象 📖 アル=フィール【第105章】クルアーン~全能の神の導き

クルアーン第105章象アル・フィール
【コーラン】アラビア語☪日本語☪英語☪解釈☪音声 【コーラン】アラビア語☪日本語☪英語☪解釈☪音声

105. THE ELEPHANT (al-Fil)

スポンサーリンク

ٱلفِيل【アラビア語】

アラビア語アル=フィール
 

 

スポンサーリンク

象 アル=フィール【日本語訳】

象アル=フィール日本語

 

慈悲あまねく、慈悲深いアッラーの御名において。
1 あなたは見なかったか、あなたの主が、象の仲間たちをどう扱ったか。

2 彼らの企みをくじいたではないか。

3 また彼らの上に、鳥の群れを送り、

4 石を砕い (て焼いた) たつぶてを、投げつけ、

5 彼らを、食い荒らされた藁のようにした。

 

象 アル=フィールについての解説

象アル=フィール
 

アブラハは紀元6世紀、アラビア南部イエメンのキリスト教徒支配者であった。彼は宗教的狂信から、西暦570年(預言者の生誕の年)にマッカを攻撃し、カアバを破壊して滅ぼそうとした。彼は6万人の兵士と約10頭の象からなる軍隊を連れていった。そのため、彼らは「象の人々」と呼ばれた。

マッカに近づくと、象たちは先に進もうとしなかった。その上、鳥の群れがくちばしや爪に小石をくわえて飛んできた。小石をアブラハの軍に浴びせると、軍全体が奇病に冒された。軍隊は恐怖を感じ、逃げ出した。しかし、アブラハを含む多くの兵士が途中で死んだ。

これは、預言者やその使命に敵対する者は、象の軍隊のように打ち負かされるという啓示であった。

そしてこれは、預言者が君臨することを示す全能の神の導きである。神によって彼に啓示された神聖な書物は、全人類の導きのために永遠に守り続けられるであろう。

 

『となりのイスラム』本をチェック⇒

アマゾンとなりのイスラム
 

THE ELEPHANT (al-Fil)【英語訳】

モスク105章
 

In the name of God the Gracious, the Merciful.
1 Have you not considered how your Lord dealt with the People of the Elephant?

2 Did He not make their plan go wrong?

3 He sent against them swarms of birds.

4 Throwing at them rocks of baked clay.

5 Leaving them like chewed-up leaves.

 

関連記事:中傷者 📖 アル=フマザ【第104章】クルアーン~中傷する者は火の海に飛び込む
関連記事:クライシュ族 📖 クライシュ【第106章】クルアーン~主に感謝し崇拝すること

 

参考図書: