詩人たち 📖 アッ=シュアラーゥ (シュアーラーゥ)【第26章】クルアーン~ムーサーが棒を蛇に変える

詩人たち(クルアーン第26章)アッ・シュアラーゥ
【コーラン】アラビア語☪日本語☪英語☪解釈☪音声 【コーラン】アラビア語☪日本語☪英語☪解釈☪音声

アッ・シュアラーゥ(アラビア語: الشعراء, ‘ash-shu’arā’; 詩人たち)は、クルアーンの第26章で、227節から成る。節の多くはとても短い。章題は224節で詩人と預言者の違いが簡潔に指摘されていることにちなんでつけられている。詩人とは、実際には行動を伴わない者を指す。イスラーム以前のアラブやその詩人たちの間では、詩人に天啓を与えるのはジンのしわざであると信じられていた。また、マディーナで啓示された224節から227節を除き、マッカ時代中期の啓示である。節数からすると、マッカ啓示で最も長いものでもある。

本章では、迫害の憂き目にあっていた信仰者たちに対するなぐさめとして、過去の預言者たちの物語の数々が語られている。神の使徒が迫害されるのは今に始まったことではないこと、また最後には必ず迫害する者が懲らしめを受けることが確証される。また、神の使徒たちはみな同じメッセージを携えて到来したことが示される。さらに、神(アッラー)の慈悲についても語られている。この章はムーサーの物語から始まり、イブラーヒームの物語が続く。

 

26. THE POETS (ash-Shu’ara’)

スポンサーリンク

الشعراء【アラビア語】

アラビア語クルアーン第26章

アラビア語 アッ=シュアラーゥ ☟

بِسْمِ اللَّهِ الرَّحْمَٰنِ الرَّحِيمِ

١ طسم

٢ تِلْكَ آيَاتُ الْكِتَابِ الْمُبِينِ

٣ لَعَلَّكَ بَاخِعٌ نَفْسَكَ أَلَّا يَكُونُوا مُؤْمِنِينَ

٤ إِنْ نَشَأْ نُنَزِّلْ عَلَيْهِمْ مِنَ السَّمَاءِ آيَةً فَظَلَّتْ أَعْنَاقُهُمْ لَهَا خَاضِعِينَ

٥ وَمَا يَأْتِيهِمْ مِنْ ذِكْرٍ مِنَ الرَّحْمَٰنِ مُحْدَثٍ إِلَّا كَانُوا عَنْهُ مُعْرِضِينَ

٦ فَقَدْ كَذَّبُوا فَسَيَأْتِيهِمْ أَنْبَاءُ مَا كَانُوا بِهِ يَسْتَهْزِئُونَ

٧ أَوَلَمْ يَرَوْا إِلَى الْأَرْضِ كَمْ أَنْبَتْنَا فِيهَا مِنْ كُلِّ زَوْجٍ كَرِيمٍ

٨ إِنَّ فِي ذَٰلِكَ لَآيَةً ۖ وَمَا كَانَ أَكْثَرُهُمْ مُؤْمِنِينَ

٩ وَإِنَّ رَبَّكَ لَهُوَ الْعَزِيزُ الرَّحِيمُ

١٠ وَإِذْ نَادَىٰ رَبُّكَ مُوسَىٰ أَنِ ائْتِ الْقَوْمَ الظَّالِمِينَ

١١ قَوْمَ فِرْعَوْنَ ۚ أَلَا يَتَّقُونَ

١٢ قَالَ رَبِّ إِنِّي أَخَافُ أَنْ يُكَذِّبُونِ

١٣ وَيَضِيقُ صَدْرِي وَلَا يَنْطَلِقُ لِسَانِي فَأَرْسِلْ إِلَىٰ هَارُونَ

١٤ وَلَهُمْ عَلَيَّ ذَنْبٌ فَأَخَافُ أَنْ يَقْتُلُونِ

١٥ قَالَ كَلَّا ۖ فَاذْهَبَا بِآيَاتِنَا ۖ إِنَّا مَعَكُمْ مُسْتَمِعُونَ

١٦ فَأْتِيَا فِرْعَوْنَ فَقُولَا إِنَّا رَسُولُ رَبِّ الْعَالَمِينَ

١٧ أَنْ أَرْسِلْ مَعَنَا بَنِي إِسْرَائِيلَ

١٨ قَالَ أَلَمْ نُرَبِّكَ فِينَا وَلِيدًا وَلَبِثْتَ فِينَا مِنْ عُمُرِكَ سِنِينَ

١٩ وَفَعَلْتَ فَعْلَتَكَ الَّتِي فَعَلْتَ وَأَنْتَ مِنَ الْكَافِرِينَ

٢٠ قَالَ فَعَلْتُهَا إِذًا وَأَنَا مِنَ الضَّالِّينَ

٢١ فَفَرَرْتُ مِنْكُمْ لَمَّا خِفْتُكُمْ فَوَهَبَ لِي رَبِّي حُكْمًا وَجَعَلَنِي مِنَ الْمُرْسَلِينَ

٢٢ وَتِلْكَ نِعْمَةٌ تَمُنُّهَا عَلَيَّ أَنْ عَبَّدْتَ بَنِي إِسْرَائِيلَ

٢٣ قَالَ فِرْعَوْنُ وَمَا رَبُّ الْعَالَمِينَ

٢٤ قَالَ رَبُّ السَّمَاوَاتِ وَالْأَرْضِ وَمَا بَيْنَهُمَا ۖ إِنْ كُنْتُمْ مُوقِنِينَ

٢٥ قَالَ لِمَنْ حَوْلَهُ أَلَا تَسْتَمِعُونَ

٢٦ قَالَ رَبُّكُمْ وَرَبُّ آبَائِكُمُ الْأَوَّلِينَ

٢٧ قَالَ إِنَّ رَسُولَكُمُ الَّذِي أُرْسِلَ إِلَيْكُمْ لَمَجْنُونٌ

٢٨ قَالَ رَبُّ الْمَشْرِقِ وَالْمَغْرِبِ وَمَا بَيْنَهُمَا ۖ إِنْ كُنْتُمْ تَعْقِلُونَ

٢٩ قَالَ لَئِنِ اتَّخَذْتَ إِلَٰهًا غَيْرِي لَأَجْعَلَنَّكَ مِنَ الْمَسْجُونِينَ

٣٠ قَالَ أَوَلَوْ جِئْتُكَ بِشَيْءٍ مُبِينٍ

٣١ قَالَ فَأْتِ بِهِ إِنْ كُنْتَ مِنَ الصَّادِقِينَ

٣٢ فَأَلْقَىٰ عَصَاهُ فَإِذَا هِيَ ثُعْبَانٌ مُبِينٌ

٣٣ وَنَزَعَ يَدَهُ فَإِذَا هِيَ بَيْضَاءُ لِلنَّاظِرِينَ

٣٤ قَالَ لِلْمَلَإِ حَوْلَهُ إِنَّ هَٰذَا لَسَاحِرٌ عَلِيمٌ

٣٥ يُرِيدُ أَنْ يُخْرِجَكُمْ مِنْ أَرْضِكُمْ بِسِحْرِهِ فَمَاذَا تَأْمُرُونَ

٣٦ قَالُوا أَرْجِهْ وَأَخَاهُ وَابْعَثْ فِي الْمَدَائِنِ حَاشِرِينَ

٣٧ يَأْتُوكَ بِكُلِّ سَحَّارٍ عَلِيمٍ

٣٨ فَجُمِعَ السَّحَرَةُ لِمِيقَاتِ يَوْمٍ مَعْلُومٍ

٣٩ وَقِيلَ لِلنَّاسِ هَلْ أَنْتُمْ مُجْتَمِعُونَ

٤٠ لَعَلَّنَا نَتَّبِعُ السَّحَرَةَ إِنْ كَانُوا هُمُ الْغَالِبِينَ

٤١ فَلَمَّا جَاءَ السَّحَرَةُ قَالُوا لِفِرْعَوْنَ أَئِنَّ لَنَا لَأَجْرًا إِنْ كُنَّا نَحْنُ الْغَالِبِينَ

٤٢ قَالَ نَعَمْ وَإِنَّكُمْ إِذًا لَمِنَ الْمُقَرَّبِينَ

٤٣ قَالَ لَهُمْ مُوسَىٰ أَلْقُوا مَا أَنْتُمْ مُلْقُونَ

٤٤ فَأَلْقَوْا حِبَالَهُمْ وَعِصِيَّهُمْ وَقَالُوا بِعِزَّةِ فِرْعَوْنَ إِنَّا لَنَحْنُ الْغَالِبُونَ

٤٥ فَأَلْقَىٰ مُوسَىٰ عَصَاهُ فَإِذَا هِيَ تَلْقَفُ مَا يَأْفِكُونَ

٤٦ فَأُلْقِيَ السَّحَرَةُ سَاجِدِينَ

٤٧ قَالُوا آمَنَّا بِرَبِّ الْعَالَمِينَ

٤٨ رَبِّ مُوسَىٰ وَهَارُونَ

٤٩ قَالَ آمَنْتُمْ لَهُ قَبْلَ أَنْ آذَنَ لَكُمْ ۖ إِنَّهُ لَكَبِيرُكُمُ الَّذِي عَلَّمَكُمُ السِّحْرَ فَلَسَوْفَ تَعْلَمُونَ ۚ لَأُقَطِّعَنَّ أَيْدِيَكُمْ وَأَرْجُلَكُمْ مِنْ خِلَافٍ وَلَأُصَلِّبَنَّكُمْ أَجْمَعِينَ

٥٠ قَالُوا لَا ضَيْرَ ۖ إِنَّا إِلَىٰ رَبِّنَا مُنْقَلِبُونَ

٥١ إِنَّا نَطْمَعُ أَنْ يَغْفِرَ لَنَا رَبُّنَا خَطَايَانَا أَنْ كُنَّا أَوَّلَ الْمُؤْمِنِينَ

٥٢ وَأَوْحَيْنَا إِلَىٰ مُوسَىٰ أَنْ أَسْرِ بِعِبَادِي إِنَّكُمْ مُتَّبَعُونَ

٥٣ فَأَرْسَلَ فِرْعَوْنُ فِي الْمَدَائِنِ حَاشِرِينَ

٥٤ إِنَّ هَٰؤُلَاءِ لَشِرْذِمَةٌ قَلِيلُونَ

٥٥ وَإِنَّهُمْ لَنَا لَغَائِظُونَ

٥٦ وَإِنَّا لَجَمِيعٌ حَاذِرُونَ

٥٧ فَأَخْرَجْنَاهُمْ مِنْ جَنَّاتٍ وَعُيُونٍ

٥٨ وَكُنُوزٍ وَمَقَامٍ كَرِيمٍ

٥٩ كَذَٰلِكَ وَأَوْرَثْنَاهَا بَنِي إِسْرَائِيلَ

٦٠ فَأَتْبَعُوهُمْ مُشْرِقِينَ

٦١ فَلَمَّا تَرَاءَى الْجَمْعَانِ قَالَ أَصْحَابُ مُوسَىٰ إِنَّا لَمُدْرَكُونَ

٦٢ قَالَ كَلَّا ۖ إِنَّ مَعِيَ رَبِّي سَيَهْدِينِ

٦٣ فَأَوْحَيْنَا إِلَىٰ مُوسَىٰ أَنِ اضْرِبْ بِعَصَاكَ الْبَحْرَ ۖ فَانْفَلَقَ فَكَانَ كُلُّ فِرْقٍ كَالطَّوْدِ الْعَظِيمِ

٦٤ وَأَزْلَفْنَا ثَمَّ الْآخَرِينَ

٦٥ وَأَنْجَيْنَا مُوسَىٰ وَمَنْ مَعَهُ أَجْمَعِينَ

٦٦ ثُمَّ أَغْرَقْنَا الْآخَرِينَ

٦٧ إِنَّ فِي ذَٰلِكَ لَآيَةً ۖ وَمَا كَانَ أَكْثَرُهُمْ مُؤْمِنِينَ

٦٨ وَإِنَّ رَبَّكَ لَهُوَ الْعَزِيزُ الرَّحِيمُ

٦٩ وَاتْلُ عَلَيْهِمْ نَبَأَ إِبْرَاهِيمَ

٧٠ إِذْ قَالَ لِأَبِيهِ وَقَوْمِهِ مَا تَعْبُدُون

٧١ قَالُوا نَعْبُدُ أَصْنَامًا فَنَظَلُّ لَهَا عَاكِفِينَ

٧٢ قَالَ هَلْ يَسْمَعُونَكُمْ إِذْ تَدْعُونَ

٧٣ أَوْ يَنْفَعُونَكُمْ أَوْ يَضُرُّونَ

٧٤ قَالُوا بَلْ وَجَدْنَا آبَاءَنَا كَذَٰلِكَ يَفْعَلُونَ

٧٥ قَالَ أَفَرَأَيْتُمْ مَا كُنْتُمْ تَعْبُدُونَ

٧٦ أَنْتُمْ وَآبَاؤُكُمُ الْأَقْدَمُونَ

٧٧ فَإِنَّهُمْ عَدُوٌّ لِي إِلَّا رَبَّ الْعَالَمِينَ

٧٨ الَّذِي خَلَقَنِي فَهُوَ يَهْدِينِ

٧٩ وَالَّذِي هُوَ يُطْعِمُنِي وَيَسْقِينِ

٨٠ وَإِذَا مَرِضْتُ فَهُوَ يَشْفِينِ

٨١ وَالَّذِي يُمِيتُنِي ثُمَّ يُحْيِينِ

٨٢ وَالَّذِي أَطْمَعُ أَنْ يَغْفِرَ لِي خَطِيئَتِي يَوْمَ الدِّينِ

٨٣ رَبِّ هَبْ لِي حُكْمًا وَأَلْحِقْنِي بِالصَّالِحِينَ

٨٤ وَاجْعَلْ لِي لِسَانَ صِدْقٍ فِي الْآخِرِينَ

٨٥ وَاجْعَلْنِي مِنْ وَرَثَةِ جَنَّةِ النَّعِيمِ

٨٦ وَاغْفِرْ لِأَبِي إِنَّهُ كَانَ مِنَ الضَّالِّينَ

٨٧ وَلَا تُخْزِنِي يَوْمَ يُبْعَثُونَ

٨٨ يَوْمَ لَا يَنْفَعُ مَالٌ وَلَا بَنُونَ

٨٩ إِلَّا مَنْ أَتَى اللَّهَ بِقَلْبٍ سَلِيمٍ

٩٠ وَأُزْلِفَتِ الْجَنَّةُ لِلْمُتَّقِينَ

٩١ وَبُرِّزَتِ الْجَحِيمُ لِلْغَاوِينَ

٩٢ وَقِيلَ لَهُمْ أَيْنَ مَا كُنْتُمْ تَعْبُدُونَ

٩٣ مِنْ دُونِ اللَّهِ هَلْ يَنْصُرُونَكُمْ أَوْ يَنْتَصِرُونَ

٩٤ فَكُبْكِبُوا فِيهَا هُمْ وَالْغَاوُونَ

٩٥ وَجُنُودُ إِبْلِيسَ أَجْمَعُونَ

٩٦ قَالُوا وَهُمْ فِيهَا يَخْتَصِمُونَ

٩٧ تَاللَّهِ إِنْ كُنَّا لَفِي ضَلَالٍ مُبِينٍ

٩٨ إِذْ نُسَوِّيكُمْ بِرَبِّ الْعَالَمِينَ

٩٩ وَمَا أَضَلَّنَا إِلَّا الْمُجْرِمُونَ

١٠٠ فَمَا لَنَا مِنْ شَافِعِينَ

١٠١ وَلَا صَدِيقٍ حَمِيمٍ

١٠٢ فَلَوْ أَنَّ لَنَا كَرَّةً فَنَكُونَ مِنَ الْمُؤْمِنِينَ

١٠٣ إِنَّ فِي ذَٰلِكَ لَآيَةً ۖ وَمَا كَانَ أَكْثَرُهُمْ مُؤْمِنِينَ

١٠٤ وَإِنَّ رَبَّكَ لَهُوَ الْعَزِيزُ الرَّحِيمُ

١٠٥ كَذَّبَتْ قَوْمُ نُوحٍ الْمُرْسَلِينَ

١٠٦ إِذْ قَالَ لَهُمْ أَخُوهُمْ نُوحٌ أَلَا تَتَّقُونَ

١٠٧ إِنِّي لَكُمْ رَسُولٌ أَمِينٌ

١٠٨ فَاتَّقُوا اللَّهَ وَأَطِيعُونِ

١٠٩ وَمَا أَسْأَلُكُمْ عَلَيْهِ مِنْ أَجْرٍ ۖ إِنْ أَجْرِيَ إِلَّا عَلَىٰ رَبِّ الْعَالَمِينَ

١١٠ فَاتَّقُوا اللَّهَ وَأَطِيعُونِ

١١١ قَالُوا أَنُؤْمِنُ لَكَ وَاتَّبَعَكَ الْأَرْذَلُونَ

١١٢ قَالَ وَمَا عِلْمِي بِمَا كَانُوا يَعْمَلُونَ

١١٣ إِنْ حِسَابُهُمْ إِلَّا عَلَىٰ رَبِّي ۖ لَوْ تَشْعُرُونَ

١١٤ وَمَا أَنَا بِطَارِدِ الْمُؤْمِنِينَ

١١٥ إِنْ أَنَا إِلَّا نَذِيرٌ مُبِينٌ

١١٦ قَالُوا لَئِنْ لَمْ تَنْتَهِ يَا نُوحُ لَتَكُونَنَّ مِنَ الْمَرْجُومِينَ

١١٧ قَالَ رَبِّ إِنَّ قَوْمِي كَذَّبُونِ

١١٨ فَافْتَحْ بَيْنِي وَبَيْنَهُمْ فَتْحًا وَنَجِّنِي وَمَنْ مَعِيَ مِنَ الْمُؤْمِنِينَ

١١٩ فَأَنْجَيْنَاهُ وَمَنْ مَعَهُ فِي الْفُلْكِ الْمَشْحُونِ

١٢٠ ثُمَّ أَغْرَقْنَا بَعْدُ الْبَاقِينَ

١٢١ إِنَّ فِي ذَٰلِكَ لَآيَةً ۖ وَمَا كَانَ أَكْثَرُهُمْ مُؤْمِنِينَ

١٢٢ وَإِنَّ رَبَّكَ لَهُوَ الْعَزِيزُ الرَّحِيمُ

١٢٣ كَذَّبَتْ عَادٌ الْمُرْسَلِينَ

١٢٤ إِذْ قَالَ لَهُمْ أَخُوهُمْ هُودٌ أَلَا تَتَّقُونَ

١٢٥ إِنِّي لَكُمْ رَسُولٌ أَمِينٌ

١٢٦ فَاتَّقُوا اللَّهَ وَأَطِيعُونِ

١٢٧ وَمَا أَسْأَلُكُمْ عَلَيْهِ مِنْ أَجْرٍ ۖ إِنْ أَجْرِيَ إِلَّا عَلَىٰ رَبِّ الْعَالَمِينَ

١٢٨ أَتَبْنُونَ بِكُلِّ رِيعٍ آيَةً تَعْبَثُونَ

١٢٩ وَتَتَّخِذُونَ مَصَانِعَ لَعَلَّكُمْ تَخْلُدُونَ

١٣٠ وَإِذَا بَطَشْتُمْ بَطَشْتُمْ جَبَّارِينَ

١٣١ فَاتَّقُوا اللَّهَ وَأَطِيعُونِ

١٣٢ وَاتَّقُوا الَّذِي أَمَدَّكُمْ بِمَا تَعْلَمُونَ

١٣٣ أَمَدَّكُمْ بِأَنْعَامٍ وَبَنِينَ

١٣٤ وَجَنَّاتٍ وَعُيُونٍ

١٣٥ إِنِّي أَخَافُ عَلَيْكُمْ عَذَابَ يَوْمٍ عَظِيمٍ

١٣٦ قَالُوا سَوَاءٌ عَلَيْنَا أَوَعَظْتَ أَمْ لَمْ تَكُنْ مِنَ الْوَاعِظِينَ

١٣٧ إِنْ هَٰذَا إِلَّا خُلُقُ الْأَوَّلِينَ

١٣٨ وَمَا نَحْنُ بِمُعَذَّبِينَ

١٣٩ فَكَذَّبُوهُ فَأَهْلَكْنَاهُمْ ۗ إِنَّ فِي ذَٰلِكَ لَآيَةً ۖ وَمَا كَانَ أَكْثَرُهُمْ مُؤْمِنِينَ

١٤٠ وَإِنَّ رَبَّكَ لَهُوَ الْعَزِيزُ الرَّحِيمُ

١٤١ كَذَّبَتْ ثَمُودُ الْمُرْسَلِينَ

١٤٢ إِذْ قَالَ لَهُمْ أَخُوهُمْ صَالِحٌ أَلَا تَتَّقُونَ

١٤٣ إِنِّي لَكُمْ رَسُولٌ أَمِينٌ

١٤٤ فَاتَّقُوا اللَّهَ وَأَطِيعُونِ

١٤٥ وَمَا أَسْأَلُكُمْ عَلَيْهِ مِنْ أَجْرٍ ۖ إِنْ أَجْرِيَ إِلَّا عَلَىٰ رَبِّ الْعَالَمِينَ

١٤٦ أَتُتْرَكُونَ فِي مَا هَاهُنَا آمِنِينَ

١٤٧ فِي جَنَّاتٍ وَعُيُونٍ

١٤٨ وَزُرُوعٍ وَنَخْلٍ طَلْعُهَا هَضِيمٌ

١٤٩ وَتَنْحِتُونَ مِنَ الْجِبَالِ بُيُوتًا فَارِهِينَ

١٥٠ فَاتَّقُوا اللَّهَ وَأَطِيعُونِ

١٥١ وَلَا تُطِيعُوا أَمْرَ الْمُسْرِفِينَ

١٥٢ الَّذِينَ يُفْسِدُونَ فِي الْأَرْضِ وَلَا يُصْلِحُونَ

١٥٣ قَالُوا إِنَّمَا أَنْتَ مِنَ الْمُسَحَّرِينَ

١٥٤ مَا أَنْتَ إِلَّا بَشَرٌ مِثْلُنَا فَأْتِ بِآيَةٍ إِنْ كُنْتَ مِنَ الصَّادِقِينَ

١٥٥ قَالَ هَٰذِهِ نَاقَةٌ لَهَا شِرْبٌ وَلَكُمْ شِرْبُ يَوْمٍ مَعْلُومٍ

١٥٦ وَلَا تَمَسُّوهَا بِسُوءٍ فَيَأْخُذَكُمْ عَذَابُ يَوْمٍ عَظِيمٍ

١٥٧ فَعَقَرُوهَا فَأَصْبَحُوا نَادِمِينَ

١٥٨ فَأَخَذَهُمُ الْعَذَابُ ۗ إِنَّ فِي ذَٰلِكَ لَآيَةً ۖ وَمَا كَانَ أَكْثَرُهُمْ مُؤْمِنِينَ

١٥٩ وَإِنَّ رَبَّكَ لَهُوَ الْعَزِيزُ الرَّحِيمُ

١٦٠ كَذَّبَتْ قَوْمُ لُوطٍ الْمُرْسَلِينَ

١٦١ إِذْ قَالَ لَهُمْ أَخُوهُمْ لُوطٌ أَلَا تَتَّقُونَ

١٦٢ إِنِّي لَكُمْ رَسُولٌ أَمِينٌ

١٦٣ فَاتَّقُوا اللَّهَ وَأَطِيعُونِ

١٦٤ وَمَا أَسْأَلُكُمْ عَلَيْهِ مِنْ أَجْرٍ ۖ إِنْ أَجْرِيَ إِلَّا عَلَىٰ رَبِّ الْعَالَمِينَ

١٦٥ أَتَأْتُونَ الذُّكْرَانَ مِنَ الْعَالَمِينَ

١٦٦ وَتَذَرُونَ مَا خَلَقَ لَكُمْ رَبُّكُمْ مِنْ أَزْوَاجِكُمْ ۚ بَلْ أَنْتُمْ قَوْمٌ عَادُونَ

١٦٧ قَالُوا لَئِنْ لَمْ تَنْتَهِ يَا لُوطُ لَتَكُونَنَّ مِنَ الْمُخْرَجِينَ

١٦٨ قَالَ إِنِّي لِعَمَلِكُمْ مِنَ الْقَالِينَ

١٦٩ رَبِّ نَجِّنِي وَأَهْلِي مِمَّا يَعْمَلُونَ

١٧٠ فَنَجَّيْنَاهُ وَأَهْلَهُ أَجْمَعِينَ

١٧١ إِلَّا عَجُوزًا فِي الْغَابِرِينَ

١٧٢ ثُمَّ دَمَّرْنَا الْآخَرِينَ

١٧٣ وَأَمْطَرْنَا عَلَيْهِمْ مَطَرًا ۖ فَسَاءَ مَطَرُ الْمُنْذَرِينَ

١٧٤ إِنَّ فِي ذَٰلِكَ لَآيَةً ۖ وَمَا كَانَ أَكْثَرُهُمْ مُؤْمِنِينَ

١٧٥ وَإِنَّ رَبَّكَ لَهُوَ الْعَزِيزُ الرَّحِيمُ

١٧٦ كَذَّبَ أَصْحَابُ الْأَيْكَةِ الْمُرْسَلِينَ

١٧٧ إِذْ قَالَ لَهُمْ شُعَيْبٌ أَلَا تَتَّقُونَ

١٧٨ إِنِّي لَكُمْ رَسُولٌ أَمِينٌ

١٧٩ فَاتَّقُوا اللَّهَ وَأَطِيعُونِ

١٨٠ وَمَا أَسْأَلُكُمْ عَلَيْهِ مِنْ أَجْرٍ ۖ إِنْ أَجْرِيَ إِلَّا عَلَىٰ رَبِّ الْعَالَمِينَ

١٨١ أَوْفُوا الْكَيْلَ وَلَا تَكُونُوا مِنَ الْمُخْسِرِينَ

١٨٢ وَزِنُوا بِالْقِسْطَاسِ الْمُسْتَقِيمِ

١٨٣ وَلَا تَبْخَسُوا النَّاسَ أَشْيَاءَهُمْ وَلَا تَعْثَوْا فِي الْأَرْضِ مُفْسِدِينَ

١٨٤ وَاتَّقُوا الَّذِي خَلَقَكُمْ وَالْجِبِلَّةَ الْأَوَّلِينَ

١٨٥ قَالُوا إِنَّمَا أَنْتَ مِنَ الْمُسَحَّرِينَ

١٨٦ وَمَا أَنْتَ إِلَّا بَشَرٌ مِثْلُنَا وَإِنْ نَظُنُّكَ لَمِنَ الْكَاذِبِينَ

١٨٧ فَأَسْقِطْ عَلَيْنَا كِسَفًا مِنَ السَّمَاءِ إِنْ كُنْتَ مِنَ الصَّادِقِينَ

١٨٨ قَالَ رَبِّي أَعْلَمُ بِمَا تَعْمَلُونَ

١٨٩ فَكَذَّبُوهُ فَأَخَذَهُمْ عَذَابُ يَوْمِ الظُّلَّةِ ۚ إِنَّهُ كَانَ عَذَابَ يَوْمٍ عَظِيمٍ

١٩٠ إِنَّ فِي ذَٰلِكَ لَآيَةً ۖ وَمَا كَانَ أَكْثَرُهُمْ مُؤْمِنِينَ

١٩١ وَإِنَّ رَبَّكَ لَهُوَ الْعَزِيزُ الرَّحِيمُ

١٩٢ وَإِنَّهُ لَتَنْزِيلُ رَبِّ الْعَالَمِينَ

١٩٣ نَزَلَ بِهِ الرُّوحُ الْأَمِينُ

١٩٤ عَلَىٰ قَلْبِكَ لِتَكُونَ مِنَ الْمُنْذِرِينَ

١٩٥ بِلِسَانٍ عَرَبِيٍّ مُبِينٍ

١٩٦ وَإِنَّهُ لَفِي زُبُرِ الْأَوَّلِينَ

١٩٧ أَوَلَمْ يَكُنْ لَهُمْ آيَةً أَنْ يَعْلَمَهُ عُلَمَاءُ بَنِي إِسْرَائِيلَ

١٩٨ وَلَوْ نَزَّلْنَاهُ عَلَىٰ بَعْضِ الْأَعْجَمِينَ

١٩٩ فَقَرَأَهُ عَلَيْهِمْ مَا كَانُوا بِهِ مُؤْمِنِينَ

٢٠٠ كَذَٰلِكَ سَلَكْنَاهُ فِي قُلُوبِ الْمُجْرِمِينَ

٢٠١ لَا يُؤْمِنُونَ بِهِ حَتَّىٰ يَرَوُا الْعَذَابَ الْأَلِيمَ

٢٠٢ فَيَأْتِيَهُمْ بَغْتَةً وَهُمْ لَا يَشْعُرُونَ

٢٠٣ فَيَقُولُوا هَلْ نَحْنُ مُنْظَرُونَ

٢٠٤ أَفَبِعَذَابِنَا يَسْتَعْجِلُونَ

٢٠٥ أَفَرَأَيْتَ إِنْ مَتَّعْنَاهُمْ سِنِينَ

٢٠٦ ثُمَّ جَاءَهُمْ مَا كَانُوا يُوعَدُونَ

٢٠٧ مَا أَغْنَىٰ عَنْهُمْ مَا كَانُوا يُمَتَّعُونَ

٢٠٨ وَمَا أَهْلَكْنَا مِنْ قَرْيَةٍ إِلَّا لَهَا مُنْذِرُونَ

٢٠٩ ذِكْرَىٰ وَمَا كُنَّا ظَالِمِينَ

٢١٠ وَمَا تَنَزَّلَتْ بِهِ الشَّيَاطِينُ

٢١١ وَمَا يَنْبَغِي لَهُمْ وَمَا يَسْتَطِيعُونَ

٢١٢ إِنَّهُمْ عَنِ السَّمْعِ لَمَعْزُولُونَ

٢١٣ فَلَا تَدْعُ مَعَ اللَّهِ إِلَٰهًا آخَرَ فَتَكُونَ مِنَ الْمُعَذَّبِينَ

٢١٤ وَأَنْذِرْ عَشِيرَتَكَ الْأَقْرَبِينَ

٢١٥ وَاخْفِضْ جَنَاحَكَ لِمَنِ اتَّبَعَكَ مِنَ الْمُؤْمِنِينَ

٢١٦ فَإِنْ عَصَوْكَ فَقُلْ إِنِّي بَرِيءٌ مِمَّا تَعْمَلُونَ

٢١٧ وَتَوَكَّلْ عَلَى الْعَزِيزِ الرَّحِيمِ

٢١٨ الَّذِي يَرَاكَ حِينَ تَقُومُ

٢١٩ وَتَقَلُّبَكَ فِي السَّاجِدِينَ

٢٢٠ إِنَّهُ هُوَ السَّمِيعُ الْعَلِيمُ

٢٢١ هَلْ أُنَبِّئُكُمْ عَلَىٰ مَنْ تَنَزَّلُ الشَّيَاطِينُ

٢٢٢ تَنَزَّلُ عَلَىٰ كُلِّ أَفَّاكٍ أَثِيمٍ

٢٢٣ يُلْقُونَ السَّمْعَ وَأَكْثَرُهُمْ كَاذِبُونَ

٢٢٤ وَالشُّعَرَاءُ يَتَّبِعُهُمُ الْغَاوُونَ

٢٢٥ أَلَمْ تَرَ أَنَّهُمْ فِي كُلِّ وَادٍ يَهِيمُونَ

٢٢٦ وَأَنَّهُمْ يَقُولُونَ مَا لَا يَفْعَلُونَ

٢٢٧ إِلَّا الَّذِينَ آمَنُوا وَعَمِلُوا الصَّالِحَاتِ وَذَكَرُوا اللَّهَ كَثِيرًا وَانْتَصَرُوا مِنْ بَعْدِ مَا ظُلِمُوا ۗ وَسَيَعْلَمُ الَّذِينَ ظَلَمُوا أَيَّ مُنْقَلَبٍ يَنْقَلِبُونَ

 

詩人たち アッ=シュアラーゥ朗読音声

 

スポンサーリンク

詩人たち アッ=シュアラーゥ【日本語訳】

日本語訳クルアーン第26章
 

慈悲あまねく、慈悲深いアッラーの御名において。
1 ター、スィーン、ミーム。

2 これは、明らかな啓典の御しるし。

3 彼らが信仰者になろうとしないため、あなたは嘆きのあまり、自分で自分の身を滅ぼしてしまうだろう。

4 われらがそうと望めば、天から彼らにしるしを下しもするだろう。そうなれば彼らも、かしこまってうなだれることだろう。

5 慈愛あまねく御方から新たな戒めが彼らに到来するたびに、彼らは必ず背き去った。

6 彼らは (真理を) 嘘であるとした。しかし彼らが嘲笑していたことについての報せが、いずれ彼らに届くだろう。

7 彼らは大地を見ないのか、またその中に、われらがどれほど様々な貴い種のすべてを育むかも。

8 その中には、本当にひとつの御しるしがある。しかし彼らの多くは、信仰者にはならない。

9 本当にあなたの主こそは威力ある御方、慈悲深い御方。

10 あなたの主がムーサーを呼び出したときのこと (を思いなさい)。「不正をなす民の許へ行きなさい、

11 フィルアウンの民の許へ。彼らは、畏れないのか」。

12(ムーサー) は言った。「主よ。本当に私は、彼らが私を嘘よばわりするのを恐れます。

13 私の胸は狭められ (て不安になり)、舌も流暢に動かせません。ですから (私の助けとして) ハールーンを遣わしてください。

14 また、私は彼らに罪 (に対する罰) を科されています。私は、彼らが私を殺すことを恐れます」。

15 かの御方は告げた。「いいや、そうはならない。われらのしるしをもって、あなたがた二人で行きなさい。本当にわれらは、あなたがたと共にいて聞いている。

16 そして二人でフィルアウンの許へ行き、言いなさい、『本当に私たちは、諸世界の主からの使徒である。

17 イスラエルの民を、私たちと共に送り出しなさい』と」。

18(フィルアウン) は言った。「私たちは、子どもの頃のあなたを私たちのあいだで育てたではないか。

19 それなのにあなたは、あのような行いをしでかした。本当にあなたは、恩を忘れる輩のひとりだ」。

20(ムーサー) は言った。「私はことをしでかした。それは私が、さまよえる者のひとりであったときのこと。

21 それで私はあなたがたを恐れ、あなたがたから逃れた、しかし、主は私に知恵を授けて使徒のひとりとしました。

22 あなたがたは私を (恩知らずだと) 責めるが、イスラエルの民を奴隷としていながら、それが私への恩寵だとでもいうのですか」。

23 フィルアウンは言った。「それで、諸世界の主とは何のことか」。

24(ムーサー) は言った。「諸天と大地と、そのあいだにあるものすべての主。もしあなたがたが、確信してさえいたなら」。

25(フィルアウン) は周囲の者に言った。「おまえたち、聞いたか」。

26(ムーサー) は言った。「あなたがたの主であり、またあなたがたの、大昔からの先祖の主でもある御方」。

27(フィルアウン) は言った。「本当に、あなたがたに遣わされたこの『使徒』は、とり憑かれた者に違いない」。

28(ムーサー) は言った。「(私の主は、) 東と西と、そのあいだにあるものすべての主です。もしもあなたがたが、考えるようになりさえしたなら」。

29(フィルアウン) は言った。「もしあなたが私以外の神を選ぶなら、私は必ずあなたを囚人のひとりにするだろう」。

30(ムーサー) は言った。「たとえ私があなたに、何か明白なものをもたらしたとしてもですか」。

31(フィルアウン) は言った。「出してみせよ、本当にあなたが真実を語っているのなら」。

32 そこでムーサーが自分の杖を投げると、見なさい。

33 それから彼がその手を差し伸ばすと、見なさい。それは誰の目にも (光沢を放ち) 真白であった

34(フィルアウン) は、取り巻きの長老たちに言った。「これは確かに、腕の立つ魔術師だ。

35 彼はその魔術をもってあなたがたをこの地から追い出そうとしている。では、あなたがたはどうせよと言うか」。

36 彼らは (フィルアウンに) 言った。「彼 (ムーサー) とその兄のことはひとまず置いて、(その間に) 市街に人集めの者を放ちましょう。

37 腕の立つ魔術師を、すべてあなたのところへ連れて来させましょう」。

38 こうして魔術師たちが、決められた日の決められた時刻に集められた。

39 また人々は「あなたがたも皆、集まったのか」と言われ、

40 「もし魔術師が勝利したなら、私たちは彼らに従いましょう(と答えた)

41 こうして魔術師がやって来ると、彼らはフィルアウンに言った。「私たちが勝利したならば、必ず褒美がありましょうか」。

42(フィルアウン) は言った。「当然だ。(加えて) その時はあなたがたを、必ず (私の) 側近にしよう」。

43 ムーサーは彼らに言った。「あなたがたが投げようとしているものを投げなさい」。

44 それで彼らは、彼らの縄と杖を投げて言った。「フィルアウンの力にかけて、私たちは、必ず勝利する者となる」。

45 そこでムーサーが彼の杖を投げると、見なさい。それは彼らの偽ったものを飲み込んでしまった。

46 こうして魔術師たちは (主に) その身をひれ伏した。

47 彼らは言った。「私たちは、諸世界の主を信じます、

48 ムーサーとハールーンの主を」。

49(フィルアウン) は言った。「私が許しもしないうちに、あなたがたは信じるのか。本当にこの者は、あなたがたに魔術を教えたあなたがたの首領に違いない。やがてあなたがたも、必ず知ることになる。私はあなたがたの両手両足を、必ず交互に切り落としてやろう。そしてあなたがたを、ことごとく磔にしてやろう」。

50 彼らは言った。「かまいません。私たちは、主の御許に戻されるのですから。

51 本当に、私たちが最初の信仰者となることで、私たちの過ちが主に赦されるよう願うばかりです」。

52 それからわれらは、ムーサーに啓示した。「われのしもべたちを連れて、夜に旅立ちなさい。あなたがたは、必ず追われるだろう」。

53 するとフィルアウンは、人集めの者を市街に遣わした。

54 「本当にこれらの者は、ごく少数の集団に過ぎない。

55 これらの者は、私たちに対し激怒しているが、

56 私たちの方が多勢であり、用心深い」。

57 それでわれらは、庭園と泉から彼らを追放した。

58 財宝や、立派な屋敷からも

59 このような通り。われらは、それらをイスラエルの民に継がせた。

60 そして彼ら (フィルアウンンの軍勢) は、日の出に彼らを追ってきた。

61 双方が互いに相手を目にすると、ムーサーの仲間が言った。「私たちは、きっと追いつかれてしまう」。

62(ムーサー) は言った。「いいや、断じて。本当に主は私と共にあり、私を導いてくれる」。

63 そこでわれらは、ムーサーに啓示した。「あなたの杖で、海を打ちなさい」。するとそれ (海) は割れ、割れたところがそれぞれ巨大な山のようになった

64 われらは、そこにもう一方 (のフィルアウンの軍勢) を引き寄せた。

65 そしてわれらはムーサーと、彼と共にいた者をことごとく救った。

66 そののちにわれらは、もう一方 (フィルアウンンの軍勢) を溺れさせた。

67 その中には、本当にひとつの御しるしがある。しかし彼らの多くは、信仰者にはならない。

68 本当にあなたの主こそは威力ある御方。慈悲深い御方。

69 彼らに語って聞かせなさい、イブラーヒームの話を。

70 彼がその父と民とに、「あなたがたは何に仕えているのですか」と言ったときのこと (を思いなさい)

71 彼らは言った。「私たちは諸々の立像に仕えており、いつでもこれらを崇めている」。

72(イブラーヒーム) は言った。「これらは、あなたがたが呼びかけると聞くのですか。

73 あるいはこれらは、あなたがたを益するなり、害するなりするのですか」。

74 彼らは言った。「いいや、そうではない。私たちの先祖がこうしているのを習った」。

75(イブラーヒーム) は言った。「それではあなたがたは、自分たちが仕えているものについて考えたことはあるのですか、

76 あなたがたも、あなたがたの代々の先祖も。

77 本当に、そうしたものは (すべて) 私には敵です、諸世界の主を除いては。

78 私を創造し、私を導く御方。

79 私に食べるもの、飲むものをもたらす御方、

80 私が病んだときに、私をいやす御方、

81 私を死なせ、そののちに (再び) 生かす御方。

82 裁きの日に、過ちを赦してもらえるよう、私が願う御方。

83 主よ。私に知恵を授けてください。私を、正しい者たちに加わらせてください

84 後世においても、私を、真実を語る者としてください。

85 私を、至福の楽園を継ぐ者のひとりとしてください。

86 私の父を赦してください。本当に、彼はさまよえる者のひとりではありましたが。

87 彼らがよみがえらされる日に、私に恥辱をもたらさないでください」。

88 財も子どもも、何の益ももたらさない日、

89 まったき心をもって、アッラーの御前に来る者を除いて。

90 楽園が、畏れる者 (の近く) に引き寄せられる。

91 (道を) 踏み外した者には、業火が現される。

92 彼らは告げられるだろう。「あなたがたが仕えていたものは、どこにあるのか。

93 アッラーをさし置いて、それらにあなたがたを助けることができるのか。あるいは、それら自身を助けることができるのか」。

94 それで彼らも、(道を) 踏み外した者も、その中に投げ入れられるだろう。

95 またイブリースの軍勢も (、その全員が) 一斉に。

96 彼らは、その中で反目し合いつつ言うだろう。

97 「アッラーにかけて、本当に私たちは、明らかな誤りの中にいました

98 あなたがたを、諸世界の主と同等にみなしてしまったときに。

99 私たちを迷わせたのは、罪を犯す者たちに他ならない。

100 もはや私たちには、とりなす者もおらず、

101 真実の友もいない。

102 もう一度 (地上に) 引き返して、信仰者のひとりになることができたなら」。

103 その中には、本当にひとつの御しるしがある。しかし彼らの多くは、信仰者にはならない。

104 本当にあなたの主こそは威力ある御方、慈悲深い御方。

105 ヌーフの民は、使徒たちを嘘であるとした。

106 彼らの同胞であるヌーフが、彼らにこう言ったときのこと (を思いなさい)。「あなたがたは、畏れないのか。

107 本当に私は、あなたがたにとり信頼に足る使徒である。

108 それゆえアッラーを畏れなさい。そして私に従うといい。

109 私はこれについて、あなたがたに何の報酬も求めない。私の報酬は、ただ諸世界の主のみにある。

110 それゆえアッラーを畏れなさい。そして私に従うといい」。

111 彼らは言った。「私たちは、あなたを信じるべきだろうか。あなたに従っているのはもっとも卑しい者たちであるというのに」。

112(ヌーフ) は言った。「彼らが (過去に) 行ってきたことについて、私が何を知っているだろうか。

113 彼らの清算は、ただ私の主の御許にある、あなたがたが気づきさえしたなら。

114 また私は、信仰者を追い払いはしない。

115 本当に私は、(警告を) 明らかにするひとりの警告者に他ならない」。

116 彼らは言った。「ヌーフよ、止めないか。さもないとあなたは、石で打たれる者のひとりとなるだろう」。

117(ヌーフ) は言った。「主よ。私の民は、私を嘘よばわりしています。

118 ですから私と彼らのあいだを裁いてください。そして私と、私と共にいる信仰者を救ってください」。

119 そこでわれらは、彼と、彼と共にいた者とを、満載の船に救った。

120 そののちわれらは、後に残った者たちを溺れさせた

121 その中には、本当にひとつの御しるしがある。しかし彼らの多くは、信仰者にはならない。

122 本当にあなたの主こそは威力ある御方。慈悲深い御方。

123 アード (の民) は、使徒たちを嘘であるとした。

124 彼らの同胞であるフードが、彼らにこう言ったときのこと (を思いなさい)。「あなたがたは、畏れないのか。

125 本当に私は、あなたがたにとり信頼に足る使徒である。

126 それゆえアッラーを畏れなさい。そして私に従うといい。

127 私はこれについて、あなたがたに何の報酬も求めない。私の報酬は、ただ諸世界の主のみにある。

128 あなたがたは虚栄を満たそうとして、すべての高地に碑を建てるのか

129 永遠に生きようとして、砦を選ぶのか。

130 力を振るうときは、暴君のように振るうのか。

131 それゆえアッラーを畏れなさい。そして私に従うといい。

132 畏れなさい。あなたがたの知るものを供する御方を。

133 あなたがたに家畜や子どもを供し、

134 また庭園と泉をも。

135 本当に、私はあなたがたのために、大いなる日の懲罰が恐ろしい」。

136 彼らは言った。「あなたが教示しようと教示するまいと、私たちには同じこと。

137 本当に、これは大昔の習わしに過ぎない

138 私たちが、罰せられることはない」。

139 こうして彼らは、彼を嘘であるとした。それでわれらは、彼らを滅ぼした。その中には、本当にひとつの御しるしがある。しかし彼らの多くは、信仰者にはならない。

140 本当にあなたの主こそは威力ある御方。慈悲深い御方。

141 サムード (の民) は、使徒たちを嘘であるとした。

142 彼らの同胞であるサーリフが、彼らにこう言ったときのこと (を思いなさい)。「あなたがたは、畏れないのか。

143 本当に私は、あなたがたにとり信頼に足る使徒である。

144 それゆえアッラーを畏れなさい。そして私に従うといい。

145 私はこれについて、あなたがたに何の報酬も求めない。私の報酬は、ただ諸世界の主のみにある。

146 (やがては死を迎える) あなたがたが、ここで (いつまでも) 安心していられようか。

147 庭園や泉の中で、

148 田畑や、ほっそりと花序を伸ばしてみのるなつめやしの木の中で、

149 またあなたがたが、(岩の) 山々に、巧みに家を刻んでも。

150 それゆえアッラーを畏れなさい。そして私に従うといい。

151 そして行き過ぎた (浪費をする) 者の命令に従ってはならない

152 地上に退廃を広めて、改め直すこともしない者に」。

153 彼らは言った。「あなたは、惑わされているだけの者に過ぎない。

154 あなたは私たちと同じ人間のひとりに過ぎない。しるしを出してみせなさい、本当にあなたが真実を語っているのなら」。

155(サーリフ) は言った。「これは雌のらくだ。これにも、あなたがたにも、それぞれがそうと決められた日に (順番に) 水を飲む (権利がある)

156 また、悪をもってこれに触れてはならない。さもないと、大いなる日の懲罰があなたがたを襲うだろう」。

157 しかし彼らはこれの腱を切り、そのために後悔することになった

158 懲罰が彼らを襲ったのである。その中には、本当にひとつの御しるしがある。しかし彼らの多くは、信仰者にはならない。

159 本当にあなたの主こそは威力ある御方。慈悲深い御方。

160 ルートの民は、使徒たちを嘘であるとした。

161 彼らの同胞であるルートが、彼らにこう言ったときのこと (を思いなさい)。「あなたがたは、畏れないのか。

162 本当に私は、あなたがたにとり信頼に足る使徒である。

163 それゆえアッラーを畏れなさい。そして私に従うといい。

164 私はこれについて、あなたがたに何の報酬も求めない。私の報酬は、ただ諸世界の主のみにある。

165 諸世界の万物のうち、あなたがたはただ男ばかりに言い寄り、

166 あなたがたの主が、あなたがたのために創造した配偶者は放っておくのか。いいや、本当にあなたがたは法外の民だ」。

167 彼らは言った。「ルートよ、止めないか。さもないとあなたは、追い出される者のひとりとなるだろう」。

168(ルート) は言った。「本当に私は、あなたがたの行いを憎悪する。

169 主よ。私と私の家族を、彼らの行っていることから救ってください」。

170 そこでわれらは、彼と彼の家族をことごとく救った。

171 後に残される者たちの中にいた、ひとりの老婦を除いては。

172 そののちにわれらは、他の者たちを滅ぼした。

173 それからわれらは彼らの上に、(石つぶての) 雨を降らせた。警告を受けていた者たちにとり、恐るべき雨であった。

174 その中には、本当にひとつの御しるしがある。しかし彼らの多くは、信仰者にはならない。

175 本当にあなたの主こそは威力ある御方。慈悲深い御方。

176 (マドヤンの) アイカの仲間は、使徒たちを嘘であるとした。

177 シュアイブが、彼らにこう言ったときのこと (を思いなさい)。「あなたがたは、畏れないのか。

178 本当に私は、あなたがたにとり信頼に足る使徒である

179 それゆえアッラーを畏れなさい。そして私に従うといい。

180 私はこれについて、あなたがたに何の報酬も求めない。私の報酬は、ただ諸世界の主のみにある。

181 升を十分に満たしなさい。(しかるべき量よりも少なく測り、) 損失をもたらす者になってはならない。

182 まっすぐな (正確な) 秤で量りなさい。

183 他の人からものを奪ってはならない。また地上をかき乱して、退廃を広めてはならない。

184 そしてあなたがたや、大昔の多くの世代を創造した御方を畏れなさい」。

185 彼らは言った。「あなたは、惑わされているだけの者に過ぎない。

186 あなたは私たちと同じ人間のひとりに過ぎない。そして本当に、私たちには、あなたは嘘つきだと思われる。

187 空の破片を、私たちの上に落としてみせるがいい、本当にあなたが真実を語っているのなら」。

188(シュアイブ) は言った。「あなたがたの行いについては、私の主がもっともよく知っている」。

189 しかし彼らは、彼を嘘であるとした。そのため、影さす日の懲罰が彼らを襲った。本当にそれは、大いなる日の懲罰であった。

190 その中には、本当にひとつの御しるしがある。しかし彼らの多くは、信仰者にはならない。

191 本当にあなたの主こそは威力ある御方。慈悲深い御方。

192 本当に、(それは) 諸世界の主からの啓示。

193 それは信頼に足る霊 (ジブリール) によって下された。

194 あなたの心に、それであなたが、警告者のひとりになるようにと。

195 明白なアラビア語によって。

196 そして本当に、これは先人の啓典にもあること。

197 イスラエルの民の学者がそれを知っていたのは、彼らに対するひとつの御しるしではなかったか。

198 もしわれらが、これを異国の誰かに下していたなら、

199 たとえその者がこれを読み聞かせたとしても、彼らは信じるようにはならなかっただろう。

200 このようにしてわれらは、罪を犯す者の心にそれを入り込ませた。

201 痛烈な懲罰を目にするまでは、彼らは信じるようにはならないだろう。

202 (しかし) それは突然に彼らに到来するだろう。彼らも気づかないうちに。

203 そして彼らは言うだろう。「私たちは、猶予してもらえないのか」。

204 それなのに彼らは、われらの懲罰を急かすのか。

205 考えてもみたか、たとえわれらが長年、彼らを楽しませ、

206 そののち、彼らに約束されていることが到来するなら、

207 (現世で) 楽しんだからといって、それが彼らにとり何の役に立つだろうか。

208 われらはどの町も、警告者 (を遣わすこと) なくして滅ぼすことはしなかった。

209 戒めとして、われらは、決して不当なことはしない。

210 また悪魔たちが、それ (啓示) を下すのではない

211 それは彼らにはそぐわない。また彼らにそのような能力もない。

212 本当に彼らは (啓示を) 聞くことから除外されている。

213 それゆえ、アッラーと共に他の何ものかに呼びかけてはならない。さもないとあなたは罰せられる者のひとりとなるだろう。

214 そしてあなたに近しい親族に警告しなさい。

215 また、あなたに従う信仰者に対しては、あなたの (親切の) 翼を垂れなさい。

216 また、もし彼らがあなたに逆らうなら、言いなさい。「本当に私は、あなたがたの行いにまったく関わりがない」。

217 そして威力ある御方、慈悲深い御方に委ねなさい、

218 あなたが (礼拝のために) 立つのを見ている御方。

219 ひれ伏す者たちの中での、あなたの動きを見ている御方に。

220 本当にすべてを聞く御方、すべてを知る御方。

221 悪魔たちが誰の上に降りるのか、あなたがたに報せようか。

222 彼らは、すべての罪深い嘘つきの上に降りる。

223 彼らは (熱心に) 聞き入っているが、彼らの多くは嘘つきである。

224 また詩人たちについては、彼らに従うのは (道を) 踏み外した者だけ。

225 あなたは見なかったか、彼らが、谷という谷をさまようのを、

226 また彼らが、自分ではやりもしないことを口にするのを。

227 しかし信じて正しい行いをし、アッラーを多く想い起こし、不正をなされた後に (ムスリムたちを) 助ける者は別である。不正をなす者たちは、どのような転がされ方で転げるものか。やがて知ることになるだろう。

 

詩人たち アッ=シュアラーゥの解説と解釈

日本語解説コーラン第26章アッ・シュアラーゥ
 

☪︎ 彼らは嘘であるとした

真理への呼びかけは神の呼びかけである。神とは全能の存在であるが、それにもかかわらず否定されたり、反抗されたりすることもある。しかし、この現在の状況は、神の計画に沿ったものである。神は、欺瞞に満ちたこの世で真理を認識することができ、強制されることなく神の前にひれ伏すような人間が、楽園に定住することを望んでいる。その人選は、すべての人が思考と行動の完全な自由を享受できる環境下でしか行われない。

☪︎ 彼らは大地を見ないのか、またその中に

全知全能の神は、人々がありふれた日常の出来事から、すぐには見えてこない驚くべき側面に気づくことを望んでおられる。因果の連鎖の中で起こっている出来事の中に、神の直接の役割を観察することができるはずだ。このような高度な洞察力を発揮する者こそが、神への信仰を持つ者として扱われ、神の永遠の恩寵に恵まれるのである。

☪︎ 主がムーサーを呼び出したときのこと

ムーサー(モーセ)は、当時最も高度に発達した文明帝国の王であったエジプトのフィルアウン(ファラオ)に、一神教を説く必要があった。しかし、ムーサーはイスラエルの子孫に属し、エジプトでの地位は奴隷や労働者のようなものであった。また、フィルアウンの共同体の一人が、ムーサーの手によって事故死したことも、不遇の要因の一つであった。ムーサーもまた、自分に必要な表現力が欠けていると感じていた。それでも全能の神は、神のメッセージを伝える使命を果たすためにムーサーを選んだ。

神は目に見える状態よりも、その人の内面を見ておられる。内面的な強さを持つ人がいれば、神はそれに基づいて人を選び、神の教義を遂行させる。しかし、人間はまず自分自身の内なる能力を明らかにしなければならない。

☪︎ しるしをもって、あなたがた二人で行きなさい

神を代表する者として神に選ばれた者は、あらゆる面で神の保護下に置かれる。さらに、その使命が神によるものであることを明確に示す特別なしるしも与えられている。にもかかわらず、人間はこのことを認めないほどに背信の限りを尽くしてきた。

コーランはイスラエルの民らに関して、ムーサーがフィルアウンに行った要求の詳細を明記していない。しかし、トーラーは以下の節でこのテーマを詳しく述べている: 出エジプト記4/18、5/1、8/25-27。

聖書の記述によれば、ムーサーのこの旅は移住のためではなく、教えを伝えるためのものであったようだ。エジプトでは、牛は神聖なものと考えられていた。この何世紀にもわたる伝統のせいで、イスラエルの民たちでさえ、この信仰の影響を受けていた。そこでムーサーは、イスラエルの民らをエジプトの多神教的な雰囲気から数日間連れ出し、純粋な雰囲気の中に置いて再教育しようと考えた。

☪︎ 本当にあなたは、恩を忘れる輩のひとりだ

ムーサーはフィルアウンに一神教の受け入れを呼びかけ、奇跡の杖と光り輝く手を見せた。ムーサーの存在を侮蔑するために、フィルアウンは次の二つの事実をムーサーに思い出させた。一つは、ムーサーが幼少期にフィルアウンの家で育てられたこと、もう一つは、コプト人を殺したことであった。それに対してムーサーは、自分がフィルアウンの宮殿で育てられたのは、フィルアウンの弾圧によるものだと言った。フィルアウンがイスラエルの子孫の殺害を命じたので、ムーサーの母は彼を籠に入れて川に流した。その後、ムーサーを川から引き上げ、宮殿に引き上げたのはフィルアウンの妻、つまり王妃であった。コプト人を殺したことについて、ムーサーは故意にやったのではないと言った。彼はコプト人の激しい攻撃からイスラエル人の兄弟をかばったのだが、誤ってコプト人が死んでしまったのだった。

この事件の後、ムーサーはエジプトを離れ、マディアンに行き、そこで何年も暮らした。都会の人工的な雰囲気を離れ、村の解放的な雰囲気の中で数年を過ごすことが、ムーサーの成長のために必要だったのかもしれない。ムーサーがマディアンからエジプトに戻る途中、全能の神はムーサーに預言者としての地位を授けられた。

フィルアウンはムーサーがエジプトの民を一人、殺害したことを思い出させ、「おまえは殺人者であるばかりか、恩を忘れる者だ」となじった。

☪︎ もしあなたがたが、確信してさえいたなら

フィルアウンはムーサーを、「恩知らず」と呼び、エジプトの王宮で様々な恩恵を受け取っていたとしてムーサーを責めた。これに対し、ムーサーは次のように答えた。「恩恵とは何のことか。私の同胞であるイスラエルの民を奴隷にしたことも、あなたのいう『恩恵』に含まれるのか」。ムーサーは、今や個人としてではなく、神の預言者として語り始めたのである。

☪︎ 誰の目にも真白であった

ムーサーはフィルアウンと一神教を信じるべきだという話し合いを続けた。するとフィルアウンは苛立ち、ムーサーを気違い呼ばわりした。しかし、それでもムーサーは怒らなかった。フィルアウンはムーサーを投獄すると脅した。そこで、ムーサーは最後の奇跡を見せた。フィルアウンはそれ以上何も言えなくなった。それでも、彼は敗北を受け入れなかった。ムーサーの存在を卑しめるために、これは神的な出来事ではなく、単なる魔術的な技だと言った。

☪︎ 魔術師が勝利したなら、私たちは彼らに従いましょう

フィルアウンの時代、宗教といえばそれは魔術や、フィルアウンへの崇拝も含まれるという状態にあった。ここで呼び出された「魔術師」たちが、古代エジプト神話の神々の崇拝を司る神官であったことは間違いないだろう。そうした神殿では魔術が重要な役割を果たしており、ムーサーに対する彼らの勝利は、王宮の公式な宗教の正当性が民衆に示されることを意味したのである。このフィルアウンのように搾取するばかりの支配者に対し、「純粋な忠誠心」などというものが民衆の中に生じることはない。おそらくは神官として仕えていただろう魔術師たちも、欲得ずくの者たちであった。彼らが望んでいたのは、既成の秩序を守りつつ、その中で立身出世すること、またそれにより、王家と民衆に対する支配力を強めることだったのである。

☪︎ フィルアウンの力にかけて、私たちは、必ず勝利する者となる

フィルアウンとその廷臣たちは、ムーサーの奇跡を魔術的なものだと考えた。そこで、彼らは魔術で対抗することを計画した。ムーサーが棒を蛇に変えることができるなら、彼らの魔術師たちも棒を蛇に変えることができると考えた。彼らにはそれ以上の知識はなかった。彼らはムーサーの行為を人間の行為とみなし、だからこそ人間的な手段で対抗しようとした。ムーサーの使命は神の使命であり、どの人間も神と争うことができないという事実を、彼らは知らなかったのだ。

エジプト人の年に一度の祭りの日が、ムーサーと魔術師たちの勝負の日とされた。そのために、多くの人々が集まり、魔術師たちをできるだけ励ますことができるように、広い場所が選ばれた。

☪︎ 信仰者となることで、私たちの過ちが主に赦されるよう願う

魔術師たちが信仰を受け入れたことは、フィルアウンにとって大きな汚点となった。そこでフィルアウンは、自分の地位を守るために、この事件全体を陰謀と決めつけた。魔術師らはムーサーと手を組み、わざとムーサーに負けたふりをして、ムーサーの凄さを民衆の心に印象づけたのだと。フィルアウンは魔術師たちに、反逆罪で処罰すること、手足を無差別に切り落とすこと、はりつけの刑にすることを告げた。この厳しい決定にもかかわらず、魔術師たちは落胆しなかった。フィルアウンに忠誠を誓い(41節)、報酬を求めた魔術師たちが、今度は、フィルアウンが何をしようとも、ムーサーの宗教を受け入れることを止めない、と大胆不敵に宣言したのである。彼らのこの高い士気の理由は、「信仰」に見いだされたからである。人は、喪失によって、より崇高なものを見出すとき、その喪失に耐えるものである。信仰を受け入れる前、魔術師たちが望むことができる最も大きなものは、フィルアウンの称賛と報酬であった。しかし、真の宗教を受け入れることで、神とその楽園は今や、他のすべてよりも大きなものになった。だからこそ彼らは、信仰を抱く前は手放すことができないほど大切にしていたものを失う覚悟ができたのだ。

☪︎ 財宝や、立派な屋敷からも

ムーサーが何年もかけて神の言葉を伝え続けたにもかかわらず、フィルアウンは信仰を受け入れなかった。ついに、全能の神はムーサーに、イスラエルの民らとともにエジプトを去るよう指示した。フィルアウンは、イスラエルの民ら全員がエジプトを去ったことを知ると、軍隊や廷臣たちとともに彼らを追った。フィルアウンがとったこの措置は、イスラエルの民らを追い詰めるためのものであったことは明らかであるが、結果的にはフィルアウンに跳ね返ってきた。フィルアウンとその一行は、自分たちの運命が迫っていることを知らずに、宮殿を出て、海に沈められる運命の場所にたどり着いた。

神は敬虔なイスラエルの子孫たちを祝福し、やがてパレスチナに連れて行き、そこであらゆる恩恵を与えた。

☪︎ 割れたところがそれぞれ巨大な山のようになった

フィルアウンに追われたイスラエルの民は、前が海、後ろがフィルアウンとその軍勢という場所にたどり着いた。この危機的な状況で、イスラエルの民は怯えた。聖書によれば、彼らはムーサーに『あなたが私たちをエジプトからこの荒れ果てた場所に連れてきて、死を迎えさせるのは、エジプトには墓がなかったのですか』と言ったという。

しかしムーサーは、全能の神が彼らを助けてくださると確信していた。そこで、ムーサーは神の命令に従って、その杖で海水を打った。すると海水は二つに分かれてしまった。両側には水が高い壁のように立ち、その間に一筋の平らな道が現れた。イスラエルの民はこの道を横切って向こう岸にたどり着いた。

これを見たフィルアウンは、自分もこの道を通って渡ることができると思った。彼は、そのわずか数秒前に、神の命令によって奇跡的に道が現れたことを知らなかった。フィルアウンは全軍とともにその道に足を踏み入れた。彼らが真ん中に到達するやいなや、両側から海水が湧き出し、水位が一気に上昇した。フィルアウンとその軍勢はたちまち溺れ死んだ。一方のグループには救済が、もう一方には死と破壊が、同時にもたらされたのである。

☪︎ 先祖がこうしているのを習った

イブラーヒーム(アブラハム)の共同体は、自分たちの先祖たちがしてきたことをそのまま続けてきた。しかし、イブラーヒームは物事を自ら深く掘り下げて考えた。彼は自分の置かれた環境の中で、その上を行くことによって真理を発見しようとした。これこそが、人を悟りに基づく神の知識(マーリファ)へと導く資質である。この資質において完全な域に達した者は、神のメッセンジャー(預言者)として選ばれるのである。

彼らは、これこそが真実の敬虔な信仰であるかのように見せたがっていた。しかしイブラーヒームは、「あなたがたは、何に対して献身しているのか。それは献身にふさわしいものなのか」と尋ねることにより、問題の核心に一気に切り込んでいる。

☪︎ 過ちを赦してもらえるよう、私が願う

人間は独立した存在である。善と悪を区別する知恵があり、地上の生を受け続けていることから何かを察することができる。病気になれば、豊富な医療手段があることに気づく。しかし、そのとき人間は、一見自由であるように見えても、死の前では無力であることに気づく。与えられた寿命を全うして死ぬのだ。

これらすべての出来事は、唯一無二の神によってのみ引き起こされる。それならば、神以外の誰かを崇拝することが、どうして正当で適切なのだろうか? なぜなら、神がなさることはすべて、人間が神の前に呼び出され、自らの責任を問われる日のための準備であることを意味するからだ。死は、人間が地上での行いに基づいて神に裁かれるというプロセスの始まりを意味する。

☪︎ 正しい者たちに加わらせてください

真理と虚偽の区別が明白に示されたところで、イブラーヒームは、その祈りを通して、自分自身の最奥にあった望みを表した。

☪︎ 私の父を赦してください

イブラーヒームが祈りで求めたものは何でも与えられたが、父(アザール)の赦しを求める祈りは拒否された。このことから想像できるのは、祈りのほとんどは神とその対象者との間の問題だということである。ある人の祈りが他の人のために赦しを得ることはできない。

☪︎ まったき心をもって

全能の神の前では、真の価値は純粋な心(qalb salim)にある。言い換えれば、信者は生まれた時のような純粋な心で神の前に出るべきである。それ以外の心で神の前に出てはならない。

心を純粋に保つ他に、のちのち役立つことは何もない。現世におけるあらゆる「善行」は、その動機が純粋でない限りは何の益ももたらさないのである。至福の楽園と悲惨な業火の明暗がはっきりと示される。諸々の悪が、その真の姿を見せる。

善に対する報いはただ善のみである。そして悪は、ただ悪のみを招く。こうした種類のコントラストは、現世における生の中にあっても、霊的な感覚を通して人々に示される。

☪︎ 明らかな誤りの中にいました

人の天国と地獄は、そう遠くないところにある。両者の間には幕があるだけだ。終末の日がその幕を取り除くとき、すべての人は、自分が天国か地獄の端に立っていたことを知ることになるだろう。

その時代の社会で高い地位にあった偽りの指導者たちがいた。彼らは真理を求める呼びかけを受け入れなかった。彼らの持つ高慢さが、真理を受け入れることを妨げた。その結果、彼らの信奉者たちも同様に、真理の呼びかけに応える価値があるとは考えなかった。

☪︎ 従っているのはもっとも卑しい者たち

ヌーフ(ノア)の共同体は彼を拒絶したが、彼の呼びかけは十分に説得力があった。彼の性格がその真実性を証明していた。ヌーフの共同体の人々は、ヌーフが義理堅く正直な人物であることを知っていた。真理を求める彼の呼びかけに、私利私欲がないことも知っていた。実際、彼の素質は、真剣さを証明するのに十分であった。そして、神の創造物に対して真剣である人は、創造主に対して真剣であるということに他ならない。

ヌーフの共同体は、真理を求める彼の呼びかけを拒絶したが、その拒絶を正当化するために、関係のないことばかりを持ち出した。伝道者の仲間はごく一般的な人々だというのは、その呼びかけを拒絶することを正当化するためであって、呼びかけの矛盾ではなく、むしろ自己矛盾に等しい。真理の呼びかけに反することを正当化する論拠は何も見いだせないということだ。

☪︎ 後に残った者たちを溺れさせた

ヌーフは何世紀にもわたって、彼の共同体の人々が真理を理解できるように努力したが、彼らはそれを受け入れようとしなかった。

民の精神的堕落は頂点に達し、不信心者たちはヌーフに、説教をやめるか石打ちの刑に処すかと脅した。そこでヌーフは、彼と不信心者たちの間に決定的な裁きが下るよう神に祈った。その祈りはかなえられた。

神の命により、ヌーフは大きな舟を建造し、そこに彼の仲間全員と、それぞれの動物種の雌雄を乗せていた。その後、神は激しい嵐を送り、大地から水が湧き出し、空から激しい雨が降った。舟に乗っていたものを除くすべての生き物は滅ぼされた。この歴史的な例は、真の信仰者は守られ続けるが、それ以外の者は破滅に直面するという事実を体現している。

ここで強調されているのは、ヌーフの忍耐と、災厄の脅威に対しても動じない平常心、また世界じゅうが背き去ったとしても、最後に残るのは神の勝利と真実であるという点である。

☪︎ 虚栄を満たそうとして、すべての高地に碑を建てるのか

アードは、ヌーフの民が滅ぼされた後に隆盛を極めた共同体である。全能の神はこの共同体を健康、繁栄、権力などあらゆるもので祝福された。もし彼らがこれらの祝福に感謝していたなら、謙虚な気持ちが芽生えただろう。しかし、そうではなく、彼らは高慢になり、自分たちの資産を最大限に活用することは、生活水準を向上させ、自分たちの名を高めることだと考えた。彼らは石像を建てることを最大の使命だと考えていた。

このような人々は、誰かに対して不服や不満があると、その高慢さゆえにあらゆる限度を超えてしまう。自分たちの不服の対象である者に対して行われる不正は、合法的で適切なものだと考える。彼らはただ、全力でその人を叩き潰そうとする。この世での繁栄は、来世での報復を恐れないようにさせてしまう。究極の報いを受けずに済むと考える者は、他人を傷つけるためならどんなことでもやりかねない。

繁栄と支配力を享受している人々は、高度な偽りの自信を身につける。この誤った自信は、自分たちの集団に属さない人々から真理を説かれても、それを理解することを妨げる。神の使者であろうと、最も信頼できるはずの諫言者の忠告を重要視しない。そのような人々が真理を受け入れるのは、神の懲罰に直面したときだけである。

あらゆる物質文明には見世物や行列が付きものである。その信奉者たちは、まるで自らの卑しさ、貧弱さをおおい隠そうとするかのように、目立った場所という場所に、ありとあらゆる種類の出来事や物事にまつわるモニュメントを造り散らかす。何世代にもわたって誰もが覚えてすらいなかった、してまたすぐに忘れられてしまうであろう出来事や物事を「記念する」というのである。

☪︎ これは大昔の習わしに過ぎない

彼らの言い分は、現代において宗教を敵視する人々のそれとまるで同じである。「あなたがたは古い迷信を復活させようというのか。あなたがたが言うような、来世だの、懲罰だのといったものは存在しないのだ」。

☪︎ それでわれらは、彼らを滅ぼした

彼らが真理を受け入れようとしないことがわかると、神は彼らに暴風と大雨を浴びせ、一週間にわたって大混乱をもたらした。その結果、壮大な文化を持つ国全体が破壊された。現在、かつて肥沃で人口も多かったこの国の痕跡は、現在のオマーンとイエメンの間に広がる砂漠だけである。

☪︎ 行き過ぎた者の命令に従ってはならない

アード族の次に勢力を伸ばしたのはサムード族だった。この共同体は、アル・ヒジュルとして知られるカイバーからタブクにかけての地域に住んでいた。この共同体も大いなる繁栄に恵まれ、他を圧倒していた。しかし、この共同体の民は、同じく物質的な繁栄に全力を注いだ。丘を切り開いて大きな家を建てる技術は、おそらくこの共同体が始めたもので、その改良型がインドのアジャンタ洞窟やエローラ洞窟に見られる。

残念なことに、この世での恩恵を得た者はいずれも、自分にはそれを得る権利があり、好きなように使ってよいという誤解を抱いている。しかし、これは最大の間違いである。実は、これらの世俗的なものがそこにあるのは、試されている期間が続く限りだけなのだ。その後は、すべてが奪われ、何も残らない。

『行き過ぎた者』とは、富を手に入れたとき、神への感謝ではなく、うぬぼれの精神が芽生える者のことである。権力を手にすると、慎み深くなる代わりに虚栄心が強くなる。高い地位を与えられても、それを自分の名声を高めるために使い、他人に奉仕するために使うのではない。このような誤った使い方は、社会を混乱させる。サムード共同体の指導者たちは、そのような行き過ぎた行為にふけり、庶民はそれに従った。彼らの預言者は庶民に、彼らが偉いと思っている指導者たちが誤っているのだと警告し、どうすれば他者を導くことができるのかと問うた。

☪︎ 腱を切り、そのために後悔することになった

サーリフの共同体(サムード人)にとって、先祖のやり方から逸脱することは耐え難いことだった。彼らはサーリフを気違い呼ばわりした。この争いは長い間続いた。結局、彼らはサーリフに奇跡を見せるよう要求した。それは奇跡であると同時に、神の裁きの道具でもあった。それは、通常の方法とは異なり、奇跡的な形で生まれた雌ラクダの姿で現れた。サーリフは、これは神の雌ラクダだと言った。この雌ラクダは彼らの畑や庭を自由に歩き回り、池の水は一日だけこの雌ラクダのために確保された。共同体は数日間その雌ラクダを容認していたが、ある横柄な男がその雌ラクダを殺してしまった。その直後、激しい地震によって共同体は全滅した。

雌ラクダを殺した罪は、共同体の一人の人間が犯したものであるが、クルアーンでは『彼らは雌ラクダを絞め殺した』と複数形を使っている。その理由は、殺害の際、共同体の人々はその者が罪を犯すのを妨げず、またその後で非難もしなかったからである。誰もが彼を支持し、サーリフに反対した。犯人は自ら罪を犯したが、他の人々はその心と言葉では、その罪の共犯者であった。それゆえ、神の目から見れば、彼ら全員が有罪なのである。

彼らの後悔は遅過ぎた。自らすすんで徴を求めたのは彼らの方であった。そしてその徴はらくだの姿をもって授けられた。それは彼らの預言者サーリフを通し、彼らに対する試練として届けられたものだったのである。彼らはこの象徴を通して、すべての人々が水と自然の恩恵に預かる権利を有するという、平等の法則を尊重するようになっただろうか。彼らはこの法則を尊重することを拒んだ。雌らくだを故意に傷つけ、法則を冒涜したのである。彼らは自分たちの手で、自らに悪しき結末を招いたのである。

☪︎ 追い出される者のひとりとなるだろう

ルートが現れた共同体は、堕落の限りを尽くしていた。妻に満足できず、同性愛に溺れていた。ルートは彼らに神への礼拝と敬虔さを教え、邪淫を断ち切らせようとした。

ルートは伝道者として地域社会に出てきたが、その人格にはまったく偽りがなく、放言にふけることもなかった。しかし、彼が共同体の民の行動に対して発言したため、人々はルートの敵となった。ルートの言葉に重みを持たせるには、人々が神を恐れることが必要だった。しかし、彼の共同体の人々は、まさにこの美徳を完全に欠いていた。そのため、預言者の教えに耳を傾けることができなかった。

☪︎ 彼らの行っていることから救ってください

ルートはただ、義務感だけで彼らの中にとどまっていた。そこに漂う空気に、彼は嫌悪の情しか持てずにいたのである。義務から解放され、もはやこれ以上はここにとどまり続けなくてもよいことがわかったとき、ルートは喜んでその場から逃げ去った。彼は常々、彼を取り巻くこの場から救い出してくれるよう、祈っていたのである。

現在では死海の南側と東側一帯は、荒れ果てているように見える。しかし、紀元前2300年から1900年までは、ルートの民族が住み、非常に栄えた地域だった。ルートが説教を続けたにもかかわらず、人々は改心しなかった。それどころか、彼を殺そうとしていた。そして、激しい地震によって破壊された。この地域の一部は死海に埋もれ、もう一部は遺跡の形でしか残っていない。この出来事は4千年前に起こった。

ルートの妻は共同体の伝統の上に立つことができなかった。預言者の妻であるにもかかわらず、彼女は自分の共同体の宗教に従い続けた。その結果、神の罰が下されたとき、彼女は一般の不信心者たちとともに殺された。

☪︎ あなたがたにとり信頼に足る使徒である

シュアイブの共同体はイブラーヒームの子孫である。彼らが住んでいた地域の中心都市はタブークだった。タブクの古い名前はアイカで、「森」を意味する。そのため、クルアーンではアシャブ・アル・アイカ(森の住人)と呼ばれている。

すべての道徳的、社会的な悪の根源的な原因は、二重基準を設けていることである。人間にとっての正しき行いとは、他者には相応のものを与え、自分は相応のものを取ることである。これが神の「天秤」である。これが崩れると、集団的な社会生活に乱れが生じる。この天秤を保つ秘訣は、神を畏れることである。もし神への畏れが心から失われてしまえば、何ものも人の道徳的な平衡を保たせることはできない。

神の代理として現れた預言者たちは皆、共同体の人々にこう言った『私は、あなたがたにとり信頼に足る使徒である』。つまり、預言者は信頼に足る資質を備えていなければならないことを意味している。この信頼性の一つの側面は、その対象である共同体に対して、いかなる物質的、経済的な問題も持ち込むべきではないということである。この信頼性は非常に重要であるため、たとえ真理の伝道者がそのために自発的に自分の物質的権利を放棄しなければならないとしても、どんな犠牲を払っても育まれなければならない。

☪︎ 他の人からものを奪ってはならない

彼らは交易を生業とする人々であったが、詐欺や不正、不当な行為に手を染めていた。シュアイブは彼らに、神を畏れ、またシュアイブと同じ道に従うよう求めた。彼らと同じく、彼らの祖先もまた、神によって創造された人々であった。しかし彼らの祖先は、公正で良心的な行いによって繁栄を築いたのであり、決して詐欺や暴力的な不正によってではなかった。

☪︎ 空の破片を、私たちの上に落としてみせるがいい

シュアイブの共同体の人々は、自分たちの祖先のやり方が正しいと信じていたため、預言者の言葉が曲解された不条理なものに思えた。彼らは、預言者がそのような話をするように、誰かが魔法をかけたのではないかと言った。

もしシュアイブの言うことが本当なら、天からの懲罰を下すよう挑発した。彼らはシュアイブを嘲笑するためにこのようなことを言ったのである。この共同体の人々の横柄な態度は、神の激しい怒りを招き、彼らを巨大な雲が暗黒に沈め、猛火が包み込み、共同体のわずかな痕跡さえも消し去った。

☪︎ これは先人の啓典にもあること

「先人の啓典」。ここでは「ザブール」を「啓典」と訳出してある。これはクルアーンでも言及されている通り、預言者ダーウードに授けられた啓典の呼称である。また、一般的な意味で「署(54章12節)」の総称としても用いられる。ここでは、以前の啓示を指すのにこの語が用いられている。

クルアーンは人間の言語で啓示されているが、その文学的な卓越性は並外れており、その言語自体がクルアーンが優れた神の啓示であることの証となるほどである。クルアーンが真実であることのもう一つの証は、クルアーンが啓示されるはるか以前に生まれた預言者たちが、クルアーンを予言していたことである。この予言は、今日でもトーラー、ザブール(詩篇の書)、インジール(聖書)の中に見られる。これらの予言に基づき、当時のキリスト教やユダヤ教の学者の多く(例えばアブドゥッラー・イブン・サラーム)は信仰を受け入れた。この傾向は今日でも続いている。

このような特別な段取りを経た神の御言葉の啓示は、ある特別な目的のためだけであり、その目的とは、審判の日の到来を人々に警告することである。来世について警告することが、これまでの啓示された書物の特別な目的であったように、クルアーンの特別な目的でもある。

☪︎ 悪魔たちが、それを下すのではない

何か非常に目立った出来事が起こると、悪い方へ、悪い方へと解釈したがる人々というのが必ず存在する。そして何かにつけ、これは邪悪な者、つまり悪魔の仕業だと言う。クルアーンが驚くほど優れたアラビア語で下されたときにも敵対者たちは、それを悪霊の仕業として考える以外に、そのメッセージの持つ力を説明することができなかった。

☪︎ ひれ伏す者たちの中での、あなたの動きを見ている

立ったりひれ伏したりという姿勢は、文字どおり、ムスリムの礼拝の際の一連の動作である。預言者は、自分自身のためにも、またすべての人々のためにも熱心に礼拝した。預言者のふるまいは、喜びのときも悲しみのときも、人生のあらゆる場面において人々の模範となった。たとえ愚かな人々が、どれほど彼の揚げ足取りに執心しようとも、預言者の純正さと善良さについては、神が誰よりもよく理解していた。

☪︎ また詩人たちについて

預言者の説法の非凡さは、真理を否定する人々でさえも、彼の話に反論できないほどであった。そこで彼らは、彼は魔術師か呪術師であり、卓越した説法は、魔術師か呪術師であるからであって、預言者なのではないと告げた。同様に、彼らはクルアーンは詩人の作品だと言っていた。それに対する答えは、預言者を魔術師や詩人と比較して、その違いを見れば十分だというものだった。両者には天と地ほどの違いがあり、まともな人なら、両者を混同することはないだろう。

詩の基本は想像力であり、事実や現実ではない。だから詩人たちは空想にふけり、自分の考えをあちらこちらへと行き来させる。詩人たちとは異なり、預言者とその教友たちは、最大の真実である神に全神経を集中させた。彼らの生き方は、理想的な調和の説法と実践の見本となった。神に対する深い知識(ma’rifah)は、あらゆる場面で創造主を思い起こさせた。彼らは非常に用心深く、誰かに対して行動を起こしたとしても、それは自己防衛のためだけであった。来世の人生を真剣に考えていない者が、現世で神志向の生活を送ることに真剣になれるはずがない。

☪︎ 信じて正しい行いをし

この意味で、完璧な芸術家は、同時に完璧な人間でなくてはならない。現世では、完璧を達成することはできないかもしれない。しかしすべての人間は完璧を目標とすべきであろう。特に、技術的な面だけではなく、精神と本質においても最高の芸術家を目指そうという人ならなおさらである。預言者と同時代の人物であれば、ハッサン(ハッサン・ブン・サービト)とラービド(ラービド・ブン・ラビーア・ブン・マーリク・アブー・アキール・アル=アーミリー)の名が挙げられるだろう。後者は「ジャーヒリーヤ(無知の時代)」と呼ばれたイスラーム以前のアラブの詩人の中でも、とりわけ称賛に値する七詩人の一人に数えられるという栄誉に輝いている。『サヒーフ・ブハーリー』には預言者がラービドの詩を褒め称えたというハディースが収められている。

 
 

『高校生からわかるイスラム世界』本をチェック⇒


 
 

THE POETS (ash-Shu’ara’)【英語訳】

英語コーラン詩人たち
 

英語 アッ=シュアラーゥ ☟
In the name of God the Gracious, the Merciful.
1 Ta, Seen, Meem.

2 These are the Verses of the Clarifying Book.

3 Perhaps you will destroy yourself with grief, because they do not become believers.

4 If We will, We can send down upon them a sign from heaven, at which their necks will stay bent in humility.

5 No fresh reminder comes to them from the Most Merciful, but they turn their backs at it.

6 They have denied the truth, but soon will come to them the news of what they ridiculed.

7 Have they not seen the earth, and how many beautiful pairs We produced therein?

8 Surely in this is a sign, but most of them are not believers.

9 Most surely, your Lord is the Almighty, the Merciful.

10 Your Lord called to Moses, “Go to the tyrannical people.

11 The people of Pharaoh. Will they not fear?”

12 He said, “My Lord, I fear they will reject me.

13 And I become stressed, and my tongue is not fluent, so send Aaron too.

14 And they have a charge against me, so I fear they will kill me.”

15 He said, “No. Go, both of you, with Our proofs. We will be with you, listening.

16 Go to Pharaoh, and say, ‘We are the Messengers of the Lord of the Worlds.

17 Let the Children of Israel go with us.’“

18 He said, “Did we not raise you among us as a child, and you stayed among us for many of your years?

19 And you committed that deed you committed, and you were ungrateful.”

20 He said, “I did it then, when I was of those astray.

21 And I fled from you when I feared you; but my Lord gave me wisdom, and made me one of the messengers.

22 Is that the favor you taunt me with, although you have enslaved the Children of Israel?”

23 Pharaoh said, “And what is the Lord of the Worlds?”

24 He said, “The Lord of the heavens and the earth, and everything between them, if you are aware.”

25 He said to those around him, “Do you not hear?”

26 He said, “Your Lord and the Lord of your ancestors of old.”

27 He said, “This messenger of yours, who is sent to you, is crazy.”

28 He said, “Lord of the East and the West, and everything between them, if you understand.”

29 He said, “If you accept any god other than me, I will make you a prisoner.”

30 He said, “What if I bring you something convincing?”

31 He said, “Bring it, if you are being truthful.”

32 So he cast his staff, and it was a serpent, plain to see.

33 And he pulled his hand, and it was white, for all to see.

34 He said to the dignitaries around him, “This is a skilled magician.

35 He intends to drive you out of your land with his magic, so what do you recommend?”

36 They said, “Delay him and his brother, and send recruiters to the cities.

37 To bring you every experienced magician.”

38 So the magicians were gathered for the appointment on a specified day.

39 And it was said to the people, “Are you all gathered?

40 That we may follow the magicians, if they are the winners.”

41 When the magicians arrived, they said to Pharaoh, “Is there a reward for us, if we are the winners?”

42 He said, “Yes, and you will be among those favored.”

43 Moses said to them, “Present what you intend to present.”

44 So they threw their ropes and their sticks, and said, “By the majesty of Pharaoh, we will be the winners.”

45 Then Moses threw his staff, and behold, it began swallowing their trickery.

46 And the magicians fell down prostrating.

47 They said, “We have believed in the Lord of the Worlds.

48 The Lord of Moses and Aaron.”

49 He said, “Did you believe in Him before I have given you permission? He must be your chief, who taught you magic. You will soon know. I will cut off your hands and feet on opposite sides, and I will crucify you all.”

50 They said, “No problem. To our Lord we will return.

51 We are eager for our Lord to forgive us our sins, since we are the first of the believers.”

52 And We inspired Moses: “Travel with My servants by night. You will be followed.”

53 Pharaoh sent heralds to the cities.

54 “These are a small gang.

55 And they are enraging us.

56 But we are a vigilant multitude.”

57 So We drove them out of gardens and springs.

58 And treasures and noble dwellings.

59 So it was. And We made the Children of Israel inherit them.

60 And they pursued them at sunrise.

61 When the two groups sighted each other, the followers of Moses said, “We are being overtaken.”

62 He said, “No; my Lord is with me, He will guide me.”

63 We inspired Moses: “Strike the sea with your staff.” Whereupon it parted, and each part was like a huge hill.

64 And there We brought the others near.

65 And We saved Moses and those with him, all together.

66 Then We drowned the others.

67 In that there is a sign, but most of them are not believers.

68 Surely, your Lord is the Almighty, the Merciful.

69 And relate to them the story of Abraham.

70 When he said to his father and his people, “What do you worship?”

71 They said, “We worship idols, and we remain devoted to them.”

72 He said, “Do they hear you when you pray?

73 Or do they benefit you, or harm you?”

74 They said, “But we found our ancestors doing so.”

75 He said, “Have you considered what you worship.

76 You and your ancient ancestors?

77 They are enemies to me, but not so the Lord of the Worlds.

78 He who created me, and guides me.

79 He who feeds me, and waters me.

80 And when I get sick, He heals me.

81 He who makes me die, and then revives me.

82 He, who will, I hope, will forgive my sins on the Day of the Reckoning.”

83 “My Lord! Grant me wisdom, and include me with the righteous.

84 And give me a reputation of truth among the others.

85 And make me of the inheritors of the Garden of Bliss.

86 And forgive my father – he was one of the misguided.

87 And do not disgrace me on the Day they are resurrected.

88 The Day when neither wealth nor children will help.

89 Except for him who comes to God with a sound heart.”

90 And Paradise will be brought near for the righteous.

91 And the Blaze will be displayed to the deviators.

92 And it will be said to them, “Where are those you used to worship?”

93 Besides God? Can they help you, or help themselves?”

94 Then they will be toppled into it, together with the seducers.

95 And the soldiers of Satan, all of them.

96 They will say, as they feud in it.

97 “By God, We were in evident error.

98 For equating you with the Lord of the Worlds.

99 No one misled us except the sinners.

100 Now we have no intercessors.

101 And no sincere friend.

102 If only we could have another chance, we would be among the faithful.”

103 Surely in this is a sign, but most of them are not believers.

104 Your Lord is the Almighty, the Merciful.

105 The people of Noah disbelieved the messengers.

106 Their brother Noah said to them, “Do you not fear?

107 I am to you a faithful messenger.

108 So fear God, and obey me.

109 I ask of you no payment for this. My payment is only from the Lord of the Worlds.

110 So fear God, and obey me.”

111 They said, “Shall we believe in you, when it is the lowliest who follow you?”

112 He said, “What do I know about what they do?

113 Their account rests only with my Lord, if you have sense.

114 And I am not about to drive away the believers.

115 I am only a clear warner.”

116 They said, “If you do not refrain, O Noah, you will be stoned.”

117 He said, “My Lord, my people have denied me.

118 So judge between me and them decisively, and deliver me and the believers who are with me.

119 So We delivered him and those with him in the laden Ark.

120 Then We drowned the rest.

121 In that is a sign, but most of them are not believers.

122 Your Lord is the Almighty, the Merciful.

123 Aad disbelieved the messengers.

124 When their brother Hud said to them, “Do you not fear?

125 I am to you a faithful messenger.

126 So fear God, and obey me.

127 I ask of you no payment for this. My payment is only from the Lord of the Worlds.

128 Do you build a monument on every height for vanity’s sake?

129 And you set up fortresses, hoping to live forever?

130 And when you strike, you strike mercilessly?

131 So fear God, and obey me.

132 And fear Him, who supplied you with everything you know.

133 He supplied you with livestock and children.

134 And gardens and springs.

135 I fear for you the punishment of an awesome Day.”

136 They said, “It is the same for us, whether you lecture us, or do not lecture.

137 This is nothing but morals of the ancients.

138 And we will not be punished.”

139 So they denied him, and We destroyed them. Surely in this is a sign, but most of them are not believers.

140 Your Lord is the Almighty, the Merciful.

141 Thamood disbelieved the messengers.

142 When their brother Saleh said to them, “Do you not fear?

143 I am to you a faithful messenger.

144 So fear God, and obey me.

145 I ask of you no payment for it. My payment is only from the Lord of the Worlds.

146 Will you be left secure in what is here?

147 In gardens and springs?

148 And fields, and palm-trees whose fruits are delicious?

149 And you skillfully carve houses in the mountains?

150 So fear God, and obey me.

151 And do not obey the command of the extravagant.

152 Who spread turmoil on earth, and do not reform.”

153 They said, “You are surely one of the bewitched.

154 You are nothing but a man like us. So bring us a sign, if you are truthful.

155 He said, “This is a she-camel; she has her turn of drinking, and you have your turn of drinking – on a specified day.

156 And do not touch her with harm, lest the punishment of a great day seizes you.”

157 But they slaughtered her, and became full of remorse.

158 So the punishment overtook them. Surely in this is a sign, but most of them are not believers.

159 Your Lord is the Almighty, the Merciful.

160 The people of Lot disbelieved the messengers.

161 When their brother Lot said to them, “Do you not fear?

162 I am to you a faithful messenger.

163 So fear God, and obey me.

164 I ask of you no payment for it. My payment is only from the Lord of the Worlds.

165 Do you approach the males of the world?

166 And forsake the wives that your Lord has created for you? Indeed, you are intrusive people.”

167 They said, “Unless you refrain, O Lot, you will be expelled.”

168 He said, “I certainly deplore your conduct.”

169 “My Lord, save me and my family from what they do.”

170 So We saved him and his family, altogether.

171 Except for an old woman among those who tarried.

172 Then We destroyed the others.

173 And We rained down on them a rain. Dreadful is the rain of those forewarned.

174 Surely in this is a sign, but most of them are not believers.

175 Your Lord is the Almighty, the Merciful.

176 The People of the Woods disbelieved the messengers.

177 When Shuaib said to them, “Do you not fear?

178 I am to you a trustworthy messenger.

179 So fear God, and obey me.

180 I ask of you no payment for it. My payment is only from the Lord of the Worlds.

181 Give full measure, and do not cheat.

182 And weigh with the accurate scales.

183 And do not defraud people of their belongings, and do not work corruption in the land.

184 And fear Him who created you and the masses of old.”

185 They said, “You are one of those bewitched.

186 And you are nothing but a man like us; and we think that you are a liar.

187 So bring down on us pieces from the sky, if you are truthful.”

188 He said, “My Lord is Well Aware of what you do.”

189 But they denied him. So the punishment of the day of gloom gripped them. It was the punishment of a great day.

190 Surely in this is a sign, but most of them are not believers.

191/su_dropcap] Your Lord is the Almighty, the Merciful.

192
It is a revelation from the Lord of the Worlds.

193 The Honest Spirit came down with it.

194 Upon your heart, that you may be one of the warners.

195 In a clear Arabic tongue.

196 And it is in the Scriptures of the ancients.

197 Is it not a sign for them that the scholars of the Children of Israel recognized it?

198 Had We revealed it to one of the foreigners.

199 And he had recited it to them, they still would not have believed in it.

200 Thus We make it pass through the hearts of the guilty.

201 They will not believe in it until they witness the painful punishment.

202 It will come to them suddenly, while they are unaware.

203 Then they will say, “Are we given any respite?”

204 Do they seek to hasten Our punishment?

205 Have you considered: if We let them enjoy themselves for some years.

206 Then there comes to them what they were promised.

207 Of what avail to them will be their past enjoyments?

208 Never did We destroy a town, but it had warners.

209 As a reminder – We are never unjust.

210 It was not the devils that revealed it.

211 It is not in their interests, nor in their power.

212 They are barred from hearing.

213 So do not pray to another god with God, else you will be of those tormented.

214 And warn your close relatives.

215 And lower your wing to those of the believers who follow you.

216 And if they disobey you, say, “I am innocent of what you do.”

217 And put your trust in the Almighty, the Merciful.

218 He Who sees you when you rise.

219 And your devotions amidst the worshipers.

220 He is indeed the Hearer, the Aware.

221 Shall I inform you upon whom the devils descend?

222 They descend upon every sinful liar.

223 They give ear, and most of them are liars.

224 And as for the poets – the deviators follow them.

225 Do you not see how they ramble in every style?

226 And how they say what they do not do?

227 Except for those who believe, do good deeds, remember God frequently, and defend themselves after they are wronged. As for those who do wrong, they will know by what overturning they will be overturned.

 

関連記事識別 (規範) 📖 アル=フルカーン【第25章】クルアーン~英知は中庸の道を選ぶことにある
関連記事蟻 📖 アン=ナムル【第27章】クルアーン~スライマーンは蟻が何を言っているのか理解した

 

参考図書: