ラスプーチン

ラスプーチンどんな人ラスプーチン

ラスプーチンとはどんな人?『ラスプーチン知られざる物語』を読む その1アウトサイダー

プロローグ あったぞ! 刑事たちは疲れ切っていて、寒くて走れなかった。二日間ずっとペトロフスキー橋のそばの川岸をパトロールしていたのだ。彼らは時折、暖を取るために、火鉢の周りに身を寄せ、ダイバーが流氷の中から死体を探すのを見ながら、何も言わ...
ラスプーチンとロマノフラスプーチン

ラスプーチンとはどんな人?『ラスプーチン知られざる物語』を読む その6ロマノフの聖なる愚者

その1から読みたい方はこちらからどうぞ⇒ 6. ロマノフの聖なる愚者 ラスプーチンが教会の敵に勝利したことを喜ぶのはまだ早かった。彼がポクロブスコエに留まっている間にも サンクト・ペテルブルクでは 彼に対する別の作戦が立てられていた。 今回...
ラスプーチンの死体ラスプーチン

ラスプーチンとはどんな人?『ラスプーチン知られざる物語』を読む その21余波

ラスプーチンは3発の銃創を負った。コソロトフは使用された銃の口径、種類、発射の順番を確定することができなかった。一発の弾丸はラスプーチンの胸の左側を貫通し、胃と肝臓を通過して体外に出た。二発目の弾丸は腰の右側を打ち、右の腎臓を貫いた。コソロ…
ラスプーチンとロシア正教会ラスプーチン

ラスプーチンとはどんな人?『ラスプーチン知られざる物語』を読む その16 猟犬に跪く教会

ラスプーチンはニコライとアレクサンドラが認めたからこそ力を持ったのだ。彼らのおかげで、資格のない候補者が教会の高位に昇格していた。皇帝はシノドを辱め、弱体化させた。マキシモヴィッチを聖人に昇格させ、次にヴァルナヴァのキャリアを促進させるこ…
ラスプーチンとスピリチャルラスプーチン

ラスプーチンとはどんな人?『ラスプーチン知られざる物語』を読む その11スピリチャルな危機

その1から読みたい方はこちらからどうぞ⇒ スピリチャルな危機 1913年2月21日朝、ペトロパヴロフスク要塞から21の礼砲が鳴り響き、ロマノフ王朝300年の祝典が幕を開けた。ニコライ2世は詔書の中で、「我らと愛する国民に対する神の加護が、現...
ラスプーチンとアレクサンドララスプーチン

ラスプーチンとはどんな人?『ラスプーチン知られざる物語』を読む その4新生ラスプーチン

その1から読みたい方はこちらからどうぞ⇒ 4. 新生ラスプーチン 皇帝は1905年11月1日の日記に「ミリツァとスタナとお茶を飲んだ」と書いている。「トボリスク州から来た神の人、グレゴリーと知り合いになった。」ニコライとアレクサンドラは、ラ...
ラスプーチンと女王ラスプーチン

ラスプーチンとはどんな人?『ラスプーチン知られざる物語』を読む その13モスクワに潜む災厄

ラスプーチンは、決して富を得ることに主眼を置いてはいなかったが、常に自分の経済的立場を向上させることに関心を抱いていた。戦争の前夜、彼はイギリスの軍需商を支援することを考えた。また、映画館に投資して、映画に音響を導入することも考えた。アレ…
ロシア皇室とラスプーチンラスプーチン

ラスプーチンとはどんな人?『ラスプーチン知られざる物語』を読む その3ニコライとアレクサンドラ友を待つ

その1から読みたい方はこちらからどうぞ⇒ 3 ニコライとアレクサンドラ:友を待つ 1881年のある寒い日、ロシア最後の皇帝となる運命の少年は、自らの運命を垣間見ることになる。3月最初の日曜日、サンクトペテルブルクには一面の雪が降り積もり、太...
誰がラスプーチンを殺したのかラスプーチン

ラスプーチンとはどんな人?『ラスプーチン知られざる物語』を読む その22ラスプーチンを本当に殺したのは誰か?

ラスプーチンを本当に殺したのは誰か?ラスプーチンの死を取り巻く神話は、彼の人生と同様に驚くべきものであった。伝説では、力強い巨漢の農民が、毒、銃弾、殴打、捕虜にされ、かけられた縄から解放されるまで戦い続けたが溺死した、と描かれている
ラスプーチンと女性たちラスプーチン

ラスプーチンとはどんな人?『ラスプーチン知られざる物語』を読む その15ラスプーチンがロシア国家を征服

ラスプーチンの予言通り、この戦争はロシアにとって破滅的なものとなった。ロシア皇帝の軍隊が東プロイセンで敗れると、楽観的な見方や皇帝の周りに集まってくるという当初の傾向は、1ヵ月もしないうちに消えてしまった。官僚機構は遅々として進まず、非効…