アクセス・ファシリテーター大橋あみながアクセス・コンシャスネスの最新情報をお届けします


あなたの感情は本当にあなたのお友達?


子供のころには、わたしたちの感情はバロメーターのような役割をしていました。

大人たちが言っていることと現実との違いを感じとっていたのです。
そのころは、大人たちが言っていることよりも、わたしたち子供の直感のほうが正確なことを示していることが多いのです。

大人になった今、わたしたちの感情は同じように機能しているのでしょうか?

周りで何が起こっているかを察することができていて、自分が何を求めているのか十分に認識できている?
それとも感情はただドラマやトラウマを作りあげ、日々スケジュールをこなすのに忙しい?

アクセス・コンシャスネスの創始者でベストセラー作家のギャリー・ダグラスは、感情について独特な観点を持っています。

感情が妨げになるということは、ダグラス一人が言っていることではありません。
2011年11月30日、インターナショナル・ヘラルド・トリビューン紙にデビット・ブルックス氏は、 "人生調査" を70人以上に送り、人生においてよくやったこと、不十分なことについて尋ねた内容を書いています。

彼が受け取った調査では、それらのいくつかには長く、詳しいエッセイが綴られていました。
自己分析がとても上手で、注意深く思い出すことができているのです。
そういった人たちは過去の自分の感情をよく見つめているのです。

 

しかし、人生に満足していない人や、不幸だと感じている人は、 自分の感情や思考にとりつかれているようで、またそれらから逃げようとしている、とブルックスは分析しています。

いくつもの医学的リサーチでも、わたしたちの感情が健康に及ぼす影響を指摘しています。
ハッピーで意欲的、満足感がある人は心臓病に罹りにくいと、ヨーロッパの心臓病学ジャーナル、2011年2月号で伝えています。

看護師でライターのマーセル・ピックは、woman to woman.com で、感情的な出来事が、身体の健康に及ぼす影響の最も大きな要因であり、遺伝子的な要因や、ライフスタイル、感染にされされるよりも重要な要因だと述べています。

"わたしたちが無限の存在 (infinite being) として感じるべきものは、喜びと幸せ、そしてエクスタシーだけです。" とダグラスは言っています。
ほとんどの人が自分が無限の存在だと気づいていないか、そのように振舞っていないのですから、この地球上が喜びと幸せとエクスタシーで満たされていないのも、しかたのないことかもしれません。

感情、気持ち、思考などは、無限の存在の低調和 (lower harmonic) のものと、ダグラスは見ています。

もし、わたしたちが無限の存在だと気づいていたら、そういったすべての感情が人生に苦痛をもたらし、去っていくものでしょうか?

 

自分の感情と他からの感情で泥沼に陥った状態をクリアにし、本当に自分が人生で求めているものを創造できるようにしていく素晴らしいツールをダグラスは教えています。

多くの感情は、メロドラマの筋書きのように暴走してしまいます。
ダグラスはそれらの感情を、ディストラクター・インプランツ (distractor implants) と呼んでいます。

それは自分が招いた、他の人の観点や判断 (points of view and judgments) であって、もともとは自分のものでないものです。
わたしたちはそれらがいかにも本当に自分のもののように反応してしまいます。
ディストラクター・インプランツは、わたしたちの本質にはリミットがなく偉大なものだということを忘れさせようとします。

立腹、怒り、激怒、恨む、責める、恥、悔い、罪悪感、妄想的、変態的、強迫的、中毒的な偏った観点、愛、セックス、恋愛、嫉妬などがディストラクター・インプランツの感情です。
これらの感情は自分でコントロールできなくなり、気が休まらず、安らぐことができず、変容も向上することもできなくなります。
それらはの目的はただ、わたしたちを偉大な存在だということから引き離すためにあります。

 

それでは、もしあなたがこのような感情の真っ只中にいるとしたら、どうやってその状況を変えることができるでしょう?

 

まずは、自分の中でディストラクター・インプランツが活発に働いているということを直視するようにします。
それらは、どれも本当はわたしたちの中から生まれているものではありません。
それがディストラクター・インプランツだと理解することができたら、ただそれに、壊れ、消えてくれるように尋ねてみましょう (destroy and uncreate it all?)。

おかしなことを言ってると思いますか?
では、感情コントロールのセラピーが実際どのくらい役立っていますか?
悔いや罪悪感は解決できますか?
嫉妬している人が満たされることはできますか?
嫉妬心が一瞬にして湧き上がってくるのはどうしてですか?

自分の感情が本当に自分のものなのかどうか見分ける方法をダグラスは教えています。
"これは誰のもの? (Who does that belong to?)" と聞いてみることです。

そしてこの質問で、自分の身体に、自分のムードに、そして自分の周りに少しでも軽くなるような感覚があれば、それはあなたのものではなく、あなたの周りの誰かの感情だということがわかります。
その軽さが、たとえ10億分の1秒くらいしかなくても、それは本当のことを示しています。

そして、その感情を壊して消してくれるようようユニバースに問いかけてみましょう(destroy and uncreate it all?)。

無限の存在として、怒りを感じてもいい場合が一つだけあります。
誰かがあなたに嘘をついているときです。
あなたが誰かと会話をしながら、またはメールを読みながら、突然、何の理由もなく怒りを感じたとしたら、ただ聞いてみましょう。
"何処かに嘘がある? 嘘が語られている? それとも語られていない嘘?"

 

この質問で怒りがおさまるようなら、嘘がそこに潜んでいるという目安になります。
じつは、語られていない嘘のほうが多いものです。
あなたの怒りという感情が嘘発見器のような役割をしてくれます。

あなたの感情を喜びと幸せとエクスタシーで満たしたいくないですか?



障害者の隠れた才能







↑ TOP へ