問いかけ

よみもの

あなたはコンクルーショニストですか?

考えることをやめましょう!あなたが問いかけをしていき、空っぽになったとき(これがスペースなのです)、コンクルーションには到達出来なくなります。あなたは結論を出すわけではなくアウェアネスを得るべきです。考えないことで、悲惨な全て縮小され固まった状態よりも、どれ…
よみもの

あなたの人生は思ったとおりにうまくいっていますか?

人生なかなか思ったとおりにうまくは行かず、自分のどこかがおかしいのかと心の奥底では疑問を抱いていたりしませんか?そんな疑問をお持ちの方に、アクセス・コンシャスネスのツールでぴったりなものがあります。もしあなたの人生が思ったとおりにいかないということが悪いこと…
よみもの

今に生きていますか?

あなたは "今に生きる" というフレーズを聞いたことがありますよね?よく聞くものですが、これで本当にその瞬間に生きることができるものでしょうか?コンシャスネスはその"今の瞬間" よりももっとずっと速いものなのです。もし、あなたがその今を越えたところで生きれる…
よみもの

あなたにぴったりあった身体~Right Body For You

何があなたの身体に合っているか、それを知るための鍵は、あなたの身体にあります。ギャリー・ダグラスは、ただ身体に訊いてみることだと言っています。いつでも無料で健康管理のアドバイザーの役割をしてくれます。でも身体に訊くってどうすればいい?全身を使ったテスト法を使…
よみもの

“もし…?” “What if”

”もし…?”"What if"という考え方は、あなたが常に疑問・質問を抱いている状態にしてくれます。”もし…?”というのは本当に実用的な疑問・質問の状態ををつくり出せる方法です。常にいつでもその状態でいること、その状態を行うこと、この状態を持っていること…
よみもの

これは誰のもの?

あなた方の気持ちや感情の98%以上は、実はあなた本人の物ではありません。自由を手に入れるために、あなた自身で出来ることは、沸き起こってくる考え、気持ち、感情に対して、”これは誰のもの?”と問いかけていくことです。このテクニックはアクセス・コンシャスネスで最も…
よみもの

どうして?(why)という言葉

どうして(why)という言葉を使うとき、わたしたちはすぐに答えを必要とします。"どうして?" という質問は、他の人がどうしてその選択をしたのかを理解しようとします。これはまったく無意味なものです。"どうして?" という質問をやめて、他人のばかげた世界を自分に…
よみもの

あなたの身体は何を伝えようとしているでしょう?

アクセス・コンシャスネスの創始者でベストセラー作家の ギャリー・ダグラスが、私たちの身体が語りかけている傾向をまとめました。○足(くるぶし以下) : わたしは何を我慢できない?足首:わたしは何に縛られている(鎖でつながれている)?膝:わたしは何が必要?胃:わ…
よみもの

日々、問いかけたい10のこと

アクセス・コンシャスネスには問いかけというツールがあります。質問することです。必要なのは答えではありません。常に問いかけること。ただ問いかけるだけでエナジーに変化が生まれ可能性が広がります。今日のわたしは誰?そして今日はどんなに壮大ですばらしい日になる?どう…
スポンサーリンク