ラスプーチンとはどんな人?『ラスプーチン知られざる物語』を読む その14ツァーリが指揮を執り制御を失う

ラスプーチンとアレクセイ

 

その1から読みたい方はこちらからどうぞ⇒

 

The Tsar Takes Charge and Loses Control The Tsar Takes Charge and Loses Control
スポンサーリンク

ツァーリが指揮を執り制御を失う

第一次世界大戦を招いたニコライ2世は、その勝利のために精力的に活動した。工場はフル稼働し、列車は兵士を前線に送り出し、将軍たちは2度の大攻勢を仕掛けて世界を驚かせた。皇帝は、従兄弟のニコラシャを総司令官に任命した。この大公は身長2メートル、堂々とした人物で、非常に尊敬されていた。皇帝はニコラシャがラスプーチンに敵対していることを見過ごし、彼が軍隊を勝利に導くと広く期待した。しかし、ドイツ軍の戦力は強大で、反撃を受けた大公は、ロシア人が「長い退却」と呼ぶ作戦を指揮することを余儀なくされた。ニコラシャは当初から軍需物資の不足に悩まされ、あまり有能でない陸軍大臣スホムリノフとの間で絶えず口論をしていた。

ニコライ2世は、「皇帝の居場所は軍隊にある」という神秘的な信念を持っていた。1904年、日本がロシアを攻撃した時、彼は兵士の指揮を取らなかったことをずっと後悔していた。1914年、ニコラシャを戦場での作戦指揮にあたらせるよう、顧問たちが説得した。皇帝はしぶしぶ同意した。しかし、彼はスタフカ(スラブ語で総司令部の意味)に頻繁に通うことを決意した。スタフカは当初、ドイツとオーストリアの戦線の間にある鉄道の駅、バラノビチに置かれていた。1914年9月19日、ニコライは家族に別れを告げ、司令部への最初の訪問を開始した。

「あなたがようやく旅立つことができ、よかったですね」。アレクサンドラは、ニコライが「軍隊の先頭に立つ」のではなく、部隊の視察や病院を訪問する程度だと考えていた。ニコライはこのような場面で皆を魅了し、感銘を与えた。最後の皇帝は背が低かったが、堂々とした態度で、多くの人が、彼がなぜか「部屋の中の誰よりも背が高く見える」ことに心を打たれた。病棟では「並外れた威厳」をもって移動し、その目は出会った患者たちと「ほとんど神秘的な接触感覚」を確立していた。皇帝は、少なくとも戦争が始まった当初は、あらゆる身分や地位にある臣民の忠誠心と献身を奮い立たせた。

戦争中、アレクサンドラは活躍した。皇后として常に奉仕の心を持ち続けていた。そして今、彼女は自分が重要だと思う種類の実務に携わることができるようになった。彼女はいくつかの病院と多くの赤十字列車を組織した。アレクサンドラは、娘のオリガとタチアナ、そしてヴィルボヴァとともに看護婦の訓練を受け、毎週何時間もツァールスコエ・セローに設立した病院で過ごしていた。アレクサンドラは手術の手伝いをしたり、病気で落ち込んでいる兵士を慰めたりしていた。ラスプーチンはこのような努力を奨励した。彼は、それらの仕事は神を喜ばせ、愛国心をかき立てるものだと信じていた。しかし、これらのエナジーが誤った方向に向くと不満を持つ者もいた。彼らは、皇后は愛国的な行事に顔を出すことと、戦時中の慈善活動を促進することに限定すべきであると主張した。下の世話や手術を手伝ったりするのは誰にでもできることだ。アレクサンドラはそのような下働きに専念することで、彼女の地位を堕落させたというのである。

ニコライとアレクサンドラが離れていたとき、彼らは自分たちの考え、感情、心配事、助言などを1600通を超える手紙や電報に託し、「ニッキー・サニー書簡」として知られるようになった。これらの手紙は、二人の複雑な結婚生活や、互い、家族、そしてロシアに対する深い思い入れを物語っている。手紙はいつも英語で書かれている。電報はロシア語である。また、これらの文書からは、アレクサンドラ、そしてラスプーチンが国政に及ぼす影響力がますます大きくなっていることがわかる。

1915年のロシアの敗戦は、新たな醜い非難をもたらした。人々は、将校や高官の多くがドイツ名であることに注目した。レストランや公共の場にはスパイが潜んでいるのではと。このような被害妄想が、陸軍大臣スホムリノフの側近の情報将校であるミヤソイドフ大佐という無実の犠牲者を生んだ。ミヤソイドフはスホムリノフ夫人の愛人と噂され、「3人ともラスプーチンと関係がある」と言われていた。大佐は裁判にかけられ、有罪判決を受け、一日で絞首刑にされた。処刑のニュースは1915年3月20日、復活祭の日曜日の直前に流れた。

ラスプーチンは、戦前、常にドイツの力を賞賛し、危機に際して皇帝に手を引くよう呼びかけていた人物であるため、疑惑の目が向けられた。ラスプーチンはロシアの敗北のために働いているのだ、と何百万人もが確信していた。 ラスプーチンは皇帝に雇われていながら、裏切り、ロシアを敵の同盟国に加える「別の平和」のために働いているのだと考えたのである。ラスプーチンは、ヴィルヘルム2世は王座にとどまるべきだが、勝利したロシアはコンスタンチノープルを占領しなければならないと主張した。彼が「ドイツ人のための油注ぎ」であったからだと思われた。

ラスプーチンは決して決定権があったわけではないが、明らかにドイツの工作員であるような人たちと友達になっていた。警察は、ラスプーチンのアパートを訪れる人の中に明らかに「怪しい」人がいることを知っていた。その筆頭がフィンランドの上院議員の息子であるアーサー・ギュリングであった。(フィンランド人はロシア帝国からの脱却を望んでいたので、ドイツの勝利を望む声が多かった)。ギュリングは1916年7月にラスプーチンに会い、彼のアパートに頻繁に出入りするようになった。ラスプーチンがツァールスコエ・セローを訪れる前後にしばしば現れ、アンナ・ヴィルボヴァと同様に皇帝との連絡に彼を利用した。ロシアの諜報員は、ギュリングがドイツのスパイであると考えた。彼は安定した金銭を要求し、彼の秘書にはオーストリアの妻がいた。ギュリングは、明らかにドイツの隠れ蓑であるスウェーデンの会社に大量のロシア船を売り込むことができるなら、ラスプーチンに100万ルーブルを支払うと申し出た。

「ドクター」カール・ペレンもその種の友人であった。アメリカのパスポートで旅行していた彼は、催眠術と「神秘的な芸術」を隠れ蓑にしていた。ペレンはラスプーチンと親しくなり、ある大臣に会うために彼を利用し、警察をゾッとさせた。1916年7月、ロシア政府がついにペレンを追放すると、ラスプーチンは彼のために(むなしく)仲裁に入った。ペレンはスウェーデンとノルウェーに移住したが、すぐに偽造文書を持ってペトログラードに戻り、ラスプーチンと会い続け、ドイツを操る者たちのために情報を集めた。

ラスプーチンがギュリング、ペレン、その他のドイツの諜報員に情報を流したという証拠はない。しかし、現実よりも認識の方が重要であった。何百万人もの皇帝の臣下が、ラスプーチンは裏切り者だと確信しており、その疑惑は皇后にも及んでいた。アレクサンドラはヘッセン州の出身なので、親ドイツ派であると考える人が多かった。彼女はロシアの上流社会を蔑視することで有名であり、それは彼女がロシアを嫌っていることの証でもあった。アレクサンドル宮殿に隠された電信によって、皇后はベルリンと連絡を取っているという噂も絶えない。誰が疑わずにいられただろうか?

その反感の波は、他の皇族たちや、時には皇帝自身にも及んだ。1915年5月、モスクワで醜いデモが発生した。アレクサンドラの姉エリザヴェータがドイツのスパイで、弟のヘッセン大公を修道院に匿っているとして、怒った群衆が逮捕を要求したのである。プラカードの中には、アレクサンドラを修道院に送るよう要求するものや、ニコラシャに王位を求めるものなどがあった。

このような感情は、一回のデモにとどまらず、ツァールスコエ・セローでも見過ごすことはできなかった。アレクサンドラはニコラシャを憎んでいた。彼はラスプーチンの執拗な敵であるだけでなく、皇后は彼が自分の地位を利用して昇進し、自分の夫を貶めようとしていると考えていた。ニコライ2世は、そのような疑いは杞憂に過ぎないことを承知していた。しかし、ニコラシャは無粋で、当局の権威を弱体化させ、権力構造を混乱させるという難点を抱えていた。しかし、ニコライの最大の欠点は、戦争に負けたことである。

1915年初頭、ロシアはオーストリアからガリシアを奪取した。しかし、中央同盟国は1915年5月に攻撃を開始し、10万人のロシア軍を殺戮し、75万人の捕虜を獲得した。ロシアの領土喪失は、ガリシアからバルト海、ワルシャワに及んだ。ロシア軍は後退し、危機的状況に陥った。ロシア軍の死者は最初の1年間で150万人に達し、さらに毎週数千人のロシア兵が亡くなっていた。

これはまさに危機であり、ニコライは従兄を解雇し、軍の直接指揮を執ることを検討せざるを得なくなった。ニコライは、この変化によって士気が高まることを期待した。また、文武両道の体制を整え、ロシアが勝利するまで戦争に参加するという意思表示を同盟国に対して行うことができる。ニコライはスタフカに滞在することになったが、軍事作戦を指揮するつもりはなかった。この任務のために皇帝が目を付けたのが、ミハエル・アレクセーエフ将軍であり、実際、彼は優秀な参謀であることが証明された。

しかし、このような変化は、同時に問題も引き起こすことになる。ロシアの敗北は当分続きそうであり、その全責任は新司令官ニコライ2世にかかることになったのだ。皇帝がスタフカにいる間、国政を司る者が必要であった。もし皇帝が、アレクサンドラやラスプーチンに対抗できるような聡明な大臣にこの任務を任せていれば、この計画はうまくいったかもしれない。しかし、皇帝はこの仕事を妻に任せるつもりだった。それが狙いだったのである。ニコライは戦争で衰弱しており、アレクサンドラの強さと自信が必要であることを、世間には認めないものの、わかっていた。このことは、その後起こった出来事からすると信じられないことかもしれないが、彼は彼女の判断を信頼していた。重要な決定は皇帝が行うが、大臣たちは皇后に報告し、彼女の指示を仰ぐ。ニコライは、なぜこの計画がほとんどすべての人を恐怖に陥れるのか、まったく理解できなかったようだ。ツァリーツァは、この歴史的な一歩を踏み出すことによって、自分の運命を全うするようにと、彼の願望と虚栄心に訴えたのである。

アレクサンドラはラスプーチンを憎んでいるニコラシャを許せなかった。彼女は皇帝にニコラシャが「私たちの友人の敵であり、それは不運をもたらす」と念を押した。「彼の仕事は祝福されないし、彼の助言も良いとは言えない」 ラスプーチンは大公を司令官にすることに反対していた。「彼は何かをするなと言い、人は耳を貸さず、自分の過ちをいつも後で見るのです」。ラスプーチンを守れなかった場合、神は「私たちの弱さと罪を赦さないだろう」。

これらの変化により、ラスプーチンはロシアで3番目の権力者となった。ニコライとアレクサンドラを支配する能力を考えると、それ以上だったかもしれない。だから彼はこの計画を祝福し、奨励した。ニコライは長所と短所を理解し、それが議論を呼ぶことも知っていたので、揺らいだ。ラスプーチンは皇帝にニコラシャを解雇し、最高司令部に就任するよう促すことで、ロシアの歴史において極めて重要な役割を果たしたのである。アレクサンドラは、ラスプーチンに首都に戻るよう緊急電報を打ち、自分たちが最善だと思うことを行うよう夫に説得するのを手伝ってくれと依頼した。この時でさえ、ラスプーチンは重要な存在だったのだ。

ラスプーチンは1915年7月31日にペトログラードに到着し、そのままアレクサンドル宮殿に案内された。彼は4日後にツァールスコエ・セローに戻り、ニコライに自分の直感に従うこと、つまり妻の忠告に従うことを強く勧めた。皇帝はついに同意し、8月5日、ラスプーチンはシベリアに戻る列車に乗り込んだ。ラスプーチンは、皇帝の考えを変えようとする者がいることを知っていたので、その後9日間で7通の電報を皇帝に送っている。そのうちの1通は、「堅忍不抜は岩をも砕くが、揺らぐことは万人の死である」と謳うものであった。もう1通は「栄光には不正はない」と言い、3通目は「勝利は決断力と精神的な堅固さと神への信仰によってもたらされる」と皇帝に念を押している。ラスプーチンは、ニコライが軍の先頭に立った瞬間、「いたるところで鐘が鳴るだろう」と予言した。

ニコライ2世が最高司令官を引き受けたことは、この困難な時期に歴史が自分に要求していることを、いかに彼が理解していなかったかを示している。ニコラシャを解任したのは論理的であり、アレクセーエフがその後任として優秀であることが証明された。しかし、皇帝の仕事は政治であり、その仕事を他の誰かに任せることはできない。ニコライは大臣を監督し、最近任命した新人で有望だがまだ試されていない人物を支援する必要があった。皇帝は権力の中心にいなければならないのだ。ニコライは欠点もあるが、皇帝である。アレクサンドラには、夫の代わりは務まらなかった。

ニコライは、1915年8月4日、陸軍大臣ポリワノフ将軍にその決定を伝えた。ニコライは、帝国が直面している危機について、以前から閣僚たちが密かに会合を開いていたことを知らなかった。ポリワノフがその知らせを伝えると、閣僚たちは大騒ぎになった。皇帝に忠実な宰相イワン・ゴレムイキンも、主君の計画は誤った方向へ導かれようとしていることを認めていた。大臣たちは、この変更によってラスプーチンが責任者になることを即座に理解した。前代未聞の一致団結した態度で、8月20日、彼らは皇帝のもとを訪れ、再考を促した。大臣たちは礼儀正しく応対したが、かなりの対立があった。ニコライは顔色が悪く、汗をかきながら、小さな聖像を握りしめ、心の支えにした。しかし、ニコライは「あなた方の言い分は聞いたが、自分の決断に従ってもらう」と言い切った。

落胆しながらも負けずに、大臣たちは別の作戦に打って出た。13人のうち10人が8月22日付の書簡に署名または口頭で賛同し、皇帝の計画に反対することを改めて表明したのだ。もし、ニコライが彼らの忠告を拒否するならば、彼らは職を解かれるよう求めた。これは前代未聞の事態だった。使用人たちが使用人として扱われることを拒否したのだ。ニコライは、これを皇帝の権威に対する挑戦ととらえた。それは、ある意味正しい。そして、ゴレムイキンに命じて、大臣たちに不快感を示し、辞任を認めないことを告げた。

ニコラシャは従兄弟がスタフカに戻ったことを歓迎し、まもなく起こるであろう変化をツァーリに伝えやすいようにした。ニコライは大公をコーカサス総督とし、トルコ戦線におけるロシア軍の司令官とした。ラスプーチンはアレクサンドラに皮肉な電報を送り、こう宣言した。「コーカサスには太陽の光が少ないが、光は増して、輝いている」。アレクサンドラは歓喜した。「わが友の祈りが、あなたのために日夜、天に向かって発せられています」と夫に保証し、「神はそれを聞き入れられるでしょう。これはあなたの治世の栄光の始まりです。彼はそう言ったし、私は絶対にそう信じています」。

指揮官就任から1ヵ月後、ニコライは息子をスタフカに同行させることを決めた。これは大胆な発想であり、民意を形成するための努力としてそれなりに成功した。しかし、アレクシスの健康状態を考えると、危険な行為でもあった。戦争が始まってわずか2ヶ月の間に、息子は血友病に苦しみ、ラスプーチンが彼の枕元に来たほどであった。アレクサンドラは息子を総司令部に異動させることに迷ったが、最終的には同意した。

アレクシスは11歳になったばかりで、陸軍の二等兵の制服を着ることに興奮した。これまで医者や女に囲まれてきた彼は、スタフカの男臭い雰囲気を歓迎した。しかし、この決断は単なる感情的なものではなかった。ニコライは、魅力的な子供の宣伝効果を高く評価していたし、アレクシスが実際に危険な目に遭うことがないことも知っていた。軍隊の閲兵式や病棟でのアレクシスの姿は、ロシア人に自分たちが戦っている大義を思い起こさせるものだった。ロシア皇帝もまた、理想と苦悩を目の当たりにして、心を動かされた。

しかし、血友病は常に背後に潜んでいた。1915年12月、アレクシスがひどい風邪をひいたとき、悲劇が起こりそうになった。くしゃみと咳で鼻血が出たため、フェドロフ医師はこの患者をツァールスコエ・セローに帰すことにした。鼻に巻いた血のついた包帯を取り替えるために、列車は何度も止まり、ジリアールは二度もアレクシスが死んだと思った。アンナ・ヴィルボヴァによると、アレクサンドラは息子が帰宅するとすぐにラスプーチンを呼び寄せたという。ラスプーチンはツァレーヴィチの枕元にやってきて、彼の上で十字架のサインをし、静かに言ったとされる、「心配しないで、何も起きないから」 アンナは、翌日、少年の病状が非常に良くなったので、ニコライとその息子はスタフカに帰ったと主張した。ヴィルボヴァによると、医師たちは「治ったことを説明しようともしなかった」という。

この事件はアンナの信憑性に疑問を投げかけるものであるが、一方でアレクサンドラも共犯者の一人として浮かび上がってくる。彼女は、医師が息子の鼻を焼灼し、ラスプーチンが現れる前に出血が止まったことを知っていたに違いない。しかし、ジリアールは、彼女が「ラスプーチンのおかげで少年が救われたと確信し続けた」と記している。アレクサンドラは自分が見たいものを見て、その幻想を邪魔する事実を拒絶したのだろう。彼女は、奇跡を示唆するものでもない一連の出来事に、奇跡として曲解していた。

アレクサンドラのラスプーチンが神の使いという信念は、軍事面にも及んでいた。ニコライは妻と軍事的な話をすることはほとんどなく、将軍たちの意見と一致したときだけ妻の意見を尊重した。ニコライが一番心配していたのは、アレクサンドラが他人に情報を漏らすことで、特にラスプーチンとアンナ・ヴィルボヴァを意識していたに違いない。1915年8月31日付の戦略計画について書かれた手紙の中で、彼は「どうか、愛しい人よ、このことは他の誰にも言わないでくれ、私はあなたのためだけに書き留めたのだ」と警告している。

しかし、アレクサンドラはその願いを拒んだ。友人は、ルーマニア作戦の戦略について「とても知りたがっていた」。ラスプーチンは「ルーマニアとギリシャのわが軍隊の通過について祈っている」と言った。「背後から攻撃されないようにするには たくさんの軍隊が必要であることがわかった」 ラスプーチンの夢は重要だった。「夜、夢でみた、リガの近くに進軍すべきだ。さもなければ、ドイツ軍は冬の間ずっと居座り、彼らを動かすには果てしない流血とトラブルが起こる。すぐに手紙で知らせろと」 。

ラスプーチンの戦争に関するアドバイスは素人同然だったが、”食糧問題 “に関しては極めて鋭敏だった。彼は決して欠乏症ではなかったが、食料庫に食料を入れるのに苦労している人々にいつも同情していた。パンを買うために何時間も列に並び、その日の分がなくなっていることを知る苦痛がわかるのだ。アレクサンドラには、「シベリアは食糧であふれかえっている」としきりに言っていた。軍隊は鉄道施設を最優先で使用することができたが、ラスプーチンはそれを危険視していた。ラスプーチンは、陸軍の鉄道利用を週3日に減らし、さらに3日を「小麦粉、バター、砂糖」を都心に輸送することに充てようと考えた。また、ラスプーチンは、ペトログラードの食料流通を改善するために、商店があらかじめ商品の重量を量り、値段を決めておけばよいと考えた。ラスプーチンの構想では、1つの店に何列かの列を作り、それぞれの店の店員が客の要求するものを素早く配るというものだった。

このようなアイデアは、表現がしどろもどろだったが、皇帝は「専門家」に何とかするよう勧めたはずである。しかし、この問題は無視された。そして、ロシアの貧弱な鉄道が多用され過ぎ劣化し続けたため、危機は悪化した。ニコライが王位を失ったのは、民衆蜂起が彼を権力の座から一掃したとき、ボロボロだったが無敗だった軍隊に関連する問題のためではなかった。1917年3月、ペトログラードでは食糧や燃料の不足から危機的状況に陥った。それとは対照的に、地方の臣民たちは暖かく、十分な食料に恵まれていた。

ラスプーチンはまた、都市への供給責任を農相から内相に移すべきだと主張した。内相には自由に使える警察官がいた。1916年秋、閣僚会議がこの提案を拒否すると、アレクサンドラ(とラスプーチン)はニコライに、この提案を下院に持ち込むよう促した。もし、議会が拒否すれば、ニコライは立法府を漸進させ、行政命令によって改革を行うことができる。ラスプーチンは皇帝の高官たちに激怒した。「もし大臣が臆病者なら、間違った場所にいるのだ」と宣言した。

アレクサンドラとラスプーチンは、ブルシーロフ攻勢にさらに驚愕した。ニコライはアレクサンドラに、オーストリア軍を粉砕し、ハプスブルク王国を戦争から撤退させる計画について、「どうかこのことは誰にも言わないでほしい」と書き送った。ロシアの猛攻は1916年5月に始まり、4カ月間続いた。これはロシアにとって最大の軍事的努力であり、歴史上最も致命的な戦いの一つであった。皇后は攻勢が始まるまで夫の訴えを聞き入れた。誰が見ても、大きな動きが起きていることがわかった時、争いは転換期を迎えていた。

ラスプーチンは多くの助言を与え、アレクサンドラもそれを忠実に夫に伝えた。ラスプーチンは、「頑強に前進しないほうがいい、損失が大きすぎる」と考えた。彼は「また損失が大きくなるので、カーパスを乗り越えず、奪おうとしないことを願う」と言った。しかし、ロシア軍は前進し、オーストリア軍を破壊し、完全に混乱させた。ポリワノフ陸軍大臣が軍の整備に成功したため、軍事的にはすべてがうまくいった。オーストリア軍の死傷者は75万人、うち38万人は捕虜であった。しかし、ロシア軍は140万人の死傷者を出した。アレクサンドラは自分の病院でその惨状を目の当たりにし、愕然とした。数週間前からラスプーチンとともに攻撃の中止を訴えていた彼女は、ついに、夫の秘密保持の願いを無視してラスプーチンにこの朗報を伝えた。「彼はこのことを誰にも言わないわ」と彼女は夫に保証した。「でも、あなたの決断に神の祝福を彼に求めなければならなかったの」。

ブルシーロフ攻勢は見事だったが、それはロシアの勝利だったのだろうか?ヴェルダンでのフランス軍を救ったのは、ドイツ軍がハプスブルク家の同盟国を救うために西部戦線から師団を引き抜かざるを得なかったからだ。オーストリア軍はというと、ロシアの攻撃から立ち直ることはできなかった。ブルシーロフ攻勢もロシア軍、特に将校団を壊滅させた。しかし、その結末もまた問題であった。ニコライはロシア軍の作戦が敵地深くまで及ぶと、突然、早すぎる停止を命じ、国民を士気喪失に追い込んだのである。ラスプーチンと皇后は、確かに善意であったし、その通りだったかもしれない。しかし、彼らの発言は軍事行動には何の影響も与えず、皇帝も傍観者に過ぎなかった。ラスプーチンと皇后はロシアの戦意を喪失させ、帝国の威信を傷つけたという観念が、このエピソードの結末で強くなった。

ロシア人は、ラスプーチンがブルシーロフ攻勢の始終に責任があると考えたが、それは間違いだった。彼らは、次の章である政府の崩壊のためにラスプーチンを非難することになる。この点では、残念ながら、彼らは間違ってはいなかった。

 
つづきを読む ラスプーチンとはどんな人?『ラスプーチン知られざる物語』15

 
 

アクセス・バーズはどこから来ているのか?アクセス・コンシャスネスの教えはいったいどこから?

そういった疑問には、やはりこの人【ラスプーチン】を知らなくては始まりません。

ということで、Rasputin Untold Story by Joseph T. Fuhrmann ジョセフ・T・フールマン『ラスプーチン知られざる物語』を読みこもうという試みです。