ラスプーチンとはどんな人?『ラスプーチン知られざる物語』を読む その7

ラスプーチンとイリオドール

アクセス・バーズはどこから来ているのか?
アクセス・コンシャスネスの教えはいったいどこから?

そういった疑問には、やはりこの人【ラスプーチン】を知らなくては始まりません。

ということで、Rasputin Untold Story by Joseph T. Fuhrmann ジョセフ・T・フールマン『ラスプーチン知られざる物語』を読みこもうという試みです。

その1から読みたい方はこちらからどうぞ⇒

 

The Captain’s Mysterious Report The Captain’s Mysterious Report
スポンサーリンク

大尉の謎の報告書

1911年、告解の火曜日の朝。 アレクサンドル・マンドリーカがツァールスコエ・セーロのホームに降り立つと、一陣の冷気が彼を迎えてくれた。アレクサンドル・マンドリーカは、車に乗ってアレクサンドル宮殿に向かい、警備員が鉄の門から彼に手を振った。マンドリーカはグレゴリー・ラスプーチンに関する報告書を届けに来たのだが、それは破壊的なものだった。

1911年2月10日、マンドリーカがニコライとアレクサンドラに会ったことは、宗教的熱狂、反ユダヤ主義、無名の男たちの権力への野心にかかわる武勇伝のもう一つの項であった。その中心人物がイリオドールである。彼の奇怪な行動はロシア帝国を揺るがし、ツァーリ政権を大きな危機に陥れた。最後にはラスプーチンの宮廷での地位さえも脅かす事態を作り出した。

ラスプーチンは1903年、サンクトペテルブルク神学院の学生であったイリオドールと出会った。1905年の革命により、ロシアは新しい政治体制をとり、彼のような弁舌の才能を持つ人物が大衆運動を展開し、かつては考えられなかったような影響力を得ることができるようになった。イリオドールはその機会をとらえた。ラスプーチンと同じように、彼は自分が帝国を救うために神から遣わされたのだと確信していたが、その敵は異なっていた。彼のリストには、ユダヤ人、知識人、リベラル派、マルクス主義者、特に「ロシア語以外のあらゆるアクセントで話す」貴族が含まれていた。

ラスプーチンが若い女性にキスをしているところをイリオドールが目撃すると、感謝は苛立ちに変わった。イリオドールはまた、ラスプーチンが年上の魅力的でない女性には興味を示さないのを見て不満だった。ラスプーチンはある年配の女性を押し退けて、「母上、あなたの愛は嬉しいのですが、神がついていないのです」と言った。イリオドールの弟子たちも、この客人を不快に思うようになった。「師匠はどうしてこんな悪党と付き合っているんだ」と不平を漏らした。

ラスプーチンは、イリオドールにクリスマスをポクロブスコエで過ごさせることで、イリオドールに対する支配力を高めることができると考えたのだ。ラスプーチンは自分の任務をしくじった。今回は酒でも女でもなく、口が災いしたのだ。ラスプーチンは、イリオドールの修道士としての無邪気さをいじりながら、自分の性的な功績を自慢していた。ラスプーチンは皇室での自分の地位を自慢した。ラスプーチンは、皇帝から「キリストの化身」と呼ばれ、皇后は彼の足元にひざまずき、決して彼を見捨てないことを約束したと主張した。ラスプーチンは「ママ」からの贈り物を自慢し、その中にはアレクサンドラが刺繍してくれた5枚の絹のシャツもあった。イリオドールが「なぜ襟がないのか?「パパがのどを痛めて、私に助けを求めてきたんだ。私はタバコを控えて、夜は襟をのどにつけるようにと言ったところ、のどの調子がよくなって、これは奇跡だと彼は思ったんだ」。

イリオドールは、ラスプーチンがニコライとアレクサンドラに影響力を持っているというだけで激怒し、それが僧侶とラスプーチンの友情を崩壊させた主な原因であった。ラスプーチンが政府内であまりにも大きな力を持っていると確信したイリオドールは、ツァーリツィンに戻り、今度は皇帝を含む当局に対して新たな激しい攻撃を開始した。ニコライ2世は軍隊に命じてイリオドールをツァーリツィンから追放しようとするところだった。ラスプーチンの努力は実を結ばなかったので、ニコライ2世は別の使者をツァーリツィンに送り、イリオドールを追い出すよう説得することにしたのだ。

ラスプーチンは、この危機を解決できる人物を提案した。アレクサンドル・マンドリーカ大尉だ なぜマンドリーカなのか?それは、マンドリーカのいとこに、ツァーリツィン近郊のバラシェフスカヤ修道院の院長であるシスター・マリアがいたからだろうか?マリアはラスプーチンの援助で教会の指導的立場になった女性なので、イリオドールにラスプーチンが脅威でないと思わせるという彼の計画に協力することが予想された。そして、マンドリーカはニコライにイリオドールを従者に残すように説得するのである。ラスプーチンはまたもや二重の駆け引きをしたのである。ニコライにイリオドールがツァーリツィンを離れるように仕向ける一方で、ラスプーチンはイリオドールにツァーリツィンに留まる方法を見つけると確約していた。

この時、ラスプーチンはマリアに運命的な電報を打った。「あなたの親戚が私たちに関係する問題で ツァーリツィンに向かっている。あなたの影響力を彼に使ってください」。実はマリアは仕事で首都にいたのだが、マンドリーカが彼女を訪ねてきたのだ。修道女たちは大尉にラスプーチンの頻繁な訪問と、若い姉妹が祈ったり賛美歌を歌ったりしている間に一緒に入浴したことを話した。ラスプーチンはニコライとアレクサンドラに影響を与えたことを修道女たちに話したがった。彼は何人かの姉妹を誘惑し、彼らは「乱交」をしていた。修道女たちはこれを長い間受け止めていて、怒った。そして、ついにマンドリーカにラスプーチンの電報を見せた。理想に燃える若い大尉は唖然とし、激怒した。

マンドリーカは、皇帝に報告するため首都に戻った。ニコライは大尉との再会を喜び、マンドリーカは昼食後、コーヒーを飲みながら報告するよう招待された。マンドリーカは、イリオドールの印象とツァーリツィンの情勢を説明した。そして、バラシェフスカヤ修道院の話に移り、ラスプーチンの影響力と修道女たちのスキャンダラスな話を紹介した。マンドリーカは「彼は陛下の寵愛を受けているとさえ言われています」とささやいた。ニコラスは急いで水を取りに行き、アレクサンドラは客人をなだめようとした。マンドリーカは報告書を提出すると、悩める皇帝夫妻を残して立ち去った。

大尉は忠実で正直?このエピソードを聞くまではラスプーチンのことを知りもしなかった。ラスプーチンの電報は、それとは対照的に、彼が裏表のある悪党であることを示した。ニコライとアレクサンドラは、ラスプーチンが自分たちの信頼を乱用したことに気づき、心から腹が立った。

ラスプーチンは、自分が王宮で「困ったこと」に直面していると聞いたのだろう、新たな展開があるまで一族との接触を避けていた。しかし、彼の立場はますます悪くなる。ラスプーチンの敵は新たな攻撃を開始した。フィンランドのバレリーナ、リサ・タンシンを使って、ラスプーチンを危うい状況に引き込んだのだ。彼女は彼を自分の家のパーティに招待し、酔わせた。共謀者たちは彼の服を剥ぎ取り、写真家が娼婦たちと一緒にいるラスプーチンのスナップ写真を何枚も撮った。マリア・ラスプーチンは、この写真は「夜の蕩尽の時にマグネシウム光で撮ったもの」と書いているが、おそらく数回に渡って撮ったものであろう。

ラスプーチンは、一人の男が封筒を持って彼のアパートのドアをノックするまで、この陰謀が進行していることを知らないでいた。ラスプーチンはその中身をちらっと見ると、使者は気さくなやりとりの後、去っていった。ラスプーチンの使用人で元愛人のドゥーニャ・ペチェルキンは、使者が「わいせつな内容の写真」を届けてきたことに慌てた様子のラスプーチンを見た。マリアは、その写真には父親が「たくさんの裸の女性に囲まれ、倒れた聖人が倒れるところを見せている」ことが写っていると書いている。ラスプーチンは最後通告を突きつけられた:すぐにサンクト・ペテルブルグを去らなければ、その写真は皇帝に送られることになった。

どうしたらいいのだろう?いつもならラスプーチンは自分の無実を主張するだろうが、今回は無視できない証拠が目の前にあったのだ。抜け目のない忠実なドゥーニャは、ラスプーチンが写真を皇帝のもとに持っていくことを提案した。ラスプーチンがこの状況に正しい態度で臨めば、同情を誘い、好意的な態度を示すかもしれない。

「小さき父よ、きっと同情してくれるだろう」 ラスプーチンは考えた末に言った。「もしそうでなければ、それは神の思し召しだ」 ラスプーチンはこれが最後かもしれないと思いながら、謁見を求めた。彼は写真を渡し、できる限り状況を説明した。ニコライは黙って一枚一枚の写真を見て、時々首を振り、顔をしかめ、ラスプーチンを怪訝な顔で見つめた。そして、ラスプーチンがこの件を持ってきたことに礼を言った。ニコライは、もしラスプーチンが都に残っていれば、写真の背後にいる人々は、彼を貶める別の方法を見つけるだろうと指摘した。「あなたは聖地を巡礼したいと言っていますね。「今がその時期だと思う。もちろん、私たちの尊敬の証として、この旅をプレゼントしよう。王室への多大な貢献により、あなたがそれを得たことを主はご存知でしょう」。

この直接的なアプローチは効果的だった。ラスプーチンは皇帝がどのように情報を受け取るかをコントロールすることができたし、彼が後悔していることを最初から示すことができたからだ。ニコライはおそらく妻に写真のことを話さなかっただろう。彼は通常、不快な事柄から妻を守る。ラスプーチンはといえば、ポクロブスコエに送られ、宮廷から追放され、評判は地に堕ちたかもしれない。しかし、彼は、罪を悔い改めれば、神は罪人を許すと信じていた。キリストは殺人者、泥棒、姦通者に恵みを与え、このことはラスプーチンに、たとえ自分が失敗しても希望は残されていると教えてくれた。ラスプーチンは実際に報酬を得た。1911年の四旬節を見学、聖地を巡礼するのである。そこで彼の魂は新たな熱烈な宗教的な炎で満たされることになる。

聖地巡礼は、正教徒にとって最高の贈り物であった。帝国正教会パレスチナ協会の手配した旅を、毎年2千人ほどのロシア人巡礼者が参加した。彼らは通常徒歩で旅立つが、ラスプーチンは普通の巡礼者ではなかった。皇帝が旅費を負担してくれたので、おそらく一等車に乗って旅をしたのだろう。

ラスプーチンは、その体験を『わが思索と瞑想-聖地訪問の短い記述とそれによって生じた宗教的な疑問について』と題する薄い本を残している。この本は、おそらく彼の手紙と旅の記述に基づいたものであろう。友人でもあったアレクシス・フィリッポフが1915年に出版した。おそらくアレクサンドラが、この本がラスプーチンの神の人としての格を強化することを期待して、費用を負担したのだろう。それは市場に出回ることはなかった。この農民は友人や崇拝者に本をプレゼントした。下手な献辞と “グレゴリー”のGを大きく書き込んで贈った。

この本は旅行記である。ラスプーチンが訪れた、それぞれの場所が生み出す精神的な考察を交えて描いている。これは正教会文学ではおなじみのジャンルだが、この本は著者と同様に謎めいている。ラスプーチンは自らを「半文盲」と表現していることから、通常の意味での「執筆」ではないことは明らかであろう。フィリッポフは、アレクサンドラが校正・添削したと言っているので、彼女とラスプーチンの言う「切っても切れない友人」(アンナ・ヴィルボヴァか)が実際の執筆をしたのだろう。しかし、ラスプーチンがこの本の裏で創造的な力を持っていたことは明らかである。その言い回しの多くは、彼の他の2冊の出版物や、現在ロシア連邦中央公文書館に所蔵されている彼の名を冠した原稿と一致している。『わが思索と瞑想』は、間違いなくラスプーチンの心と個性を反映している。

ラスプーチンはまず、”虚栄と世俗 “の中心であるサンクトペテルブルクを脱した喜びを振り返る。彼が最初に訪れたのは、「ロシアの母の町」であり、洞窟修道院のあるキエフであった。ラスプーチンは大聖堂で祈り、この地域の巨大な地下納骨堂に眠る聖人の墓に参拝した。ラスプーチンは「ここに輝く静寂の光」に感銘を受け、他の「真の崇拝者たち」とともに、旅のための「真理の宝石」を集めた。ラスプーチンは、1898年に聖母マリアが出現したときから、聖母マリアを特別に敬愛していた。彼は祈りの中で「恐怖と大きな震えが襲ってきた」とき、彼女の存在を感じたという。

ラスプーチンは黒海を渡るためにオデッサで船に乗った。”私の魂は海と一体となり、安らかに眠った” と彼は書いている。

彼は「魂の無限の力」ついて瞑想し、鮮やかな深紅の夕日の美しさと、月夜には汽船に優しくぶつかる波の音が聞こえたという。

コンスタンチノープルでは、「偉大で素晴らしい聖ソフィア大聖堂」を訪れた。そこは博物館になっていたが、ラスプーチンは神の家にいるような気がして、聖母マリアに導きを求めて祈った。”彼女が主に求めるものを私たちはすべて受け取る “と彼は書いている。”彼女の関心事は私たちを許し、慰めることである”。

ラスプーチンは「使徒パウロが説教した」ミティレーヌを訪れ、スミルナ、エフェソスの遺跡へと旅している。ラスプーチンは、皇帝の費用で旅をし、おそらくかなり快適であったと思われるが、同胞の農民と付き合い、彼らの気取りのなさに安心し、彼らが常に「恐怖と震え」の状態にあることが気に入った。罪人のラスプーチンと求道者のラスプーチンを調和させるのは難しいが、彼は明らかに以前のような精神的な情熱を取り戻すために当時は苦労していた。

ラスプーチンは「私の旅は終わった」と、「静寂の地上の領域」であるエルサレムに到着したときに宣言した。巡礼者たちは、三位一体聖堂のまわりを中心に、宿舎、病院、修道院などに泊まった。ラスプーチンは皇室の友人として、おそらく上流階級の巡礼者のための豪華な別荘に部屋を取ったのだろう。

ラスプーチンは、アレクサンドル3世がマグダラの聖母教会を建てたオリーブ山へ向かった。そして、自分が今、イエスが祈ったゲッセマネの園に立っていることを知り、感無量になった。涙を流しながら、自分がいかに神の恩寵から遠ざかったかを思い、恥ずかしさでいっぱいになった。”私たちはまどろみ、悪の道に陥る “と彼は書いた。彼はエルサレムの街を歩きながら、贖罪を祈った。ゴルゴダに立ち、キリストの墓の前で祈りながら、ラスプーチンは他の者たちと共に二度と罪を犯さないことを誓った。

ラスプーチンはエルサレムで復活祭を祝った。暦の違いのおかげで、彼は正教会の祝典の1週間前にカトリックの祝典を見ることができた。「批判するつもりはない」「知恵の深さをはかるつもりもない」と彼は書いている。しかし彼には、彼らの復活祭には喜びがないように思えた。”教会の中ですら “である。一方、正教会の復活祭は晴れやかであった。ラスプーチンは、エルサレムの総主教がキリストの墓で大安息日の祝福を再現するのを見守り、ラスプーチンは復活祭の到来を告げる真夜中の礼拝に参加した。彼は聖三位一体大聖堂の大きな青いドームの下で火を灯したロウソクを手にした。「我々の信仰が過小評価されることを望んでいない」と彼は書いている。「私たちの信仰は、私たちの父、クロンシュタットのヨハネ、そして私たちの正教会の他の多くの明るい星が、何千もの神の民のような信仰深い人々の上に輝いているのだ」。

イースターが終わり、ラスプーチンの巡礼の旅は終わりを告げた。かつて彼の人生を満たしていた精神的な激しい情熱を取り戻したのだ。ラスプーチンのような人物を見るのは懐疑的にならざるを得ないが、『わが思索と瞑想』は真実の響きをもっている。しかし、彼の精進の日々はもう終わりを告げた。首都に戻り、最高レベルの政治に携わる時が来たのだ。

 

その22まで続く予定です。お楽しみに。

 
関連記事 ラスプーチンとはどんな人?『ラスプーチン知られざる物語』8