物語 📖 アル=カサス【第28章】クルアーン~真実の知識はこの世で最も価値のあるもの

クルアーン第28章アル・カサス『物語』日本語
【コーラン】アラビア語☪日本語☪英語☪解釈☪音声 【コーラン】アラビア語☪日本語☪英語☪解釈☪音声

アル・カーサス (アラビア語: القصص, ’al-qaṣaṣ; 意味: 物語) は、クルアーンの第 28 章で、88 節からなる。

この章題は、二五節に現れる語に由来している。主にムーサーの初期の努力と最終的な勝利に焦点をあてた物語を伝える。預言者としての使命を授かり、苦闘を強いられていた絶望的な状況の中で下された啓示であり、マッカ時代最後の啓示群のひとつである。

 

28. HISTORY (al-Qasas)

スポンサーリンク

القصص【アラビア語】

アラビア語クルアーン第28章

アラビア語 アル・カサス ☟

بِسْمِ اللَّهِ الرَّحْمَٰنِ الرَّحِيمِ

١ طسم

٢ تِلْكَ آيَاتُ الْكِتَابِ الْمُبِينِ

٣ نَتْلُو عَلَيْكَ مِنْ نَبَإِ مُوسَىٰ وَفِرْعَوْنَ بِالْحَقِّ لِقَوْمٍ يُؤْمِنُونَ

٤ إِنَّ فِرْعَوْنَ عَلَا فِي الْأَرْضِ وَجَعَلَ أَهْلَهَا شِيَعًا يَسْتَضْعِفُ طَائِفَةً مِنْهُمْ يُذَبِّحُ أَبْنَاءَهُمْ وَيَسْتَحْيِي نِسَاءَهُمْ ۚ إِنَّهُ كَانَ مِنَ الْمُفْسِدِي

٥ وَنُرِيدُ أَنْ نَمُنَّ عَلَى الَّذِينَ اسْتُضْعِفُوا فِي الْأَرْضِ وَنَجْعَلَهُمْ أَئِمَّةً وَنَجْعَلَهُمُ الْوَارِثِينَ

٦ وَنُمَكِّنَ لَهُمْ فِي الْأَرْضِ وَنُرِيَ فِرْعَوْنَ وَهَامَانَ وَجُنُودَهُمَا مِنْهُمْ مَا كَانُوا يَحْذَرُونَ

٧ وَأَوْحَيْنَا إِلَىٰ أُمِّ مُوسَىٰ أَنْ أَرْضِعِيهِ ۖ فَإِذَا خِفْتِ عَلَيْهِ فَأَلْقِيهِ فِي الْيَمِّ وَلَا تَخَافِي وَلَا تَحْزَنِي ۖ إِنَّا رَادُّوهُ إِلَيْكِ وَجَاعِلُوهُ مِنَ الْمُرْسَلِينَ

٨ فَالْتَقَطَهُ آلُ فِرْعَوْنَ لِيَكُونَ لَهُمْ عَدُوًّا وَحَزَنًا ۗ إِنَّ فِرْعَوْنَ وَهَامَانَ وَجُنُودَهُمَا كَانُوا خَاطِئِينَ

٩ وَقَالَتِ امْرَأَتُ فِرْعَوْنَ قُرَّتُ عَيْنٍ لِي وَلَكَ ۖ لَا تَقْتُلُوهُ عَسَىٰ أَنْ يَنْفَعَنَا أَوْ نَتَّخِذَهُ وَلَدًا وَهُمْ لَا يَشْعُرُونَ

١٠ وَأَصْبَحَ فُؤَادُ أُمِّ مُوسَىٰ فَارِغًا ۖ إِنْ كَادَتْ لَتُبْدِي بِهِ لَوْلَا أَنْ رَبَطْنَا عَلَىٰ قَلْبِهَا لِتَكُونَ مِنَ الْمُؤْمِنِينَ

١١ وَقَالَتْ لِأُخْتِهِ قُصِّيهِ ۖ فَبَصُرَتْ بِهِ عَنْ جُنُبٍ وَهُمْ لَا يَشْعُرُونَ

١٢ وَحَرَّمْنَا عَلَيْهِ الْمَرَاضِعَ مِنْ قَبْلُ فَقَالَتْ هَلْ أَدُلُّكُمْ عَلَىٰ أَهْلِ بَيْتٍ يَكْفُلُونَهُ لَكُمْ وَهُمْ لَهُ نَاصِحُونَ

١٣ فَرَدَدْنَاهُ إِلَىٰ أُمِّهِ كَيْ تَقَرَّ عَيْنُهَا وَلَا تَحْزَنَ وَلِتَعْلَمَ أَنَّ وَعْدَ اللَّهِ حَقٌّ وَلَٰكِنَّ أَكْثَرَهُمْ لَا يَعْلَمُونَ

١٤ وَلَمَّا بَلَغَ أَشُدَّهُ وَاسْتَوَىٰ آتَيْنَاهُ حُكْمًا وَعِلْمًا ۚ وَكَذَٰلِكَ نَجْزِي الْمُحْسِنِينَ

١٥ وَدَخَلَ الْمَدِينَةَ عَلَىٰ حِينِ غَفْلَةٍ مِنْ أَهْلِهَا فَوَجَدَ فِيهَا رَجُلَيْنِ يَقْتَتِلَانِ هَٰذَا مِنْ شِيعَتِهِ وَهَٰذَا مِنْ عَدُوِّهِ ۖ فَاسْتَغَاثَهُ الَّذِي مِنْ شِيعَتِهِ عَلَى الَّذِي مِنْ عَدُوِّهِ فَوَكَزَهُ مُوسَىٰ فَقَضَىٰ عَلَيْهِ ۖ قَالَ هَٰذَا مِنْ عَمَلِ الشَّيْطَانِ ۖ إِنَّهُ عَدُوٌّ مُضِلٌّ مُبِينٌ

١٦ قَالَ رَبِّ إِنِّي ظَلَمْتُ نَفْسِي فَاغْفِرْ لِي فَغَفَرَ لَهُ ۚ إِنَّهُ هُوَ الْغَفُورُ الرَّحِيمُ

١٧ قَالَ رَبِّ بِمَا أَنْعَمْتَ عَلَيَّ فَلَنْ أَكُونَ ظَهِيرًا لِلْمُجْرِمِينَ

١٨ فَأَصْبَحَ فِي الْمَدِينَةِ خَائِفًا يَتَرَقَّبُ فَإِذَا الَّذِي اسْتَنْصَرَهُ بِالْأَمْسِ يَسْتَصْرِخُهُ ۚ قَالَ لَهُ مُوسَىٰ إِنَّكَ لَغَوِيٌّ مُبِينٌ

١٩ فَلَمَّا أَنْ أَرَادَ أَنْ يَبْطِشَ بِالَّذِي هُوَ عَدُوٌّ لَهُمَا قَالَ يَا مُوسَىٰ أَتُرِيدُ أَنْ تَقْتُلَنِي كَمَا قَتَلْتَ نَفْسًا بِالْأَمْسِ ۖ إِنْ تُرِيدُ إِلَّا أَنْ تَكُونَ جَبَّارًا فِي الْأَرْضِ وَمَا تُرِيدُ أَنْ تَكُونَ مِنَ الْمُصْلِحِينَ

٢٠ وَجَاءَ رَجُلٌ مِنْ أَقْصَى الْمَدِينَةِ يَسْعَىٰ قَالَ يَا مُوسَىٰ إِنَّ الْمَلَأَ يَأْتَمِرُونَ بِكَ لِيَقْتُلُوكَ فَاخْرُجْ إِنِّي لَكَ مِنَ النَّاصِحِينَ

٢١ فَخَرَجَ مِنْهَا خَائِفًا يَتَرَقَّبُ ۖ قَالَ رَبِّ نَجِّنِي مِنَ الْقَوْمِ الظَّالِمِينَ

٢٢ وَلَمَّا تَوَجَّهَ تِلْقَاءَ مَدْيَنَ قَالَ عَسَىٰ رَبِّي أَنْ يَهْدِيَنِي سَوَاءَ السَّبِيلِ

٢٣ وَلَمَّا وَرَدَ مَاءَ مَدْيَنَ وَجَدَ عَلَيْهِ أُمَّةً مِنَ النَّاسِ يَسْقُونَ وَوَجَدَ مِنْ دُونِهِمُ امْرَأَتَيْنِ تَذُودَانِ ۖ قَالَ مَا خَطْبُكُمَا ۖ قَالَتَا لَا نَسْقِي حَتَّىٰ يُصْدِرَ الرِّعَاءُ ۖ وَأَبُونَا شَيْخٌ كَبِيرٌ

٢٤ فَسَقَىٰ لَهُمَا ثُمَّ تَوَلَّىٰ إِلَى الظِّلِّ فَقَالَ رَبِّ إِنِّي لِمَا أَنْزَلْتَ إِلَيَّ مِنْ خَيْرٍ فَقِيرٌ

٢٥ فَجَاءَتْهُ إِحْدَاهُمَا تَمْشِي عَلَى اسْتِحْيَاءٍ قَالَتْ إِنَّ أَبِي يَدْعُوكَ لِيَجْزِيَكَ أَجْرَ مَا سَقَيْتَ لَنَا ۚ فَلَمَّا جَاءَهُ وَقَصَّ عَلَيْهِ الْقَصَصَ قَالَ لَا تَخَفْ ۖ نَجَوْتَ مِنَ الْقَوْمِ الظَّالِمِينَ

٢٦ قَالَتْ إِحْدَاهُمَا يَا أَبَتِ اسْتَأْجِرْهُ ۖ إِنَّ خَيْرَ مَنِ اسْتَأْجَرْتَ الْقَوِيُّ الْأَمِينُ

٢٧ قَالَ إِنِّي أُرِيدُ أَنْ أُنْكِحَكَ إِحْدَى ابْنَتَيَّ هَاتَيْنِ عَلَىٰ أَنْ تَأْجُرَنِي ثَمَانِيَ حِجَجٍ ۖ فَإِنْ أَتْمَمْتَ عَشْرًا فَمِنْ عِنْدِكَ ۖ وَمَا أُرِيدُ أَنْ أَشُقَّ عَلَيْكَ ۚ سَتَجِدُنِي إِنْ شَاءَ اللَّهُ مِنَ الصَّالِحِينَ

٢٨ قَالَ ذَٰلِكَ بَيْنِي وَبَيْنَكَ ۖ أَيَّمَا الْأَجَلَيْنِ قَضَيْتُ فَلَا عُدْوَانَ عَلَيَّ ۖ وَاللَّهُ عَلَىٰ مَا نَقُولُ وَكِيلٌ

٢٩ فَلَمَّا قَضَىٰ مُوسَى الْأَجَلَ وَسَارَ بِأَهْلِهِ آنَسَ مِنْ جَانِبِ الطُّورِ نَارًا قَالَ لِأَهْلِهِ امْكُثُوا إِنِّي آنَسْتُ نَارًا لَعَلِّي آتِيكُمْ مِنْهَا بِخَبَرٍ أَوْ جَذْوَةٍ مِنَ النَّارِ لَعَلَّكُمْ تَصْطَلُونَ

٣٠ فَلَمَّا أَتَاهَا نُودِيَ مِنْ شَاطِئِ الْوَادِ الْأَيْمَنِ فِي الْبُقْعَةِ الْمُبَارَكَةِ مِنَ الشَّجَرَةِ أَنْ يَا مُوسَىٰ إِنِّي أَنَا اللَّهُ رَبُّ الْعَالَمِينَ

٣١ وَأَنْ أَلْقِ عَصَاكَ ۖ فَلَمَّا رَآهَا تَهْتَزُّ كَأَنَّهَا جَانٌّ وَلَّىٰ مُدْبِرًا وَلَمْ يُعَقِّبْ ۚ يَا مُوسَىٰ أَقْبِلْ وَلَا تَخَفْ ۖ إِنَّكَ مِنَ الْآمِنِينَ

٣٢ اسْلُكْ يَدَكَ فِي جَيْبِكَ تَخْرُجْ بَيْضَاءَ مِنْ غَيْرِ سُوءٍ وَاضْمُمْ إِلَيْكَ جَنَاحَكَ مِنَ الرَّهْبِ ۖ فَذَانِكَ بُرْهَانَانِ مِنْ رَبِّكَ إِلَىٰ فِرْعَوْنَ وَمَلَئِهِ ۚ إِنَّهُمْ كَانُوا قَوْمًا فَاسِقِينَ

٣٣ قَالَ رَبِّ إِنِّي قَتَلْتُ مِنْهُمْ نَفْسًا فَأَخَافُ أَنْ يَقْتُلُونِ

٣٤ وَأَخِي هَارُونُ هُوَ أَفْصَحُ مِنِّي لِسَانًا فَأَرْسِلْهُ مَعِيَ رِدْءًا يُصَدِّقُنِي ۖ إِنِّي أَخَافُ أَنْ يُكَذِّبُونِ

٣٥ قَالَ سَنَشُدُّ عَضُدَكَ بِأَخِيكَ وَنَجْعَلُ لَكُمَا سُلْطَانًا فَلَا يَصِلُونَ إِلَيْكُمَا ۚ بِآيَاتِنَا أَنْتُمَا وَمَنِ اتَّبَعَكُمَا الْغَالِبُونَ

٣٦ فَلَمَّا جَاءَهُمْ مُوسَىٰ بِآيَاتِنَا بَيِّنَاتٍ قَالُوا مَا هَٰذَا إِلَّا سِحْرٌ مُفْتَرًى وَمَا سَمِعْنَا بِهَٰذَا فِي آبَائِنَا الْأَوَّلِينَ

٣٧ وَقَالَ مُوسَىٰ رَبِّي أَعْلَمُ بِمَنْ جَاءَ بِالْهُدَىٰ مِنْ عِنْدِهِ وَمَنْ تَكُونُ لَهُ عَاقِبَةُ الدَّارِ ۖ إِنَّهُ لَا يُفْلِحُ الظَّالِمُونَ

٣٨ وَقَالَ فِرْعَوْنُ يَا أَيُّهَا الْمَلَأُ مَا عَلِمْتُ لَكُمْ مِنْ إِلَٰهٍ غَيْرِي فَأَوْقِدْ لِي يَا هَامَانُ عَلَى الطِّينِ فَاجْعَلْ لِي صَرْحًا لَعَلِّي أَطَّلِعُ إِلَىٰ إِلَٰهِ مُوسَىٰ وَإِنِّي لَأَظُنُّهُ مِنَ الْكَاذِبِينَ

٣٩ وَاسْتَكْبَرَ هُوَ وَجُنُودُهُ فِي الْأَرْضِ بِغَيْرِ الْحَقِّ وَظَنُّوا أَنَّهُمْ إِلَيْنَا لَا يُرْجَعُونَ

٤٠ فَأَخَذْنَاهُ وَجُنُودَهُ فَنَبَذْنَاهُمْ فِي الْيَمِّ ۖ فَانْظُرْ كَيْفَ كَانَ عَاقِبَةُ الظَّالِمِينَ

٤١ وَجَعَلْنَاهُمْ أَئِمَّةً يَدْعُونَ إِلَى النَّارِ ۖ وَيَوْمَ الْقِيَامَةِ لَا يُنْصَرُونَ

٤٢ وَأَتْبَعْنَاهُمْ فِي هَٰذِهِ الدُّنْيَا لَعْنَةً ۖ وَيَوْمَ الْقِيَامَةِ هُمْ مِنَ الْمَقْبُوحِينَ

٤٣ وَلَقَدْ آتَيْنَا مُوسَى الْكِتَابَ مِنْ بَعْدِ مَا أَهْلَكْنَا الْقُرُونَ الْأُولَىٰ بَصَائِرَ لِلنَّاسِ وَهُدًى وَرَحْمَةً لَعَلَّهُمْ يَتَذَكَّرُونَ

٤٤ وَمَا كُنْتَ بِجَانِبِ الْغَرْبِيِّ إِذْ قَضَيْنَا إِلَىٰ مُوسَى الْأَمْرَ وَمَا كُنْتَ مِنَ الشَّاهِدِينَ

٤٥ وَلَٰكِنَّا أَنْشَأْنَا قُرُونًا فَتَطَاوَلَ عَلَيْهِمُ الْعُمُرُ ۚ وَمَا كُنْتَ ثَاوِيًا فِي أَهْلِ مَدْيَنَ تَتْلُو عَلَيْهِمْ آيَاتِنَا وَلَٰكِنَّا كُنَّا مُرْسِلِينَ

٤٦ وَمَا كُنْتَ بِجَانِبِ الطُّورِ إِذْ نَادَيْنَا وَلَٰكِنْ رَحْمَةً مِنْ رَبِّكَ لِتُنْذِرَ قَوْمًا مَا أَتَاهُمْ مِنْ نَذِيرٍ مِنْ قَبْلِكَ لَعَلَّهُمْ يَتَذَكَّرُونَ

٤٧ وَلَوْلَا أَنْ تُصِيبَهُمْ مُصِيبَةٌ بِمَا قَدَّمَتْ أَيْدِيهِمْ فَيَقُولُوا رَبَّنَا لَوْلَا أَرْسَلْتَ إِلَيْنَا رَسُولًا فَنَتَّبِعَ آيَاتِكَ وَنَكُونَ مِنَ الْمُؤْمِنِينَ

٤٨ فَلَمَّا جَاءَهُمُ الْحَقُّ مِنْ عِنْدِنَا قَالُوا لَوْلَا أُوتِيَ مِثْلَ مَا أُوتِيَ مُوسَىٰ ۚ أَوَلَمْ يَكْفُرُوا بِمَا أُوتِيَ مُوسَىٰ مِنْ قَبْلُ ۖ قَالُوا سِحْرَانِ تَظَاهَرَا وَقَالُوا إِنَّا بِكُلٍّ كَافِرُونَ

٤٩ قُلْ فَأْتُوا بِكِتَابٍ مِنْ عِنْدِ اللَّهِ هُوَ أَهْدَىٰ مِنْهُمَا أَتَّبِعْهُ إِنْ كُنْتُمْ صَادِقِينَ

٥٠ فَإِنْ لَمْ يَسْتَجِيبُوا لَكَ فَاعْلَمْ أَنَّمَا يَتَّبِعُونَ أَهْوَاءَهُمْ ۚ وَمَنْ أَضَلُّ مِمَّنِ اتَّبَعَ هَوَاهُ بِغَيْرِ هُدًى مِنَ اللَّهِ ۚ إِنَّ اللَّهَ لَا يَهْدِي الْقَوْمَ الظَّالِمِينَ

٥١ وَلَقَدْ وَصَّلْنَا لَهُمُ الْقَوْلَ لَعَلَّهُمْ يَتَذَكَّرُونَ

٥٢ الَّذِينَ آتَيْنَاهُمُ الْكِتَابَ مِنْ قَبْلِهِ هُمْ بِهِ يُؤْمِنُونَ

٥٣ وَإِذَا يُتْلَىٰ عَلَيْهِمْ قَالُوا آمَنَّا بِهِ إِنَّهُ الْحَقُّ مِنْ رَبِّنَا إِنَّا كُنَّا مِنْ قَبْلِهِ مُسْلِمِينَ

٥٤ أُولَٰئِكَ يُؤْتَوْنَ أَجْرَهُمْ مَرَّتَيْنِ بِمَا صَبَرُوا وَيَدْرَءُونَ بِالْحَسَنَةِ السَّيِّئَةَ وَمِمَّا رَزَقْنَاهُمْ يُنْفِقُونَ

٥٥ وَإِذَا سَمِعُوا اللَّغْوَ أَعْرَضُوا عَنْهُ وَقَالُوا لَنَا أَعْمَالُنَا وَلَكُمْ أَعْمَالُكُمْ سَلَامٌ عَلَيْكُمْ لَا نَبْتَغِي الْجَاهِلِينَ

٥٦ إِنَّكَ لَا تَهْدِي مَنْ أَحْبَبْتَ وَلَٰكِنَّ اللَّهَ يَهْدِي مَنْ يَشَاءُ ۚ وَهُوَ أَعْلَمُ بِالْمُهْتَدِينَ

٥٧ وَقَالُوا إِنْ نَتَّبِعِ الْهُدَىٰ مَعَكَ نُتَخَطَّفْ مِنْ أَرْضِنَا ۚ أَوَلَمْ نُمَكِّنْ لَهُمْ حَرَمًا آمِنًا يُجْبَىٰ إِلَيْهِ ثَمَرَاتُ كُلِّ شَيْءٍ رِزْقًا مِنْ لَدُنَّا وَلَٰكِنَّ أَكْثَرَهُمْ لَا يَعْلَمُونَ

٥٨ وَكَمْ أَهْلَكْنَا مِنْ قَرْيَةٍ بَطِرَتْ مَعِيشَتَهَا ۖ فَتِلْكَ مَسَاكِنُهُمْ لَمْ تُسْكَنْ مِنْ بَعْدِهِمْ إِلَّا قَلِيلًا ۖ وَكُنَّا نَحْنُ الْوَارِثِينَ

٥٩ وَمَا كَانَ رَبُّكَ مُهْلِكَ الْقُرَىٰ حَتَّىٰ يَبْعَثَ فِي أُمِّهَا رَسُولًا يَتْلُو عَلَيْهِمْ آيَاتِنَا ۚ وَمَا كُنَّا مُهْلِكِي الْقُرَىٰ إِلَّا وَأَهْلُهَا ظَالِمُونَ

٦٠ وَمَا أُوتِيتُمْ مِنْ شَيْءٍ فَمَتَاعُ الْحَيَاةِ الدُّنْيَا وَزِينَتُهَا ۚ وَمَا عِنْدَ اللَّهِ خَيْرٌ وَأَبْقَىٰ ۚ أَفَلَا تَعْقِلُونَ

٦١ أَفَمَنْ وَعَدْنَاهُ وَعْدًا حَسَنًا فَهُوَ لَاقِيهِ كَمَنْ مَتَّعْنَاهُ مَتَاعَ الْحَيَاةِ الدُّنْيَا ثُمَّ هُوَ يَوْمَ الْقِيَامَةِ مِنَ الْمُحْضَرِينَ

٦٢ وَيَوْمَ يُنَادِيهِمْ فَيَقُولُ أَيْنَ شُرَكَائِيَ الَّذِينَ كُنْتُمْ تَزْعُمُونَ

٦٣ قَالَ الَّذِينَ حَقَّ عَلَيْهِمُ الْقَوْلُ رَبَّنَا هَٰؤُلَاءِ الَّذِينَ أَغْوَيْنَا أَغْوَيْنَاهُمْ كَمَا غَوَيْنَا ۖ تَبَرَّأْنَا إِلَيْكَ ۖ مَا كَانُوا إِيَّانَا يَعْبُدُونَ

٦٤ وَقِيلَ ادْعُوا شُرَكَاءَكُمْ فَدَعَوْهُمْ فَلَمْ يَسْتَجِيبُوا لَهُمْ وَرَأَوُا الْعَذَابَ ۚ لَوْ أَنَّهُمْ كَانُوا يَهْتَدُونَ

٦٥ وَيَوْمَ يُنَادِيهِمْ فَيَقُولُ مَاذَا أَجَبْتُمُ الْمُرْسَلِينَ

٦٦ فَعَمِيَتْ عَلَيْهِمُ الْأَنْبَاءُ يَوْمَئِذٍ فَهُمْ لَا يَتَسَاءَلُونَ

٦٧ فَأَمَّا مَنْ تَابَ وَآمَنَ وَعَمِلَ صَالِحًا فَعَسَىٰ أَنْ يَكُونَ مِنَ الْمُفْلِحِينَ

٦٨ وَرَبُّكَ يَخْلُقُ مَا يَشَاءُ وَيَخْتَارُ ۗ مَا كَانَ لَهُمُ الْخِيَرَةُ ۚ سُبْحَانَ اللَّهِ وَتَعَالَىٰ عَمَّا يُشْرِكُونَ

٦٩ وَرَبُّكَ يَعْلَمُ مَا تُكِنُّ صُدُورُهُمْ وَمَا يُعْلِنُونَ

٧٠ وَهُوَ اللَّهُ لَا إِلَٰهَ إِلَّا هُوَ ۖ لَهُ الْحَمْدُ فِي الْأُولَىٰ وَالْآخِرَةِ ۖ وَلَهُ الْحُكْمُ وَإِلَيْهِ تُرْجَعُونَ

٧١ قُلْ أَرَأَيْتُمْ إِنْ جَعَلَ اللَّهُ عَلَيْكُمُ اللَّيْلَ سَرْمَدًا إِلَىٰ يَوْمِ الْقِيَامَةِ مَنْ إِلَٰهٌ غَيْرُ اللَّهِ يَأْتِيكُمْ بِضِيَاءٍ ۖ أَفَلَا تَسْمَعُونَ

٧٢ قُلْ أَرَأَيْتُمْ إِنْ جَعَلَ اللَّهُ عَلَيْكُمُ النَّهَارَ سَرْمَدًا إِلَىٰ يَوْمِ الْقِيَامَةِ مَنْ إِلَٰهٌ غَيْرُ اللَّهِ يَأْتِيكُمْ بِلَيْلٍ تَسْكُنُونَ فِيهِ ۖ أَفَلَا تُبْصِرُونَ

٧٣ وَمِنْ رَحْمَتِهِ جَعَلَ لَكُمُ اللَّيْلَ وَالنَّهَارَ لِتَسْكُنُوا فِيهِ وَلِتَبْتَغُوا مِنْ فَضْلِهِ وَلَعَلَّكُمْ تَشْكُرُونَ

٧٤ وَيَوْمَ يُنَادِيهِمْ فَيَقُولُ أَيْنَ شُرَكَائِيَ الَّذِينَ كُنْتُمْ تَزْعُمُونَ

٧٥ وَنَزَعْنَا مِنْ كُلِّ أُمَّةٍ شَهِيدًا فَقُلْنَا هَاتُوا بُرْهَانَكُمْ فَعَلِمُوا أَنَّ الْحَقَّ لِلَّهِ وَضَلَّ عَنْهُمْ مَا كَانُوا يَفْتَرُونَ

٧٦ إِنَّ قَارُونَ كَانَ مِنْ قَوْمِ مُوسَىٰ فَبَغَىٰ عَلَيْهِمْ ۖ وَآتَيْنَاهُ مِنَ الْكُنُوزِ مَا إِنَّ مَفَاتِحَهُ لَتَنُوءُ بِالْعُصْبَةِ أُولِي الْقُوَّةِ إِذْ قَالَ لَهُ قَوْمُهُ لَا تَفْرَحْ ۖ إِنَّ اللَّهَ لَا يُحِبُّ الْفَرِحِينَ

٧٧ وَابْتَغِ فِيمَا آتَاكَ اللَّهُ الدَّارَ الْآخِرَةَ ۖ وَلَا تَنْسَ نَصِيبَكَ مِنَ الدُّنْيَا ۖ وَأَحْسِنْ كَمَا أَحْسَنَ اللَّهُ إِلَيْكَ ۖ وَلَا تَبْغِ الْفَسَادَ فِي الْأَرْضِ ۖ إِنَّ اللَّهَ لَا يُحِبُّ الْمُفْسِدِينَ

٧٨ قَالَ إِنَّمَا أُوتِيتُهُ عَلَىٰ عِلْمٍ عِنْدِي ۚ أَوَلَمْ يَعْلَمْ أَنَّ اللَّهَ قَدْ أَهْلَكَ مِنْ قَبْلِهِ مِنَ الْقُرُونِ مَنْ هُوَ أَشَدُّ مِنْهُ قُوَّةً وَأَكْثَرُ جَمْعًا ۚ وَلَا يُسْأَلُ عَنْ ذُنُوبِهِمُ الْمُجْرِمُونَ

٧٩ فَخَرَجَ عَلَىٰ قَوْمِهِ فِي زِينَتِهِ ۖ قَالَ الَّذِينَ يُرِيدُونَ الْحَيَاةَ الدُّنْيَا يَا لَيْتَ لَنَا مِثْلَ مَا أُوتِيَ قَارُونُ إِنَّهُ لَذُو حَظٍّ عَظِيمٍ

٧٩ وَقَالَ الَّذِينَ أُوتُوا الْعِلْمَ وَيْلَكُمْ ثَوَابُ اللَّهِ خَيْرٌ لِمَنْ آمَنَ وَعَمِلَ صَالِحًا وَلَا يُلَقَّاهَا إِلَّا الصَّابِرُونَ

٨١ فَخَسَفْنَا بِهِ وَبِدَارِهِ الْأَرْضَ فَمَا كَانَ لَهُ مِنْ فِئَةٍ يَنْصُرُونَهُ مِنْ دُونِ اللَّهِ وَمَا كَانَ مِنَ الْمُنْتَصِرِينَ

٨٢ وَأَصْبَحَ الَّذِينَ تَمَنَّوْا مَكَانَهُ بِالْأَمْسِ يَقُولُونَ وَيْكَأَنَّ اللَّهَ يَبْسُطُ الرِّزْقَ لِمَنْ يَشَاءُ مِنْ عِبَادِهِ وَيَقْدِرُ ۖ لَوْلَا أَنْ مَنَّ اللَّهُ عَلَيْنَا لَخَسَفَ بِنَا ۖ وَيْكَأَنَّهُ لَا يُفْلِحُ الْكَافِرُونَ

٨٣ تِلْكَ الدَّارُ الْآخِرَةُ نَجْعَلُهَا لِلَّذِينَ لَا يُرِيدُونَ عُلُوًّا فِي الْأَرْضِ وَلَا فَسَادًا ۚ وَالْعَاقِبَةُ لِلْمُتَّقِينَ

٨٤ مَنْ جَاءَ بِالْحَسَنَةِ فَلَهُ خَيْرٌ مِنْهَا ۖ وَمَنْ جَاءَ بِالسَّيِّئَةِ فَلَا يُجْزَى الَّذِينَ عَمِلُوا السَّيِّئَاتِ إِلَّا مَا كَانُوا يَعْمَلُونَ

٨٥ إِنَّ الَّذِي فَرَضَ عَلَيْكَ الْقُرْآنَ لَرَادُّكَ إِلَىٰ مَعَادٍ ۚ قُلْ رَبِّي أَعْلَمُ مَنْ جَاءَ بِالْهُدَىٰ وَمَنْ هُوَ فِي ضَلَالٍ مُبِينٍ

٨٦ وَمَا كُنْتَ تَرْجُو أَنْ يُلْقَىٰ إِلَيْكَ الْكِتَابُ إِلَّا رَحْمَةً مِنْ رَبِّكَ ۖ فَلَا تَكُونَنَّ ظَهِيرًا لِلْكَافِرِينَ

٨٧ وَلَا يَصُدُّنَّكَ عَنْ آيَاتِ اللَّهِ بَعْدَ إِذْ أُنْزِلَتْ إِلَيْكَ ۖ وَادْعُ إِلَىٰ رَبِّكَ ۖ وَلَا تَكُونَنَّ مِنَ الْمُشْرِكِينَ

٨٨ وَلَا تَدْعُ مَعَ اللَّهِ إِلَٰهًا آخَرَ ۘ لَا إِلَٰهَ إِلَّا هُوَ ۚ كُلُّ شَيْءٍ هَالِكٌ إِلَّا وَجْهَهُ ۚ لَهُ الْحُكْمُ وَإِلَيْهِ تُرْجَعُونَ

 

物語 アル=カサス 朗読音声

 

スポンサーリンク

物語 アル=カサス【日本語訳】

日本語クルアーン第28章
 

慈悲あまねく、慈悲深いアッラーの御名において。
1 ター、スィーン、ミーム。

2 これは、明らかな啓典の御しるし。

3 われらはあなたに、真理にもとづいてムーサーとフィルアウンについての話を、信じる民のために読み聞かせよう。

4 本当にフィルアウンは、その地に君臨し、またその住民を諸々の派に分けて、その中のある一派を虐げた。彼らの息子を皆殺しにし、また女たちは生かしておいた。本当に、彼は退廃を広める者のひとりであった。

5 われらは、この地で虐げられている者たちに恩寵をもたらし、彼らを先導者とし、また受け継ぐ者とし、

6 この地で彼らにその身を立てさせ、フィルアウンとハーマーンとその軍勢に、彼らが危惧していたことを示すことにした。

7 それでわれらは、ムーサーの母に啓示した。「彼に乳を飲ませなさい。しかし、彼の身について恐れのあるときは、彼を川に投げなさい。恐れることも、嘆くこともない。われらは、必ず彼をあなたに戻そう。そして彼を、使徒のひとりとするだろう」。

8 それからフィルアウンの一族の者が、彼らにとっての敵となり嘆きとなる彼を拾い上げた。本当に、フィルアウンとハーマーンとその軍勢は罪人たちであった。

9 フィルアウンの妻は言った。「(この子は) 私とあなたの目のなぐさめになるでしょう。彼を殺さないでください。きっと私たちの益になるでしょう。それなら、息子に取り立ててもよい」。しかし彼らは、何も気づいていなかった

10 ムーサーの母の胸中はうつろとなってしまった。もしわれらが、彼女が信仰者のひとりとしてとどまるよう、その心を強めずにいたなら、彼女は彼について打ち明けてしまっていただろう。

11 彼女は彼 (ムーサー) の姉に言った。「彼を追いなさい」。それで彼女は、遠くから彼を見ていた。彼ら (フィルアウンの一族) は、何も気づいていなかった。

12 われらは彼 (ムーサー) に、以前から乳母を禁じておいた (ため、ムーサーは乳母の乳を飲まなかった)。そこで彼女は言った。「この子の世話をする家の者を、あなたがたのために引き合わせましょう。この子に、心からよりそう者です」。

13 こうしてわれらは、彼をその母に戻した。彼女の目はなぐさめられ、嘆くこともなくなった。彼女は、アッラーの約束が真理であることを知っただろう。しかし、彼らの多くはそれを知らずにいた。

14 そして彼が十分に成長し、成人したとき、われらは彼に知恵と知識を与えた。このように、われらは行いの善良な者に報いる。

15 彼は、その住民が注意していないすきに市街へ入った。そして二人の者が、互いに争うのを見かけた。ひとりは彼と同じ側の者であり、またもうひとりは彼の敵の側の者であった。彼と同じ側の者が、敵の側の者に対して、彼に助けを求めた。そこでムーサーは彼を殴りつけ、絶命させてしまった。彼は言った。「これは悪魔のすることだ。本当に彼は、あからさまに迷わせる敵だ」。

16 彼は言った。「主よ、本当に私は自分自身に不正をなしました。ですから、私を赦してください」。かの御方は彼を赦した。本当にもっともよく赦す御方。もっとも慈悲深い御方。

17 彼は言った。「主よ、あなたは私に恩寵をもたらしました。ですから、私は二度と罪ある者に手を貸すことはしません」。

18 朝になり、市街にいた彼は、恐れつつ周辺を見渡した。すると、見なさい。前日、彼に助けを求めた者が、(再び) 助けを求めて彼に叫んでいた。ムーサーは彼に言った。「本当にあなたは、明らかに誤ってばかりいる」。

19 そして彼が、自分たち二人の敵にあたる者を殴りつけようとしたところ、その者が言った。「ムーサーよ。昨日あなたが殺した者のように、私のことも殺すつもりなのか。あなたはこの地で、自らをただす者のひとりにはなろうとはせず、他ならぬ暴君になろうとしているだけだ」。

20 そこへひとりの男が、市街の遠く離れたところから走ってきた。彼は言った。「ムーサーよ。長老たちが、あなたを殺そうと話し合っている。それゆえ (ここから) 出てゆけ。本当に私は、心からあなたに忠告する」。

21 それで彼は恐れつつ、周辺を見渡しながら出ていった。「主よ、不正をなす民から、私を救ってください」。

22 そしてその顔をマドヤンに向け、こう言った。「おそらく私の主が、平らかな道へ導いてくれるだろう」。

23 それから彼は、マドヤンの水場にやって来た。彼は人々が群がって (自分たちの羊に) 水をやっているのを見つけ、また彼らとは別の、二人の女が (自分たちの羊を) 後ろに下がらせているのを見つけた。彼は言った。「お二人はどうかしたのですか」。彼女たちは言った。「その羊飼いたちが (自分たちの羊を) 引き下げるまで、(私たちの羊に) 水をやることができません。それに私たちの父は、大そう年老いてもいますので」。

24 そこで彼は二人のために (彼女たちの羊に) 水をやり、そののち背を向けて木陰に入り、こう言った。「主よ。あなたが私に下す良いものが何であれ、本当に私はそれを求めてやまない者です」。

25 それから、二人の女のうちひとりが、恥ずかしそうに彼のところへ歩いてきた。彼女は言った。「私の父が、あなたを呼んでいます。私たちのために水をやってくださったことに、お礼をしたいと」。そこで彼 (ムーサー) は彼のところへやって来た。彼 (ムーサー) が経緯を物語ると、彼は言った。「恐れてはなりません。あなたは、不正をなす民から逃げおおせたのです」。

26 二人の女のうちひとりが言った。「父よ。彼をお雇いください。あなたが雇うのに最良なのは、力強く、信頼に足る人でしょう」。

27 彼は言った。「もしあなたが八年、私に雇われてくださるなら、私はこの二人の娘のうちひとりをあなたと結婚させたい。あなたが十年をまっとうしてくださるかどうかは、あなた次第としましょう。私はあなたに対し、ことを難しくしたくはありません。もしアッラーが望むなら、私が正しい行いをする者であることが、やがてあなたにも見てとれることでしょう」。

28 彼は言った。「これを、あなたと私との間 (の約束) としましょう。二つの期限のうち、私がどちらをまっとうしたとしても私に背を向け (約束を破ら) ないでください。私たちが言うことについては、アッラーこそが保護者です」。

29 それからムーサーは、定められた期限をまっとうした。そして彼がその家族と旅をしていると、彼は遠く離れたところに火を見た。彼はその家族に言った。「あなたがたはここにいなさい。 私にはちらりと火が見えた。私はあそこからあなたがたに、何か知れたことをもって来よう。あるいはあの火から燃えがらをもって来よう。あなたがたが暖まるように」。

30 彼がそこにやって来ると、彼は谷の右側、祝福された場所にある木から呼びかけられた。「ムーサーよ。本当にこれぞわれ、アッラー、諸世界の主である。

31 あなたの杖を投げなさい」。しかし、それがまるで蛇のように動くのを見ると、彼は背を向けて逃げ出し、振り返りもしなかった。「ムーサーよ、近寄りなさい。そして恐れるな、本当にあなたは、安全である。

32 あなたの手を、あなたの懐に入れなさい。それは傷ひとつない白さで出てこよう。恐怖に対しては、あなたの腕を両の脇に締め (て自らを守り) なさい。これらは、フィルアウンとその長老たちへの、あなたの主からのふたつの証拠。本当に彼らは背く民であった」。

33 彼は言った。「主よ。私は、彼らのひとりを殺しました。それで彼らが、私を殺すのを恐れます。

34 私の兄ハールーンは、私よりも雄弁です。ですから私を助け、私の (言う) ことを確かにする者として、彼を私と共に遣わしてください。私は、彼らに嘘よばわりされるのを恐れます」。

35 かの御方は告げた。「われらは、あなたの兄をもってあなたの腕を強めよう。 またわれらは、あなたがた二人に権威をもたせよう。それで彼らがあなたがたに及ぶことはないだろう。あなたがたも、またあなたがたに従う者も、勝利を得る者となるだろう」。

36 しかしムーサーが、われらの明白なしるしをもって彼らのところへやって来たとき、彼らは言った。「これは、ねつ造された魔術に過ぎない。大昔の祖先のあいだでも、このようなものを聞いたことがない」。

37 ムーサーは言った。「誰がその御許から導きをもって来るのか、また最後の (来世の) 館を得るのは誰で、あるのかをもっともよく知っている。本当に、不正をなす者は栄えない」。

38 するとフィルアウンは言った。「長老たちよ。私以外のあなたがたの神など、私は知らない。それゆえハーマーンよ、煉瓦を焼け。そして私に、高い塔を築け。(その塔を登って、) 私がムーサーの神を見てこよう。本当のところ、彼は嘘つきだと思うが」。

39 彼も、彼の軍勢も、この地において真理によらずして高慢にふるまっていた。彼らは、自分たちがわれらに帰されることはないと考えていた。

40 そこでわれらは彼とその軍勢を捕え、海に投げ入れた。それで見なさい、不正をなす者の最後がどのようであったかを。

41 われらは彼らを、業火へと呼び招く先導者とした。復活の日、彼らに助けはないだろう。

42 われらは、現世において彼らが忌まれ続けるようにした。そして復活の日、彼らは疎まれる者となるだろう。

43 先のいくつもの世代を滅ぼした後で、確かにわれらは、人々のための開明として、また導きと慈悲としてムーサーに啓典を与えた。彼らも、憶えておくようになるだろう。

44 (ムハンマドよ、) われらがムーサーに命じることを決めたとき、あなたは (山の) 西側にいなかった。またあなたは、その証人のひとりでもなかった。

45 しかしわれらはいくつもの世代を興し、またその生涯を長くしてやった。あなたは、マドヤンの一族の中で過ごし、彼らにわれらのしるしを読み聞かせたのでもなかった。しかしわれらは、常に (人間に使徒を) 遣わしてきた。

46 またあなたは、われらが (ムーサーに) 呼びかけたときも、かの (トゥール) 山のそばにいなかった。しかし、(これは) あなた以前にひとりの警告者もなかった民に警告させるための、あなたの主からの慈悲。

47 さもないと、彼らがその手で送り出したもののせいで災難が降りかかれば、彼らは「主よ。あなたはなぜ私たちに使徒を遣わさなかったのですか。そうすれば私たちはあなたの御しるしに従い信仰者になっていたでしょうに」などと言うだろう。

48 しかし、われらの許から真理が彼らにもたらされると、彼らは言った。「なぜムーサーに与えられたのと同じようなものが、彼には与えられないのだろうか」。彼らは以前にも、ムーサーに与えられたもの (が真理であること) を拒んだのではなかったか。彼らは言った。「二つながら補い合う魔術だ」。また、彼らはこうも言った。「私たちは、どちらをも拒む」。

49 (ムハンマドよ、) 言いなさい。「それなら、アッラーの御許からこの二つよりも導きとなる啓典をもってきなさい。もしあなたがたが真実を語っているのなら、私もそれに従おう」。

50 しかし、もし彼らがあなたに応じないなら、彼らはただ自分たちの欲求に従っているだけのことと知りなさい。アッラーの導きによらずして、自分の欲求に従う者よりも迷っている者があるだろうか。本当にアッラーは不正をなす民を導かない。

51 まさしく今、われらは彼らに言葉を届けた。彼らも、憶えておくようになるだろう。

52 これ以前に、われらが啓典を与えた者たちは、それを信じている。

53 それが読み聞かされるとき、彼らは言う。「私たちはこれを信じています。本当に、これは私たちの主からの真理です。本当に私たちは、これ以前から服従する者 (ムスリム) だったのです」。

54 これらの者は、倍の報酬を与えられるだろう。彼らはよく耐え、善によって悪を寄せつけず、われらが彼らの糧としたものの中から (施しに) 費やす。

55 そして無意味な話を聞かされるとき、彼らはそこから距離を置いて言う。「私たちには私たちの行いがあり、あなたがたにはあなたがたの行いがある。あなたがたに平安あれ。私たちは、無知な者を求めない」。

56 (ムハンマドよ、) あなたが、あなたの愛する者を導くのではない(そうではなく、) アッラーが、その御心にかなう者を導く。導かれた者について、もっともよく知る御方。

57 彼らは言う。「もし私たちが、あなたと共に導きに従ったなら、私たちはこの地から追放されてしまう」。われらは彼らのために安全な禁域を確立し、そこにありとあらゆる果実が、われらからの糧として持ち込まれるようにしたではないか。しかし、彼らの多くはそのことを知らない。

58 自分たちの生活に (感謝を忘れ、) 得意げになっている町を、われらはどれほど滅ぼしたことか。彼らの暮らしたところには、その後になって暮らす者もごくわずか。それは、われらがそれを相続したため。

59 あなたの主は、その (町の) 中心に使徒を立たせ、われらのしるしを読み聞かせることなくして、

60 どのような町も滅ぼすことはしなかった。また彼らが不正をなす民でない限りは、どのような町も滅ぼすことはしなかった。

61 何であれあなたがたに与えられたものは、現世の生の楽しみであり、飾りに過ぎない。アッラーの御許には、それよりもさらにすぐれた、終わることのないものがある。それでもあなたがたは、考えないのか。

62 その日、かの御方は彼らを呼び出して告げる、「あなたがたが主張していた、われの『同輩たち』とはどこにいるのか」。

63 (裁きの) 御言葉が、その身の上に真理となりつつある者たちが言う。「主よ。これらは私たちが惑わせたものです。私たちは、自分が惑わされたのと同じように彼らを惑わせたに過ぎません。ですから、私たちはあなたに対して (同位のものを立てておらず、) 潔白です。彼らが仕えていたのは、私たちではないのです」。

64 (彼らは) 告げられるだろう。「あなたがたの『同輩たち』を呼びなさい」。それで彼らはそれらを呼ぶ。しかしそれらは彼らに応じない。彼らは懲罰を見るだろう。もし彼らが、導かれてさえいたなら。

65 その日、かの御方は彼らを呼び出して告げる、「あなたがたは、使徒に何と応じたのか」。

66 その日、(すべての) 報せは彼らにとって曖昧になり、互いに尋ね合うこともできない。

67 しかし悔い改め、信じ、正しい行いをした者なら、おそらく (真に) 栄える者になる。

68 あなたの主は望むままに選び、創造する。選ぶのは彼らではない。アッラーに讃美あれ、彼らが連ねるものを超越して、いと高くにおわす。

69 あなたの主は、彼らが胸にしまうものも、彼らがあらわすものも知っている。

70 アッラー、その他にいかなる神もない。称賛は先 (の現世) においても後 (の来世) においてもこの御方に属する。

71 言いなさい。「あなたがたは、考えてもみたのか。もしアッラーが復活の日まで、あなたがたの上に夜が続くようにしたなら、アッラーの他にどの神が、あなたがたに光明をもたらすことができるのか。それでもあなたがたは聞こうとしないのか」。

72 言いなさい。「あなたがたは、考えてもみたのか。もしアッラーが復活の日まで、あなたがたの上に昼が続くようにしたなら、アッラーの他にどの神が、あなたがたに憩いのための夜をもたらすことができるのか。それでもあなたがたは聞こうとしないのか」。

73 かの御方はその慈悲から、あなたがたのために、あなたがたがその中に憩うよう、またその御恵みを求めるよう夜と昼とを設けた。あなたがたは、感謝するようになるだろう。

74 その日、かの御方は彼らを呼び出して告げる、「あなたがたが主張していた、われの『同輩たち』とはどこにいるのか」。

75 われらはすべての共同体から、その証言者を引きたてて告げる。「あなたがたの証拠をもって来なさい」。そうして彼らは、真理はアッラーにあることを知るだろう。かつて彼らがねつ造していたものが、彼らから失われる。

76 カールーンはムーサーの民のひとりであった。しかし彼は、彼ら (ムーサーの民) を虐げていた。われらは彼に財宝を与えたが、その (宝庫の) 鍵は屈強な男たち複数をもってしても重いものであった。彼の民が、彼にこう言ったときのこと。「有頂天になってはいけません。アッラーは、有頂天になっている者を愛しません。

77 アッラーがあなたに与えたものによって、来世の館を求めなさい。また現世の、あなたに割り当てられている分のことも忘れてはならない。アッラーがあなたに善をなすように、あなたも善をなしなさい。そして地上に退廃を広めてはならない。本当にアッラーは、退廃を広める者を愛しません」。

78 彼は言った。「私がこれを与えられたのは、私の持つ知識ゆえに他ならない」。彼は知らなかったのか、アッラーが、彼以前の何世代もの中で、力においても彼より強く、集めた (財や追従者の) 数においても彼より多かった者を滅ぼしてきたことを。罪を犯した者の諸々の罪は、(神はよく承知しているため) 問われるまでもないこと。

79 それで彼はその身を飾り、その民の前に立ち現れた。現世の生を欲しがる者たちは言った。「ああ、カールーンに与えられているものと同じようなものが私たちにもあったなら。本当に、彼は大いなる幸運の所有者だ」。

80 知識を与えられている者たちは言った。「災禍あれ。信じて正しい行いをする者には、アッラーの報奨の方こそより良いもの。それをたまわることができるのは、よく耐える者だけ」。

81 われらは、彼も彼の館も大地に沈めた。彼には、アッラーの他に自分を助けてくれる加勢の者もおらず、自分を守ることもできなかった。

82 その前日まで彼の地位を欲しがっていた者たちが言い始めた。「本当にアッラーは、御心のままに、しもべたちのうちある者の糧を拡げも、また狭めもする。もしアッラーが私たちをいつくしんでいなかったなら、私たちも大地に沈んでいた。本当に (真理を) 拒む者は栄えない」。

83 これが来世の館というもの。われらはそれを、地上で高ぶりもせず、退廃を広めることもない者のものとした。結果とは、畏れる者のためにあるもの。

84 (審判の日に) 善事をもって来る者には、それにまさる良いものを。しかし悪事をもって来る者なら、悪事をはたらく者にはただ彼らの行いに応じた報いがあるだけ。

85 あなたにクルアーンを課した御方が、戻るべきところにあなたを連れ戻すだろう。言いなさい。「誰が導きをもってやって来る者か、また誰が明らかな迷いにある者かは、私の主がもっともよく知っている」。

86 あなたは、啓典をたまわることなど予期していなかった。しかしそれは、あなたの主からの慈悲に他ならない。それゆえ (真理を) 拒む者に手を貸してはならない。

87 また、あなたにそれが下された後になって、彼らがあなたを、アッラーの御しるしから遠ざけることがあってはならない。あなたの主に呼び招きなさい。また、多神を奉ずる者のひとりになってはならない。

88 アッラーと共に、他の何ものも呼び求めてはならない。この御方の他にいかなる神もない。あらゆるものごとは滅びる。ただこの御方の御顔を除いては。判断はこの御方のもの。そしてあなたがたは、この御方に帰されるもの。

 

物語 アル=カサス の解説と解釈

解説と解釈クルアーン第28章
 

☪︎ 彼は退廃を広める者

クルアーン第28章4節(退廃を広める者)

ファラオはここで、自分の国に大きな不安を引き起こした罪人として言及されている。彼は自分の種族(エジプト人)に考え得る限りの利点を与え、イスラエル人からあらゆる便宜を奪った。それだけでなく、彼らの種族を徐々に絶滅させるために、生まれたばかりの子供を殺させ始めた。ファラオによるエジプトの2つの民族間の不当な差別は、神の掟に照らし合わせれば、自然の摂理への干渉に等しい。

王あるいは統治者が、自らの統治の対象の間に不当な差別を設け、また、とりわけ特定の集団に属するものをいやしめたり、抑圧したりするということは、王権という、神に対する責任を果たさないことであり、自らの王国に対する義務を放棄するに等しい。フィルアウンとその一派は、自分たちの血統を誇り、物質的な文明に酔いしれ、イスラエルの民にひどい苦しみを与えた。フィルアウンは、イスラエルの民に生まれた男児はすべて殺害するよう命じた。女児は、エジプトの民の快楽のために生かされた。こうした中でムーサーは、後述される通り、驚くべき形で死を免れた。

神の決定はフィルアウンの意志に反していた。神はイスラエルの民に栄誉と権力を与え、その軍勢とともにフィルアウンを滅ぼすことを決定されたのである。フィルアウンは改心する最後のチャンスを与えられたにもかかわらず、自分自身が罰せられるべき者であることを明らかにした。そのため、神はフィルアウンを海に沈め、エジプトに彼の影響力を残さないようにされた。その後、エジプトを去ったイスラエルの民は、シリアとパレスチナの支配者となった。

☪︎ ハーマーンとその軍勢

ハーマーンは、フィルアウンの側近として複数回、クルアーンに登場する。エジプトの大臣であったこの人物は、旧約聖書に登場するペルシャびとのハーマーンとは別であり、混同しないよう注意が必要である。側近や神官は、支配の頂点にあるフィルアウンに次ぐ権力や地位を有していた。

☪︎ ムーサーの母に啓示した

クルアーン第28章7節(ムーサーの母に啓示)

ムーサーが生まれた時代、イスラエル人の子供たちは殺されていた。ムーサーの母はそれを心配していた。そのとき彼女は、ムーサーを小さな箱に入れてナイル川に流せば、逃がすことができるという夢をみた。それから3ヵ月後、彼女はムーサーを小舟に乗せて流した。その舟は流れていき、フィルアウンの宮殿の前にたどり着いた。フィルアウンの妻(アーシア)は貞淑な女性で、ムーサーの無垢で魅力的な顔を見て憐れに思った。そこで、彼女の助言により、ムーサーはフィルアウンの宮殿に留め置かれた。

伝承によると、この時、フィルアウンの妻は、この赤ん坊が自分たちの幸せの源になるかもしれないと言った。フィルアウンは、『あなたのためであって、私のためではない』と答えた。フィルアウンは感情的になってそう言ったのかもしれないが、後にそれが真実であることが明らかになった。

☪︎ 彼らは、何も気づいていなかった

これが、神の計画であった。悪しき者たちは、自分たちを滅ぼす者、自分たちに懲罰を運んでくるだろう者を、自分たち自身の手で養うという罠の中に陥ったのである。ムーサーはエジプトの民を内側からながめて育つことにより、その空虚さと邪悪さを学んだともいえる。

悪は自らが手にした凶器によって、やがては自分自身を滅ぼすことになる。これはあらゆる場面に通じる摂理である。しかも自分自身を滅ぼすばかりではなく、意図せずして善の道を一歩前進させる原因にもなっているのである。

☪︎ 彼が十分に成長し、成人したとき

クルアーン第28章14節(十分に成長し成人)

ムーサーが保護される過程は、すべて神に帰せられるが、この一連の出来事は「原因と結果」の原則に従って起こったように見える。このことからわかるのは、今のこの世の試練において、神の意志は「原因と結果」の連鎖によって現れるのであって、超自然的な奇跡や魔術のような形で現れるのではないということである。

ムーサーは何もできない状態で川に浮かべられたが、無事に岸にたどり着いた。当時統治していた王はムーサーを殺すつもりだったが、神はムーサーをその王のもとで育てるように定められた。彼は平凡な家庭に生まれたが、神の計らいで王宮と関わりを持つようになり、最高水準の学問と礼儀作法に精通するようになった。これは、全能の神の力は無限であり、神の計画の実現を妨げる者は誰もいないことを示す例である。

「成人」とは、18歳から30歳までの成熟した若者を指すと考えられる。身体的にも完成し、精神的・道徳的な習慣が形成されている。この意味でムーサーは、善良な心と、自分の民に対する純正さと誠実さ、そして共に暮らしていた人々に対する従順さと公正さを持っていた。また、高い教育を受けて知恵と知識を身につけてもいたが、これはやがて訪れる葛藤との衝突の際に、彼の役に立つことになる。彼の内的な成長が完成したとき、彼は外的な世界へと足を踏み出すが、それ以降は神の使命が下されるまでの間、試練を課されては乗り越えてゆくことになる。

☪︎ 私は二度と罪ある者に手を貸すことはしません

クルアーン第28章17節(二度と罪ある者に)

この事件は、ムーサーが預言を受ける前のエジプトの首都で起こった。ある日、ムーサーはエジプト人とイスラエル人が争っている場面を目撃し、イスラエル人がムーサーに助けを求めた。ムーサーは二人を引き離そうとしたが、エジプト人はムーサーに刃を向け、ムーサーは正当防衛のために彼に一撃を加えた。偶発的に、その一撃はエジプト人を死に至らしめた。

当時のエジプト人は、イスラエル人に対して大規模な残虐行為を行っていた。もしムーサーがこの問題を共同体的な観点から見ていたなら、英雄的な偉業として扱い、それを自慢しただろう。しかし、それとは逆に、彼はエジプト人の死を非常に残念に思った。彼はすぐに神に心を向け、神の赦しを祈った。

『私は二度と罪ある者に手を貸すことはしません』とは、問題を確かめもせずに誰かを支持することはしない、という意味である。ある人が抑圧された集団に属しているように見えたり、他人を抑圧していると非難してその支持を求めたりすることは、本当に抑圧者であり、本当に抑圧された人であるかを証明するには不十分である。したがって、このような場合の正しい対処法は、問題を適切に調べ、正当な証拠に基づいて証明された場合にのみ、支援を行うことである。

☪︎ 彼は恐れつつ、周辺を見渡しながら出ていった

クルアーン第28章21節(彼は恐れつつ)

翌日、ムーサーは同じイスラエル人が別のエジプト人と争っているのを見つけた。これは、そのイスラエル人がけんか好きで、毎日誰かとけんかをする習慣があることを示していた。イスラエル人であるにもかかわらず、ムーサーは彼を罪に問うた。イスラエル人が罪人であることの証拠は、ムーサーがその日、自分を支持せず、逆に責めていることを知ると、意地悪な態度に出たという事実によってさらに強められた。彼は無責任な態度で、前日の殺人の秘密を暴露した。犯人の名前がイスラエル人によって公表されると、多くの人々がそのことを耳にした。数日後、その噂はあちこちに広まった。最終的に、支配者たちの間でムーサーを殺すことについて議論が起こった。そのことを知ったある徳の高い人は、こっそりムーサーに会い、出て行ったほうがいいと忠告した。そこで彼はエジプトを離れ、マドヤンに向かった。マドヤンはアカバ湾の西岸に位置し、フィルアウン帝国の範囲外であった。

☪︎ その顔をマドヤンに向け

クルアーン第28章22節(マドヤンに向け)

彼の目的が、虐げられていたイスラエルの子を解放することにあったのは明らかであり、決して虐げていたエジプトの民を殺すつもりで殴りつけたのではなかった。しかし実際には、彼はエジプトの民を殺害してしまったのである。これはあらゆる意味において不幸な出来事であった。彼は誰にも秘密で市街を訪れ、卑しめられた弱き者たちの側に立ったのである。こうして彼の、エジプトの民としての人生が終わった。

ムーサーの旅立ちは、見知らぬ地へ向かう旅であった。ムーサーはこのような状況下で、信仰者の心が経験するのと同じような激しい感情を抱いた。祈りの力で進み、10日間の旅を終えてマドヤンに到着した。

☪︎ 私に下す良いものが何であれ

クルアーン第28章24節(私に下す良いもの)

弱い者を助けたいという衝動に従って、ムーサーはマドヤンの二人の少女を助けた。少女たちの父親は年老いた紳士で、アブラハムの息子ミディヤーンの子孫にあたる。ちなみに、ムーサーもアブラハムの息子イサク(イシャク)の子孫に属し、血縁関係にあった。

その時、ムーサーの口から自然にこんな祈りがこぼれ落ちた。『主よ。あなたが私に下す良いものが何であれ、本当に私はそれを求めてやまない者です』。この祈りは、このような状況における信仰者の状態を示している。彼は自分のすべてのことを神の導きに委ねている。人が受けるものはすべて神から来るものであり、神から受けるものはすべて『善』であるという確固たる信念を持っている。

おとめたちは口元に微笑を浮かべ、心からの感謝と共に立ち去っていった。木陰に戻っていったムーサーは何を感じていただろうか。彼はたった今、目にしたばかりの光景の中に、灯された小さな光を見出して神に感謝を捧げた。彼の行いは、善行として数えられるだろうか。彼に訪れた機会は、実に貴重なものだったのである。彼は、自らの渇きをいやした。しかしそれでも、彼が居場所のない放浪者であること、言葉にならない魂の切望を抱えていることに変わりはなかった。羊飼いたちは、彼の仲間たりえなかった。本当に彼は、絶望的なまでの喪失感を抱えた「持たざる者」だったのである。このときムーサーは、どのような些細なことに対してでさえ、差し出されれば感謝の念がわくようになっていた。これは一体何であったのか。心地よい暮らしぶり、豊かな家畜の群れと大勢の家族、彼らを養い、見守る長老、そして美しく、また慎ましやかな娘たち。それはムーサーには、もはや再び手の届くことのない遠い世界の出来事のようであった。しかし天命は、彼のためにもうひとつの、思いもかけなかった出来事を用意していたのである。

☪︎ 木から呼びかけられた

クルアーン第28章30節(木から呼びかけられた)

ムーサーはおそらく10年間マドヤンにいた。その間に前のフィルアウンが死に、別のフィルアウン王朝がエジプトの王位に就いた。その後、ムーサーは妻(二人の子供も)とともに再びエジプトに向かった。その途中、彼はトゥール山(シナイ山)で神の試練を受けた。

神はシナイ山で一人の人間に直接語りかけたのだから、他のすべての人間にも直接語りかけ、御心を伝えることができる。しかし、これは神の道ではない。直接語りかけるということは、幕を取り除くということであり、一方、人間の試練を考えるならば、幕をそのままにしておくことが必要なのだ。だから神は、選ばれた人にだけ神のメッセージを啓示し、その人を通して間接的に他の人にメッセージを伝えるのだ。

☪︎ 兄ハールーンは、私よりも雄弁です

クルアーン第28章34節(兄ハールーン)

ムーサーは、自分の杖の見た目が蛇のように変化したことや、自分が置かれた神聖かつ不可思議で見慣れない空間に対して怯えたり、不安を感じたりしていたわけではない。その点においては、彼の心は完全に平静さを保っていた。しかし自らの使命に対しては未熟な状態にあり、どのような未来が待ち受けているのかにも、はっきりとした確信が持てずにいた。フィルアウンはムーサーの行方を追っていたし、またムーサーの命を狙ってもいた。

そしてその原因を作ったのは、フィルアウンの手の者を一人、殺害してしまったムーサー自身である。フィルアウンに分があるのは明らかであった。ところが今ムーサーは、自分の内側に芽生えた疑念や困惑を、一人の人間として率直に、神に向かって打ち明け、その上で、少しでも目にに見える形での支えがほしいと訴えた。そしてかつては彼をなじり、叱責した人物でもある、彼の兄ハールーンを名指しした。

☪︎ 不正をなす者は栄えない

重要なことは唯一、神の目にどう見えるのか、究極の将来に何が待ち受けているかである。しかしこれらの訴えは、いずれも信仰がなければ通用しない。虚偽や、先祖伝来のしきたりとして結晶化してしまった悪習など、誰にとっても良いわけがないことは、たとえ荘厳な何かを信仰していなくとも、十分に理解できることである。

☪︎ 私以外のあなたがたの神など、私は知らない

これは『自分以外に崇拝に値する存在を知らない』という意味の言葉。フィルアウンはこの言葉を口にしたとき、決して本気ではなく、本当のことを述べたつもりはなかった。ムーサーを否定したかっただけなのだ。同様に、フィルアウンが大臣のハーマーンに、焼いたレンガを用意し、高い塔を建てて、空からムーサーの神を覗き見ることができるようにするように命じたときも、本気の指示ではなかった。ムーサーをあざ笑うことだけが目的だった。

☪︎ 人々のための開明として

クルアーン第28章43節(あなたがたの神など)

フィルアウンの暴虐と、またそれ以前の同様の暴政を滅ぼした後で、神は新たな啓示の時代を拓いた。ムーサーと、彼に下された啓典の時代の幕開けである。人間の歴史が、真新しく清潔な石板の上に再び刻まれ始めたかのようであった 。

ムーサーの使命は、人それぞれに神の革命をもたらすことだった。そのねらいは、人間が神を畏れるようになることだった。これは、国の王をを含むすべての個人を対象としていた。

完成されたその啓典(あるいは神の法、シャリーア)は、次の三つの視点から見ることができる。(1)暗闇の中で貪欲になることのないよう、人間に授けられた光や洞察として。(2)誤った道に迷い込むことのないよう、正しい道を示す道しるべとして。(3)神からもたらされた慈悲として、示された道に従うことにより、神の赦しと恵みを授かることができるようになる。

権力や権威を手にした者が、自尊心を抱くのはよくあることだ。これはフィルアウンにも同様に当てはまった。ムーサーはフィルアウンに、もし傲慢な振る舞いをするなら、神に捕らえられるだろうと警告した。しかしフィルアウンはその忠告を受け入れなかった。その結果、彼は溺れ死んだ。

☪︎ あなたは西側にいなかった

シナイ半島は、アラビアの北西にある。しかしここで言及されている「西側」とは、トゥワーの谷の西側を指すとも考えられる。ムーサーが預言者としての使命を授かったトゥールの山も、谷の西側に位置していた。

☪︎ 彼らにわれらのしるしを読み聞かせたのでもなかった

クルアーン第28章45節(われらのしるし)

預言者ムハンマドは、クルアーンの力を借りて、ムーサーの生涯の出来事を、あたかも自分がその時その場に立ち、すべてを見聞きしていたかのように、詳細に記述している。これは、クルアーンの内容が神の言葉であることの明確な証拠である。

預言者ムハンマドの時代には、今日のような書物はなかった。当時、ムーサーの偉業に関する記述は、ユダヤ人の非アラビア語の書物の中にあり、そのうちの数冊はユダヤ教の寺院に保存されていたが、それらは預言者ムハンマドの手の届かないところにあった。さらに、クルアーンとユダヤ教の書物に含まれる多くの記述には大きな違いがあり、学術的な評価ではクルアーンの方がより正確であることが示されている。例えば、クルアーンによれば、エジプト人がムーサーの手にかかって死んだのは偶発的なことであったが、聖書にはこう書かれている:

左右を見まわし、人のいないのを見て、そのエジプトびとを打ち殺ろし、これを砂の中に隠した。(出エジプト記:2:12)

ムーサーの聖なる正しい人格と一致しているのは、クルアーンの記述であることは明白である。では、なぜ預言者ムハンマドは、誰の助けも借りずに、ムーサーの生涯の出来事をクルアーンの中でこれほど正しく表現することができたのか。全知全能なる神(過去と見えない未来を知っておられる神)が、これらの事実を彼に啓示されたこと以外にはあり得ない。

☪︎ あなたが、あなたの愛する者を導くのではない

真っ先に思い浮かばれる例でいえば、預言者が慕っていた叔父のアブー・ターリブが挙げられる。アブー・ターリブもまた預言者を愛し、彼を庇護した。当然のことながら預言者は、彼が真の信仰告白を経ずにこの世を去ってゆくことを憂慮していた。しかしアブー・ターリブはイスラーム以前に、アラブの部族であるクライシュの指導者として、自分たちの父祖の信仰にとどまるよう預言者を説得しようとした。これは預言者にとり、失望と悲嘆の瞬間であった。

☪︎ われらからの糧として持ち込まれるようにした

古代のマッカの多神教徒は、アラビアのすべての部族が崇拝する神々をカーバに据えた。こうして、彼らは全土の宗教的指導権を掌握した。さらに、これらの神々への供え物が、彼らの主な収入源となった。しかし、それは視野の狭いやり方であった。預言者ムハンマドは、彼らに全世界の指導権を授ける宗教を受け入れるように招いていたにもかかわらず、多神教徒たちはそれを無視し、単なる国の部族的指導権以外には何も提供しない宗教を好んだのである。

☪︎ あなたがたの『同輩たち』を呼びなさい

クルアーン第28章64節(あなたがたの同輩たち)

偽ものを崇拝する者たちは、しばしば「誰それのために」と、自分以外の他者の名を呼ぶ。しかし彼らは、実際には自分自身のエゴを崇拝しているに過ぎない。偶像を崇めていた者たちは、自分たちが崇めていた偶像の名を呼ぶが、そのどちらもが共に恐ろしい懲罰の前に立たされるとき、それは何の役にも立たない。過ちを犯していた者は、それぞれに自分自身の行ってきたことと向き合う他はない。

審判の日、神の言葉であるかのように受け入れていた誤った指導者の信奉者たちは、奇妙な苦境に立たされることになる。彼らは、誇りを持って従っていた偉大な者たちが、自分たちを地獄へまっすぐ導いていたことに気づくだろう。そして、自分たちの窮状を指導者のせいにするだろう。しかし指導者たちは、自分自身を責めるべきだと言い返すだろう。それは彼らが欲望に従っただけだと主張する。さらに、信奉者たちが欲望の奴隷になっていると非難するだろう。しかし指導者たちは、自分たちも誘惑に負けたことを認め、指導者も信奉者も同じ運命に直面しなければならないのだから、互いを非難しても意味がないと言うだろう。

☪︎ その証言者を引きたてて告げる

それぞれの民、それぞれの国から到来した預言者たちが、自分たちが説いたのは真理すなわち神のメッセージ以外の何ものでもなかったことを証言する。一方で、彼ら預言者たちの遣わされた民のうち、彼らを拒んだ者たちは、何の権威があって拒んだのか、証言するよう求められる。

その日、これらの共同体の偽りはすべて崩壊する。真理を否定し、神以外の他者に頼っていた者たちは、弁明を試みるだろうが、自分たちを弁護する言葉を見つけることはできないだろう。

☪︎ カールーンはムーサーの民のひとりであった

クルアーン第28章76節(カールーンはムーサーの民)

カールーンはイスラエルの子孫の一人であったが、自分の共同体との関係を断ち切り、フィルアウンに忠誠を移し、フィルアウンの廷臣となった。その世俗的な知恵によって、彼は巨万の富を築き、エジプト一の富豪となった。富を手に入れたのだから、本来なら感謝すべきなのだが、そうではなく、富によって間違った自尊心を持つようになった。その財産の助けを借りて、善の報酬を得るべきだったのに、カールーンはそうしなかった。

ミドラーシュ(ユダヤ教徒の、シナゴーグにおける口伝に基づく教えを集成したもの)によれば、その鍵は、三百頭のラマで引かねばならないほどの重さであった。「屈強な男たち複数」と訳出した箇所は、般には十名から四十名ほどを示すものと考えられている。旧式の鍵は大きく、また重たく、何百もの宝箱の鍵を束ねたものであれば、それはかなりの重量だったに違いない。

☪︎ 私の持つ知識ゆえに他ならない

クルアーン第28章78節(知識ゆえに他ならない)

カールーンは、自分の得た財産は自分自身の功績や知識、手腕や才能のおかげだと考えた。そしてそのせいで分別を失い、傲慢になったのである。そして自分は誰よりも優れていると思い込み、周囲の人々に対して傲慢になり、威張り散らすようになっていった。

ここに描かれているカールーンの性格は、裕福な人に必ず見られるものと同じである。金持ちは、自分が手に入れたものは何でも自分の才能のおかげだと思っている。しかし、あらゆる知識をもってしても、自分の富が、このはかない世の中で、裕福な先人たちと同じ運命、すなわち死と滅びから逃れることができるのか、と考え続ける。

☪︎ 知識を与えられている者たちは言った

カールーンが栄光の日々の真っ只中にあったとき、世俗的な人々は彼を羨み、彼のそばにいれば自分たちも幸福になれるに違いないと考えた。しかし、知恵と分別のある人々はそうではなかった。

富を持つ人の周りには、世の中のあらゆる華やかさが集まってくる。それを見て、多くの愚かな者がその人を妬む。しかし、本当の知識を持っている人は、この華やかさははかないものであり、永続性のないものには何の価値もないことをすぐに悟る。

真実の知識は、この世で最も価値のあるものだ。しかし、この知識を得るためには、外部からの圧力に左右されることなく自分の心を形成し、一時的な魅力に満ちたものを無視して見解を形成する忍耐力が必要である。もちろん、これは最も難しい忍耐であるが、この重要な試練を乗り越えた後、人間は知識と知恵という貴重な特質を授かるのである。

☪︎ 畏れる者のためにある

心の偽りやプライドがない者こそ、楽園に定住する資格を持つ者だ。彼らは神の偉大さを深く感じ、他のすべてが取るに足らないものに思える。

もし人が神の計画に従って行動せず、すなわち神の世界において神の意志に反する行動をとれば、それは不和(fasad)を生む。誤った自尊心から解き放たれた者こそ、真に高潔な者である。彼らは神の永遠の園に定住するだろう。

☪︎ 戻るべきところにあなたを連れ戻す

「戻るべきところ」とは、(1)マッカへの帰還。(2)やがて還りつく主の御前。この節は、マッカからマディーナに向かうヒジュラの旅路の途中、マッカに近いジュフファの地を通り過ぎる際に下されたとも伝えられている。心からの悲しみに沈んでいた預言者に、なぐさめとして授けられた節である。

☪︎ 他の何ものも呼び求めてはならない

クルアーン第28章88節(呼び求めてはならない)

これは本章全体の教えの要約である。唯一、永遠のリアリティとは神である。現象としての世界は絶えず流動的であり、変化に左右され、邪悪なものもいつかは過ぎ去ってゆく。永遠に残るのはただ神のみである。

預言者の大義は、あらゆる意味で神の大義である。預言者としての立場は、彼が要求することなく、神から与えられたものである。彼はその全存在を通して、真理を固守し続ける。たとえそれが人々にとって不愉快なものであったとしても、彼は明白な、ありのままの真理を告げ知らせるように任命されている。彼は定められたゴールに到達する運命にあり、いかなる障害も彼の行く手を阻むことはない。

預言者に続き、真理の宣教師として台頭する者たちも同様である。彼らも、その行いが預言者と同じであればあるほど、神が啓典の中で約束された恩恵を受けることができるのである。

 
 

『コーランホルダー』をチェック⇒

コーランの台
 
 

HISTORY (al-Qasas)【英語訳】

英語訳クルアーン第28章
 

英語 アル=カサス ☟
In the name of God the Gracious, the Merciful.
1 Ta, Seen, Meem.

2 These are the Verses of the Clear Book.

3 We narrate to you from the history of Moses and Pharaoh – in truth – for people who believe.

4 Pharaoh exalted himself in the land, and divided its people into factions. He persecuted a group of them, slaughtering their sons, while sparing their daughters. He was truly a corrupter.

5 But We desired to favor those who were oppressed in the land, and to make them leaders, and to make them the inheritors.

6 And to establish them in the land; and to show Pharaoh, Hamaan, and their troops, the very thing they feared.

7 We inspired the mother of Moses: “Nurse him; then, when you fear for him, cast him into the river, and do not fear, nor grieve; We will return him to you, and make him one of the messengers.”

8 Pharaoh’s household picked him up, to be an opponent and a sorrow for them. Pharaoh, Hamaan, and their troops were sinners.

9 Pharaoh’s wife said, “An eye’s delight for me and for you. Do not kill him; perhaps he will be useful to us, or we may adopt him as a son.” But they did not foresee.

10 The heart of Moses’ mother became vacant. She was about to disclose him, had We not steadied her heart, that she may remain a believer.

11 She said to his sister, “Trail him.” So she watched him from afar, and they were unaware.

12 We forbade him breastfeeding at first. So she said, “Shall I tell you about a family that can raise him for you, and will look after him?”

13 Thus We returned him to his mother, that she may be comforted, and not grieve, and know that God’s promise is true. But most of them do not know.

14 And when he reached his maturity, and became established, We gave him wisdom and knowledge. Thus do We reward the virtuous.

15 Once he entered the city, unnoticed by its people. He found in it two men fighting – one of his own sect, and one from his enemies. The one of his sect solicited his assistance against the one from his enemies; so Moses punched him, and put an end to him. He said, “This is of Satan’s doing; he is an enemy that openly misleads.”

16 He said, “My Lord, I have wronged myself, so forgive me.” He forgave him. He is the Forgiver, the Merciful.

17 He said, “My Lord, in as much as you have favored me, I will never be a supporter of the criminals.”

18 The next morning, he went about in the city, fearful and vigilant, when the man who had sought his assistance the day before was shouting out to him. Moses said to him, “You are clearly a troublemaker.”

19 As he was about to strike the one who was their enemy, he said, “O Moses, do you intend to kill me, as you killed someone yesterday? You only want to be a bully in the land, and do not want to be a peacemaker.”

20 A man came from the farthest part of the city running. He said, “O Moses, the authorities are considering killing you, so leave; I am giving you good advice.

21 So he left, fearful and vigilant. He said, “My Lord, deliver me from the wrongdoing people.”

22 As he headed towards Median, he said, “Perhaps my Lord will guide me to the right way.”

23 And when he arrived at the waters of Median, he found there a crowd of people drawing water, and he noticed two women waiting on the side. He said, “What is the matter with you?” They said, “We cannot draw water until the shepherds depart, and our father is a very old man.”

24 So he drew water for them, and then withdrew to the shade, and said, “My Lord, I am in dire need of whatever good you might send down to me.”

25 Then, one of the two women approached him, walking bashfully. She said, “My father is calling you, to reward you for drawing water for us.” And when he came to him, and told him the story, he said, “Do not fear, you have escaped from the wrongdoing people.”

26 One of the two women said, “Father, hire him; the best employee for you is the strong and trustworthy.”

27 He said, “I want to marry you to one of these two daughters of mine, provided you work for me for eight years. But if you complete ten, that is up to you. I do not intend to impose any hardship on you. You will find me, God willing, one of the righteous.”

28 He said, “Let this be an agreement between you and me. Whichever of the two terms I fulfill, there shall be no reprisal against me; and God is witness over what we say.”

29 When Moses had completed the term, and departed with his family, he noticed a fire by the side of the mount. He said to his family, “Stay here, I have glimpsed a fire. Perhaps I can bring you some information from there, or an ember from the fire, that you may warm yourselves.”

30 When he reached it, he was called from the right side of the valley, at the blessed spot, from the bush: “O Moses, it is I, God, the Lord of the Worlds.

31 Throw down your staff.” And when he saw it wiggling, as if it were possessed, he turned his back to flee, and did not look back. “O Moses, come forward, and do not fear, you are perfectly safe.

32 Put your hand inside your pocket, and it will come out white, without blemish. And press your arm to your side, against fear. These are two proofs from your Lord, to Pharaoh and his dignitaries. They are truly sinful people.”

33 He said, “My Lord, I have killed one of them, and I fear they will kill me.

34 And my brother Aaron, he is more eloquent than me, so send him with me, to help me, and to confirm my words, for I fear they will reject me.”

35 He said, “We will strengthen your arm with your brother, and We will give you authority, so they will not touch you. By virtue of Our signs, you and those who follow you will be the triumphant.”

36 But when Moses came to them with Our signs, clear and manifest, they said, “This is nothing but fabricated magic, and We never heard of this from our ancestors of old.”

37 Moses said, “My Lord is well aware of him who brings guidance from Him, and him who will have the sequel of the abode. The wrongdoers will not succeed.”

38 Pharaoh said, “O nobles, I know of no god for you other than me. So fire-up the bricks for me O Hamaan, and build me a tower, that I may ascend to the God of Moses, though I think he is a liar.”

39 He and his troops acted arrogantly in the land, with no justification. They thought they would not be returned to Us.

40 So We seized him, and his troops, and We threw them into the sea. Observe, therefore, what was the end of the oppressors.

41 And We made them leaders calling to the Fire. And on Resurrection Day, they will not be saved.

42 And We pursued them in this world with a curse. And on Resurrection Day, they will be among the despised.

43 We gave Moses the Scripture after We had annihilated the previous generations; as an illumination for mankind, and guidance, and mercy, so that they may remember.

44 You were not on the Western Side when We decreed the command to Moses, nor were you among the witnesses.

45 But We established many generations, and time took its toll on them. Nor were you among the people of Median, reciting Our revelations to them. But We kept sending messengers.

46 Nor were you by the side of the Mount when We proclaimed. Rather, it was a mercy from your Lord, that you may warn people who received no warner before you, so that they may take heed.

47 Otherwise, if a calamity befell them as a result of what their hands have perpetrated, they would say, “Our Lord, if only You had sent us a messenger, we would have followed Your revelations, and been among the believers.”

48 But when the truth came to them from Us, they said, “If only he was given the like of what was given to Moses.” Did they not disbelieve in what was given to Moses in the past? They said, “Two works of magic backing one another.” And they said, “We are disbelieving in both.”

49 Say, “Then bring a scripture from God, more conductive to guidance than both, and I will follow it, if you are truthful.”

50 But if they fail to respond to you, know that they follow their fancies. And who is more lost than him who follows his fancy without guidance from God? God does not guide the unjust people.

51 We have delivered the Word to them, that they may remember.

52 Those to whom We gave the Scripture before it believe in it.

53 When it is recited to them, they say, “We have believed in it; it is the truth from our Lord; we were Muslims prior to it.”

54 These will be given their reward twice, because they persevered; and they counter evil with good; and from Our provisions to them, they give.

55 And when they hear vain talk, they avoid it, and say, “We have our deeds, and you have your deeds; peace be upon you; we do not desire the ignorant.”

56 You cannot guide whom you love, but God guides whom He wills, and He knows best those who are guided.

57 And they say, “If we follow the guidance with you, we will be snatched from our land.” Did We not establish for them a Safe Sanctuary, to which are brought all kinds of fruits, as provision from Ourselves? But most of them do not know.

58 And how many a city did We destroy for turning unappreciative of its livelihood? Here are their homes, uninhabited after them, except for a few. And We became the inheritors.

59 Your Lord never destroys cities without first sending a messenger in their midst, reciting to them Our revelations. And We never destroy the cities, unless their people are wrongdoers.

60 Whatever thing you are given is but the material of this world, and its glitter. But what is with God is better, and longer lasting. Do you not comprehend?

61 Can someone to whom We have made a fine promise – which he will attain – be equal to someone to whom We have given enjoyments in this world, but who will be, on Resurrection Day, among the arraigned?

62 On the Day when He will call to them, and say, “Where are My associates whom you used to claim?”

63 Those against whom the sentence is justified will say, “Our Lord, these are they whom we misled. We misled them, as we were misled. We beg Your forgiveness; it was not us they used to worship.”

64 And it will be said, “Call on your partners.” And they will call on them, but they will not respond to them. And they will see the suffering. If only they were guided.

65 On the Day when He will call to them, and say, “What did you answer the Messengers?”

66 They will be blinded by the facts on that Day, and they will not question each other.

67 But he who repents, and believes, and does righteous deeds, may well be among the winners.

68 Your Lord creates whatever He wills, and He chooses. The choice is not theirs. Glory be to God, and exalted be He above the associations they make.

69 And your Lord knows what their hearts conceal, and what they reveal.

70 And He is God. There is no god but He. To Him belongs all praise in this life, and in the next. And His is the decision, and to Him you will be returned.

71 Say, “Have you considered? Had God made the night perpetual over you until the Day of Resurrection, which god other than God will bring you illumination? Do you not hear?”

72 Say, “Have you considered? Had God made the day perpetual over you until the Day of Resurrection, which god other than God will bring you night to rest in? Do you not see?”

73 It is out of His mercy that He made for you the night and the day, that you may rest in it, and seek some of His bounty; and that you may give thanks.
74. On the Day when He will call to them, and say, “Where are My associates which you used to claim?”

74 On the Day when He will call to them, and say, “Where are My associates which you used to claim?”

75 And We will draw out from every community a witness, and say, “Produce your evidence.” Then they will realize that the truth is God’s, and those they used to invent have forsaken them.

76 Quaroon belonged to the clan of Moses, but he oppressed them. We had given him treasures, the keys of which would weigh down a group of strong men. His people said to him, “Do not exult; God does not love the exultant.

77 But seek, with what God has given you, the Home of the Hereafter, and do not neglect your share of this world. And be charitable, as God has been charitable to you. And do not seek corruption in the land. God does not like the seekers of corruption.”

78 He said, “I was given all this on account of knowledge I possess.” Did he not know that God destroyed many generations before him, who were stronger than he, and possessed greater riches? But the guilty will not be asked about their sins.

79 And he went out before his people in his splendor. Those who desired the worldly life said, “If only we possessed the likes of what Quaroon was given. He is indeed very fortunate.”

80 But those who were given knowledge said, “Woe to you! The reward of God is better for those who believe and do righteous deeds.” Yet none attains it except the steadfast.

81 So We caused the earth to cave in on him and his mansion. He had no company to save him from God, and he could not defend himself.

82 Those who had wished they were in his position the day before were saying, “Indeed, it is God who spreads the bounty to whomever He wills of His servants, and restricts it. Had God not been gracious to us, He would have caved in on us. No wonder the ungrateful never prosper.”

83 That Home of the Hereafter – We assign it for those who seek no superiority on earth, nor corruption. And the outcome is for the cautious.

84 Whoever brings a virtue will receive better than it. But whoever brings evil – the evildoers will be rewarded only according to what they used to do.

85 He Who ordained the Quran for you will return you Home. Say, “My Lord knows best who comes with guidance, and who is in manifest error.”

86 You did not expect the Book to be transmitted to you, except as mercy from your Lord. Therefore, do not be a supporter of the disbelievers.

87 And do not let them divert you from God’s revelations after they have been revealed to you. And pray to your Lord, and never be of the polytheists.

88 And do not invoke with God any other god. There is no god but He. All things perish, except His presence. His is the judgment, and to Him you will be returned.

 

関連記事蟻 📖 アン=ナムル【第27章】クルアーン~スライマーンは蟻が何を言っているのか理解した
関連記事蜘蛛 📖 アル=アンカブート【第29章】クルアーン~ジクルが湧き上がり肉体と魂に流れ込む

 

参考図書: