☆11月25日バーズクラス名古屋 Pitata

名古屋アクセスバーズ資格講座

スポンサーリンク

名古屋でのアクセスバーズクラスのご案内

 

  • 【日程】2021年11月25日(木)
    (その他ご希望の日程がありましたらお問い合わせください)
  • 【スタート】10:00 – 18:00ごろまで
    (お昼休憩無しや進行具合で終わる時間が変わります、食べながら講座を受けても大丈夫です) 
  • 【会場】愛知県名古屋市
    (お申込み後に詳細をお知らせします)
  • 【料金】38000円
  •  

お申込みフォーム⇒

他のクラス日程を確認⇒

 

たった1日でアクセスバーズのプラクティショナーに!

アクセス・コンシャスネスの入門となるクラスです。
アクセス・コンシャスネスとはどんなものかを理解し、1日でアクセス・バーズができるようになります。

アクセスバーズは、1990年代に開発されたアクセス・コンシャスネスの ハンズオンのモダリティで、
優しく触れられることで、あなたが受け取ることを許さないものを全て無理なく簡単に解放する、頭にある32個のポイントで構成されたものです。

ネガティブな声、思考、感覚や経験がありますか? コンピューターの削除ボタンを押すように、それがなくなることを考えてみてください!

他には何が可能かを見つけ出し、ついに自分自身をいたわる時間を取る準備ができましたか? 
これらのネガティブな思考にさよならし、ずっと探してきたより素晴らしい人生のためにスペースを作るために、講座でお会いしましょう!

しっかりコロナ対策をしてパンデミックでたまった不安やストレスを解消しましょう。

愛知、名古屋エリアの方、ぜひご参加お待ちしております。京都では定期的にクラスを開催しています。
日程や開催場所など都合が合わない場合は、ぜひご相談ください。

 
 

 

アクセスバーズのファシリテーターPITATA 舞子です!

アクセス・バーズのファシリテーター

私は虐待環境の家庭で育ち、幼少期から約35年PTSD・不安・悪夢・耳鳴り・自己否定・自殺願望など様々な症状に苦しみ、回復する方法を探していました。
2018年9月バーズの講座を受けた後から、
ぐるぐる何度も頭を駆け巡る死にたいという言葉がピタリと止まり、はじめて安らぎというものを体感しました。

それから継続していくにつれ、「本当の自分を生きている」という感覚を持てる様になりました。
健康な人にももちろんバーズはおすすめしますが、
精神的症状によって苦しむ方にも、何度もバーズを受けて欲しいと思っています。

京都市中京区にある、壬生寺からすぐのサロンでバーズのセッション・バーズのクラスをリクエストに合わせてお一人様より開催しております。
ちゃんとバーズを使っていける様に、バーズクラスで習うツールをわかりやすく丁寧に・を心がけてお伝えさせて頂いています。

終了後もいつでもお気軽にご質問など受け付けております、
1人でも多くの方の心や体の辛さを解放できるように、力になれたら本望です。

 

クラス情報
スポンサーリンク
最高の脳と身体をつくる睡眠

不眠症をコンシャスネスで何とかできる?

まったく不眠症を経験したことがない人には、そのつらさはなかなか理解しがたいものです。アクセス・コンシャスネスでは、不眠症へも適応できる方法がたくさんあります。アクセス・バーズの最初のセッションを受けたあと、とてもよく眠れるようになったという人がたくさんいます…

考えない

考えすぎて頭が真っ白?

考えるということはクリエイティブなプロセスではなく、人生の妨げとなり得るものです。もし考えて解決できる問題であれば、もうすでに出来ているはずです。考えるということは完璧な落とし穴なのです。それはわかっていることの中から何かを見つけ出そうとベルトの上をぐるぐる…

質問で

どうして?(why)という言葉

どうして(why)という言葉を使うとき、わたしたちはすぐに答えを必要とします。”どうして?” という質問は、他の人がどうしてその選択をしたのかを理解しようとします。これはまったく無意味なものです。”どうして?” という質問をやめて、他人のばかげた世界を自分に…

意識で変わる

“引き寄せの法則”は効果ない?

いったい何が”引き寄せの法則”に欠けているのでしょう?アクセス・コンシャスネスの自己啓発法は、コンシャスネスを目標としています。引き寄せの法則とはかなり異なる見解をしており、もっと効果的なツールを使っています。なぜ引き寄せの法則が効果がないのかを説明すること…

新しい自分に目覚める

“もし…?” “What if”

”もし…?””What if”という考え方は、あなたが常に疑問・質問を抱いている状態にしてくれます。”もし…?”というのは本当に実用的な疑問・質問の状態ををつくり出せる方法です。常にいつでもその状態でいること、その状態を行うこと、この状態を持っていること…

アクセス・コンシャスネスな日々