イスラーム

イスラーム

騙し合い (だまし合い) 📖 アッ=タガーブン【第64章】クルアーン~苦難によって人は導きを授かる

クルアーンで明らかにされている現実は、宇宙全体によって証せられている。その沈黙の言葉の中で、讃美の限りを尽くしてこのことを立証しているのである。これらの啓示にもかかわらず、信者にならない者は、神の前に集められ、宇宙の主から自分についての決…
イスラーム

鉄 📖 アル=ハディード 【第57章】クルアーン~道徳的な迷いから目覚める

神は最初の存在であり、神がすべてを創造し、神の前には何ひとつ存在しなかった。神は最後の存在であり、その存在は永遠であり、すべてが死に絶えた後も存在する。その存在と一性は、思考することができる者たちのために、あらゆるものの上に顕現する。神は…
イスラーム

離婚 📖 アッ=タラーク【第65章】クルアーン~絶大な力を深く内面的に悟らせる

離婚の手続きには一定の条件が課せられている。このような制限の意図は、最後の瞬間まで当事者に和解の機会を与え、離婚によって家庭や社会に、混乱を生じさせてはならないということである。離婚の過程において、神を敬う精神が全体に浸透していれば、離婚…
イスラーム

煙霧(煙)📖 アッ=ドハーン(ドゥハーン)【第44章】クルアーン~真理と虚偽を区別するための基準

天と地、ひいては宇宙全体の体系を考えてみれば、その創造には明確な目的があったことがわかるだろう。そうでなかったら、この世で人間が輝かしい文化を築くことは不可能だったはずだ。その機能全体が有意義であることは、それがまた目的にかなった形で有意…
イスラーム

消息 (報せ) 📖 アン=ナバア【第78章】クルアーン~エゴが来世でその真の姿を現す

現世の出来事は、来世のあり方を示すものだ。 この世界の「現在」は、それに釣り合う「未来」があることを意味している。この観点から考えると、偉大な始まりには偉大な終わりがあることを受け入れなければならない。この世は、それにふさわしい結末なしに…
イスラーム

合同礼拝 (集会) 📖 アル=ジュムア【第62章】クルアーン~人間は2つの異なる方向に引っ張られる

この世界では、人間は2つの異なる方向に引っ張られる。第1に、経済的側面、第2に、宗教的側面である。この2つの考慮はそれぞれ避けられないものだ。しかし、両者の関係は、経済活動が宗教の呼びかけに従属するようなものでなければならない。人間は、合…
イスラーム

みいつ (天命) 📖 アル=カドル【第97章】クルアーン~その夜を無駄に過ごしたら非常に不運

その夜、地上には天使があふれている。霊的に覚醒した者はこの雰囲気に影響され、その結果、霊性に染まり、通常の状況での行いに比べて、その時の宗教的行いの価値が高まる。月の終わりの10日間に近づくにつれ、礼拝者はより多くの時間を礼拝に費やし、よ…
イスラーム

蟻 📖 アン=ナムル【第27章】クルアーン~スライマーンは蟻が何を言っているのか理解した

神の芸術性については、どれほど賛美してもし尽くせるものではない。世界の現在とその未来、また存在するものはすべて神の計画の中にあり、どの出来事、どの事物にも明確な目的が存在する。神は人間である私たちが何ものであるかも、何を行い、何を考え、ま…
イスラーム

人々📖アン=ナース【第114章】クルアーン~全能の神への祈り

この章では、信者たちに『人々の主に助けを求めなさい』と勧めている。これは全能の神への祈りであり、人間的なものであれ、霊的なものであれ、悪を行う者たちの災いから逃れられるようにとの祈りである。この場合、特に自分自身の心の中にある悪と、他の人…
イスラーム

無花果 (いちじく) 📖 アッ=ティーン【第95章】クルアーン~真理を認識し、それに従って人生を切り開く

神は人間を優れた能力を持つように創造された。人間に与えられたそれらの能力は、預言者たちを通して伝えられた真理を認識し、それに従って人生を切り開くことができるようにするためである。そうする者は、永遠に栄誉ある高い位置にたどり着くだろう。神か…