ラスプーチン伝記

ラスプーチンとロイヤルファイミリーラスプーチン

ラスプーチンとはどんな人?『ラスプーチン知られざる物語』を読む その9あなたは私たちのすべて

その1から読みたい方はこちらからどうぞ⇒ 『あなたは私たちのすべて』 1911年の夏、ラスプーチンには喜ぶべきことがあった。ピーター・ストリピンの任期は明らかに終わりに近づいていた。アレクサンドラは長い間この男を嫌っていたが、ニコライは彼の...
ラスプーチンのアルコール依存症ラスプーチン

ラスプーチンとはどんな人?『ラスプーチン知られざる物語』を読む その18たそがれ時にやってくる影

ラスプーチンは第一次世界大戦中、アルコール依存症で酒を飲み続けていた。キオニヤ・グセバの攻撃の後、彼が恒常的な痛みを抱えていたためである。その2年前から苦しんでいた精神的危機からも来ていた。ラスプーチンはその葛藤を解決することができず、そ…
ラスプーチンとスピリチャルラスプーチン

ラスプーチンとはどんな人?『ラスプーチン知られざる物語』を読む その11スピリチャルな危機

その1から読みたい方はこちらからどうぞ⇒ スピリチャルな危機 1913年2月21日朝、ペトロパヴロフスク要塞から21の礼砲が鳴り響き、ロマノフ王朝300年の祝典が幕を開けた。ニコライ2世は詔書の中で、「我らと愛する国民に対する神の加護が、現...
ラスプーチンの怖い顔ラスプーチン

ラスプーチンとはどんな人?『ラスプーチン知られざる物語』を読む その8黒猪が司教になる

その1から読みたい方はこちらからどうぞ⇒ 黒猪が司教になる ラスプーチンがロシアに戻ると、また新たな嵐が吹き荒れていた。ピョートル大帝が総主教の地位を廃止した後、ニコライはロシア正教会を管理する国家機関である聖シノドの副総監に、ウラジーミル...
ラスプーチン伝記5ラスプーチン

ラスプーチンとはどんな人?『ラスプーチン知られざる物語』を読む その5教会の反撃

その1から読みたい方はこちらからどうぞ⇒ 5. 教会の反撃 ラスプーチンは1907年9月、征服された英雄としてポクロフスコエに戻った。嘲笑と疑念は過去のものであった。彼は、「私は帰ってきたのが喜ばしい!」とし、金や家来、皇室との友好関係を自...
ラスプーチンと鼻のない女ラスプーチン

ラスプーチンとはどんな人?『ラスプーチン知られざる物語』を読む その12鼻のない女

その1から読みたい方はこちらからどうぞ⇒ 鼻のない女 1914年の春、ニコライ2世は突然ラスプーチンに反旗を翻し、彼の帰郷を強要した。この劇的な展開の理由は、出来事そのものに説明がつくものの、完全には明らかにされていない。 ニコライ2世は、...
ラスプーチンとロマノフラスプーチン

ラスプーチンとはどんな人?『ラスプーチン知られざる物語』を読む その6ロマノフの聖なる愚者

その1から読みたい方はこちらからどうぞ⇒ 6. ロマノフの聖なる愚者 ラスプーチンが教会の敵に勝利したことを喜ぶのはまだ早かった。彼がポクロブスコエに留まっている間にも サンクト・ペテルブルクでは 彼に対する別の作戦が立てられていた。 今回...
ラスプーチン宮殿での殺人ラスプーチン

ラスプーチンとはどんな人?『ラスプーチン知られざる物語』を読む その20宮殿での殺人

その1から読みたい方はこちらからどうぞ⇒ 宮殿での殺人 12月16日(金)ペトログラードには一晩中雪が降り続き、夜明け前の空にはピンクの雲が点在していた。寒かった。アレクサンドラは、その朝に温度計がマイナス10度であったことを記している。ラ...
ラスプーチンとアレクシスの病気ラスプーチン

ラスプーチンとはどんな人?『ラスプーチン知られざる物語』を読む その10神はあなたの祈りを聞いてくださった!

ラスプーチンがアレクシスに催眠術をかけるのを目撃したという人がいないのは興味深い。ニコライとアレクサンドラはある意味で鈍感だったが、きっと彼ら(または誰か)は男が自分の息子にそんなことをしていたなら、気づいただろうし、それをありがたく思っ…
ラスプーチンとロシア正教会ラスプーチン

ラスプーチンとはどんな人?『ラスプーチン知られざる物語』を読む その16 猟犬に跪く教会

ラスプーチンはニコライとアレクサンドラが認めたからこそ力を持ったのだ。彼らのおかげで、資格のない候補者が教会の高位に昇格していた。皇帝はシノドを辱め、弱体化させた。マキシモヴィッチを聖人に昇格させ、次にヴァルナヴァのキャリアを促進させるこ…