イスラーム

イスラーム

象 📖 アル=フィール【第105章】クルアーン~全能の神の導き

クルアーン第105章 象 アル=フィールは、預言者やその使命に敵対する者は、象の軍隊のように打ち負かされるという啓示であった。そしてこれは、預言者が君臨することを示す全能の神の導きである。神によって彼に啓示された神聖な書物は、全人類の導き…
イスラーム

戦列 📖 アッ=サッフ【第61章】クルアーン~一神教的な信仰が優位に立つ

この宇宙においては、どこにも矛盾はない、人間の行いを除いて。この世では、木は常に木であり、鉄や石のように見えるものは、実際に鉄や石に変わりはない。人間もこのようにあるべきだ。たとえあらゆる困難に直面し、並外れた忍耐強さを要求されたとしても…
イスラーム

山 📖 アッ=トール (トゥール)【第52章】クルアーン~海の波は聞く者にこの物語を伝えている

かの山とは、モーセが預言を授けられたシナイ砂漠にある山のことを指す。羊皮紙に書かれた経典はタウラート(モーセ五書)を意味し、訪れの絶えないかの家はカアバを意味する。これらのことはすべて、神による懲罰の日が必ず来ることを物語っている。全能の…
イスラーム

騙し合い (だまし合い) 📖 アッ=タガーブン【第64章】クルアーン~苦難によって人は導きを授かる

クルアーンで明らかにされている現実は、宇宙全体によって証せられている。その沈黙の言葉の中で、讃美の限りを尽くしてこのことを立証しているのである。これらの啓示にもかかわらず、信者にならない者は、神の前に集められ、宇宙の主から自分についての決…
イスラーム

階段(天に至る梯子) 📖 アル・マアーリジュ【第70章】クルアーン~2種類の人間についての性質

今日の世の中では、審判の日の様子は明らかにされることも、それを描写されることもない。しかし、クルアーンでは、これらのことが暗示され、実例によって比喩的に伝えられている。それらは、誰もがその意味を簡単に理解できるようになっている。審判の日が…
イスラーム

整列者 (整列する者) 📖 アッ=サーッファート【第37章】クルアーン~地獄にはザックームの木がある

来世を信じるということは、来世を単純に受け入れるということではなく、来世の存在を現実的で、とても重要なものだと考えること。来世の概念が人生全体を支配し、そのために自分のすべてを賭ける覚悟が必要なのである。来世を意識した信者を狂っていると考…
イスラーム

真実(避けがたい現実) 📖 アル・ハーッカ【第69章】クルアーン~人類の祖先を運んだのはわれら

死後の世界をはっきり否定する者がいる。そしてはっきり否定しないまでも、心の中では現世のことだけを重要視する者もいる。この2つは同じであり、こうした人々の生き方に違いはない。神の目から見れば、どちらも来世を拒絶する者であり、一方は口先だけで…
イスラーム

抗弁する女 (異議を唱える女) 📖 アル=ムジャーダラ (ムジャーディラ)【第58章】クルアーン~霊的な光を受ける

複雑なシステムを持つ宇宙は、それが高次の力の綿密な監視下にあるという事実を示している。宇宙へのこの監視の事実は、人間もまた常に創造主の監視下にあることを裏づけている。このことを考えると、真理に反する秘密の行為をすることは、神の存在を、クル…
イスラーム

ﷲ アッラーという名前の意味【アッラーの99の美名】ﷲ

アッラー ﷲ Allah 「全ての創造物が崇拝し、愛し、その比類のない偉大さを讃え、服従し、全ての必要をかれに依存しているところの、真に崇拝すべき存在。 アッラー:名前の意味 アッラーは主であり、崇拝されるお方であり、その完璧な神としての属...
イスラーム

圧倒的事態 (圧倒するもの) 📖 アル=ガーシヤ【第88章】クルアーン~世の中の摂理から想起の糧を

人々に呼びかけ神に導くことは、穏やかな言葉で人々を励まし、自分たちの創造主である唯一の神を意識させること、自分が創造された目的、来世のこと、創造主に対する自らの責任などを理解させることである。この呼びかけの目的は、魂を眠りから覚ますこと。…