ラスプーチンとはどんな人?『ラスプーチン知られざる物語』を読む その8

ラスプーチン8

アクセス・バーズはどこから来ているのか?
アクセス・コンシャスネスの教えはいったいどこから?

そういった疑問には、やはりこの人【ラスプーチン】を知らなくては始まりません。

ということで、Rasputin Untold Story by Joseph T. Fuhrmann ジョセフ・T・フールマン『ラスプーチン知られざる物語』を読みこもうという試みです。

その1から読みたい方はこちらからどうぞ⇒

 

Black Boars Become Bishops Black Boars Become Bishops
スポンサーリンク

黒猪が司教になる

ラスプーチンがロシアに戻ると、また新たな嵐が吹き荒れていた。ピョートル大帝が総主教の地位を廃止した後、ニコライはロシア正教会を管理する国家機関である聖シノドの副総監に、ウラジーミル・サブラーを任命した。この人事はラスプーチンの影響によるものだという噂があったが、実際はラスプーチンは全く関係なかった。サブラーは知的で勤勉な人物であり、聖シノドを率いるにふさわしい人物であった。サブラーはこの当時、アレクサンドラと協力して彼女の慈善事業のための資金集めを行っており、有力な司教数名が彼の昇進を支持していた。

それでも、噂では、サブラーがラスプーチンの前にひざまずいて、指名を懇願したと言われている。報酬としてラスプーチンはサブラーの家に住んだとされる。ある下院議員は、「ツァーリツィン市民1000人」の代弁者と称する手紙を受け取り、サブラーがラスプーチンの手先になっていると不満を漏らした。サブラーは「ラスプーチンに会ったこともない」と主張し、それは事実だろう。しかし、教会を支配しようとするラスプーチンの決意は、新しいプロキュレーターを自分の影響下に置こうとするものであった。

サブラーが昇進した直後に起こったスキャンダルは、下層階級の野心家、ヴァシリー・ナクロピンに関わるものだった。 このことは、ラスプーチンの人生において重要な役割を果たすことになる。ナクロピンは敬けんな青年で、地元の聖職者たちは、彼に教会でのキャリアを意向するように勧めた。ナクロピンは背が低く、細身でハンサムであった。声を高くして、女性に成りすますことができた。高価なガウンを着て、仮装舞踏会で知事の気を惹いたのは有名な話だ。この魅力的な女性が男であることがバレてしまい、客はショックを受けた。知事は憮然とし、ナクロピンは突然の悪評にさらされた。ナクロピンはヴァルナヴァ修道士と名付けられ、鋭い頭脳と雄弁な舌に恵まれ、めきめきと頭角を現した。35歳で修練者となり、2年後には修道士となり、38歳で小さな修道院の院長として仕えていた。司教は彼に、改革を必要とする修道院の秩序をもたらすことを期待した。また、新しい修道院を設立し、”生ける神の精神” を持つ男として知れ渡った。

ヴァルナヴァは、暗黒面が印象的だった。彼は、奇妙なポーズやセットで写真を撮られることを好んだ。ある写真では、棺桶の中で聖職者服を着ているし、別の写真では、女々しい友人たちと一緒にいるところを写している。親しくない解説者は、彼の顔が「サテュロスかパーン神のような顔をしている」と語っている。彼の修道院で乱れたパーティーが行われているという報告はあまりにしつこく、地元の大司教が突然調査に立ち寄ることになった。彼の「若い友人たち」(おそらく「ゲイの恋人たち」の婉曲表現)は修道院長に警告し、彼は「控えめな顔と丁寧なお辞儀で」訪問者を迎え入れたという。

ヴァルナヴァは高等教育を受けていなかったので、伝統的に司教になることはできないことになっていた。しかし、ラスプーチンは、彼のような「新しい人」が教会の指導的地位に就くのを見届けようと決意していた。ニコライ夫妻はその考えにまったく同意した。彼らは、教会を指導する堅苦しい、想像力のない男たちを軽蔑していた。ニコライとアレクサンドラは、普通の信者の言葉を話す、気取らない下層階級の候補者を重宝していた。皇帝は彼らの私生活には全く無関心だったのだが、歴史家たちはこの驚くべき事実に気づいていない。もちろん、ラスプーチンは自由主義者を好み、清貧、貞節、服従の誓いを立てたが、それはそれでよかった。これらの伝統は時代遅れであると主張することはできるが、当時の人々でその考えに同意する人はほとんどいなかっただろう。少なくとも対立の舞台は用意されていたのだ。

ラスプーチンとヴァルナヴァには多くの共通点があった。二人とも生まれが卑しく、誠実であると同時に宗教的な伝統とは相容れない信条に従っていた。二人とも自我が肥大し、誇大妄想があり、聖人が善行を積むのと同じように、自然にスキャンダルを引き起こした。ラスプーチンはおそらくヴァルナヴァを自分自身の霊的才能を持つ同類と見ていたのだろう。

ラスプーチンはヴァルナヴァを皇后に紹介した。アレクサンドラは、ヴァルナヴァが不誠実でおべっかを使う男だと感じ、好意的な印象を持たなかった。彼女は彼を「サスリク」と呼んだ。サスリクはリスに似たネズミで、太った体とふさふさの尻尾を持っており、決して褒め言葉とは言えない。しかし、ラスプーチンは自分の使命を守り、ついに皇帝夫妻にヴァルナヴァを支持するように説得してみせた。

ニコライ2世は、ヴァルナヴァを司教の補佐をする司教代理にし、やがて正教会に昇格させたいと告げたが、サブラーは唖然とした。ラスプーチンは、このような否定的な反応を予測していた。彼は、聖シノドを支配する官僚主義的な考え方に不快感を与えたいと考えていた。「大司教たちは、農民を自分たちの中に入れると、侮辱されたように感じるだろう」と彼は唸った。「学識者が!それがどうした、そのうち慣れるさ。サスリクは司教になるべきだ。彼は私の味方だ」。ラスプーチンにとってこれは収益だった。ヴァルナヴァは同盟者であり、彼の昇進は教会指導者の間でラスプーチンの発言力を高めることになるのだ。

ラスプーチンはシノドの財務責任者であるピーター・ダマンスキーと親しくなっており、これだけでもこの彼の影響力が大きくなっていることがわかる。ダマンスキーは「霊的な指導者グレゴリー」に敬意を表し、ヴァルナヴァを総督司教とするよう統治評議会のメンバーに圧力をかけていた。サブラーは、伝統主義者が主張し、高い水準を保つ人事においての規則に戦う力を欠いていた。自分の昇進は、忠実な官僚的奉仕に対する報酬であったので、彼は圧力に屈し、ヴァルナヴァをオロネツ県のカルゴポルの総督司教にするよう評議会に要請した。聖シノドの指導者たちは驚いた。ヴォルィニアの辛辣な大司教アンソニーは、サブラーにヴァルナヴァの司教としての適格性を説明するか、提案を取り下げるように求めた。このような対応に憤慨したサブラーは、この問題が自然消滅することを願い、一旦は棚上げにした。しかし、ニコライは頑として譲らない。「なぜヴァルナヴァはまだ司教に昇格していないのか」と、彼はサブラーとの次の会合で尋ねた。聖シノドが支持していないと説明すると、ニコライは、神は教会と国家のすべての権力を皇帝の手に委ねたと主張した。サブラーは君主論者であり、その論法に異を唱えることは困難であったろう。

統治評議会が昇進に反対し続けたとき、サブラーは自分の立場が危うくなるのを察知した。 彼は、君主と教会との衝突の渦中にいるのだ。そこで、サブラーは辞職を申し出た。ラスプーチンのニコライ2世に対する影響力にスポットライトを当てることになり、教会予算や教会で懸案となっている改革を承認しなければならない国会を炎上させることになるからだ。 衝突は常に被害を生む。アンソニーは同僚を代表して「君の地位を維持するために、黒猪の司教を作ることになる」と不平を漏らした。アンソニーは同僚を代表して、こう言った。「聖シノドは、ヴァルナヴァの昇進に同意した」。

「ラスプーチンがヴァルナヴァを司教に据えたことは、今や明らかである」とアンソニーは友人に書いている。大司教はこの昇進に同意したが、教会に恥をかかせても自分の思い通りにするラスプーチンの能力に憤慨した。「ラスプーチンは聖シノドの悪党のような振る舞いを非難している」とアンソニーは結論づけた。”彼はクリストであり、彼らの儀式に参加している “と結論づけた。

ラスプーチンは論争を好み、また新たな論争に身を投じようとしていた。アレクシスという名の司教が、暖かく美しいクリミアから凍てつくシベリアの地に赴任してきたところだった。アレクシスは、若い女性と公然と同棲し、クロンシュタットの故ヨハネを地上でのキリストの化身として崇拝する異端の一団を庇護したために処罰されたのである。アレクシスの息子レオニード・モルチャノフは父を訪ねて行く途中、偶然ラスプーチンに出会った。モルチャノフは、アレクシスは体調が悪く、トボルスクの寒さで健康が脅かされていると説明した。司教は罪を背負わされ、迫害から異端者を擁護していた。 ラスプーチンは全く同情的であった。彼はこの状況について「パパ」と「ママ」に話すと約束した。アンナ・ヴィルボヴァはすぐにアレクシスをツァールスコエ・セーロに招待した。アンナはすぐにこの老紳士を気に入り、帝国のヨット「スタンダート号」で家族と一緒に休暇中のアレクサンドラに電報を打った。

アレクシスは、ラスプーチンが自分の将来にとって重要な存在であることを意識し、ラスプーチンにかけられている異端の罪を解決することを決意した。アレクシスは文書による記録を確認し、ポクロブスコエまで足を運び、ラスプーチンを含む関係者に聞き取りを行った。この農民がクリストの一員であるという証拠は決して強固なものではなく、その後4年間はそれを覆すような新しいものは何も出てこなかった。ラスプーチンをスパイした神父たちは、まさに彼を正教会の忠実な息子として賞賛していた。1912年11月29日にアレクシスが出したラスプーチンを免責する報告書は、おそらく正当なものであっただろう。それはニコライとアレクサンドラにとっても喜ばしいことだった。

アレクシスの好意が報われるのに、それほど時間はかからなかった。1913年8月、ロシア正教会で4番目に高い司教であるジョージア総主教が死去した。サブラーは儀式に従って、そのポストにふさわしい候補者のリストを作成し、皇帝に提出した。ニコライは、「あなた方の候補者は審議会にかけられ、総主教はトボルスク司教のアレクシスに決定した」。サブローは唖然とした。ヴァルナヴァがスキャンダルを引き起こしたのなら、アレクシスはもっと悪いことを約束したのだ。さらにサブラーは、アレクシスがかつて歓迎の辞で下品な冗談を言ってニコライを不快にさせたことを思い出した。ニコライは「そのことは許した」と素っ気なく答え、話し合いは打ち切られた。皇帝はシノドスで再びアレクシスを推挙するよう主張し、再びその意向を推した。このことが、さらに興味深い、そして衝撃的な展開をもたらすことになった。

アレクシスがジョージアに行ったので、誰かが彼のポストを埋める必要があった。そして、ヴァルナヴァ以上にその栄誉にふさわしい人物がいただろうか?トボルスクの司教として、ヴァルナヴァはラスプーチンの今後の調査を妨害するだろう まだ、ラスプーチンの身は危うかった。 ヴァルナヴァとラスプーチンは友人であったが、時々緊張が走った。ヴァルナヴァは自分を厳格な修道士と考え、ラスプーチンを自由主義者と見下していた。またヴァルナヴァは野心家でもあり、ラスプーチンに代わって皇室から愛されることを望んでいたのだろう。

ラスプーチンはヴァルナヴァの心を読んでいるようで、サスリクを抑え込もうとした。ラスプーチンはヴァルナヴァがツァールスコエ・セーロによく行っていることに気づくと、「満足か」と唸ったことがある。「車で来たんだろうが、自分の足で帰ればいいんだ。ここはのんびりできるところじゃないんだよ!」と。

二人は対立する可能性があったが、ヴァルナヴァはラスプーチンの意向を重視した。トボリスクに到着するや否や、ヴァルナヴァはラスプーチンの批判者を威嚇するキャンペーンを開始した。彼は聖職者たちをラスプーチンを支持する者と反対する者の2つの陣営に分けた。前者には報酬を与え、後者には罰を与えた。ヴァルナヴァは嫌いな司祭をシベリアの片隅に移動させた。ある大家族の司祭は、3つの困難な任務に就かされた。その司祭が「もうやめてくれ」と頼むと、ヴァルナヴァはそのとおりにした。司祭は今度はモスクワ郊外の聖職者ウラジーミル・ヴォストコフに苦情を言った。彼は多くの信者を持ち、偶然ではないが、ラスプーチンを定期的に攻撃している雑誌『人生への応答』の編集者でもあった。ヴォストコフはすぐにヴァルナヴァを批判し、シベリアの神秘主義者やラスプーチンと彼の関係を批判した。

ラスプーチンはこのような攻撃を巧みに予想していた。ジョージアの総主教として、アレクシスは聖シノドの統治評議会に常任の席を持っていた。このことは、ラスプーチンに最高レベルで自分を守るための味方ができた。ヴォストコフの暴露では、評議会にラスプーチンやヴァルナヴァを批判させることはなかった。この熱烈な理想主義者を攻撃し、ヴォストコフに弁明とヴァルナヴァへの公式謝罪を要求した。なんということだろう!

ヴォストコフは引き下がろうとはしなかった。彼はサンクトペテルブルク大司教のウラジーミルという立派な、そして強力な味方を見つけた。ウラジーミルは聖シノド会議のメンバーでもあり、ヴァルナヴァを「司教の地位には全くふさわしくない」と糾弾した。そして、ヴァルナヴァを「司教になる資格がない」と非難し、その地位を剥奪して修道院に追放することを要求した。さらにウラジーミルは、このスキャンダルを皇帝に知らせようとまで言い出したので、サブラーは困惑した。サブラーは公会議で、「その任務から失礼します。高貴な方のご意思に逆らうことはできません」サブラーは、たとえ同僚のほとんどが彼を支持したとしても、自分が正しいと思うことのために立ち上がる勇気がないことを明らかにしたのである。皇帝の度重なる干渉をシノドが受け入れたかどうかが、この危機の鍵を握っていた。皇帝の度重なる干渉をシノドスが受け入れたかどうかが、この危機の帰趨を決した。ウラジーミルだけが、ヴァルナヴァを糾弾することで自分のキャリアを危険にさらすことを望んでいたのだ。ウラジーミルは動議を撤回し、評議会は次の議題へ移った。ドラマのような瞬間が、あっけなく終わりを告げた。

スキャンダルのたびに別のスキャンダルが起こり、それらはすべてラスプーチンの権力を増した。ラスプーチンは教会を分裂させていた。1912年以降、彼に反対する勇気のある聖職者はほとんどいなかったが、ラスプーチンは単独で行動していたわけではなかった。ニコライとアレクサンドラは彼の共犯者であり、ラスプーチンの意見は彼ら自身の意見と同じであった。彼らは、自分たちの無謀な行動が教会を混乱させ、ツァーリ政権そのものを弱体化させているという事実を把握することができなかったのである。
このような背景から、イリオドールはついにラスプーチンに寝返ったのである。ラスプーチンは、イリオドールを保護することによって、イリオドールの支持を得られると甘く考えていたのである。そのために、ラスプーチンは感情的な恐喝にさえ手を染めた。彼はニコライ2世に電報で、当局にイリオドールへの嫌がらせをやめるよう命令するよう警告した。そうしなければ、神がツァレヴィチに復讐すると。この脅迫にニコライが屈したのは、さらに驚くべきことだった。

ラスプーチンは1911年6月にツァーリツィンに向けて出発し、直接この吉報を伝えたが、イリオドールは喜んでもいない。イリオドールはラスプーチンとの友情から大きな利益を得ていたが、今ではラスプーチンは偽りの霊的指導者であると確信していた。彼が自分と会うことさえ拒否したことに激怒したラスプーチンは、皇帝とそのひいきに正しい敬意を示さない限り、イリオドールを滅ぼすと脅したのである。

ラスプーチンはヘルモーゲンも疎んじた。ヘルモーゲンはロシア正教会で最も広く尊敬されている人物だったので、これは大胆な行動であった。ヘルモージェンは聖シノドの評議会に席を置き、聖職者や信徒から多くの支持を得ていた。改革派は、総主教の地位を復活させ、国家から独立させることで教会を強化することを要求していた。しかし、ニコライが反対したため、ヘルモーゲンにその栄誉が移ることになった。

1911年の夏、ヘルモーゲンはラスプーチンに罠を仕掛けた。二人はバラシェフスカヤ修道院のゲストルームで共同生活をしていた。ヘルモーゲンは眠っているふりをした。午前1時、ラスプーチンは部屋を抜け出し、旅行で不在の司祭のアパートへ向かった。司教は後を追い、司祭の妻を誘惑しようとしているところを捕らえた。ヘルモーゲンは怒りを爆発させ、このような軽率な行為が皇帝に伝わり、スキャンダルになるのは時間の問題だと指摘した。ラスプーチンは反省せず、ヘルモーゲンはこの農夫はただの冒険家に過ぎないという結論に達した。

イリオドールは、今度はラスプーチンに関する事実と虚偽を次々と発表した。ヘルモーゲンはついに、ラスプーチンの神をも恐れぬ行動からロシアを守らなければならないことに同意した。ヘルモーゲンは法務大臣イヴァン・シェクロヴィトフのもとを訪れ、ラスプーチンを誘拐し、ニコライに彼が真の神の人ではないという「真実」を見せる証拠を探して彼の家を捜査することを提案した。大臣が拒否すると、ヘルモーゲンは陰謀者たちにラスプーチンをシェクロヴィトフに引き渡し、彼にこの農民を罰させることを提案した。シェクロヴィトフは、1905年の革命後の自由主義的改革のおかげで、政府はもはや皇帝の臣下を独断で拘束したり、その財産を差し押さえることができなくなったと指摘した。大臣も、ヘルモーゲンの謀略には乗らない、と明言した。

ヘルモーゲンは、イリオドールを餌に直接罠にかける方法を選んだ。1911年12月16日の朝、ラスプーチンは首都に戻り、街にいたイリオドールに電話をかけた。彼はラスプーチンをツァーリツィンから追い出すよう命じられていた。ラスプーチンはこの案に好意的で、自分が罠にはまったとは思っていなかった。車がヴァシリエフスキー島の司教館に近づくと、農夫はおしゃべりをしていた。

ラスプーチンが応接室に入ると、ヘルモーゲンが最高の法衣に身を包み、大きな金の十字架を掲げているのに驚かされた。司教のそばには、イヴァン・ロディオノフ大佐(ジャーナリスト、下院議員)とドミトリー・コリャバ(かつてニコライとアレクサンドラの寵愛を受けた者)が控えていた。ヘルモーゲンは非難の言葉を並べたてた。ラスプーチンは女性を誘惑してレイプした、酒飲みで皇帝夫妻に影響力があると自慢、教会の問題に干渉、異端を説いてセックスと救済を混同、クリストの一員だった、王位の威信を損なうような危険な状況に巻き込んだ、などである。

ラスプーチンは自分の無実を主張した。そこでコリヤバが悲鳴を上げて叫び始め、彼の主張は崩れ去った。彼はラスプーチンに向かって身を投げ出し、ペニスをつかんだ。ラスプーチンはその攻撃から逃れようと戦ったが、追い詰められた。ヘルモーゲンは彼に罪の告白を要求した。「本当だ、本当だ、全部本当だ!」 ラスプーチンは泣き叫び、逃げようとした。しかし、一行は彼を礼拝堂に引きずり込み、二度と皇族に会わないことを誓わせた。ラスプーチンはキエフの洞窟の修道院に行き、許しを請わなければならなかった。また、アトス山やエルサレムにも巡礼し、罪を償うことになる。「3年間はロシアに帰れないぞ」とヘルモーゲンは怒鳴った。「私に逆らうなら、破門を宣告する」と。

ラスプーチンはこの対決から這い上がり、怒りに燃えていた。翌朝、彼はニコライとの緊急会談のためにツァールスコエ・セーロに急いだ。ラスプーチンは、1911年の演出された誤解を招く写真の経験から、直接アプローチすることが最良の方法であることを学んだ。そのため、彼は自分の言い分を述べることができた。災難を自分の有利になるように、必要な罪悪感や反省を表現することができたのだ。ラスプーチンは、自分の運命を安全に皇帝の手に委ねることができることを学んだ。

その結果は、誰も驚かないものだった。ヘルモーゲンは司教座を剥奪され、国外追放を命じられた。ヘルモーゲンは司教として、12人の聖職者の前で正式な審問を受ける権利があったが、ニコライは法的なきれいごとを言う気にはなれなかった。ヘルモーゲンは車に放り込まれ、そのまま鉄道の駅まで連れて行かれた。そして、汽車に乗せられ、サンクトペテルブルクを後にした。教会で最も権力を持つ司教が、突然犯罪者になったのである。

イリオドールはもっと難しかった。彼は警察の追跡を受けながら身を隠したが、それはすべてラスプーチンには喜ばしいことであった。”パパとママ “に宛てた電報でこう警告した 「あなた方は他の誰よりも優れている、そうでなければならない。イリオドールを制圧しなければならない。彼は悪意ある犬だ」とラスプーチンは主張した。そして 「もっと毅然とした態度で厳しく接しなければ。 もっと護衛が必要だ」

当局の目を逃れて、イリオドールは攻撃を開始した。正教会を「忌むべきもの、荒廃したもの」と糾弾し、「キリストはこの中にいない」と主張した。聖評議会は “豚の家 “であるとし ニコライとアレクサンドラについては、「王位には犬が横たわり、皇帝は小男で酒飲みで草食で愚か者、皇后は放蕩者の女、世継ぎの息子の父親はラスプーチンである」と述べた。「ラスプーチンとサブラーが国家を支配しているのであって、ツァーリが支配しているのではないのだ」。

この興奮状態は1912年に頂点に達した。イリオドールは聖シノドに彼の信仰を放棄し、彼自身の血で声明に署名している間、彼の聖職者を取り消すように請願した。 正教会は「魔法と迷信だけ」だったと彼は述べた。 その司祭たちは「愚かな人々」だったと。 キリストの神性、復活、そして永遠の救いを否定し、彼は結婚や秘跡のような「余分な」要素のない新しい信仰を確立することを約束しました。 「私は魔術師であり、人々をだましました」とイリオドールは反抗的に宣言しました。 「私は理神論者です。 異教はすばらしい宗教です。」 ラスプチン自身は、敵の信用を傷つけたり、邪魔にならないようにするというより良い仕事をすることはできなかったでしょう。

キリストの神性、復活、永遠の救済を否定し、結婚や聖餐式といった「余計なもの」を排除した新しい信仰を確立することを約束した。「私は魔術師で、人々を騙していた」と、イリオドールは反抗的に宣言した。「私は理神論者だ。異教徒は立派な宗教だ」。ラスプーチンは、敵の信用を落とすこと、あるいは敵の邪魔をすることについては、これ以上ないほどの仕事をしたのである。

 

その22まで続く予定です。お楽しみに。

 
関連記事 ラスプーチンとはどんな人?『ラスプーチン知られざる物語』9