お金にまつわる嘘のひとつ (by ギャリー・ダグラス)

スポンサーリンク

お金にまつわる嘘のひとつ by ギャリー・ダグラス

お金にまつわる嘘

みなさんの多くは人生の中で、お金を使ったり、お金を手に入れようとしたり、お金を見つけようとしたり、お金がないと何をしたらいいのか、何が悪いのかを考えたりして過ごしてきたでしょう。ですが、それらはすべて、お金の本当の姿とは全く関係ないことです。

お金に関する最大の嘘の一つは、お金がなければ何も手に入らないということです。さらに、お金があればすべて手に入るということも大きな嘘の一つです。お金があろうとなかろうと、どうしたら欲しいものをすべて手に入れることができるようになるのでしょうか?

何かを手に入れるには、それを買うしかないと思っていませんか? 買うことは持つことではありません。 持つということは、買うか買わないかも自分の意思しだいであり、エナジーがいずれ自分の人生にもたらしてくれることを知っているということです。

あなたはどれだけのお金を持ちたいと思いますか?わたしは世界中でコンシャスネスを地球上に生み出すために必要なくらいのお金を持ちたいと思っています。 お金はコンシャスネスに反するものではなく、スピリチュアルに反するものでもありません。 お金は、あなたがこの現実の中で自分の人生をどのように生み出そうとしているかを知っています。 お金は、あなたが選択していることの反映です。

あなたはまず選ばなければなりません。そして、お金に現れてくれるようお願いしなければなりません。 あなたが選択しない限り、お金は現れません。 わたしは、何かをするために必要なお金を生み出すことが想像できないとき、こう問いかけています。”これをすると軽く感じるかな? やりがいがあるかな? ” そうすると、いつもお金は現われてくれます。

あなたが誰か他の人のリミットのある考えを信じようとしなければ、ユニバーズはあなたを援助してくれます。 ユニバーズは、あなたが何か欠如した状態でいることを望んでいません。 あなたは何か欠如した状態から抜け出したいと思いますか?

だからといって、お金を使って欲しいものをすべて買うということではありません。 何かを買うことは選択とはいえません。 それは買い物です。ただお金を使うのではなく、お金を使ってどんな可能性を生み出すことができるのかを考えてみたらどうでしょう?

ほとんどの人はお金を持ちたいと思っていますが、お金との間で常に葛藤しています。 お金を持っているか持っていないかにかかわらず、お金と安らげるようになる必要があるのです。お金が空気のようなものだとしたらどうでしょう? お金を吸い込んで吐き出すことができるとしたら? お金と安らげるようになれば、お金が空気のようにあなたの人生に流れるようになります。

わたしたちはみんな、選べばお金を生み出すことができます。もし、あなたが今まで拒んできた世界を変えるような選択をして、それを自分にさせることができたら、あなたにふさわしいお金と選択を生み出すことができるたとしたら?

Gary M Douglas - Access Consciousness
よみもの
スポンサーリンク
ソウルメイト

ソウルメイト?一目惚れは長続きする?しない?

初めて会ったのにとても強く引きつけられるのは、前世で関係していたということを暗示しています。それは必ずしも、その相手が探し求めていたソウルメイト=魂の伴侶だという意味ではありません。その人との過去のコミットメントがエナジーを引寄せあって

脅迫者

あなたの感情は本当にあなたのお友達?

あなたの感情を喜びと幸せとエクスタシーで満たしたいくないですか?アクセス・コンシャスネスのギャリー・ダグラスは、感情について独特な観点を持っています。人生に満足していない人や、不幸だと感じている人は、 自分の感情や思考にとりつかれているようで、またそれらから…

お金になる

お金は問題ではない?

このことはあなたのお金に対する認識を揺さぶるかもしれません。揺さぶるどころか、大揺れを招くかもしれませんよ!あくせく働いて、数々の支払いに追われていると、お金はあたかも

ライフヒーリング

コンシャスネスは痛みをやわらげることができる?

わたしたちの身体は感覚でなりたつ生命体です。身体そのものが触覚のような役割をしていて、わたしたちの周りで何が起こっているか、常にインフォメーションを与えてくれます。よくあるのは周りの他の人の痛みが、わたしたちの身体に強烈なものとして表れたりすることです。それ…

宇宙のパワー

明日、失敗する前にそれを消滅させませんか?

毎朝、起きて思うことは何ですか?人生をありがたく思いますか?それとも生き苦しいと感じますか?アクセス・コンシャスネスのギャリー・ダグラが、わたしたちがどのようにうまく、より良く変えていくかということ

アクセス・コンシャスネスな日々