チャンス到来⁈ 金星(ふたご座)と土星(みずがめ座)のトライン 7.13

スポンサーリンク

22年7月13日 ♀ △ ♄

ふたご座の金星とみずがめ座の土星のトライン ふたご座の金星とみずがめ座の土星のトライン

金星ふたご座土星みずがめ座金星と同棲の「小」と「大」のシグニフィケーターと呼ばれる2つの惑星のトラインは、創造力を必要とするものにとっては、基礎固めのいい機会となるでしょう。デザインから建築など大規模のものまで、取り掛かりに役立つアスペクトです。

ただ、このトラインはエアーのサインで形成されているため、今回はむしろ計画、設計、機関との調整、法的正当性の問題に関係することに向いているでしょう 。これらのことは、いつもなら手間取ることも、スムーズに事が運んだりするはずです。交渉、契約などの手続きなどが容易に行えるでしょう。

このアスペクトは、ちょうど満月の日に形成されます。そのため、プロジェクトのプレゼンテーションに適しています。何かを隠すことが難しくなるので、事前に自分の欠点など「滑りやすい」ことや、矛盾がないことを確認しておきましょう。

金星と土星のハーモニーは、人生のもうひとつの側面、つまり人間関係の信頼性を強調します。結婚に適しているアスペクトです。満月は不必要に興奮する瞬間ですが、穏やかな家庭生活を始めることを望むなら、今プロポーズするのが適切でしょう。また、プロポーズを受ける側であれば、それはやはり価値があるものの可能性が高いです。

ビジネスでもパートナーシップの契約は非常に有望でしょう。お互い発展しあえる関係が築いていけるはずです。

このようないいアスペクトで何かが「うまくいかない」場合、可能性としては、個人的なトランジットのアスペクトでの緊張があるのかもしれません。あるいは、それはそれでうまくいかない方がよかったのかもしれません。今はわからなくても後から思い当たることです。他の方向に目を向けてください。またやってくるチャンスを逃さずタイミングを待ちましょう。

 

何ごともタイミングがすべてですね。アスペクトをうまく利用してみましょう。