ラスプーチンとはどんな人?『ラスプーチン知られざる物語』を読む その1

ラスプーチン知られざる物語

ラスプーチンとは?

アクセス・バーズはどこから来ているのか?
アクセス・コンシャスネスの教えはいったいどこから?

そういった疑問には、やはりこの人【ラスプーチン】を知らなくては始まりません。

ということで、Rasputin Untold Story by Joseph T. Fuhrmann ジョセフ・T・フールマン『ラスプーチン知られざる物語』を読みこもうという試みです。

 

 The Outsider The Outsider
スポンサーリンク

1. アウトサイダー

ラスプーチン知られざる物語
グレゴリー・ラスプーチンはシベリアで生まれた。この単純な事実が、彼の人生について多くのことを説明した。彼の膨張した性格、作為のなさ、土臭い態度、運命の受容、宗教に対する強い感覚、そして彼が行使するようになった影響力に対するほとんど無謀な態度。シベリア人は他のロシア人とは異なり、敬虔で率直でありながら深く疑い深く、忠実でありながら独立心を持ち続けていた。このような矛盾がラスプーチンを形成した。権力の絶頂にあったときでさえ、彼はシベリアの農民であることに誇りを持っていたのである。

謎のラスプーチンは、血塗られた歴史と陰謀に包まれた広大な謎の国からやってきた。ラスプーチンが生まれる3世紀前、モスクワの大公イヴァン4世は、モンゴル帝国を構成する国家の一つであるシベリアに対して軍隊を投入した。19世紀アメリカの進取の気性に富んだ人々と同じように、荒野に砦や村を築いて文明を築こうとする男女の入植者たちである。

シベリアは広大な領土であり、入植者は農地と牧草地や森林の分け前を得た。部族はモスクワとその正教会に服従し、教会も生まれ、その十字架は地方に散在した。ラスプーチンの時代のシベリア人は、何世紀にもわたって彼らの祖先が行ってきたように、農業や漁業、狩猟や捕獲を行っていた。自然、移り変わる季節、死と再生のサイクルは、土地と生活を共にする人々にとって神聖なものであり続けた。

しかし、ウラル山脈の西側では、農民のほとんどが貴族の主人に仕える農奴であり、シベリアを開拓した人々は、そのことに優越感を覚えていた。新天地では農奴制はほとんどなく、人々は独立心が旺盛であった。その地方の役人が圧制的であれば、ある朝目覚めると、夜中に村ごと抜け出していたこともあった。従順は、人々の条件によってもたらされ、それは決して服従ではなかった。神は富と権力の分割を命じたが、少なくともシベリアではすべての人間が平等であった。

ウラル山脈から太平洋まで、凍てつくツンドラと暗い森が広がる不毛の地。ペルミやエカテリンブルクなどの大都市は点在していたが、シベリアの大部分はラスプーチンの時代でも未開拓の地であった。町や村は小さく広がっており、鉄道で結ばれていることもあるが、船や馬、荷車で結ばれていることが多かった。広く浅い川が白樺の木立や木造の小屋の間を流れ、特徴のない草原に流れ込んでいる。夏は湿地帯に野生動物と蚊の大群が生息し、冬はどこまでも続く雪景色で大地が一面の白毛布と化す。まるでシベリアに果てがなく、創造の果てまで続いているかのように、水平に、長く、低く広がっている。

ラスプーチンの出生地であるポクロブスコエも、そんな孤立した村の一つであった。ウラル山脈からポクロブスコエまでは、陸路で2日近くかかるが、平底の蒸気船を使えば半分になる。冬にはさらに橇(そり)を走らせ、シベリアの大空にポクロブスコエの姿が浮かび上がる。

ポクロブスコエは、1642年に地元の大司教が20家族の農民を川の左岸に移住させたのが始まりである。ポクロブスコエの名は、聖母マリアに捧げられた木造の教会、ポクロヴィテルニツァ(守護神)に由来している。ラスプーチンが生まれたころには、教会を中心に200戸に1000人が住んでいたという。ポクロフスコエは、この村と南のチュメン、北のトボルスクを結ぶ馬車道の定期停留所であったため、郵便局が早くから設置されていた。パン屋、製材所、酪農家、馬小屋、市場、宿屋、居酒屋、鍛冶屋、そして校舎があったが、経済的な理由で村の子供たちはほとんど授業に出ることができなかった。

ラスプーチンが殺害された直後にポクロフスコエを訪れた若い将校は、ラスプーチンの祖先が「ほとんどエカテリーナ大王の時代から」ポクロフスコエに住んでいたと聞いて驚いたという。実は、この一族のルーツはもっと深かった。ラスプーチン一家の始祖は地元の記録では “フェドールの息子イゾシム “とされている。彼とその妻は、1639年に東方大移動の一環としてウラル山脈を越えたとき、子供がいなかった。1643年にイゾシムとその妻(名前は記録されていない)がポクロフスコエに現れたとき、彼らには3人の息子がいた。その頃、ポクロブスコエ村はまだ1年しか経っていなかったことを考えると、イゾシムはこの村の初期の入植者の一人であったと考えなければならない。

現地の記録にイゾシムの姓が記載されていないのは、当然のことである。開拓地では入植者が必要であり、役人はほとんど質問しなかった。一方、イゾシムの息子は、ネイソン・ロスプチンであることが確認されている。

1751年8月には、イゴールとニキフォール・ロスプーチン(ナソンの曾孫)の家が火事になり、町を破壊する恐れがあったが、一族の最初の世代は平穏な生活を送っていた。18世紀の初めには、ポクロブスコエ地区には347人が住んでおり、イワン・ロスプーチンとその弟ミロンは、村の「良い魂」の一人に挙げられていた。

ラスプーチンの血統

  • フェドルの息子イゾシムは、1639年にシベリアに到着し、1643年にポクロフスコエに定住した。
  • 彼の息子ナソン・ロスプーチンは、1645年頃に州の記録に記載されている。
  • 彼の息子ヤコブ・ロスプーチンは、1666年に州の記録に記載されている。
  • 彼の息子イゴール・ロスプーチンは1697年から1761年まで生きていた。
  • 彼の息子のイワン・ロスプーチンは1725年から1770年まで生存していた。
  • その息子ピーター・ロスプーチンは1749年から1831年まで生きていた。
  • 彼の息子のヴァシリー・ロスプーチンは1776年から1858年まで生きていた。
  • 彼の息子ヤコフ・ラスプーチンは1801年に生まれたが、彼の死亡日は記録されていない。
  • 彼の息子のエフィム・ラスプーチンは1842年から1916年まで生存していた。
  • 彼の息子のグレゴリー・ラスプーチンは1869年から1916年まで生存していた。

19世紀の半ばには、ロスプーチンはラスプーチンに変わっていた。政府の記録では、1869年から1887年まで、この地区でその名を持つ19人の男がリストアップされている。18番は最後の皇帝のお気に入りだったグレゴリーだった。(彼はロシアではグレゴリー・エフィモビッチ(エフィムの息子グレゴリー)と呼ばれていた。ラスプーチンの名前は、シベリアの神秘主義者とヒーラーがロシアの首都に到着したときに重荷になった。噂によると、彼の家族は苗字がないほど貧しかったという。グレゴリーには、酒を飲み、女性を追いかけ、馬を盗むという怪しげな過去があったとされ、苛立った隣人は彼を「酔っぱらいのグレゴリー」、あるいは「グレゴリー・ラスプーチン」と名付けた。ラスプートニチャットは「放蕩する、散逸する」という意味の言葉である。シベリアの名前は自然や地形に関係することが多く、ラスプーチンは春に雪が溶けて道が泥に変わる時期、ラスプーチツァに由来しているのかもしれない。ポクロブスコエにラスプーチンが多いことから、ラスプッテ(交差点)という別の語源が考えられる。ロシア史上最も悪名高いラスプーチンの名は、単なる地理の妙に由来しているのかもしれない。

ラスプーチンの両親についてはほとんど知られていない。1842年にポクロブスコエで生まれた彼の父エフィムは、「太くて典型的なシベリアの農民」、「がっしりしていて、がさつで 、猫背である」と描写されている。エフィムは863年に村の娘と結婚した。アンナという名の金髪で黒い目の女性だった。村人たちは1917年の調査委員会で、二人とも「健康な人たちで、家族に精神病の病歴はない」と言った。エフィムは農業と漁業を営んでいた。夏には干草を刈り、蒸気船やはしけの荷役をした。お金がなくて、税金を払わず、牢屋に入れられたこともあった。西シベリアの経済の中心地であるチュメンと州都のトボルスクを結ぶ旅客や物資の輸送に、国が彼を雇ったのである。エフィムは、革製の腕章と帝政ロシアの象徴である双頭の鷲をあしらった帽子が自慢だった。村の教会では長老を務め、「会話に長け見識があった」と言う村人もいた。しかし、それ以上にエフィムの話題は、「強いウォッカ」が好きだったということだ。

やがてエフィムは小さな土地を所有するようになり、ポクロフスコエの黒土がロシア帝国でも最高の農地であることから、その恩恵に浴することになった。グレゴリーの娘マリア・ラスプーチンは、エフィムが12頭の牛と18頭の馬を所有していたと言っているが、それが事実であれば、そのころには裕福ではないにせよ、余裕が出てきたということであろう。この夫婦と他の村人たちが写った写真が残っている。エフィムは長身、痩身、髭面で、正面にいる有名な息子の後ろと右側に立っている。アンナは息子の右側にいる背が低く、丸々とした農民の顔をした女性で、熱心にカメラを見つめている。この時代の農民はほとんど無名で生き、死んでいった。このような写真が存在すること自体が異常であり、この写真が撮影されたことは、グレゴリーの名声が高まっていることの証左であると言えるだろう。

ラスプーチンにまつわる伝説は、彼の誕生から始まる。マリアは、1873年の1月の真夜中に彗星が空を横切ったときに彼が生まれたと主張した。「このような大きさの流れ星は、神を恐れる農民たちは、常に何か重大な出来事の前兆として受け止めていた」と彼女は指摘した。このような前兆に神経質な舌打ちをしたものである。古い記録には、鉄の歯で生まれた赤ん坊、6本足の犬、空から降ってくる蛇など、疫病や死の前兆を示すものがある。

実は、ラスプーチンが生まれたときには彗星も前兆もなく、マリアは年号すら間違えていた。公式記録では「1869年1月9日にエフィム・ラスプーチンとその妻で信仰心の厚いアンナの間に息子が誕生した」となっている。その子は翌日ポクロブスコエの聖母教会で洗礼を受けた 正教会の典礼暦の1月10日は、三位一体を定義した3世紀の神秘主義者、ニッサの聖グレゴリオの祭日であり、この子は彼に敬意を表して名づけられた。

ラスプーチンは正式な教育を受けていなかったが、神学を学び、教父を読んでいたので、救いに関する聖グレゴリオの教えは知っていたと思われる。聖グレゴリウスは、神は人知を超えた存在であり、人は神についてほとんど何も知ることができないと信じていた。知識は人間と神との間に立ちはだかり、学問は救済の探求において財産となるよりも障害となることが多かった。最も偉大な罪人でさえも救済されないことはなく、神のみがその人の魂を評価することができる。

グレゴリーは両親の最初の子供ではない。1863年2月に娘のエヴドキヤが生まれ、同じ年に亡くなり、1864年8月に同じくエヴドキヤという名の二女が生まれたが、幼児のうちに亡くなっている。三女グリケリヤは1866年に生まれたが幼くして病死し、一男アンドレイも1867年8月に生後4カ月で亡くなった。グレゴリーは1869年に生まれ、1916年12月17日に殺害された。アンナ・ラスプーチンにはもう一人息子(アンドレイという名前もある)がいたが、1871年11月に生まれてすぐに亡くなり、双子のティホンとアグリッピーナは1874年に生まれてから4日で亡くなっている。1875年には第9子のフェオドシヤが生まれ、成人するまで生存していたとされる。グレゴリーは、1895年のフェオドシヤの結婚の証人となり、彼女の二人の子供の代父となったのである。

ラスプーチンの妹が、教会や国の調査官、さらにはジャーナリストや地元警察によるグレゴリーの生活への絶え間ない調査から逃れることができたとは思いがたい。この女性はラスプーチンとつながりがあったかもしれないが、残っている記録ではそれ以上のことは言えない。

ラスプーチンの幼少期に関する情報のほとんどは、彼の娘マリアの回想録から得られている。彼女は父親の欠点を最小限に抑え、他の多くの目撃者とは全く異なる出来事を語っている。しかし、彼女はグレゴリーやその両親、他の村人たちから父親の子供時代の話を聞くことができる特別な立場にあったのだから、その話を無視することはできない。特に、ラスプーチンが自分の経歴を捨て、帝国の引立ての存在としての地位にふさわしい神話的な新しい人格を身につけたことなど、彼女の証言はおそらく自分自身が信じていたことを反映しているのであろう。

マリアは、父親が落ち着きのない赤ん坊だったと聞いている。寝返りを打つので、母親はしばしば彼をあやすことができなかった。グレゴリーは予測不可能な性格だった。ある日は「森を駆け回り」、そして「悲痛な思いで」泣き、次の日は身を隠したり、親戚にすがったりと、影におびえ、見えない幻影に追いかけられているようだった。グレゴリーが話し始めたのは2歳半の時で、大人になってからの彼の文章は長く、だらだらと、不明瞭であった。子供の頃、彼はおねしょをした。この恥ずべき秘密は村中に知れ渡り、少年は嘲笑の的となった。このようなことをされるのは、とてもつらいことだったと、のちに語っていた。

ラスプーチンの子供時代は、シベリアという土地と、その土地が人々に課した苦闘によって形作られていた。春と夏には父親の農作業を手伝い、冬には家族で暖炉を囲んだ。生活は厳しく、仕事も多かったが、人々は人生を楽しんでいた。ラスプーチンは死ぬまで、少なくとも年に一度はポクロブスコエに戻り、スピリチャル・ライフを再活性化させた。「夏にはポクロブスコエについてこい、シベリアの偉大なる自由に」と彼は信奉者たちに言った。「そして、神を理解することを学ぶのだ」。

ラスプーチンにとって神は常に存在した。特に人間の欲望と教会の教えとの間の葛藤は、神が人生の大きなコントラストを生み出す源であった。ラスプーチンは生涯救いを求めたが、その探求は彼の欲望に挑戦し、時には恥じて頭を下げることを余儀なくされた。ドストエフスキーは「ロシア人は罪を犯すかもしれないが、神を恐れぬ者にはなれない」と言った。これは確かにラスプーチンに当てはまった。宗教はロシア人の生活に大きな影響を与えていた。正教を否定する人々でさえ、教会という組織を尊敬することが多かった。

ロシア人は理性よりも信仰を重んじる。論理、教義、神学よりも、聖像、典礼、教会の祭事が重要視された。あるイギリスのジャーナリストは、ロシアの農民は宗教的であるが、「宗教の教義には全く無知である」と結論づけた。聖書をほとんど、あるいはまったく知らない。ある司祭が農民に三位一体の人物の名を尋ねたところ、彼は迷うことなく「救い主、神の母、奇跡を起こす聖ニコラス」と答えたと言われている。
ラスプーチンは、喜びも悲しみも、苦しみも罰も、すべて神の叡智の産物であり、神がすべてを決めていると考えていた。人生の苦難と教会の教えは、ロシア特有の「スッドバ(運命)」の考えを強化した。スッドバは神の意志であり、不幸を受動的に受け入れることが要求される。苦難は救済と恵みをもたらし、不幸を訴えることは宇宙の摂理を疑うことであった。

ラスプーチンは学校には行かなかった。土を耕し、荷物を運ぶことに専念する農民にとって、教育は重要ではないと考えられていた。エフィムもアンナも学歴がなく、息子がわざわざ学校に通う必要はないと考えていたのは明らかだ。1900年当時、ロシア帝国の識字率が20%であったのに対し、シベリアでは4%しかなかったのだから、その考えも無理からぬところだ。1897年の国勢調査では、エフィム、グレゴリー、そして彼らの世帯の全員が非識字者であることが記されている。

学校から排除され、遊び仲間からも馬鹿にされたグレゴリーは、内向的になっていった。物静かで物思いにふけり、体が弱く、病弱だった。「私はアウトサイダーだった」と彼は回想している。その特異な性格は、彼に限りない困難をもたらした。歴史家のアレクサンドル・ボカーノフは、シベリアの生活は「残酷で、弱者や異質な人々には何の慰めもない。強者、つまり生まれつき率直で野蛮でもあり、他人の弱みにつけこまない人が好まれるのだ」。

グレゴリーは、その残酷な現実を身をもって知っていた。8歳だったある夏の日、彼は10歳だった従兄弟のドミトリーと一緒に泳ぎに行った。ドミトリーは小川に飛び込んだが、立ち上がろうとしたときに足がすくんでしまった。グレゴリーは手を伸ばしたが、ドミトリーはそのまま彼を水の中に引きずり込んだ。二人は流れに流され、岸にたどり着いた。そして二人とも肺炎になった。一番近い医者は遠いチュ-メンにいるので、地元の助産婦が「できる限りのことをした」のだが、それも無駄だった。グレゴリーは回復したが、ドミトリーは死んでしまった。

ドミトリーの死は、グレゴリーを鬱にさせた。すでに孤立し、世間と対立していた子供に降りかかった悲劇だった。彼は動物、特に馬と一緒にいることでしか慰めを得られなかった。彼は馬と心を通わせ、大人たちは馬について彼に相談に来たという。真実かどうかは別として、ラスプーチンは明らかに奇妙で神秘的な少年であり、孤独な道を歩んでいた。彼は変わっていて、気難しい性格だった。彼は子供の頃、絶対に盗みをしなかったと主張した。心の目で見ると、盗賊が盗んだものと関連するものが見えたからで、この能力は誰もが持っていると思い込んでいた。少年にどんな力があったにせよ、いとこの死後、その力は弱まったことを彼は覚えていた。しかし、ラスプーチンが最初の奇跡を起こしたと信奉者が信じているように、その力は十分であった。

12歳のある晩、グレゴリーは高熱を出して寝込んでいた。ちょうどポクロブスコエの貧民の一人から馬が盗まれたところで、エフィムは友人たちとその犯罪について話し合っていた。グレゴリーはその場に加わり、一人の男を指差して「あの人が馬を盗んだんだ!」と叫んだ。エフィムは「息子が病気で錯乱しているんだ」と謝ったが、来客の2人が不審に思い、その男を家まで尾行し、盗んだ馬を運ぶところを捕まえた。マリアの話によると、この泥棒はひどく殴られ、父親は村から離れたところにいたという。

この話は、ラスプーチンの生涯の多くと同様、謎のままである。重要なのは、ラスプーチンと彼の信奉者がこの話を真実だと信じたことである。ラスプーチンは大人になると、ポクロブスコエの少年時代のユニークな瞬間をカタログ化し、生まれつき神秘的な才能に恵まれていたことを示唆するようになった。
しかし、この青年を「単なる」特別な人物、特別な道を歩んだ人物とするのは、あまりにも安易である。実は、世界中の青年がそうであるように、グレゴリーにも明確な道はなかったのだ。「私は最初の28年間をこの世界で過ごし、この世界と一体になっていた」と、後に信奉者たちに語っている。”私は世界とそれが提供するものを愛した “と彼は続けた。そして、世界が提供するものはしばしば抵抗であった。父親と同じように、彼は「強いウォッカ」を好み、過剰なまでに飲んだ。農作業、荷運び、釣り、狩りを終えて、夜の街に繰り出そうという気になった。グレゴリーは馬を走らせたが、もちろん酔っぱらっていて、立ち止まって見ている礼儀正しい市民たちに卑猥な言葉を浴びせかけた。

グレゴリーは酒以上に村の若い女性が好きで、そのアプローチも巧妙であった。彼はしばしば魅力的な若い女の子をつかまえては、ただキスを始めた。時には、手を伸ばしてボタンを外し始めることもあった。平手打ちや蹴りを入れられることもあったが、屈服する少女もいた。おそらく彼女たちは、神秘的で不機嫌なこの奇妙な青年に、謎と危険のオーラを感じて、興味を持ったのだろう。グレゴリーはすぐに村の不良少年という評判を手に入れた。彼は後に、全体として、”農民にとって良い生活だった “とコメントしている。

17歳のグレゴリーは身長175㎝で、細長い顔は栄養失調かアルコールの飲みすぎを思わせた。濃い茶色の髪を真ん中で分けて、油っぽい束を肩まで伸ばし、同じく手入れをしていない髭と口髭が顔の下側を覆っていた。鼻は大きく、少し曲がっている。酒場で喧嘩をしすぎたせいだろう。その眉毛の下から覗く目、その眼光は伝説となった。「彼の眼は、あなたの心をまっすぐ射抜く。眼窩が深く、白目の部分がなぜか盛り上がっているんだ」。常に動いているため、「色がわからないほど輝いていた」という。帝政ロシアで最も有名な目は、灰色、青色、さらには青と茶色が交互に並ぶなど、さまざまに表現された。

その目には力があり、グレゴリーの奇妙な話し方にも力がある。彼は人に語りかける前に、その人の顔をじっと見つめ、鋭い視線を向ける。言葉はバラバラで、不確かである。彼はアイデアの断片を提供し、人生と宗教についての考察を性的なコメントを交えて話した。手足がピクピクし、足が震え、近くの物を取っては手を動かし、神経質そうだった。しかし、このような身体的な癖があるにもかかわらず、彼は注目を浴びた。

グレゴリーの性格は、宗教的な求道者と堕落した地獄の亡者という、相反する系統を体現したものであった。どの村にも問題児はいるもので、グレゴリーは「鼻たれ」「鼻くそ」といった嘲笑的なあだ名で知られていた。しかし、幼いグレゴリーは、両親と一緒に近くの修道院に巡礼に行った。特にトボリスク近郊のアバラクにあるズナメンスキー修道院に惹かれたようである。1886年の夏、両親は彼に一人で巡礼することを許可した。

修道院で思いがけないことが起きた。グレゴリーは恋に落ちた。その若い女性は、プラスコバヤ・フェドロヴナ・ドゥブロヴィナであった。彼女はおそらくドゥブロヴィノ村の出身であった。(信心深い彼女は、聖母被昇天の祝日にアバラークへも出かけていた。背が低く、ふっくらとした若い農民の女性で、黒い瞳と豊かな金髪が印象的だった。20歳にして、最も魅力的な独身男性たちからは相手にされていないことは明らかだった。しかし、グレゴリーはそんなことは気にも留めなかった。若い女性と別れるとき、彼は「彼女の喜んでいる唇に熱烈な口づけ」を残したと、グレゴリーはマリアに語っている。

グレゴリーは、自分をひっぱたくような女の子や、彼の放浪の手に身を任せるような女の子に慣れていた。プラスコバヤは求婚者に興味を持ったが、結婚するまでは彼の誘いに応じなかった。エフィムとアンナもそれを後押しし、青年は5ヵ月間、愛する女性を口説き落とした。そして、1887年2月2日、グレゴリーの18歳の誕生日からわずか3週間後、プラスコバヤと結婚した。

プラスコバヤは、妻として最高の選択だった。彼女の受容と理解は、時に理解を超えるように思えた。それはまるで、部外者同士の結びつきのようだった。葛藤する青年グレゴリーと、親戚に頼る孤独な生活からグレゴリーの挑戦を喜んで受け入れる独身女性プラスコバヤ。プラスコバヤは、グレゴリーの不倫、飲酒、長期の欠勤など、良いことも悪いことも含めて、グレゴリーと分かち合うのである。彼女は、夫が宗教的な使命を持っていると確信し、多くのことを見過ごし、さらに多くを許すことができるようになった。プラスコバヤは、夫が直面した困難が彼を圧倒しそうなとき、最後まで素朴で敬虔な心をもって夫に聖域を提供した。

若い夫婦は習慣に従って、新郎の両親のもとに身を寄せた。1888年9月29日に第一子のミハイルが生まれたが、1893年5月16日に猩紅熱で死亡した。1894年5月には、双子のゲオルギーとアンナが生まれた。1896年、ポクロブスコエで一日に6人の乳児が命を落とした百日咳の流行で、彼らは命を落とした。次の3人の子供たちは、成人するまで生き残った。ドミトリー:1895年10月25日生まれ、マトレナ(マリア):1898年3月26日生まれ、ヴァルヴァラ:1900年11月28日生まれである。7人目の娘プラスコバヤは、1903年に生まれたが、78日後に百日咳で死んだ。乳幼児の死亡率が高いというパターンは、シベリアの生活の一部として受け入れられており、ラスプーチンは自分の損失について語ることはなかったようだ。このような死は、単に神の不可解な意志の表れであった。

家庭生活は、ラスプーチンの落ち着きのない性格をなだめることができなかった。人々は彼のことを何かおかしいと思った。彼は酒を飲み、妻を裏切っていたが、宗教的なテーマでとりとめのない説教をしていた。プラスコバヤは、「彼のせいで苦労した」と近所の人が言っていた。パンのようなものを家から持ち出しては、それを売って酒を買っていた」。ポクロブスコエの村人たちは、しばしば彼を雇うのを拒み、窃盗や破壊行為のたびに彼が第一容疑者になった。「俺は関係ないのに、みんな俺のせいにするんだ」と彼は不満げだった。

V. I. カルタブツェフという村人が、ラスプーチンが自分のフェンスの一部を盗んでいるのを見つけたことがあった。「彼はそれを切り分けて荷車に乗せ、持ち去ろうとしていた」とカルタブツェフは証言した。「でも私は彼を捕まえて、盗んでいるものを警察に持って行かせようとした。彼は逃げようとしたので斧で殴ろうとしたが、私は杭で強く殴ったので、彼の鼻と口から血が流れ始めた。ラスプーチンは倒れ、カルタフツェフは一瞬、死んだと思った。ラスプーチンは意識が戻ったが、警察署に行くことを拒否した。「私は拳で彼の顔を数回殴った」とカルタブツェフは言った。その後、ラスプーチンは進んで当局に出頭してきた。

この事件は、ラスプーチンに永久的な刻印を残したようだった。彼は髪を長く伸ばし、広い額全体に下ろした。マリアによると、この無造作な感じは意図的なもので、「芽生えた角を思わせる奇妙な小さなこぶ」を隠すためのものだったという。カルタブツェフに殴られた傷跡かもしれない。

カルタフツェフは内省的な性格ではなかったようで、ラスプーチンを殴ったことで、「ちょっと変でバカになった」と思っていた。ラスプーチンの方は、自分には霊的な才能があり、より高い使命に召されているという信念に固執していた。後年、彼は自分の将来について考えるとき、不十分で無価値であると感じたと語っている。”私は不満だった “と彼は信奉者に語った。「私はずっと病気だったし、薬も役に立たなかった。毎年春になると四十日間も眠れなかった」。

40:聖書からの引用。40日間の雨で大洪水が起こり、イスラエルの民は荒野で40年間さまよい、キリストは40日間断食してサタンの誘惑を受けた。ラスプーチンはこの時期を、意味を探し求める自分自身の試練の時と捉えた。自分が特別な存在であることを確認する必要があったが、祈っても答えは出なかった。彼は人生に「多くの悲しみ」を見出した。感情的、精神的な不安感から脱することができず、ラスプーチンは再び「酒に溺れた」と信奉者に語った。

ラスプーチンはその後40年間、不安の中で迷い、悪魔と戦い、誘惑に負け、自分の罪を悔い改めたかもしれない。しかし、この荒野の時代に、まったく予期せぬ機会が訪れた。1897年、カルタフツェフの馬が2頭、行方不明になったのだ。疑惑はすぐにラスプーチンと彼の乱暴者の友人であるコンスタンティンとトロフィムに向けられた。3人は町の会合で告発された。コンスタンティンとトロフィムは有罪となり、村から永久に追放された。しかし、ラスプーチンに対する証拠は、それほど説得力のあるものではなかった。ポクロブスコエの市民は、彼を一時的に追放することにした。

ラスプーチンは、より前向きな選択肢を提案した。亡命するのではなく、巡礼の旅に出るというのだ。彼はシベリアのヴェルコチュリエにある 聖ニコラス修道院まで325マイルを歩くという。 かつてエフィムが法に触れたとき、同じ旅をすると約束したが、果たせなかったことがあった。息子は今、父親の罪と自分の罪を償うことになる。町の人々はラスプーチンの提案を受け入れ、この献身的な行為によって彼の行き過ぎた性格を改めるか、少なくともしばらくの間、彼を邪魔に解放することを望んだ。

そして、1897年のある晴れた春の朝、ラスプーチンはヴェルコチューリエに向かった。彼は28歳で、まだ妻と幼い息子と一緒に父親のもとで暮らしていた。しかし、彼の前には新しい道があった。ラスプーチンはポクロブスコエの息の詰まるような規則正しい生活から抜け出し、未知の目的地に向かっていた。聖ニコラス修道院に向かいながら、ラスプーチンはシベリアの小さな村の枠を出て、歴史のページに足を踏み入れることになったのだ。

 
関連記事 ラスプーチンとはどんな人?『ラスプーチン知られざる物語』その2

関連記事 『ラスプーチン知られざる物語』を読む 序文プロローグ