ラスプーチン伝記

ラスプーチン伝記5ラスプーチン

ラスプーチンとはどんな人?『ラスプーチン知られざる物語』を読む その5教会の反撃

その1から読みたい方はこちらからどうぞ⇒ 5. 教会の反撃 ラスプーチンは1907年9月、征服された英雄としてポクロフスコエに戻った。嘲笑と疑念は過去のものであった。彼は、「私は帰ってきたのが喜...
ラスプーチンの死体ラスプーチン

ラスプーチンとはどんな人?『ラスプーチン知られざる物語』を読む その21余波

ラスプーチンは3発の銃創を負った。コソロトフは使用された銃の口径、種類、発射の順番を確定することができなかった。一発の弾丸はラスプーチンの胸の左側を貫通し、胃と肝臓を通過して体外に出た。二発目の弾丸は腰の右側を打ち、右の腎臓を貫いた。コソロ…
怪僧ラスプーチンラスプーチン

ラスプーチンとはどんな人?『ラスプーチン知られざる物語』を読む その2求道者そして指導者

その1から読みたい方はこちらからどうぞ⇒ 2 求道者そして指導者 ラスプーチンは、許しと救いを求め懺悔する放浪者、毎年、帝国中を旅する100万人の一人として、ヴァーホトゥーリエを目指したのだ。フェルホトゥリエまでの3...
ラスプーチンとロシア正教会ラスプーチン

ラスプーチンとはどんな人?『ラスプーチン知られざる物語』を読む その16 猟犬に跪く教会

ラスプーチンはニコライとアレクサンドラが認めたからこそ力を持ったのだ。彼らのおかげで、資格のない候補者が教会の高位に昇格していた。皇帝はシノドを辱め、弱体化させた。マキシモヴィッチを聖人に昇格させ、次にヴァルナヴァのキャリアを促進させるこ…
ラスプーチン宮殿での殺人ラスプーチン

ラスプーチンとはどんな人?『ラスプーチン知られざる物語』を読む その20宮殿での殺人

その1から読みたい方はこちらからどうぞ⇒ 宮殿での殺人 12月16日(金)ペトログラードには一晩中雪が降り続き、夜明け前の空にはピンクの雲が点在していた。寒かった。アレクサンドラは、その朝に温度計がマイナス10度であった...
ラスプーチンの治世ラスプーチン

ラスプーチンとはどんな人?『ラスプーチン知られざる物語』を読む その17わが友の人選に対する考え方は時に奇妙なもの

戦場での惨敗、国内での食糧・燃料不足、無能な政府、混乱する教会など、ロシア人の怒りに満ちた年であった。フボストフのスキャンダルは、ラスプーチンとアレクサンドラが国家にどれほどの重荷を負わせるかを示していた。「ラスプーチンの治世」は、年を追…
ラスプーチンを殺したユスポフラスプーチン

ラスプーチンとはどんな人?『ラスプーチン知られざる物語』を読む その19暗殺者

フェリックス・ユスポフ王子は殺人者としては考えにくい人物だった。世界一の財産を持つという噂の唯一の相続人であるユスポフは、変わった男であった。彼が冷徹で計算高い暗殺者であったとは想像しがたい。ラスプーチンを殺した理由は謎に包まれているが、…
ラスプーチンと女性たちラスプーチン

ラスプーチンとはどんな人?『ラスプーチン知られざる物語』を読む その15ラスプーチンがロシア国家を征服

ラスプーチンの予言通り、この戦争はロシアにとって破滅的なものとなった。ロシア皇帝の軍隊が東プロイセンで敗れると、楽観的な見方や皇帝の周りに集まってくるという当初の傾向は、1ヵ月もしないうちに消えてしまった。官僚機構は遅々として進まず、非効…
ラスプーチン知られざる物語ラスプーチン

ラスプーチンとはどんな人?『ラスプーチン知られざる物語』を読む その7大尉の謎の報告書

その1から読みたい方はこちらからどうぞ⇒ 大尉の謎の報告書 1911年、告解の火曜日の朝。 アレクサンドル・マンドリーカがツァールスコエ・セローのホームに降り立つと、一陣の冷気が彼を迎えてくれた。アレクサンド...
ラスプーチンと女王ラスプーチン

ラスプーチンとはどんな人?『ラスプーチン知られざる物語』を読む その13モスクワに潜む災厄

ラスプーチンは、決して富を得ることに主眼を置いてはいなかったが、常に自分の経済的立場を向上させることに関心を抱いていた。戦争の前夜、彼はイギリスの軍需商を支援することを考えた。また、映画館に投資して、映画に音響を導入することも考えた。アレ…