回国会では副議長に選出された。プロトポポフは反ユダヤ主義に反対し、ユダヤ人と親交を深め、彼らの法的権利の向上を支持した。

プロトポポフは、才能ある政治家であり、洗練された物腰と優れた外見は、魅力的で自信に満ちているように見えた。1916年夏には、ロシアが最終的に勝利を得るまで戦争参加を確実なものにするため、同盟国を訪問する議会代表団に参加した。プロトポポフは好意的な印象を与えたが、その裏側には闇が潜んでいた。机の上に置かれた聖像と会話をし、訝しげな顔をしながらも、自分は正常であるという笑みを浮かべていた。実はプロトポポフは、将校時代にかかった梅毒の被害者だったらしい。彼は正気を失いかけていた。バドマエフ医師の「覚醒できる粉末」のおかげで、薬物中毒にもなってしまった。プロトポポフは、ブツブツ言いながら痙攣し、汗をかき、時には世間知らずの男が赤面するような罵詈雑言を浴びせかけた。戦時中、プロトポポフは神経衰弱でバドマエフの診療所に6カ月も閉じ込められていた。

1913年、バドマエフ医師はラスプーチンをプロトポポフに紹介した。プロトポポフが診療所で療養している間、農民と上品な貴公子の友情は深まっていった。一方、バドマエフ医師は、アンドロニコフ公が内務省を支配下にしたのと同じような計画を練っていた。バドマエフもまた、怪しい金融組織を抱えており、それを守るために味方を内務大臣に据えようと考えていた。この計画は、プロトポポフを首席大臣とし、バドマエフのビジネスパートナーであるポール・クルロフを副大臣兼警察庁長官とする計画であった。ラスプーチンは、その時のロシアの難局を救えるのはプロトポポフだと考え、この計画に全力を注いだ。ラスプーチンは、代償として、ただ自分を放っておいてくれと頼んだだけだった。

ラスプーチンの任務は、ニコライ2世を操ってプロトポポフを内務大臣にすることであった。ラスプーチンはいつものように皇后に話を持ち込んだ。アレクサンドラは議会の副議長に一度も会ったことがなかったが、ラスプーチンが彼のことを言うやいなや、彼女の皇帝への手紙には熱烈な推薦文があふれた。プロトポポフは「わが友を少なくとも4年前から好いている」「私は彼を知らないが、わが友の知恵と導きを信じている」と書いていた。さらに4日後に3通の手紙が届き、プロトポポフを内務大臣に任命するよう夫に迫った。

ニコライは抵抗した。彼は、シンビルスクの紳士は「いい人だ」と同意した。しかし、内務省の長官にはプロトポポフの方がふさわしいと考えたのである。ニコライは、この気まぐれな企業家が内務大臣になるべきだという提案に、「まったく予想外だった」と告白している。「この問題はよく考えなければならない」と書いている。「ご存知のように、わが友の人選に対する考え方は、時に奇妙なものです。特に高貴な人物を指名するときは気をつけなければならない。このような変化はとても頭が疲れる。それがあまりにも頻繁に起こることに気がつきました。新しい人が入るたびに政権も変わるのだから、国の内部にとっても決して良いことではない」。

アレクサンドラは「プロトポポフを内務大臣にしてください、彼は議会の一員ですから、彼らの間に大きな影響を与え、彼らの口を封じることができるでしょう」と圧力をかけ続けた。内務大臣にプロトポポフが就任すれば、王室と議会の関係がより友好的になると期待するのは、実はもっともなことだった。アレクサンドラはいつも通り、はっきり「そうしましょう」と電報を打った。内務大臣補佐官兼警察庁長官にはポール・クルロフが任命されたが、あまりに不穏当だったため、ニコライはこれを公式発表という形では取り上げなかった。任期はわずか3カ月であった。

「プロトポポフに神の祝福を」アレクサンドラは叫んだ。彼女は「プロトポポフを選んだのは賢明な判断であったと、わが友は申しております」と絶賛した。しかし、プロトポポフが就任するや否や、彼が皇帝を代表して議会に出席することは明らかであり、その逆ではない。このことは、かつての同僚たちを激怒させ、彼らはプロトポポフを敬遠し、軽んじた。プロトポポフは独り言を言い始め、泣きながら頭の中で暴れる声に答えていた。ペトログラードへの食糧や燃料の供給問題は、冬が近づくにつれて深刻になる。新聞は、プロトポポフの辞職を求めた。常に神経衰弱の危機に瀕していたシンビルスクの紳士は、機能することを可能にする「覚醒できる粉末」をさらに求めて、バドマエフの診療所に向かって街を疾走しているのが目撃された。

プロトポポフの起用は、スチュルメルがますます不人気になっていくことに拍車をかけた。彼の政策によって、議会の進歩的勢力は完全に排除された。スチュルメルがドイツ人であることも問題であったが、戦後発表された文書によると、彼がドイツとの単独和平を密かに検討していたとの疑惑が浮上した。ニコライ2世は心配し、イワン・ゴレムイキンの「去年よりずっと状況が悪くなっている」と妻に警告を発した。ニコライは彼女の意向を無視して、1916年11月9日にスチュルメルを解雇した。

後任はアレクサンドル・トレポフで、力強く、保守的な考えを持ち、普通ならアレクサンドラも気に入るはずだった。しかし、トレポフはラスプーチンの敵であった。前年にニコライが彼を通信大臣に任命したとき、アレクサンドラは夫にこう告げた。「わが友は、あなたが彼を指名したこと……そして、あなたがラスプーチンに反対したことをとても悲しんでいます」と伝えた。この時、皇帝は妻の助言を求めることなく行動した。1916年11月10日、トレポフが首相に就任した。ニコライは立派な決意をもって行動したが、議会から敵意が殺到することは予期していなかった。

スチュルメルは嘲笑されたが、トレポフは嫌われた。新首相が初めて議会に姿を現したとき、口笛と侮辱の声があまりに大きく、演説をすることができなかった。しかしその後、彼は責任ある省庁を求める代議員の要求に同意し、代議員たちを驚かせた。彼は、ロシアが「闇の勢力」(皇后とラスプーチンの隠語)の下であまりにも長い間苦しめられてきたことを認めた。プロトポポフの退任を認め、皇帝もアレクサンドラを激怒させることを承知で同意した。皇帝はプロトポポフを「善良で正直な男だが、次から次へと考えを変え、自分の意見を貫き通すことができない」と書いている。「私は最初からそう思っていた」と。さらに、この不幸な男は「ある病気」のために「正常ではない」とし、「このような時に内務省を任せるのは危険である」と付け加えた。そして、妻の返事は決まっていた。「わが友のせいにしないでください。私が推し進めたことです」。

アレクサンドラはスタフカに行き、自ら弁明を行った。密室で、皇后は自分の考えを執拗に夫に押し付けた。ニコライは「この数日間は、実につらいものだった」と認めた。彼は、プロトポポフを擁護する妻の「頑強で忍耐強い」主張を賞賛した。そして、驚くべきことに、妻に謝ったのは皇帝の方だった。「私が不遜であったり、せっかちであったりしたなら許してほしい」。歴史家のロバート・K・マッシーは、これが「二人の書簡の中で、深刻な喧嘩を示す唯一のもの」であると指摘している。

ニコライの怒りの一部は、アレクサンドラが彼の嘆願を無視して、プロトポポフを解雇するという夫の決定をラスプーチンに伝えたことに起因していたのだろう。ラスプーチンからの4通の電報は、そのようなことをすると悲惨な結果になることを皇帝に警告していた。そのうちの1通は238字の長文で、これまでに前例のない長さである。彼は大臣が「真の人格」であり、犠牲にしてはいけないと主張した。さらに「理性を取り戻せ」と懇願した。

皇后はこの訪問の後、重要な手紙を何通も送り、そのどれもが、夫とロシアにとって何が最善かを知っているという確信に燃えていた。アレクサンドラはプロトポポフを「真の友人」だと主張し、トレポフは愚かなアドバイスで皇帝を「怖がらせようと」しているのだという。ニコライは「わが友の祈りと助けを深く信じることだ、彼の力があるからこそ、今の君がいるのだから」とアドバイスした。

ニコライは降伏し、プロトポポフを留任させた。トレポフは、約束を破った皇帝に腹を立て、辞表を出した。しかし、ニコライは辞表を受理しなかった。ニコライは「私が選んだ他の同僚と一緒に職務を遂行せよ」と怒った。トレポフ氏は絶望した。義弟のモソロフ(帝国書記局長官)はラスプーチンを知っていた。

トレポフは、モゾロフがラスプーチンに取引を持ちかけることを許可した。もしラスプーチンが政治的陰謀を断念すれば、ペトログラードに家と20万ルーブル、そして常時のボディガードを手に入れることができるというものだった。 モソロフは自分の申し出が拒否されるかもしれないという予感があった。実際そうだった。ラスプーチンは、金で自分を堕落させることができるという提案に激怒した。ニコライ2世は、トレポフを利用して議会を支配しようとしていただけだった。トレポフはそれに失敗しただけでなく、公安省に対する議員の要求に同意した。トレポフは47日後に首相を罷免された。ラスプーチンが殺害された9日前のことだった。

悲劇の結末をなす主な出来事は、すぐに展開された。帝政を崩壊させたペトログラードの反乱は、1917年2月23日に始まった。その9日後、ニコライは退位した。1918年7月17日未明、元皇帝とその家族、3人の使用人、家庭医が、エカテリンブルクにある「特別目的の家」の地下で銃殺された。

 

つづきを読む ラスプーチンとはどんな人?『ラスプーチン知られざる物語』18 
 

アクセス・バーズはどこから来ているのか?アクセス・コンシャスネスの教えはいったいどこから?

そういった疑問には、やはりこの人【ラスプーチン】を知らなくては始まりません。

ということで、Rasputin Untold Story by Joseph T. Fuhrmann ジョセフ・T・フールマン『ラスプーチン知られざる物語』を読みこもうという試みです。