ラスプーチンとはどんな人?『ラスプーチン知られざる物語』を読む その5

ラスプーチン5

アクセス・バーズはどこから来ているのか?
アクセス・コンシャスネスの教えはいったいどこから?

そういった疑問には、やはりこの人【ラスプーチン】を知らなくては始まりません。

ということで、Rasputin Untold Story by Joseph T. Fuhrmann ジョセフ・T・フールマン『ラスプーチン知られざる物語』を読みこもうという試みです。

その1から読みたい方はこちらからどうぞ⇒

 
 

The Church Strikes Back The Church Strikes Back
スポンサーリンク

5. 教会の反撃

ラスプーチンは1907年9月、征服された英雄としてポクロフスコエに戻った。嘲笑と疑念は過去のものであった。彼は、「私は帰ってきたのが喜ばしい!」とし、金や家来、皇室との友好関係を自慢げに語った。4人のフ信奉者が彼を伴っていた。オルガ・ロクチーナ、キオニヤ・ベルラツカヤ、アキリーナ・ラプチンスカヤ、そして高官の妻ジナイダ・マンシュテットである。古い町はこのような光景を目にしたことがなかった。

ラスプーチンを家に迎えたプラスコバヤが足元にひれ伏したのを見て、ロクチーナは驚きを隠せなかった。プラスコバヤは、夫との間に不和が生じると、明らかに自分の方が正しいと分かっていても、いつも負けを認めていた。「夫と妻は心を一つにして生きていかなければならないのです。自分が譲ることもあれば、相手が譲ることもあるわ」と哲学的に答えた。

「以前は農民小屋に住んでいたが、今はとても大きな家を持っている」と、ラスプーチンはポクロブスコエを訪れたフェオファンに語った。モンテネグロの王女ミリツァがラスプーチンに金を与えて、トゥーラ川の水先案内人からこの家を買ったのだ。木造2階建ての伝統的な家で、木彫りの窓には花のプランターがあり、屋根はブリキだった。門扉付きのフェンスが敷地を囲み、その先はグレゴリーの父親の家とその粗末な庭に続いていた。エフィムは1904年に妻のアンナが亡くなった後、息子と一緒に暮らすこともできたが、老人は自立した生活を望んだ。ラスプーチンは、購入後に残ったお金で、新居の装飾と改良を行った。

ラスプーチンとその家族は1階に住み、上の部屋は間もなくやってくる客人のために家具が置かれていた。客間にはピアノが置かれ、豪華なソファ、蓄音機、高価な机、美しい黒檀のキャビネットに収められた大きな置時計があった。壁にはニコラィとアレクサンドラの肖像画を含む聖像や版画が飾られている。巨大な絨毯の上には高価なシャンデリアが揺れている。「600ルーブルもしたんだ」とラスプーチンは自慢げに言った。フェオファンは1917年の調査委員会で、この光景は「半無精な農民が都市で金持ちがどのように暮らしているかという観念」を示していると語った。

ラスプーチンの主な資産は、自宅と農場、家畜であった。一般に考えられているのとは異なり、ラスプーチンは皇室との友情から金銭的な利益をほとんど得ておらず、日常の必要なものは信奉者からの贈り物に頼っていた。1906年から1908年までモンテネグロの姉妹と親しくしていた。彼らは他の裕福な人々と共に彼に贅沢な援助を与え、その寛大さで人々に感銘を与えることを許したのである。ポクロブスコエの人々は、彼の新しい高貴な地位を認め、「ゴスポーディン」-「高貴な主」-と呼んでいた。

「グリシャのおじいさんが帰ってくると、子供たちはみんなホリデーになったよ」と、ある村人は回想する。「フルーツドロップやスパイスケーキをくれたんだ。彼は私たちにお金を渡さず、店主に子供たちにコートや長靴など必要なものを何でも与えるようにメモを書き、その代金を全部払ってくれました」と、ある村人は回想した。別の女性は、「ラスプーチンは町に戻ってくるとすぐに村人たちを助けた」と付け加えた。彼は馬や牛を買うお金を人々に与え、貧しい家族のために家を建て、葬儀の費用を負担した。妻の食費を盗んで酒を買っていた酔っぱらいの悪党が、今では「正しい」「鋭い」「賢い」と称賛されているのだ。

特に、ある村人の苦境がラスプーチンの心に響いた。彼女は貧しい女性で、娘たちが学校に通うために必要な服を買うことができず、家にいることを余儀なくされていた。彼女はラスプーチンに、少なくとも娘の一人が教育を受けられるように、一足の靴の革を買ってほしいと頼んだ。ラスプーチンは自分が正式な教育を受けていないことから、学問を重んじるようになり、それを承諾した。しかし、彼はサプライズを計画し、少女たち全員に靴を履かせるために必要な革を注文した。商人が母親に渡したのは一足分の材料だけだと知ると、ラスプーチンは激怒し、大声を出した。商人は早速、ラスプーチンが買ったものをすべて届けた。

ラスプーチンは宮廷での地位に誇りを持っていたが、そのために首都と故郷の警察の監視を受けることになった。皇帝の警察は、ロマノフ家のメンバーを含む重要人物の郵便物や行動を日常的に監視していた。サンクト・ペテルブルグにひょっこり現れた無名の農民が、突然有力者の間で評判になったのだから、警察も当たり前のように関心を持ったのだろう。彼らはラスプーチンの動きを追い、彼の手紙を読み、貴重な情報をもたらす報告書を書いた。

1910年1月7日付の警察の報告書には、ラスプーチンは今でも “規則正しく農業を営み、村人たちと同じような生活をしている “と記されている。しかし、富はこの農夫に影響を与えていた。おそらく成功はラスプーチンにすぐには影響しなかったが、それが大きくなるにつれて、彼は傲慢になり、悪魔的なプライドと「悪魔的な魅力」によって特徴づけられるようになった。ラスプーチンは決して謙虚な人間ではなかったし、ニコライ2世の友情とともに上流社会の抱擁は彼の自我を膨らませた。彼は自分の家とその調度品を自慢し、村人には常に皇室での自分の立場を思いしらさせた。「この金の十字架が見えるか」と訪問客に尋ねると、「ああ、そうだ。Nの刻印がある。ツァーリがくれたんだよ、僕を称えるためにね」。彼はニコライとアレクサンドラからもらった聖像や、宝石をちりばめたイースターエッグ、家に飾られている優雅なランタンを見せた。また「このシャツは陛下が縫ってくださった」と見せびらかした。

その警察の報告書は、ラスプーチンの “献身的で神々しい生活と多くの行動や発言とが衝突している “という意見を表明している。彼は村の仲間を軽蔑していた。「私はポクロブスコエを今回限りで去るだろう」とある手紙に書いている。「この村では誰も物事を理解できないのだ 」と。ある教会関係者は、ラスプーチンは “庶民の貧しい教育を受けた男 “であると指摘した。彼は “大公や他の重要人物の宮廷を訪問した “ことを皆に伝えたがった。

ポクロブスコエの多くの人々はラスプーチンを豊穣の父として受け入れたが、そのような態度をとらない人々もいて、公然と敵意をあらわにした。「私は司祭たちを助けると申し出たが、彼らは私を破滅させようとした」と彼は断言した。「敵は強大で、人を捕らえるために落とし穴を掘ったのであって、良いことをするためではない。私が最下層の下劣な宗派の代表であると非難し、教会の指導者たちはあらゆる手段で私に対抗してきた」。

この問題は、ラスプーチンがポクロフスコエ聖母教会の美化のために5,000ルーブルを寄付したことに端を発している。ニコライ2世が実際に資金を提供したのは、故郷でのラスプーチンの権威を補強するためだったのだろう。ラスプーチンにはその使い道を決める特権があった。彼は祭壇に金メッキの銀の十字架、聖障を照らす4つの金メッキの銀のランプ、聖域に「人が首にかけるような」大きな金の十字架を注文した。ラスプーチンは、教会にある奇跡を起こす聖像を装飾し、より頑丈なものにさせた。もしラスプーチンが本当に町を助けたいのなら、学校を改善するためにお金を寄付したかもしれない、そして地元の教会関係者に感銘と、おそらく影響を与えたかも、と多くの人が不平を漏らした。

聖職者たちは、改宗前のラスプーチンを嫌い、改宗後の彼の誠意を疑った。彼らは、神が何らかの偉大な目的のために彼を選んだという主張には感銘を受けなかった。彼らはラスプーチンが自分自身のグループを形成し、それが非常に秘密主義的であるという事実に悩まされた。そして女性との親密さもあった – 彼の地下室から聞こえてくる奇妙な賛美歌や「兄弟」「姉妹」のようなククリスト的な挨拶も同様である。ラスプーチンを彼の場所に置く時が来たのだ。

ポクロフスコエのピーター・オストロモフとフェオドール・チェマギン神父は1907年9月初め、トボルスクのアンソニー司教にラスプーチンを異端者として正式に訴え出た。彼らは「グレゴリー・ノビイは特別な指導者、精神的指導者、祈祷師、相談役、慰め役としての役割を担っている」と告発した。「彼は『私の中には多くの愛がある』『私は皆を愛している』と、霊的に高揚させる会話をすることで知られている。スピリチュアルライフに関するアドバイスに招かれることもある」この最後の一文が、本当の問題を示しているのかもしれない。ラスプーチンは司祭たちを見下していたのである。

ミリツァとアナスタシアが密かに捜査を開始したという説は説得力がない。おそらく姉妹はラスプーチンが皇后への影響力を増していることに憤慨し、ラスプーチンに対する古い噂を利用して、アレクサンドラへの影響力を低下させようとしたと思われる。アンナ・ヴィルボヴァは、アレクサンドラの人生における姉妹の重要性を減らしたが、モンテネグロ人は依然として宮殿に出入りしていた。ラスプーチンはアナスタシアが最初の夫と離婚し、姉の夫の弟で社会的に「ニコラーシャ」と呼ばれるニコライ・ニコラエヴィチ大公を新しい配偶者として迎えることを支持した。ミリツァとアナスタシアは、 捜査が行われた1907年当時、まだラスプーチンの最も有力な支持者の一人であった。彼らはちょうどラスプーチンの新しい家とその家具の代金を支払ったところだった。全体として、モンテネグロの姉妹が捜査の背後にいた可能性は低いと思われる。

トボリスクのアンソニー司教は、自分から仕掛けたのではないのか、と思うほど行動的であった。確かに、彼には怒るだけの理由があった。アンソニーは、1833年に亡くなったサロフの聖人セラフィムが聖人として認められるに値しないと考えていた司教の一人だった。ニコライはこれらの反対を無視し、1903年に聖務会院を通過させて列聖を強行した。そして、アンソニーの処罰として、タンボフ(ロシア南部の快適な場所)から西シベリアの凍てつく荒野に転任させたのである。おそらくアンソニーは、ラスプーチンを叩くことがニコライ2世に対する仕返しになると考えたのだろう。

いずれにしても、アンソニーは1907年9月6日、ラスプーチンに対して、”誤ったクリスト的教義を広め、この教義の信奉者の協会を形成している “として捜査を開始することを発表したのである。1905年の革命でロシア人が市民的自由を得た後、クリストに所属することは法律違反ではなかったが、もしラスプーチンが異端の宗派の一員であることが立証されれば、破門される可能性もあったのである。捜査当局は直ちにポクロブスコエを急襲して、グレゴリーと彼の父親の家を捜索した。捜査官は6ヶ月間、家族から隣人、仲間に至るまで尋問を行った。ラスプーチンがペルミの工場で働いている時に、クリストに改宗したと主張する者もいたが、ラスプーチンがペルミに長期間住んでいた証拠はないのである。

ゴシップ誌によると、ラスプーチンの家には「黒いコートを着た」「白い頭にスカーフを巻いた」人々が礼拝に集まり、彼は「金の胸章をつけた修道院型の黒い司祭平服」を着ていたそうである。彼らは、深夜の集会から聞こえてくる音楽は「奇妙」であり、そのメロディーとハーモニーは正教会ではなく、この宗派の「曖昧な目録と出版物」から来ていると証言している。彼らの歌には、「シオンは眠る」や「アトス山の山々」など、有名なクライスト賛歌が含まれていた。ラスプーチンは最低音部で、よく歌うというのがみんなの一致した意見だった。

ラスプーチンがクリストであるという証拠はほとんど見つからなかったため、審問官たちは新たな方向へ調査を進めることにした。ラスプーチンが自分の情熱を満たすために宗教を利用したと考えられていた。彼と女性信者はポクロブスコエで「手をつないで歩く」ことで知られていた。彼は「彼女にキスし、撫で、抱きしめ」、「コーネイ」「エリヤ」「ジノチカ」などの愛称をつけた。チェマギン神父はある日、ラスプーチンが「浴場から濡れたまま帰ってくるのを偶然見かけ、その後に一緒に泊まっていた数人の女性も濡れて湯気を立てていた」と証言している。ラスプーチンはこのことを軽く、「小さな女性たち」を「抱きしめてキスする」のが好きで、「しばしば浴場に同行する」ことを認めている。そして、ラスプーチンの家に住んでいた若い未婚の女性たちがいた。プラスコバヤは彼女たちが自分のためにいると主張したが、チェマジンは何か不適切なことが行われていると感じていた。

ラスプーチンを非難する人々は、彼が「無秩序な生活」をしており、礼拝中の彼の態度が気を散らすものであると非難した。人々は、彼の信仰が正統派から外れているのではないかと疑っていた。ラスプーチンが冬の巡礼で裸足で歩くことを強要した(とされる)ために、プラスコバヤの故郷ドゥブロヴィノの女性が病死したという話も浮上した。しかし、その女性の名前もそれ以上のことも誰も知らない。

アンソニー司教の報告書(1908年5月15日付)で、ラスプーチンがクリストであるか、そうでないかを証明する捜査は失敗したと発表されたとき、ラスプーチンの敵は、驚愕したに違いない。司教は明らかにそのような結論に達することを望んでいたが、提示された事実はそれを許さなかった。アンソニーは捜査官のずさんな仕事ぶりについて不満を漏らした。彼らはラスプーチンがクライストである可能性を示唆する鞭や「シンボルや聖像」を何一つ見つけられなかったのである。彼らは、この宗派の祝いの儀が「浴場、納屋、地下室、脱穀場、さらには地下で行われ、決して指導者の家では行われなかった」ことを知らなかった。審問官たちは、外の建物を無視し、クリストの礼拝に使われる「聖なる書物」を捜すこともしなかった。”彼らはグレゴリー・ノヴィーによって開かれた集会で歌われたかもしれない一節や手帳を見つけられなかった”。

司教は、このような状況では、明らかな(そして当たり前の)結論にしか達しないことを認めた。ラスプーチンは夜に集まる宗教団体を持っていた。彼は聖書を読み、彼らに教え、彼らは歌い、祈った。「しかし、証拠には集会で何が行われたのか、彼が集会で何を教えているのかが開示されていない。彼の教えの中の孤立したフレーズは、クリストの教えに近いと思われるかもしれない。しかし、議事録は、それがクリスト異端を表していると結論づけるのに十分なほど確固とした事例を提供していない”。

司教の報告書は、実はラスプーチンを賞賛していた。彼は「正教会にはなじみがないが、定期的に神の神殿に通い、教区教会の聖歌隊で歌っている。. . 教会の各聖像を奉納し、断食を厳守し、告解と聖体拝領というキリスト教の義務を怠りなく果たし、教会に寄付している。そして彼の家族全員が同じことをしている”。

この報告書は宗教的多元主義を支持している。これが最大の驚きであった。アンソニーがやむを得ずだが、ラスプーチンが「正教とは別の自分のグループ」を形成する権利を認めたのである。. . . それは、独自の宗教的-道徳的見解と生活様式を持つ特殊な社会である。グレゴリー・ノヴィーは彼らの特別な指導者、精神的な指導者、祈祷師、相談役、慰め役」であり、「精神生活について助言を与え」、「精神的に高揚させる会話で知られている」。報告書によると、彼はしばしば「私はみんなを愛している」と言った。”彼は信奉者たちに互いに愛し合い、善を行うよう教えている” と。

ラスプーチンが誠実であることを示す証拠はあったが、アンソニーは、彼が本当に “神に選ばれた特別な人 “であるかどうか疑問に思っていた。彼の正教会に対する信心深さと献身の誇示は、彼が偽の教師であり、危険で邪悪なクリストの教えの伝導者であるという事実を隠すために、単に外見的なものであったかもしれない と述べた。報告書は、”ラスプーチンとクリストとの関係の問題は、宗派に反対する宣教師のような経験豊かで知識のある者が率いる新しい審問の対象となるべきである”と提案している。

ラスプーチンと地元の教会幹部との関係は、教会の審問の後、不安定な緊張緩和が成立していた。捜査のわずか4ヶ月前、オストロモフ神父は教区の会合で、教会に対するラスプーチンの寛大さに正式に感謝を示したのである。アンソニーは嫌だったに違いないが、1908年6月1日、トボリスク教区新聞はついに記事を掲載した。しかも一面である。トボリスク教区当局が同様に “ポクロフスコエの農民に対する彼の善意(と教区教会に対する彼の犠牲)にグレゴリー・ノビィ(彼はラスプーチンとも呼ばれる)に感謝を表明したのである”。地元の司祭たちが、最も厄介な教区民を懲らしめようとする努力は失敗していた。

ラスプーチンは報告書の後、数ヶ月間オストロモフとチェマギンを避けた。アンソニーはまだラスプーチンをクリストと結びつけたいと考えており、地元の3人の司祭にラスプーチンの活動に関する月刊誌を送らせた。その報告は驚くほど客観的で、これもまた驚くべきことかもしれない。ラスプーチンは穏やかな批判を受け、しばしば賞賛された。オストロモフは、ラスプーチンが1911年にアバラーク修道院を巡礼したことや、トボリスクとサンクトペテルブルクを訪問したことに触れている。オストロモフ神父は、ラスプーチンがちょうどこの地域を巡り、最近出版された「パンフレット」(彼の写真入り)を農民仲間に配っていたことに触れている。「神への奉仕については、彼は以前と同じように教会に厳格に通い、農業を営んでいる」と神父は書いている。彼はまた、ラスプーチンを「宗教家であり、定期的に教会に通っているが、最近、教会に行くことは形式的なことに過ぎないと言っている」とも書いている。

ラスプーチンは組織的な宗教に幻滅し、教会が偽りで精神的に堕落した指導者であふれていると訴えた。彼は、ほとんどの司祭が「農民が斧で木を切るように、粗野で大声で歌い、朗読する」と思っていた。ラスプーチンはそれでも「神の神殿」に通っていたが、罪悪感と恐怖心を使って人々を支配する聖職者たちに苛立ちを感じていた。ラスプーチンは、宗教の礎は愛であるべきだと考えていた。外面的な信心深さと内面的な偽善で、救いの喜びを感じられない司祭があまりにも多いことを彼は訴えた。

ラスプーチンの体験がそのような感情を形成した。少なくとも1906年から1911年までの期間、彼にとって目的の探求は欲望を満たすことよりも重要であった。ラスプーチンは自分の罪と精神性に対して大胆であった。彼は過去を取り戻し、宗教的な恍惚の瞬間に感じた愛と再び結びつこうとした。最初は祈りと瞑想で模索していたが、1912年からはセックスとアルコールで試すようになった。

ラスプーチンは、聖人や教父の著作に目を向け、自分の道を模索した。彼の受けた教育は最低限であったが、彼の鋭い精神は、他の人々がどのように召された使命に対処しているかを理解することを求めた。聖アウグスティヌスや、特に自分の名前の由来となったニュサの聖グレゴリウスを研究対象とした。ラスプーチンは、彼らの秘密を明らかにし、彼らの生き方を模倣することで、自分の探求の助けになることを望んだ。

プラスコバヤはいつもラスプーチンのそばにいて、家を守り、子供の世話をし、落ち着きのない野心家の夫を励ましていた。アーロン・シマノビッチは、かつての上司について「妻を非常に大切にしていた」と書いている。二人は誠実な友情で結ばれ、決して喧嘩をすることはなかった」とも。ある日、プラスコバヤがポクロブスコエを案内していると、夫が「悪魔払い」をしているところに出くわした。つまり、女性の信者とセックスしているところだった。しかし、プラスコバヤは驚かなかった。「人はそれぞれ自分の十字架を背負わねばならない、これは彼の十字架よ」と言った。

ラスプーチンは十字架を背負っていた-なんという驚くべき観察力だろう。当時も今も、ほとんどの人はラスプーチンが性的な逃避行を楽しんでいると考えているが、プラスコバヤはそれが重荷であることを理解していたのである。表面的には快楽だと思われていたことが、実は試練だったのだ。プラスコバヤは、夫が神からの使命を帯びており、他の女性とのセックスがその一部であることに同意した。彼女はラスプーチンが誘惑と戦い、失敗して落ち込んでいることを知っていた。しかし、プラスコバヤはいつもそこにいた.。 友人の言葉を借りれば、彼女は「魅力的で賢明な女性」であった。

 

その22まで続く予定です。お楽しみに。

 
関連記事 ラスプーチンとはどんな人?『ラスプーチン知られざる物語』4