蟻 📖 アン=ナムル【第27章】クルアーン~スライマーンは蟻が何を言っているのか理解した

クルアーン第27章『蟻』アン・ ナムル解説
【コーラン】アラビア語☪日本語☪英語☪解釈☪音声 【コーラン】アラビア語☪日本語☪英語☪解釈☪音声

アン・ ナムル(アラビア語: النمل、ローマ字表記:’an-naml 、蟻)は、クルアーン 第27章で、93節からなる。

この第27章では、アラビアと イスラエルの預言者におけるタウヒード(一神教)のメッセージを強調するために、預言者 ムーサ(モーセ)、スライマーン(ソロモン)、サーリフ、ルート(ロト)の物語が語られている。

このスーラは、メッカの信者の中で「イスラエルの子ら」の役割を取り上げ、過去の預言者の敬虔さを強調し称賛し、現在のクルアーンのメッセージを過去の伝統と区別するために啓示されたと思われる。

いわゆる「奇跡」を否定する一部の解釈者は、スライマーンの物語に登場する蟻の群れは古いアラブの部族を、また鳥たちは騎兵を、フドフド(ヤツガシラ)はある人物の名を、またジンは異国の兵を示すものとして解釈している。本章はマッカ時代中期の啓示群に属する。

 

27. THE ANT (an-Naml)

スポンサーリンク

النمل【アラビア語】

アラビア語クルアーン第27章

アラビア語 アン・ ナムル ☟

بِسْمِ اللَّهِ الرَّحْمَٰنِ الرَّحِيمِ

١ طس ۚ تِلْكَ آيَاتُ الْقُرْآنِ وَكِتَابٍ مُبِينٍ

٢ هُدًى وَبُشْرَىٰ لِلْمُؤْمِنِينَ

٣ الَّذِينَ يُقِيمُونَ الصَّلَاةَ وَيُؤْتُونَ الزَّكَاةَ وَهُمْ بِالْآخِرَةِ هُمْ يُوقِنُونَ

٤ إِنَّ الَّذِينَ لَا يُؤْمِنُونَ بِالْآخِرَةِ زَيَّنَّا لَهُمْ أَعْمَالَهُمْ فَهُمْ يَعْمَهُونَ

٥ أُولَٰئِكَ الَّذِينَ لَهُمْ سُوءُ الْعَذَابِ وَهُمْ فِي الْآخِرَةِ هُمُ الْأَخْسَرُونَ

٦ وَإِنَّكَ لَتُلَقَّى الْقُرْآنَ مِنْ لَدُنْ حَكِيمٍ عَلِيمٍ

٧ إِذْ قَالَ مُوسَىٰ لِأَهْلِهِ إِنِّي آنَسْتُ نَارًا سَآتِيكُمْ مِنْهَا بِخَبَرٍ أَوْ آتِيكُمْ بِشِهَابٍ قَبَسٍ لَعَلَّكُمْ تَصْطَلُونَ

٨ فَلَمَّا جَاءَهَا نُودِيَ أَنْ بُورِكَ مَنْ فِي النَّارِ وَمَنْ حَوْلَهَا وَسُبْحَانَ اللَّهِ رَبِّ الْعَالَمِينَ

٩ يَا مُوسَىٰ إِنَّهُ أَنَا اللَّهُ الْعَزِيزُ الْحَكِيمُ

١٠ وَأَلْقِ عَصَاكَ ۚ فَلَمَّا رَآهَا تَهْتَزُّ كَأَنَّهَا جَانٌّ وَلَّىٰ مُدْبِرًا وَلَمْ يُعَقِّبْ ۚ يَا مُوسَىٰ لَا تَخَفْ إِنِّي لَا يَخَافُ لَدَيَّ الْمُرْسَلُونَ

١١ إِلَّا مَنْ ظَلَمَ ثُمَّ بَدَّلَ حُسْنًا بَعْدَ سُوءٍ فَإِنِّي غَفُورٌ رَحِيمٌ

١٢ وَأَدْخِلْ يَدَكَ فِي جَيْبِكَ تَخْرُجْ بَيْضَاءَ مِنْ غَيْرِ سُوءٍ ۖ فِي تِسْعِ آيَاتٍ إِلَىٰ فِرْعَوْنَ وَقَوْمِهِ ۚ إِنَّهُمْ كَانُوا قَوْمًا فَاسِقِينَ

١٣ فَلَمَّا جَاءَتْهُمْ آيَاتُنَا مُبْصِرَةً قَالُوا هَٰذَا سِحْرٌ مُبِينٌ

١٤ وَجَحَدُوا بِهَا وَاسْتَيْقَنَتْهَا أَنْفُسُهُمْ ظُلْمًا وَعُلُوًّا ۚ فَانْظُرْ كَيْفَ كَانَ عَاقِبَةُ الْمُفْسِدِينَ

١٥ وَلَقَدْ آتَيْنَا دَاوُودَ وَسُلَيْمَانَ عِلْمًا ۖ وَقَالَا الْحَمْدُ لِلَّهِ الَّذِي فَضَّلَنَا عَلَىٰ كَثِيرٍ مِنْ عِبَادِهِ الْمُؤْمِنِينَ

١٦ وَوَرِثَ سُلَيْمَانُ دَاوُودَ ۖ وَقَالَ يَا أَيُّهَا النَّاسُ عُلِّمْنَا مَنْطِقَ الطَّيْرِ وَأُوتِينَا مِنْ كُلِّ شَيْءٍ ۖ إِنَّ هَٰذَا لَهُوَ الْفَضْلُ الْمُبِينُ

١٧ وَحُشِرَ لِسُلَيْمَانَ جُنُودُهُ مِنَ الْجِنِّ وَالْإِنْسِ وَالطَّيْرِ فَهُمْ يُوزَعُونَ

١٨ حَتَّىٰ إِذَا أَتَوْا عَلَىٰ وَادِ النَّمْلِ قَالَتْ نَمْلَةٌ يَا أَيُّهَا النَّمْلُ ادْخُلُوا مَسَاكِنَكُمْ لَا يَحْطِمَنَّكُمْ سُلَيْمَانُ وَجُنُودُهُ وَهُمْ لَا يَشْعُرُونَ

١٩ فَتَبَسَّمَ ضَاحِكًا مِنْ قَوْلِهَا وَقَالَ رَبِّ أَوْزِعْنِي أَنْ أَشْكُرَ نِعْمَتَكَ الَّتِي أَنْعَمْتَ عَلَيَّ وَعَلَىٰ وَالِدَيَّ وَأَنْ أَعْمَلَ صَالِحًا تَرْضَاهُ وَأَدْخِلْنِي بِرَحْمَتِكَ فِي عِبَادِكَ الصَّالِحِينَ

٢٠ وَتَفَقَّدَ الطَّيْرَ فَقَالَ مَا لِيَ لَا أَرَى الْهُدْهُدَ أَمْ كَانَ مِنَ الْغَائِبِينَ

٢١ لَأُعَذِّبَنَّهُ عَذَابًا شَدِيدًا أَوْ لَأَذْبَحَنَّهُ أَوْ لَيَأْتِيَنِّي بِسُلْطَانٍ مُبِينٍ

٢٢ فَمَكَثَ غَيْرَ بَعِيدٍ فَقَالَ أَحَطْتُ بِمَا لَمْ تُحِطْ بِهِ وَجِئْتُكَ مِنْ سَبَإٍ بِنَبَإٍ يَقِينٍ

٢٣ إِنِّي وَجَدْتُ امْرَأَةً تَمْلِكُهُمْ وَأُوتِيَتْ مِنْ كُلِّ شَيْءٍ وَلَهَا عَرْشٌ عَظِيمٌ

٢٤ وَجَدْتُهَا وَقَوْمَهَا يَسْجُدُونَ لِلشَّمْسِ مِنْ دُونِ اللَّهِ وَزَيَّنَ لَهُمُ الشَّيْطَانُ أَعْمَالَهُمْ فَصَدَّهُمْ عَنِ السَّبِيلِ فَهُمْ لَا يَهْتَدُونَ

٢٥ أَلَّا يَسْجُدُوا لِلَّهِ الَّذِي يُخْرِجُ الْخَبْءَ فِي السَّمَاوَاتِ وَالْأَرْضِ وَيَعْلَمُ مَا تُخْفُونَ وَمَا تُعْلِنُونَ

٢٦ اللَّهُ لَا إِلَٰهَ إِلَّا هُوَ رَبُّ الْعَرْشِ الْعَظِيمِ

٢٧ قَالَ سَنَنْظُرُ أَصَدَقْتَ أَمْ كُنْتَ مِنَ الْكَاذِبِينَ

٢٨ اذْهَبْ بِكِتَابِي هَٰذَا فَأَلْقِهْ إِلَيْهِمْ ثُمَّ تَوَلَّ عَنْهُمْ فَانْظُرْ مَاذَا يَرْجِعُونَ

٢٩ قَالَتْ يَا أَيُّهَا الْمَلَأُ إِنِّي أُلْقِيَ إِلَيَّ كِتَابٌ كَرِيمٌ

٣٠ إِنَّهُ مِنْ سُلَيْمَانَ وَإِنَّهُ بِسْمِ اللَّهِ الرَّحْمَٰنِ الرَّحِيمِ

٣١ أَلَّا تَعْلُوا عَلَيَّ وَأْتُونِي مُسْلِمِينَ

٣٢ قَالَتْ يَا أَيُّهَا الْمَلَأُ أَفْتُونِي فِي أَمْرِي مَا كُنْتُ قَاطِعَةً أَمْرًا حَتَّىٰ تَشْهَدُونِ

٣٣ قَالُوا نَحْنُ أُولُو قُوَّةٍ وَأُولُو بَأْسٍ شَدِيدٍ وَالْأَمْرُ إِلَيْكِ فَانْظُرِي مَاذَا تَأْمُرِينَ

٣٤ قَالَتْ إِنَّ الْمُلُوكَ إِذَا دَخَلُوا قَرْيَةً أَفْسَدُوهَا وَجَعَلُوا أَعِزَّةَ أَهْلِهَا أَذِلَّةً ۖ وَكَذَٰلِكَ يَفْعَلُونَ

٣٥ وَإِنِّي مُرْسِلَةٌ إِلَيْهِمْ بِهَدِيَّةٍ فَنَاظِرَةٌ بِمَ يَرْجِعُ الْمُرْسَلُونَ

٣٦ فَلَمَّا جَاءَ سُلَيْمَانَ قَالَ أَتُمِدُّونَنِ بِمَالٍ فَمَا آتَانِيَ اللَّهُ خَيْرٌ مِمَّا آتَاكُمْ بَلْ أَنْتُمْ بِهَدِيَّتِكُمْ تَفْرَحُونَ

٣٧ ارْجِعْ إِلَيْهِمْ فَلَنَأْتِيَنَّهُمْ بِجُنُودٍ لَا قِبَلَ لَهُمْ بِهَا وَلَنُخْرِجَنَّهُمْ مِنْهَا أَذِلَّةً وَهُمْ صَاغِرُونَ

٣٨ قَالَ يَا أَيُّهَا الْمَلَأُ أَيُّكُمْ يَأْتِينِي بِعَرْشِهَا قَبْلَ أَنْ يَأْتُونِي مُسْلِمِينَ

٣٩ قَالَ عِفْرِيتٌ مِنَ الْجِنِّ أَنَا آتِيكَ بِهِ قَبْلَ أَنْ تَقُومَ مِنْ مَقَامِكَ ۖ وَإِنِّي عَلَيْهِ لَقَوِيٌّ أَمِينٌ

٤٠ قَالَ الَّذِي عِنْدَهُ عِلْمٌ مِنَ الْكِتَابِ أَنَا آتِيكَ بِهِ قَبْلَ أَنْ يَرْتَدَّ إِلَيْكَ طَرْفُكَ ۚ فَلَمَّا رَآهُ مُسْتَقِرًّا عِنْدَهُ قَالَ هَٰذَا مِنْ فَضْلِ رَبِّي لِيَبْلُوَنِي أَأَشْكُرُ أَمْ أَكْفُرُ ۖ وَمَنْ شَكَرَ فَإِنَّمَا يَشْكُرُ لِنَفْسِهِ ۖ وَمَنْ كَفَرَ فَإِنَّ رَبِّي غَنِيٌّ كَرِيمٌ

٤١ قَالَ نَكِّرُوا لَهَا عَرْشَهَا نَنْظُرْ أَتَهْتَدِي أَمْ تَكُونُ مِنَ الَّذِينَ لَا يَهْتَدُونَ

٤٢ فَلَمَّا جَاءَتْ قِيلَ أَهَٰكَذَا عَرْشُكِ ۖ قَالَتْ كَأَنَّهُ هُوَ ۚ وَأُوتِينَا الْعِلْمَ مِنْ قَبْلِهَا وَكُنَّا مُسْلِمِينَ

٤٣ وَصَدَّهَا مَا كَانَتْ تَعْبُدُ مِنْ دُونِ اللَّهِ ۖ إِنَّهَا كَانَتْ مِنْ قَوْمٍ كَافِرِينَ

٤٤ قِيلَ لَهَا ادْخُلِي الصَّرْحَ ۖ فَلَمَّا رَأَتْهُ حَسِبَتْهُ لُجَّةً وَكَشَفَتْ عَنْ سَاقَيْهَا ۚ قَالَ إِنَّهُ صَرْحٌ مُمَرَّدٌ مِنْ قَوَارِيرَ ۗ قَالَتْ رَبِّ إِنِّي ظَلَمْتُ نَفْسِي وَأَسْلَمْتُ مَعَ سُلَيْمَانَ لِلَّهِ رَبِّ الْعَالَمِينَ

٤٥ وَلَقَدْ أَرْسَلْنَا إِلَىٰ ثَمُودَ أَخَاهُمْ صَالِحًا أَنِ اعْبُدُوا اللَّهَ فَإِذَا هُمْ فَرِيقَانِ يَخْتَصِمُونَ

٤٦ قَالَ يَا قَوْمِ لِمَ تَسْتَعْجِلُونَ بِالسَّيِّئَةِ قَبْلَ الْحَسَنَةِ ۖ لَوْلَا تَسْتَغْفِرُونَ اللَّهَ لَعَلَّكُمْ تُرْحَمُونَ

٤٧ قَالُوا اطَّيَّرْنَا بِكَ وَبِمَنْ مَعَكَ ۚ قَالَ طَائِرُكُمْ عِنْدَ اللَّهِ ۖ بَلْ أَنْتُمْ قَوْمٌ تُفْتَنُونَ

٤٨ وَكَانَ فِي الْمَدِينَةِ تِسْعَةُ رَهْطٍ يُفْسِدُونَ فِي الْأَرْضِ وَلَا يُصْلِحُونَ

٤٩ قَالُوا تَقَاسَمُوا بِاللَّهِ لَنُبَيِّتَنَّهُ وَأَهْلَهُ ثُمَّ لَنَقُولَنَّ لِوَلِيِّهِ مَا شَهِدْنَا مَهْلِكَ أَهْلِهِ وَإِنَّا لَصَادِقُونَ

٥٠ وَمَكَرُوا مَكْرًا وَمَكَرْنَا مَكْرًا وَهُمْ لَا يَشْعُرُونَ

٥١ فَانْظُرْ كَيْفَ كَانَ عَاقِبَةُ مَكْرِهِمْ أَنَّا دَمَّرْنَاهُمْ وَقَوْمَهُمْ أَجْمَعِينَ

٥٢ فَتِلْكَ بُيُوتُهُمْ خَاوِيَةً بِمَا ظَلَمُوا ۗ إِنَّ فِي ذَٰلِكَ لَآيَةً لِقَوْمٍ يَعْلَمُونَ

٥٣ وَأَنْجَيْنَا الَّذِينَ آمَنُوا وَكَانُوا يَتَّقُونَ

٥٤ وَلُوطًا إِذْ قَالَ لِقَوْمِهِ أَتَأْتُونَ الْفَاحِشَةَ وَأَنْتُمْ تُبْصِرُونَ

٥٥ أَئِنَّكُمْ لَتَأْتُونَ الرِّجَالَ شَهْوَةً مِنْ دُونِ النِّسَاءِ ۚ بَلْ أَنْتُمْ قَوْمٌ تَجْهَلُونَ

٥٦ فَمَا كَانَ جَوَابَ قَوْمِهِ إِلَّا أَنْ قَالُوا أَخْرِجُوا آلَ لُوطٍ مِنْ قَرْيَتِكُمْ ۖ إِنَّهُمْ أُنَاسٌ يَتَطَهَّرُونَ

٥٧ فَأَنْجَيْنَاهُ وَأَهْلَهُ إِلَّا امْرَأَتَهُ قَدَّرْنَاهَا مِنَ الْغَابِرِينَ

٥٨ وَأَمْطَرْنَا عَلَيْهِمْ مَطَرًا ۖ فَسَاءَ مَطَرُ الْمُنْذَرِينَ

٥٩ قُلِ الْحَمْدُ لِلَّهِ وَسَلَامٌ عَلَىٰ عِبَادِهِ الَّذِينَ اصْطَفَىٰ ۗ آللَّهُ خَيْرٌ أَمَّا يُشْرِكُونَ

٦٠ أَمَّنْ خَلَقَ السَّمَاوَاتِ وَالْأَرْضَ وَأَنْزَلَ لَكُمْ مِنَ السَّمَاءِ مَاءً فَأَنْبَتْنَا بِهِ حَدَائِقَ ذَاتَ بَهْجَةٍ مَا كَانَ لَكُمْ أَنْ تُنْبِتُوا شَجَرَهَا ۗ أَإِلَٰهٌ مَعَ اللَّهِ ۚ بَلْ هُمْ قَوْمٌ يَعْدِلُونَ

٦١ أَمَّنْ جَعَلَ الْأَرْضَ قَرَارًا وَجَعَلَ خِلَالَهَا أَنْهَارًا وَجَعَلَ لَهَا رَوَاسِيَ وَجَعَلَ بَيْنَ الْبَحْرَيْنِ حَاجِزًا ۗ أَإِلَٰهٌ مَعَ اللَّهِ ۚ بَلْ أَكْثَرُهُمْ لَا يَعْلَمُونَ

٦٢ أَمَّنْ يُجِيبُ الْمُضْطَرَّ إِذَا دَعَاهُ وَيَكْشِفُ السُّوءَ وَيَجْعَلُكُمْ خُلَفَاءَ الْأَرْضِ ۗ أَإِلَٰهٌ مَعَ اللَّهِ ۚ قَلِيلًا مَا تَذَكَّرُونَ

٦٣ أَمَّنْ يَهْدِيكُمْ فِي ظُلُمَاتِ الْبَرِّ وَالْبَحْرِ وَمَنْ يُرْسِلُ الرِّيَاحَ بُشْرًا بَيْنَ يَدَيْ رَحْمَتِهِ ۗ أَإِلَٰهٌ مَعَ اللَّهِ ۚ تَعَالَى اللَّهُ عَمَّا يُشْرِكُونَ

٦٤ أَمَّنْ يَبْدَأُ الْخَلْقَ ثُمَّ يُعِيدُهُ وَمَنْ يَرْزُقُكُمْ مِنَ السَّمَاءِ وَالْأَرْضِ ۗ أَإِلَٰهٌ مَعَ اللَّهِ ۚ قُلْ هَاتُوا بُرْهَانَكُمْ إِنْ كُنْتُمْ صَادِقِينَ

٦٥ قُلْ لَا يَعْلَمُ مَنْ فِي السَّمَاوَاتِ وَالْأَرْضِ الْغَيْبَ إِلَّا اللَّهُ ۚ وَمَا يَشْعُرُونَ أَيَّانَ يُبْعَثُونَ

٦٦ بَلِ ادَّارَكَ عِلْمُهُمْ فِي الْآخِرَةِ ۚ بَلْ هُمْ فِي شَكٍّ مِنْهَا ۖ بَلْ هُمْ مِنْهَا عَمُونَ

٦٧ وَقَالَ الَّذِينَ كَفَرُوا أَإِذَا كُنَّا تُرَابًا وَآبَاؤُنَا أَئِنَّا لَمُخْرَجُونَ

٦٨ لَقَدْ وُعِدْنَا هَٰذَا نَحْنُ وَآبَاؤُنَا مِنْ قَبْلُ إِنْ هَٰذَا إِلَّا أَسَاطِيرُ الْأَوَّلِينَ

٦٩ قُلْ سِيرُوا فِي الْأَرْضِ فَانْظُرُوا كَيْفَ كَانَ عَاقِبَةُ الْمُجْرِمِينَ

٧٠ وَلَا تَحْزَنْ عَلَيْهِمْ وَلَا تَكُنْ فِي ضَيْقٍ مِمَّا يَمْكُرُونَ

٧١ وَيَقُولُونَ مَتَىٰ هَٰذَا الْوَعْدُ إِنْ كُنْتُمْ صَادِقِينَ

٧٢ قُلْ عَسَىٰ أَنْ يَكُونَ رَدِفَ لَكُمْ بَعْضُ الَّذِي تَسْتَعْجِلُونَ

٧٣ وَإِنَّ رَبَّكَ لَذُو فَضْلٍ عَلَى النَّاسِ وَلَٰكِنَّ أَكْثَرَهُمْ لَا يَشْكُرُونَ

٧٤ وَإِنَّ رَبَّكَ لَيَعْلَمُ مَا تُكِنُّ صُدُورُهُمْ وَمَا يُعْلِنُونَ

٧٥ وَمَا مِنْ غَائِبَةٍ فِي السَّمَاءِ وَالْأَرْضِ إِلَّا فِي كِتَابٍ مُبِينٍ

٧٦ إِنَّ هَٰذَا الْقُرْآنَ يَقُصُّ عَلَىٰ بَنِي إِسْرَائِيلَ أَكْثَرَ الَّذِي هُمْ فِيهِ يَخْتَلِفُونَ

٧٧ وَإِنَّهُ لَهُدًى وَرَحْمَةٌ لِلْمُؤْمِنِينَ

٧٨ إِنَّ رَبَّكَ يَقْضِي بَيْنَهُمْ بِحُكْمِهِ ۚ وَهُوَ الْعَزِيزُ الْعَلِيمُ

٧٩ فَتَوَكَّلْ عَلَى اللَّهِ ۖ إِنَّكَ عَلَى الْحَقِّ الْمُبِينِ

٨٠ إِنَّكَ لَا تُسْمِعُ الْمَوْتَىٰ وَلَا تُسْمِعُ الصُّمَّ الدُّعَاءَ إِذَا وَلَّوْا مُدْبِرِينَ

٨١ وَمَا أَنْتَ بِهَادِي الْعُمْيِ عَنْ ضَلَالَتِهِمْ ۖ إِنْ تُسْمِعُ إِلَّا مَنْ يُؤْمِنُ بِآيَاتِنَا فَهُمْ مُسْلِمُونَ

٨٢ وَإِذَا وَقَعَ الْقَوْلُ عَلَيْهِمْ أَخْرَجْنَا لَهُمْ دَابَّةً مِنَ الْأَرْضِ تُكَلِّمُهُمْ أَنَّ النَّاسَ كَانُوا بِآيَاتِنَا لَا يُوقِنُونَ

٨٣ وَيَوْمَ نَحْشُرُ مِنْ كُلِّ أُمَّةٍ فَوْجًا مِمَّنْ يُكَذِّبُ بِآيَاتِنَا فَهُمْ يُوزَعُونَ

٨٤ حَتَّىٰ إِذَا جَاءُوا قَالَ أَكَذَّبْتُمْ بِآيَاتِي وَلَمْ تُحِيطُوا بِهَا عِلْمًا أَمَّاذَا كُنْتُمْ تَعْمَلُونَ

٨٥ وَوَقَعَ الْقَوْلُ عَلَيْهِمْ بِمَا ظَلَمُوا فَهُمْ لَا يَنْطِقُونَ

٨٦ أَلَمْ يَرَوْا أَنَّا جَعَلْنَا اللَّيْلَ لِيَسْكُنُوا فِيهِ وَالنَّهَارَ مُبْصِرًا ۚ إِنَّ فِي ذَٰلِكَ لَآيَاتٍ لِقَوْمٍ يُؤْمِنُونَ

٨٧ وَيَوْمَ يُنْفَخُ فِي الصُّورِ فَفَزِعَ مَنْ فِي السَّمَاوَاتِ وَمَنْ فِي الْأَرْضِ إِلَّا مَنْ شَاءَ اللَّهُ ۚ وَكُلٌّ أَتَوْهُ دَاخِرِينَ

٨٨ وَتَرَى الْجِبَالَ تَحْسَبُهَا جَامِدَةً وَهِيَ تَمُرُّ مَرَّ السَّحَابِ ۚ صُنْعَ اللَّهِ الَّذِي أَتْقَنَ كُلَّ شَيْءٍ ۚ إِنَّهُ خَبِيرٌ بِمَا تَفْعَلُونَ

٨٩ مَنْ جَاءَ بِالْحَسَنَةِ فَلَهُ خَيْرٌ مِنْهَا وَهُمْ مِنْ فَزَعٍ يَوْمَئِذٍ آمِنُونَ

٩٠ وَمَنْ جَاءَ بِالسَّيِّئَةِ فَكُبَّتْ وُجُوهُهُمْ فِي النَّارِ هَلْ تُجْزَوْنَ إِلَّا مَا كُنْتُمْ تَعْمَلُونَ

٩١ إِنَّمَا أُمِرْتُ أَنْ أَعْبُدَ رَبَّ هَٰذِهِ الْبَلْدَةِ الَّذِي حَرَّمَهَا وَلَهُ كُلُّ شَيْءٍ ۖ وَأُمِرْتُ أَنْ أَكُونَ مِنَ الْمُسْلِمِينَ

٩٢ وَأَنْ أَتْلُوَ الْقُرْآنَ ۖ فَمَنِ اهْتَدَىٰ فَإِنَّمَا يَهْتَدِي لِنَفْسِهِ ۖ وَمَنْ ضَلَّ فَقُلْ إِنَّمَا أَنَا مِنَ الْمُنْذِرِينَ

٩٣ وَقُلِ الْحَمْدُ لِلَّهِ سَيُرِيكُمْ آيَاتِهِ فَتَعْرِفُونَهَا ۚ وَمَا رَبُّكَ بِغَافِلٍ عَمَّا تَعْمَلُونَ

 

蟻 アン・ ナムル 朗読音声

 

スポンサーリンク

蟻 アン・ ナムル【日本語訳】

日本語訳クルアーン第27章
 

慈悲あまねく、慈悲深いアッラーの御名において。
1 ター、スィーン。これは明らかな啓典、クルアーンの御しるし。

2 信仰者への、導きにして良い報せ。

3 礼拝のつとめを守り、喜捨をし、来世を確信する者たち。

4 本当に、信じない者たちに対しては、われらはその行いをすばらしいもののように飾ってみせた。それで彼らは、あてもなくさまよっている。

5 これらの者は、ひどい懲罰を科される者たち。彼らは、来世では最大の敗者となるだろう。

6 あなたは、もっとも賢明にしてもっともよく知る御方の御許からクルアーンを受け取っている。

7 ムーサーが、その家族にこう言たときのこと (を思いなさい)。「私にはちらりと火が見えた。私はあそこからあなたがたに、何か知れたことをもって来よう。あるいはあの火から燃えがらをもって来よう、あなたがたが暖まるように」。

8 しかし、彼がそこに来ると、彼は呼びかけられた。「祝福あれ、火の中にいる者と、その周囲にいる者に。アッラーに讃美あれ諸世界の主に。

9 ムーサーよ。本当にこれぞわれ、アッラーである。もっとも威力ある者。もっとも賢明な者。

10 あなたの杖を投げなさい」。しかし、それがまるで蛇のように動くのを見ると、彼は背を向けて逃げ出し、振り返りもしなかった。「ムーサーよ、恐れるな。本当に、使徒がわれの許で恐れることはない、

11 不正をなした者を除いては (しかし) そののち、後から善事をもって悪事に代えるなら、本当にわれはもっともよく赦し、もっとも慈悲深い。

12 あなたの手を、あなたの懐に入れなさい。それは傷ひとつない白さで出てくる。それはフィルアウンとその民への、九つのしるしの一部である。本当に彼らは、背く民であった」。

13 しかし、われらのしるしが目に見えて彼らにもたらされたとき、彼らは言った。「これは、明らかに魔術に過ぎない」。

14 そして彼らは、内心では納得していながら、不正と高慢のためにそれら (御しるし) を拒んだ。それで見なさい。退廃を広める者の最後がどのようであったかを。

15 また、われらはダーウードとスライマーンに知識を与えた。彼らは言った。「アッラーに称賛あれ、しもべである多くの信仰者たちにもまさって私たちに恵む御方に」。

16 そしてスライマーンは、ダーウード (の後) を受け継いだ。彼は言った。「人々よ。私たちは鳥の言葉を教わり、またありとあらゆるものを与えられもした。本当に、これこそ明白な御恵みである」。

17 スライマーンのために、ジンと人間と鳥からなる彼の軍勢が集められた。彼らが隊列を組み、

18 蟻の谷までやって来たとき、一匹の蟻が言った。「蟻たちよ。あなたがたの住みかに入れ。さもないとスライマーンの軍勢が、彼らも気づかないうちにあなたがたを踏み潰すだろう」。

19 それで彼 (スライマーン) はほほえんだ。その (蟻の) 言葉に笑い、そして言った。「主よ。あなたが私と両親に授けたあなたの恩寵に、私が感謝する者であれるようにしてください。(それにより) 私が、あなたの喜びにあずかる正しい行いをなせるようにしてください。そしてあなたの慈悲をもって、私を、あなたの正しいしもべのひとりとして受け入れてください」。

20 そして彼は、鳥たちの中を吟味して言った。「どうしてかやつがしらを見ないが、不在にしている者のうちであっただろうか。

21 私は、必ずあれを厳重な刑罰をもって罰そう。あるいはあれを討ち取ろう、明らかな理由を、私にもって来ない限りは」。

22 しかし、程なくして (やつがしらがやって来て)、それは言った。「私は、あなたが知るに及んでいないことを知りました。私はあなたに、確実な報せをもってサバアから来ました。

23 本当に私は、彼ら (サバアの人々) を統治しているある婦人を見つけました。彼女はありとあらゆるものを (豊かに) 与えられており、また彼女には、大いなる玉座があります

24 私は彼女とその民が、アッラーをさし置いて太陽にひれ伏しているのを見つけました。そして悪魔が彼らの行いを、すばらしいもののように見せ、あるべき (真理の) 道から彼らを妨げているのです。そのため彼らは (正しく) 導かれていません。

25 そのため彼らは、アッラーにひれ伏さずにいるのです。諸天と大地に隠れているものを連れ出す御方、あなたがたの押し隠すものもさらけ出すものも知る御方に。

26 アッラー、貴い玉座の主である御方の他に、いかなる神もありません」。

27(スライマーン) は言った。「あなたが真実を語っているのか、あるいは嘘をついているのか、やがて分かることだろう。

28 私の、この手紙をもって行き、彼らに届けなさい。それから彼らに背を向けて、彼らがどう返すかを見ていなさい」。

29 (手紙を受け取ると、) 彼女は言った。「長老たちよ。貴い手紙が私に届いた。

30 本当に、それはスライマーンからのもの。そしてそれには、『慈悲あまねく、慈悲深いアッラーの御名において。

31 私に対し、高ぶってはならない。服従する者 (ムスリム) として、私のところへ来なさい』とある」。

32 彼女は言った。「長老たちよ。このことについて助言を述べよ。あなたがたの立ち会いなくして、私は、何ごとについても決めることはしないのだから」。

33 彼らは言った。「私たちは力も、強大な武力も持つ者です。しかし、命令はあなたにあります。ですから、どう命令するかよく考えてください」。

34 彼女は言った。「本当に王者たちは、町に入るときはそれを荒らし、住民の中でもっとも高位の者をおとしめる。彼らの行いとは、常にそのようなもの。

35 私は彼らに贈りものを送ろう。それで使者が、何をもって帰るかを見るとしよう」。

36 それで (使者が) スライマーンのところへやって来ると、彼は言った。「あなたがたは、財をもって私に寄与しようというのか。しかしアッラーが私に与えたものは、御方があなたがたに与えたものよりもすぐれている。いいや、あなたがたの贈りものを嬉しがっているのは、むしろあなたがただ。

37 彼らの許に帰れ、私たちは、必ず彼らには抗えない軍勢をもって彼らに向かおう。そして必ず彼らをおとしめられ、さげすまれる者としてそこから追放しよう」。

38(スライマーン) は言った。「長老たちよ。彼らが服従して私のところへ来る前に、彼女の玉座を私に持ってくる (ことができる) のは、あなたがたのうち誰か」。

39 するとジンの中から、(その頭目である) イフリートが言った。「私は、あなたがその座から立つ前にそれを持ってきましょう。私にはそのための力がありますし、信頼に足る者です」。

40 啓典の知識を備えたある者が言った。「私は、あなたが瞬きをする前にそれを持ってきましょう」。それが彼の前に置かれたのを見て、彼 (スライマーン) は言った。「これは私の主の御恵み、私が感謝するか、あるいは恩を忘れるかを試すためのもの。そして誰であれ感謝する者は、ただ自分のために感謝する。そして恩を忘れるのが誰であれ、本当に私の主は満ち足りた御方、高貴な御方」。

41(スライマーン) は言った。「彼女のために、彼女の玉座の装いを変えなさい。それで私たちは、彼女が (真理へと) 導かれるか、それとも導かれない者のひとりとなるかを見てみよう」。

42 それで彼女が到着すると、(彼女は) こう言われた。「あなたの玉座は、このようなものか」彼女は言った。「まるで、このようなものです」。(スライマーンは思った。)「私たちは彼女より以前に知識を与えられ、服従する者 (ムスリム) となった。

43 しかし、彼女がアッラーをさし置いて仕えていたものが彼女の妨げとなった。本当に彼女は、(真理を) 拒む民のひとりであった」。

44 彼女は「宮殿に入るように」と言われた。彼女はそれを見て水面かと思い、(裾をたくし上げて) その足をさらけ出した。スライマーンは言った。「本当に、これは硝子をなめらかに張った宮殿である」。彼女は言った。「主よ。本当に私は自分自身に不正をなしました。私はスライマーンと共に、諸世界の主たるアッラーに服従します」。

45 また、われらはすでにサムードに、その同胞であるサーリフを遣わしていた。(彼は言った。)「アッラーに仕えなさい」。すると、見なさい。彼らは二派に分かれて反目し合った。

46 彼は言った。「私の民よ。どうしてあなたがたは、善事よりも悪事を急ぎ求めるのか。どうしてあなたがたは、アッラーの赦しを願わないのか。そうすればあなたがたは慈悲にあずかるだろうに」。

47 彼らは言った。「私たちは、あなたやあなたと共にいる者を凶兆とみなす」。彼は言った。「あなたがたの凶兆はアッラーの御許にある。いいや、あなたがたは試されている民だ」。

48 その市街には、地上に退廃を広め、改め直すこともしない九人の者がいた

49 彼らは言った。「アッラーにかけて互いに誓おう。必ず彼 (サーリフ) とその家族に夜襲をかけ、そののち遺族には『彼の家族が破滅させられるところを、私たちは目撃していない。本当に、私たちは真実を語っている』と言おう」。

50 彼らは謀りごとを謀った。われらもまた、彼らも気づかないうちに謀りごとを謀った。

51 そして見なさい、彼らの謀りごとの最後がどのようであったかを。本当にわれらは、彼らとその民をことごとく崩壊させた。

52 そしてこれが、その不正のために崩れ落ちた彼らの (かつての) 家々。本当にその中には、知っている民への御しるしがある。

53 また、われらは (主を) 信じ、畏れてもいた者たちを救った。

54 またルートについて。彼がその民に、こう言ったときのこと。「あなたがたは、そうとわかっていながら不品行にはしるのか。

55 あなたがたは劣情し、女をさし置いて男に言い寄る。いいや、あなたがたは本当に無知な民だ」。

56 しかし彼の民の答えは、ただ「ルートの一族を、あなたがたの町から追い出してしまえ。自分で清浄ぶるような人々だ」と言うだけ。

57 それでわれらは、彼とその一族を救った、彼の妻を除いては。われらは彼女を、後に残される者のひとりと定めた。

58 それからわれらは彼らの上に、(石つぶての) 雨を降らせた。警告を受けていた者たちにとり、恐るべき雨であった。

59 (ムハンマドよ、) 言いなさい。「アッラーに称賛あれ、この御方に選ばれたしもべたちの上に平安あれ」。より良いのはアッラーの方か、それとも彼らがこの御方と同列に連ねているものの方か。

60 諸天と大地を創造し、あなたがたのために空から雨を降らせるのは誰か。それにより、われらは美しさ満ちた庭園を育む。その木々は、あなたがたには育むことのできないもの。アッラーと共に別の神があるだろうか。いいや、しかし彼らは (神と) 他の何ものかを同一視する民。

61 大地を定住の場とし、そのただ中に川を設け、また不動の山々を据え、ふたつの海の間に仕切りを置いたのは誰か。アッラーと共に別の神があるだろうか。いいや、多くの者は何も知らない。

62 困っている者が呼びかけるとき、それに応えて悪をとり除き、またあなたがたを地上の後継者とするのは誰か。アッラーと共に別の神があるだろうか。あなたがたのうち、憶える者はわずかであるが。

63 陸と海の暗闇の中、あなたがたを導くのは誰か。慈悲の前に良い報せとして風を送るのは誰か。アッラーと共に他の神があるだろうか。アッラーは彼らが連ねるものを超越して、いと高くにおわす。

64 あるいは創造を始め、そののちそれを繰り返すのは、また諸天と大地から、あなたがたを養うのは誰か。アッラーと共に別の神があるだろうか。言いなさい。「もしあなたがたが真実を語っているのなら、その証拠を出しなさい」。

65 (ムハンマドよ、) 言いなさい。「アッラーの他に、諸天と大地の目には見えないものを知る者はいない。また彼らは、自分がいつよみがえらされるかも気づけない」。

66 いいや、彼らの知識は来世について十分といえるのか。いいや、彼らはそれを疑ってさえいる。いいや、彼らはそれについてほとんど見えてさえいない。

67 (真理を) 拒む者たちは言う。「私たちや私たちの先祖が塵になったとき、私たちは本当に (墓から)」連れ出されるのだろうか。

68 、私たちも私たちの先祖も以前からすでにこれを約束されていた。しかしこれは、大昔の人の伝説に過ぎない」。

69 (ムハンマドよ、) 言いなさい。「地上を旅し、そして見なさい、罪を犯した者の最後がどのようであったかを」。

70 あなたは彼らのために嘆くことはない。彼らの謀りごとのために悩むことはない。

71 彼らは言う。「もしあなたがたが真実を語っているのなら、その約束はいつ果たされるのか」。

72 言いなさい。「おそらく、あなたがたが急かすもののいくつかは、あなたがたのすぐ後ろにある」。

73 本当にあなたの主は、人々に対し御恵みゆたかである。しかし、彼らの多くは感謝しない。

74 本当にあなたの主は、彼らが胸にしまうものも、あらわすものも知っている。

75 諸天と大地の目には見えないもので、明白な書物の中に (記されてい) ないものは何もない。

76 本当にこのクルアーンは、イスラエルの民に対し、彼らのあいだで相争われていることの多くについて語るもの。

77 またそれは、信仰者のための導きともなり、慈悲ともなるもの。

78 あなたの主は、その知恵によって彼らのあいだを裁くだろう。もっとも威力ある御方。すべてを知る御方。

79 それゆえアッラーに委ねなさい。本当にあなたは、明白な真理の上にある。

80 本当にあなたは、死せる者に聞かせることはできない。また耳の聞こえない者が、背を向けて逃げ出そうとするとき、呼びかけを聞かせることはできない。

81 また目の見えない者を、その迷いから導くこともできない。あなたが聞かせることができるのは、ただわれらのしるしを信じる者たち、すなわち服従する者 (ムスリム) だけ。

82 彼らの上に御言葉が落とされるとき、われらは彼らのために大地から一頭のけものを生じ出させ(人々は、われらのしるしを確信せずにいた) と言わせる。

83 その日、われらはすべての共同体から、われらのしるしを嘘であるとしていた者たちの群れを集め、彼らは (それぞれに) 隊列を組まされる。

84 (裁きの場に) 彼らがやって来たとき、御方は告げるだろう。「知識では把握できずにいながら、われのしるしを嘘よばわりしていたのか。それともあなたがたは、何ごとかを行ってきたとでもいうのか」。

85 彼らの不正のために、御言葉が彼らの上に落とされる。彼らには、口をきくこともできない。

86 彼らは、われらが彼らのために、その中で憩えるようにと夜と、ものを見られるようにと昼を設けたのを見ないのか。本当にその中には、信じる民への御しるしがある。

87 喇叭が吹き鳴らされるその日 (について知らせなさい)。アッラーの御心にかなう者を除き、諸天と大地、にあるものすべてが恐怖し、それぞれ、その身を縮めてこの御方のところへ来る。

88 あなたは山々を見て、堅固なものと思っている。しかしそれが、雲が通り過ぎるように通り過ぎてゆく。それはありとあらゆるものを完成させるアッラーのみわざ、本当にかの御方は、あなたがたのすることを熟知している。

89 誰であれ善事をもってやって来た者には、それよりも良いものがある。彼らは、その日の恐怖から安全だろう。

90 誰であれ悪事をもってやって来た者は、その顔を業火の中に転がされるだろう。あなたがたは、行ってきたこと以外の何によって報われるというのか。

91 (ムハンマドよ、言いなさい。)「私は、この町を禁制とした主にのみ仕えるよう命じられている。ありとあらゆるものはこの御方に属する。私は、服従する者 (ムスリム) であれと命じられている。

92 また、クルアーンを読み聞かせるようにとも」。誰であれ導かれる者は、ただ自分自身のために導かれる。迷う者には、言いなさい。「私は、ひとりの警告者に過ぎない」。

93 言いなさい。「アッラーに称賛あれ。御方はあなたがたに、その御しるしを見せるだろう。そしてあなたがたも、それを認めることだろう。あなたの主は、あなたがたの行いに無頓着ではない」。

 

蟻 アン・ ナムルの解説と解釈

蟻(アン・ ナムル)の日本語訳と説明
 

☪︎ あの火から燃えがらをもって来よう

クルアーン第27章7節の説明と解説

ムーサーはエジプトを離れ、アカバ湾の東岸に位置するマドヤンに向かった。彼はそこで8年を過ごした。その後、妻とともにエジプトに向かった。その旅の途中、紅海に突き出た半島にある山のふもとにたどり着いた。この山は古くはトゥールと呼ばれ、現在はジェベル・ムーサーと呼ばれている。

それはおそらく冬の夜だった。ムーサーは、山の中腹に火のようなものを見た。彼はそこに向かった。しかし、近づいてみると、それは神の光であり、人間が灯した火ではなかった。

ムーサーが光を見た山の場所には古木がある。これは、ムーサーが神の声を聞いたまさにその木だと言われている。その後、キリスト教徒はこの場所に教会と修道院を建て、今日に至るまで巡礼の地となっている。

ここで強調されているのは、火の持つすばらしい性質と、霊的な光に触れることによってムーサーに起こった驚くべき変容についてである。その時、彼は家族と共にシナイの砂漠を旅している最中だった。普通の明かりを探し求めていたはずが、彼を神の至高の神秘へと導く光に遭遇したのである。彼の内面的な遍歴のすべてが、彼の偉大なる運命のための準備であったことは疑う余地もないことである。人間にとっては、この内面的な遍歴こそが重要なのであり、その人を取り巻く他者の目に映る立場や地位ではない。

☪︎ われらのしるしが目に見えて彼らにもたらされた

クルアーン第27章13節の説明と解説

ムーサーは燃える火種を得るために山に向かった。しかし、その山に到達したとき、彼は預言者としての地位を授けられるために召されたことを知った。全能の神は、神のしもべに特別な賜物を授けるとき、突然、不意に与えられる。そのため授けられた者は、その贈り物を神に直接帰することができ、神に対する最も深い感謝の念を抱くことができるのである。

ムーサーの共同体(イスラエルの子ら)は、信仰を持つ共同体ではあったが、衰退していた。また、ムーサーはフィルアウンのような暴君の王に、神のメッセージを宣べ伝えなければならなかった。そのため全能の神は、宣教の最初の段階で、彼に杖の奇跡を授けられた。この杖はモーセにとって不朽の神力であり、これによって、フィルアウンを驚かす9つの奇跡が、起こったのである。

それらの奇跡は、ムーサーの真実性を最終的に立証した。にもかかわらず、フィルアウンとその仲間たちは、彼を受け入れなかった。その理由は、彼らが罪を犯しやすいこと、偽りのプライドを持っていること、そして自分たちの自由を奪われたくなかったからである。さらに彼らは、ムーサーの説教を受け入れることは、自分たちの偉力を否定することになると知っていた。そして、自分の威厳を犠牲にしてまで真理を受け入れる者がいるだろうか?

☪︎ これこそ明白な御恵みである

クルアーン第27章16節の説明と解説

ダーウードはイスラエルの子孫の預言者であり王であった。その息子スライマーンが預言者そして王を継いだ。スライマーンの帝国はパレスチナからトランスヨルダンまで広がっていた。神は彼にさまざまな分野の知識を与えた。例えば、鳥の言葉を理解し調教してメッセージを伝達させたりする能力などである。スライマーンは同時代の人々に対して並外れた優れた能力を享受していた。この優越性は、彼の中に謙遜な気持ちを生み出していただけだった。彼が持っていたものは何でも、神からの直接の贈り物だと考えていた。

ここでいう「知識」とは、人生においてより高みへと導く知識、意思決定を行い、判断を下す際に示される「知恵」、そして人生において一人ひとりに与えられている使命を果たすための理解を促すような知識を意味している。彼らはいずれも人間に過ぎず、かつ神の預言者であった。彼らは共に、全く当然のこととして、自分たちの知識、知恵、そして能力を、あらゆる善なるものの唯一、真の源泉である神に帰した。

肝心なのは、スライマーンは父の王国のみならず、父の霊的な洞察力や預言者としての使命をも受け継いだという点である。これは必ずしも、父親から息子へと継承されるものではない。人間の発する言葉は、鳥や動物が有する、お互いに意思を疎通させ合う手段とは異なっている。しかし例えば渡り鳥の秩序だった飛行や、蟻やミツバチ、その他の生きものが自分たちの共同体を作り、規則正しく活動しているのを観察すれば、彼らには彼らのコミュニケーションが存在することは疑う余地もない。

スライマーン帝国の時代は紀元前965年から紀元前926年まで続いた。

☪︎ 正しいしもべのひとり

クルアーン第27章19節の説明と解説

スライマーンが祈りとして口にしているのは、大自然に対する彼自身の理解と称賛である。神の被造物の中でも、最もつつましく謙虚な者たちを偉大な神の祝福として受けとめる、彼の愛情に満ちた思いやりが表されてもいる。

スライマーンの軍隊には人間だけでなく、ジンや鳥もいた。あるとき、スライマーンの軍隊は蟻がたくさんいる谷を通り過ぎた。その時、スライマーンは蟻が互いに何を言っているのか理解した。

このような出来事は、普通の人間であれば自惚れや高慢さを生むのに十分だろう。しかし、スライマーンはこの件で感謝を体現するようになった。これこそ信心深く正しい人の道である。

☪︎ 彼女には、大いなる玉座があります

クルアーン第27章24節の説明と解説

サバアの女王(シバの女王。アラビアの伝統ではビルキースの名で呼ばれる)は、ー見したところイエメンの人物であると思われるが、アビシニアとも由縁があり、アビシニアの統治者であった可能性もある。イエメンはハバシャ族(アビシニアの語源といわれる)の生地である。イエメンの南岸とアビシニア北東部の海岸の間にあるのは、その距離わずか32キロメートルほどのバーブ・アル=マンディブ海峡である。紀元前11世紀から10世紀にかけては、アラビアからアビシニアへの侵略が頻繁に行われていた。

サバアは古代(紀元前1100年から紀元前115年)の豊かな共同体であった。彼らの国はマアリブ(イエメン)にあり、その壮大な遺跡が現存している。スライマーンの時代、この地域はシバ(ビルキース)と呼ばれる女王の支配下にあった。この地の人々は太陽を崇拝していた。サタンは彼らに、崇拝に値するのは最も目立つものだけだと教えた。太陽は目に見えるものの中で最も目立つものだったので、太陽だけが神とみなされ、崇拝されるのにふさわしいものだった。

スライマーンはヤツガシラという鳥を通して、サバアについての詳細な情報を得た。このヤツガシラはおそらくスライマーンの鳥の軍隊に属し、正規の訓練を受けていたのだろう。

スライマーンが統治していた40年間は、一般に紀元前992年から952年にかけてのこととされている。アラビア南部で発見された、前イスラーム時代の碑文に見られる、サバアとヒムヤルの両王国が用いていた文字は、アビシニアの言語であるエチオピア語に受け継がれていった。アビシニアには、『ケプラ・ナガスト(諸王の栄光の書)』という伝統的な歴史書があり、これはウォーリス・バッジによってエチオピア語から英語に翻訳されている(Oxford, 1932)。サバアの女王や、その一人息子でアビシニア王朝の創始者であるメネリク一世についての解説が記されている。

☪︎ 私は彼らに贈りものを送ろう

サバアの女王はこの問題を極めて現実的に捉えていた。もしスライマーンの力に抵抗すれば、敗北する可能性が高い。逆に、降伏すれば救われると考えたのだ。しかし、女王は、スライマーンが富を望んでいるのか、何か他の要求があるのかを知るために、最初の段階では、スライマーンに贈り物を送るという方法をとった。

☪︎ ジンの中から、イフリートが言った

ジンの種族は、二つのタイプに分けられる。(1)イフリートに分類されるジン。信仰を持たず、あらゆる神の法に背く反逆者(ただし一部の解釈者は、「イフリート」とはジンの中でも忠実な者を意味するとしている)。(2)より一般的な「煙なき焔」から創造された感覚的存在としてのジン。通常、人間の目には見えない。信仰を持ち、神の法に従う者もいれば、そうでない者もいる。

☪︎ 瞬きをする前にそれを持ってきましょう

クルアーン第27章40節の説明と解説

解釈者たちは、これを述べているのはスライマーンの宰相か、あるいは天使か、あるいはスライマーン自身のいずれかであろうと述べている。ここに登場する「啓典の知識」とは、神が彼に授けた知識を意味する。スライマーンはこの知識を用い、神の許しを得て、様々な物理的な力を意のままに操った。

マアリブからエルサレムまでの距離は約1500マイル。この長い距離を、スライマーンの口から命令の言葉が発せられるやいなや、宝石をちりばめた玉座が目の前に現れた。このような並外れた力があったにもかかわらず、彼の中に高慢な感情は生まれなかった。彼は謙虚さの体現者であり続け、神の前にひれ伏し続けた。

☪︎ これは硝子をなめらかに張った宮殿である

クルアーン第27章44節の説明と解説

サバアの女王は国を出発し、エルサレムに到着した。スライマーンに会いに来た女王は、彼女の玉座と宮殿で見た玉座が似ているかどうか尋ねられた。女王は、自分の玉座とそっくりなこの玉座を見て驚いたと答えた。女王がマアリブの宮殿で大切に保管していた玉座は、不思議なことに1,500マイルも旅をしてエルサレムにたどり着いたのだ。

スライマーンの宮殿に入ったサバアの女王は、床が厚く透明なガラスの板でできていて、その下に水が流れている部屋にたどり着いた。女王は床を水たまりと勘違いし、自分の衣服が濡れないように素早く引き上げた。それを見たスライマーンは、あれはただの床で水ではないと説明した。

このようにして、女王は、外見がいかに人の理解を惑わすかを悟らせられたのである。同じように、人間は太陽や月が目立つので崇拝し始めるが、本当の神はこれらの目に見える現象を超えたところにおられる。

サバアの女王はこれまで、その国の慣習に影響されて太陽を崇拝していた。しかし、スライマーンと一緒にいると、何を聞いても、何を見ても、神以外のものの威厳に関するすべての印象を彼女の心から完全に消し去った。その結果、彼女は多神教の宗教を捨て、一神教の宗教を心から受け入れた。

☪︎ あなたやあなたと共にいる者を凶兆とみなす

クルアーン第27章47節の説明と解説

ここで言及されているのは、神に仕える人サーリフに対して秘密裏に策略を練っていた9人の男たちの一件についてである。彼らは、サーリフの教えは自分たちに不幸をもたらすものと考えた。しかし彼らが「凶兆」と捉えたものは、神による正当な懲罰に他ならず、しかもその原因となるのは、自分たち自身の悪しき行いなのである。彼らの策略は頓挫した。そして悪に手を染めていた共同体全体もまた、滅ぼされた。

『あなたがたの凶兆はアッラーの御許にある』とは、あなたがたの占いの結果である「凶兆」については神が最もよく承知している。なぜならそうと定めたのは神自身だからである。という意味。

☪︎ 改め直すこともしない九人の者がいた

クルアーン第27章48節の説明と解説

この共同体には9人の大首長がいた。彼らは、自分たちの高い地位を維持するために、絶えず真理をないがしろにしていた。この種の試みは間違いなく、神の地上における最大の妨害である。

そしてついに、これらの首長たちはサーリフを殺そうとたくらんだ。しかし、彼らがサーリフに対する密かな計画に従って手段を講じる前に、神が彼らを捕らえた。あらゆる力をもってしても、彼らは完全に滅ぼされた。古代の町の荒れ果てた廃墟だけが、彼らの記念としてそこに残っている。

彼らは正義に背き、絶え間なくこれと争い、一向に考えを改めようとはしなかった。しかし彼らが正義を滅ぼすことはなかった。彼らの方が、正義によって滅ぼされたからである。

☪︎ あなたがたは本当に無知な民だ

クルアーン第27章55節の説明と解説

ルートの共同体は、性的快楽に溺れ、同性愛にまで手を染めていた。ルートは、彼らの良心をかき立てようとして言った『あなたがたには、物事を見分ける目と、善と悪とを区別する道徳的な感覚が与えられている!それなのに、どうして公然と恥知らずな行為にふけることができるのか』。

共同体はこれに対して何も答えることができず、預言者の言葉を否定することができなかった。だから、彼に対する暴力に訴えた。しかし、この段階に達すると、神の最終的な決定がこれ以上遅れることなく下される時が来る。そして彼らは火山の噴火によって滅ぼされた。ルートの妻もまた、不信心者の一人であったため、この運命から免れることはできなかった。神は個人をその人の行いに従って裁かれるのであって、誰かの親族であるとか、世俗的なつながりによって判断されるのではない。

歴史上の出来事を真剣に心に刻む者は、『いつの時代も人類の導きを整えてくださった神に心から感謝します!』と叫ぶだろう。そして、自分の人生を神に捧げ、すべての人に神の導きを与えるという使命を全うした人々に対する尊敬の念で心が満たされるだろう。

ここで強調されているのは、いわゆる「平原の町(ソドムやゴモラを指す慣用句である)」では、人々が自分でもそれが自分の本質とは相容れないものであることや、またその重大さを承知しつつも罪に耽っていた、という点である。これ以上は悪くなりようがない、という状態である。彼の妻は、明らかに信仰者ではなかった。以前から彼女が示していた、罪深き者たちへの同調が、彼女を運命づけることになる。彼女は悲惨な結末を迎えた。後に取り残され、親類縁者と共に破滅を分かち合うこととなった。

ここで言及されている「無知」とは、自らの身体的・道徳的な自然を恥辱にさらすことの重大性と罪深さが、どのように彼ら自身を滅ぼすことになるかについての、霊的な意味での「無知」である。結局、それは彼ら自身を損ねることになるのである。彼らの罪の不正さについて、彼らも自覚していたことは、先の節ですでに述べられている通りである。

☪︎ 選ばれたしもべたちの上に平安あれ

神の啓示は、光り、導き、そして慈悲であるとも説き明かされている。人は、神の啓示が与えられていることに感謝すべきである。また、神に選ばれ、神のメッセージを運んだ使徒たちの献身にも感謝すべきである。邪悪な者たちがそうしたように、彼らを排除したり、迫害したり、あるいは追放や殺害を企むのではなく、平安の挨拶を送るべきである。彼ら神に仕える人は、あらゆる苦難を経験し、通常の人生であれば味わえたはずの、あらゆる種類の恩恵も享楽も忘れて、ひたすら人々のために尽くしたのである。

☪︎ あなたがたを養うのは誰か

クルアーン第27章64節の説明と解説

人間の欲求は、宇宙のあらゆる要素が完璧に調和した結果として満たされる。全能の神以外の誰が、これほど大規模にすべての好都合な要素を組み立てることができるのか、と問わねばならない。

同じように、ある国家や民族が滅び、別の国家がその座を奪うこと、船が航行すること、現代では技術の進歩を利用して暗闇でも昼間でも飛行機が飛ぶこと、海から水蒸気が上がり、それが雨となって降り注ぐこと。無からの創造とその復活、人間のための大規模なあらゆる種類の供給、これらはすべて全能の神のはからいによるものである。

これはこの世のすべての出来事に当てはまる。ここで、一つの出来事を起こすためには、無数の要素を活動させる必要があり、それは全宇宙を支配する存在によってのみ可能なのである。神以外の誰かを崇拝と崇拝の中心に据えることは、なんと愚かなことだろう!

外側の世界を取り巻く自然について触れた後に、内なる意識へと注意が向けられる。その後で、社会的・集団的生活や、国と国との間の交渉や交易、農業、工業、そして公共の経済的福祉へと議論がつなげられてゆく。次の節では創造について、その原初の段階から現世というプロセスを経て迎える来世という最終的な運命、新たな創造、新たな天地について熟考するよう求められる。

「創造を始め、そののちそれを繰り返す」。これは地上における人間の人生と、その身体的な死の後にある復活について、そして自然界のすべてに現れる、この世における誕生と死と再生のサイクルに関連している。糧、滋養、扶持といった意味の「リズク」という語は、ここでは身体的および精神的な意味合いが与えられている。「諸天と大地から」と告げられている通りである。

☪︎ 彼らのために嘆くことはない

クルアーン第27章70節の説明と解説

『彼らのために嘆くことはない』という言葉は、預言者が悲しむのをやめさせるためのものではない。真理は無力であるという印象を覆すことを意味している。不利な条件にもかかわらず、真理とその支持者は最終的に成功を収めるという意味である。

真理の伝道者の敵が彼に反論するとき、彼らは人間を相手にしていると思っている。それが神ご自身に敵対することに等しく、単に普通の人間に敵対しているのではないことを、彼らは理解していない。このような敵の一時的な成功は、人間の試練の期間が終わるまで続くだけである。この期間が終わるやいなや、神が現れ、反対者はすべて忽然と消え去る。試練期間中の一時的な猶予を、無条件かつ無制限の自由と勘違し、傲慢にふけることほど愚かなことはない。

真理を拒む人々は言うだろう。「未来のことなど、どうして心配するのだろう? その時が来たら、その時に考えればいいことではないか」。しかし、それは誤りである。審判の日は確実に訪れる。そして今過ごしているこの時こそ、各自が与えられている運命の時そのものかもしれないのである。悔い改め、行いを正すのに早すぎるということは決してない。人間がどれほど忘恩であろうとも、神はすべての人々の幸福を願っているのである。

☪︎ 目の見えない者を、その迷いから導くこともできない

クルアーン第27章81節の説明と解説

人間は、見たり聞いたり考えたりする能力に恵まれた生き物である。これらの能力を心を開いて活用すれば、現実はきわめて明瞭に見え、理解することができる。しかし、もし人間が誤った状況下に置かれていれば、真理が明かされて目の前に現れても、あたかも盲目で聾唖者であるかのように、それに気づかないままであろう。この世界では、人は正しい道に導かれる。正しい道を見つけたいという強い願望を持たない者には、どんな導きも何の役にも立たない。

真理の探求者になるために、人間に最も必要な資質は、受容の資質である。この世界では、主張によって確立されたものを容易に受け入れ、それに心から従う資質を持つ人間だけが、導きを受けることができる。

神の呼びかけに答えない者は、最終的に神の判決の前にひれ伏さなければならないが、試練の時が終わったときにひれ伏したところで、誰のためにもならない。

☪︎ 一頭のけものを生じ出させ

あらかじめ約束されていた懲罰や報復が降りかかるとき、神は地中から一頭の獣をその前兆として遣わすという。その獣は懲罰の対象となる者に、語りかけることもあれば、傷を負わせることもある。この「獣」という語に関する解釈者たちの説は、実に多種多様である。おそらく異形の生きものであろう、とする者もあれば、巨大な家禽や昆虫ではないかとする者、あるいは地上での生を終えて埋葬された死者が、生者に対する警告として、神と信仰の諸問題について語りかけるとする説を述べる者もある。

☪︎ 喇叭が吹き鳴らされるその日

クルアーン第27章87節の説明と解説

大天使イスラーフィールがラッパを吹くとき、その第一声はそれまでの生に終わりを告げるため、続く第二声で死者が復活することになる、といわれている。一部の解釈者は、ラッパの第二の轟音は、終末の日に人々が復活することの暗示として示されているのであり、実際に轟音が鳴り響くわけではないとしている。また他の解釈者は、ラッパは「魂」を意味しており、ラッパを「吹く」とは、死者に「魂」を吹き込むことを表しているという。

現在の世界において、真理を否定する本当の理由は、神への畏れの欠如である。人間が真理を無視し、傲慢な態度をとるのは、この無畏の精神によるものである。しかし、試練の期間が終わり、そのしるしとして審判の日のラッパが吹かれると、人々は突然、自分たちの畏れのなさが、単に無知に基づくものであったことを知るようになる。その日、すべての権威は砂の壁のように洗い流される。人間だけでなく、山さえも崩れ落ちるような恐ろしい瞬間となるだろう。

その時、この世で重要視されていたものはすべて、重要でなくなる。その日には、正しい行いだけが重みを持つ。その日、”敗者 “は “成功者 “となり、この世で “成功した者 “は永遠に窮乏に直面することになる。

☪︎ ありとあらゆるものを完成させるアッラーのみわざ

神の芸術性については、どれほど賛美してもし尽くせるものではない。世界の現在とその未来、また存在するものはすべて神の計画の中にあり、どの出来事、どの事物にも明確な目的が存在する。神は人間である私たちが何ものであるかも、何を行い、何を考え、また何を必要としているかも完全に熟知している。

☪︎ この町を禁制とした主に

クルアーン第27章91節の説明と解説

ここで「この町」(マッカ)に言及しているのは、クルアーンの最初の対象者(マッカのクライシュ)に関連している。しかし間接的には、この節は全人類に、正しい道はただ一つであり、それは唯一の神の崇拝者になることであるという永遠の現実を思い起こさせている。

他者に語りかけること、すなわち真理の呼びかけを行うことは、説教者の義務である。説教者のこの呼びかけには、一見何の力もないように見えるが、聞く者は神の力を見なければならない。その能力を証明する者は、神の永遠の恩恵に値する者として扱われるであろう。

 

『ノアのはこぶね』本をチェック⇒


 
 

THE ANT (an-Naml)【英語訳】

英語訳クルアーン第27章
  

英語 アン・ ナムル ☟
In the name of God the Gracious, the Merciful.
1 Ta, Seen. These are the Signs of the Quran – a book that makes things clear.

2 Guidance and good news for the believers.

3 Those who observe the prayers, and give charity regularly, and are certain of the Hereafter.

4 As for those who do not believe in the Hereafter: We made their deeds appear good to them, so they wander aimlessly.

5 It is they who will receive the grievous punishment, and in the Hereafter, will be the greatest losers.

6 You are receiving the Quran from an All-Wise, All-Knowing.

7 When Moses said to his family, “I have glimpsed a fire. I will bring you some news from it; or bring you a firebrand, that you may warm yourselves.”

8 Then, when he reached it, he was called: “Blessed is He who is within the fire, and He who is around it, and glorified be God, Lord of the Worlds.

9 O Moses, it is I, God, the Almighty, the Wise.

10 Throw down your staff.” But when he saw it quivering, as though it were a demon, he turned around not looking back. “O Moses, do not fear; the messengers do not fear in My presence.

11 But whoever has done wrong, and then substituted goodness in place of evil. I am Forgiving and Merciful.

12 Put your hand inside your pocket, and it will come out white, without blemish – among nine miracles to Pharaoh and his people, for they are immoral people.”

13 Yet when Our enlightening signs came to them, they said, “This is obvious witchcraft.”

14 And they rejected them, although their souls were certain of them, out of wickedness and pride. So see how the outcome was for the mischief-makers.

15 And We gave David and Solomon knowledge. They said, “Praise God, who has favored us over many of His believing servants.”

16 And Solomon succeeded David. He said, “O people, we were taught the language of birds, and we were given from everything. This is indeed a real blessing.”

17 To the service of Solomon were mobilized his troops of sprites, and men, and birds – all held in strict order.

18 Until, when they came upon the Valley of Ants, an ant said, “O ants! Go into your nests, lest Solomon and his troops crush you, without noticing.”

19 He smiled and laughed at her words, and said, “My Lord, direct me to be thankful for the blessings you have bestowed upon me and upon my parents, and to do good works that please You. And admit me, by Your grace, into the company of Your virtuous servants.”

20 Then he inspected the birds, and said, “Why do I not see the hoopoe? Or is he among the absentees?

21 I will punish him most severely, or slay him, unless he gives me a valid excuse.”

22 But he did not stay for long. He said, “I have learnt something you did not know. I have come to you from Sheba, with reliable information.

23 I found a woman ruling over them, and she was given of everything, and she has a magnificent throne.

24 I found her and her people worshiping the sun, instead of God. Satan made their conduct appear good to them, and diverted them from the path, so they are not guided.

25 If only they would worship God, who brings to light the mysteries of the heavens and the earth, and knows what you conceal and what you reveal.

26 God – There is no god but He, the Lord of the Sublime Throne.”

27 He said, “We will see, whether you have spoken the truth, or whether you are a liar.

28 Go with this letter of mine, and deliver it to them; then withdraw from them, and see how they respond.”

29 She said, “O Counselors, a gracious letter was delivered to me.

30 It is from Solomon, and it is, ‘In the Name of God, the Gracious, the Merciful.

31 Do not defy me, and come to me submissively.’”

32 She said, “O Counselors, advise me in this matter of mine. I never make a decision unless you are present.”

33 They said, “We are people of might and great courage, but the decision is yours, so consider what you wish to command.”

34 She said, “When kings enter a city, they devastate it, and subjugate its dignified people. Thus they always do.

35 I am sending them a gift, and will see what the envoys bring back.”

36 When he came to Solomon, he said, “Are you supplying me with money? What God has given me is better than what He has given you. It is you who delight in your gift.

37 Go back to them. We will come upon them with troops they cannot resist, and we will expel them from there, disgraced and humiliated.”

38 He said, “O notables, which one of you will bring me her throne before they come to me in submission?”

39 An imp of the sprites said, “I will bring it to you before you rise from your seat. I am strong and reliable enough to do it.”

40 He who had knowledge from the Book said, “I will bring it to you before your glance returns to you.” And when he saw it settled before him, he said, “This is from the grace of my Lord, to test me, whether I am grateful or ungrateful. He who is grateful, his gratitude is to his own credit; but he who is ungrateful – my Lord is Independent and Generous.”

41 He said, “Disguise her throne for her, and we shall see whether she will be guided, or remains one of the misguided.

42 When she arrived, it was said, “Is your throne like this?” She said, “As if this is it.” “We were given knowledge before her, and we were submissive.”

43 But she was prevented by what she worshiped besides God; she belonged to a disbelieving people.

44 It was said to her, “Go inside the palace.” And when she saw it, she thought it was a deep pond, and she bared her legs. He said, “It is a palace paved with glass.” She said, “My Lord, I have done wrong to myself, and I have submitted with Solomon, to God, Lord of the Worlds.”

45 And We sent to Thamood their brother Saleh: “Worship God.” But they became two disputing factions.

46 He said, “O my people, why are you quick to do evil rather than good? If only you would seek God’s forgiveness, so that you may be shown mercy.”

47 They said, “We consider you an ill omen, and those with you.” He said, “Your omen is with God. In fact, you are a people being tested.”

48 In the city was a gang of nine who made mischief in the land and did no good.

49 They said, “Swear by God to one another that we will attack him and his family by night, and then tell his guardian, ‘We did not witness the murder of his family, and we are being truthful.’“

50 They planned a plan, and We planned a plan, but they did not notice.

51 So note the outcome of their planning; We destroyed them and their people, altogether.

52 Here are their homes, in ruins, on account of their iniquities. Surely in this is a sign for people who know.

53 And We saved those who believed and were pious.

54 And Lot, when he said to his people, “Do you commit lewdness with open eyes?

55 Do you lust after men instead of women? You are truly ignorant people.”

56 But the only response of his people was to say, “Expel the family of Lot from your town. They are purist people.”

57 So We saved him and his family, except for his wife, whom We destined to be among the laggards.

58 And We rained upon them a rain. Miserable was the rain of those forewarned.

59 Say, “Praise God, and peace be upon is servants whom He has selected. Is God better, or what they associate?”

60 Or, who created the heavens and the earth, and rains down water from the sky for you? With it We produce gardens full of beauty, whose trees you could not have produced. Is there another god with God? But they are a people who equate.

61 Or, who made the earth habitable, and made rivers flow through it, and set mountains on it, and placed a partition between the two seas? Is there another god with God? But most of them do not know.

62 Or, who answers the one in need when he prays to Him, and relieves adversity, and makes you successors on earth? Is there another god with God? How hardly you pay attention.

63 Or, who guides you through the darkness of land and sea, and who sends the winds as heralds of His mercy? Is there another god with God? Most exalted is God, above what they associate.

64 Or, who originates the creation and then repeats it, and who gives you livelihood from the sky and the earth? Is there another god with God? Say, “Produce your evidence, if you are truthful.”

65 Say, “No one in the heavens or on earth knows the future except God; and they do not perceive when they will be resurrected.”

66 In fact, their knowledge of the Hereafter is confused. In fact, they are in doubt about it. In fact, they are blind to it.

67 Those who disbelieve say, “When we have become dust, and our ancestors, shall we be brought out?

68 We were promised that before, we and our ancestors – these are nothing but legends of the ancients.”

69 Say, travel through the earth, and observe the fate of the guilty.”

70 But do not grieve over them, and do not be troubled by what they plot.

71 And they say, “When is this promise, if you are truthful?”

72 Say, “Perhaps some of what you are impatient for has drawn near.”

73 Your Lord is gracious towards humanity, but most of them are not thankful.

74 And your Lord knows what their hearts conceal, and what they reveal.

75 There is no mystery in the heaven and the earth, but it is in a Clear Book.

76 This Quran relates to the Children of Israel most of what they differ about.

77 And it is guidance and mercy for the believers.

78 Your Lord will judge between them by His wisdom. He is the Almighty, the All-Knowing.

79 So rely on God. You are upon the clear truth.

80 You cannot make the dead hear, nor can you make the deaf hear the call if they turn their backs and flee.

81 Nor can you guide the blind out of their straying. You can make no one listen, except those who believe in Our verses; for they are Muslims.

82 And when the Word has fallen on them, We will bring out for them from the earth a creature which will say to them that the people are uncertain of Our revelations.

83 On the Day when We gather from every community a group of those who rejected Our revelations; and they will be restrained.

84 Until, when they arrive, He will say, “Did you reject My revelations without comprehending them? Or what is it you were doing?”

85 The Word will come down upon them for their wrongdoing, and they will not speak.

86 Do they not see that We made the night for them to rest therein, and the day for visibility? Surely in that are signs for people who believe.

87 On the Day when the Trumpet is blown, everyone in the heavens and the earth will be horrified, except whomever God wills; and everyone will come before Him in humility.

88 And you see the mountains, and imagine them fixed, yet they pass, as the passing of the clouds – the making of God, who has perfected everything. He is fully Informed of what you do.

89 Whoever brings a virtue will receive better than it – and they will be safe from the horrors of that Day.

90 But whoever brings evil – their faces will be tumbled into the Fire. Will you be rewarded except for what you used to do?

91 “I was commanded to worship the Lord of this town, who has sanctified it, and to Whom everything belongs; and I was commanded to be of those who submit.

92 And to recite the Quran.” Whoever is guided – is guided to his own advantage. And whoever goes astray, then say, “I am one of the warners.”

93 And say, “Praise belongs to God; He will show you His signs, and you will recognize them. Your Lord is not heedless of what you do.”

 

関連記事詩人たち 📖 アッ=シュアラーゥ (シュアーラーゥ)【第26章】クルアーン~ムーサーが棒を蛇に変える
関連記事物語 📖 アル=カサス【第28章】クルアーン~真実の知識はこの世で最も価値のあるもの

 

参考図書: